不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
LEDと月の光での逆回転ストップを期待したいところですが・・・
こんばんは。

オボちゃんの博士号はく奪が早稲田大から発表される一方、
なんと!ノーベル物理学賞に青色LEDの開発・実用化をした、
中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授、赤崎勇名城大教授、
天野浩名古屋大教授が受賞しました!

お三方は毎年候補に上がっておりましたが、
特に中村教授は色々ありましたから嬉しいでしょうね。

ということもあり、青色LEDというかLED関連銘柄をザックリと探って見ると・・・

日本ライトン(2703)昭和電工(4004)電化(4061)大陽日酸(4091)
東洋炭素(5310)住友電気工業(5802)旭ダイヤ(6140)ディスコ(6146)
新川(6274)TOWA(6315)サムコ(6387)東芝(6502)シーシーエス(6669)
NEC(6701)アルバック(6728)星和電機(6748)パナソニック(6752)
シャープ(6753)タムラ製作所(6768)光波(6876)オーデリック(6889)
スタンレー電気(6923)岩崎電気(6924)ローム(6963)京セラ(6971)
TBグループ(6775)豊田合成(7282)シチズン(7762)フルヤ金属(7826)
ナカバヤシ(7987)

といったところでしょうか、さらに「LED」という単語だけで検索すると、

トシングループ(2761)エフティコミュ(2763)ノア(3383)三菱ケミ(4188)
フジプレアム(4237)クラスタテクノ(4240)朝日ラバ(5162)東洋炭素(5310)
日本ガイシ(5333)MARUWA(5344)DOWA(5714)イワブチ(5983)
大崎エンジ(6259)アビックヤマダ(6300)TOWA(6315)昭和真空(6384)
ミネベア(6478)森尾電機(6647)オプテックスFA(6661)名古屋電機(6797)
アオイ電子(6832)オプテックス(6914)ウシオ電機(6925)ヘリオス(6927)
エノモト(6928)日本セラミック(6929)遠藤照明(6932)エンプラス(6961)
田中商事(7619) 愛光電気(9909)

当然ながらノーベル賞を受賞したからと言って、
今さら青色LEDの売上が急激に伸びるとは言えまへんので、
話題が中心と言うだけの話であり、
冴えない相場の中で、イナゴの大群の飛来で活気付くかなというだけです。


さてさて、本日は民主党の福山野郎・・・失礼、福山哲郎くんから黒色LEDに対し、
金融政策決定会合を中座してでも国会へ出て来いと呼び出しを受け、
かつてレコード大賞から紅白歌合戦へ移動していた歌手のように国会へ移動し、
さぞかし重要な質問でも受けるのかと思いきや・・・
わざわざ呼び出して聞くまでもないしょうもない質問のみ・・・アホちゃうか。

その後の安倍ちゃんへの質問についても、先日の電車男(前原)と同様、
対案があるわけでもなく、ケチをつけるだけの不毛な質問に終始・・・

揚げ句に安倍ちゃんから、民主党政権の様な暗い時代に戻ってはならないと言われ
「もうその時代の批判はやめてくれ」と懇願する始末・・・

相変わらずポンコツぶりを存分に発揮している民主党・・・

その後の質疑では、安倍ちゃんがまたしても円安を牽制する様な発言もあったので
民主党としては、してやったりの部分もあったのでしょうけど、
一体、民主党は日本をどうしたいのでしょうかね・・・
懲りずに円高デフレの世の中にでも戻したいのでしょうか・・・

というようなポンコツ民主党を始め、
マスコミも参加しての円安デメリットキャンペーンが続いております・・・

長きに渡った円高の期間と同等の円安が、長々と続いているのであれば、
円安批判をするのも多少は理解できますけど、
せめて同じ期間くらいは我慢できないもんかね・・・
円高時代には恩恵も受けてきたわけですから・・・
もちろん時間だけの問題ではないですけど、水準自体も大した円安でもないし、
ドル高のおかげで商品安も進行しているわけですからね・・・困ったもんです。

そんな円安デメリットキャンペーンと直近の消費税引き上げによる景気失速もあり、
安倍ちゃんを始めとする自民党自体も円安に対する微妙な発言が続いており、
本日も先に述べた安倍ちゃんだけでなく、二階のおっさんまでが、
自身の発言では無いものの、金融政策がテーマだった本日の総務懇談会にて、
金融政策の出口を検討しろという意見があったと余計な報告をしております。

そして消費税の引上げについても、昨日の甘利ーぱみゅぱみゅを始め、
安倍ちゃんまでがややトーンダウンしており、
午後に内閣府という自前で発表した景気動向指数の基調判断は、
前回の「足踏みを示している」から「下方への局面変化を示している」と下方修正・・・

本日の金融政策決定会合の声明文での基調判断は、
内閣府とは逆に「緩やかな回復」を維持していると言いながら、
引け後の黒ちゃん会見では、これまでの様な強気のドヤ顔もなく、
歯切れも悪く、ややトーンダウン気味・・・

このまま消費税引き上げに対するトーンダウンが色濃くなってくるようだと、
マーケットでは消費税引上げの判断を下す12月までは、
何としても引き上げたい政府による株価下支え期待がありきなだけに
このままでは株価もトーンダウンしてしまいます・・・、
結果として消費税の引上げを先送りにしようとも、
現時点ではトーンダウンな姿勢を見せず、強気姿勢を維持して頂きたいものです・・

そして円安デメリットキャンペーンを真っ向から否定しないことについても、
9日から始まるG20&IMF総会では、為替が議題に上がる予定であり、
中旬には米財務省の為替報告、11月には中間選挙も控えているので(予定)、
これらに配慮したものならば、今週だけに限ったものではありますけど・・・

とにかく昨夜から米国市場が、
雇用関連指標を受けて、金融政策のハト姿勢継続と見込んでなのか、
ドル高(米債安、米金利上昇)が一服しているだけに(米株には追い風ですが)、
1月水準にまで増加したシカゴIMMの円売りポジ、裁定買い残の増加、
週末のSQも相まって、円売り先物買いの逆回転が加速してもおかしくないです。

本日の日本株についても、前場は薄商いでしたが、
後場からは商いを伴った下げとなり、依然として下げのパワーが強いです。
引け後に発表された空売り比率も35%に達しており、
まさか明日以降、週末の底打ちとも言える36.4を超えるのか・・・
という懸念もよぎります。

今夜は米連銀総裁達の講演が多く、米3年債入札、
明晩はFOMC議事要旨、米10年債入札があるので、
米国の金融政策の方向性がさらに明確にはなってくるでしょう。
米企業決算も明晩から幕開けです。

なにげに不気味なのは中国・・・
国慶節明けと同時にHSBC版のサービス業PMIが発表され、
夜には影の銀行の監視強化を含むIMF世界金融安定報告が発表されます。
現在の中国は世界で唯一、トリプル高の真っ只中ですけどね。

我が国の明日は国際収支、やや気掛かりな景気ウォッチャー調査、
政治面では引き続き参院予算員会、与党税制協議会がおます。
法人減税と隠し持っている所得減税に期待したいものですが・・・

以上の通り、色々と好悪材料は入り混じっておりますが、
シンプルに先週までの下げ局面を上回る商いでの上昇にならないことには、
まだまだ危ういと見ておいた方がいいでしょう。

明日はノーベル賞と満月がコラボして、
青色LEDと月の光が引っ張り上げてくれるといいのですが、あ、皆既月食か・・・

ということなので、明日のスタンスについては、特に変更はありまへんが、
主力大型株での持越し短期勝負については、
米国市場の方向感(金融政策の)が明確になり、
我が国も商いの伴った反発になるまでは、SQも控えていることもあり、
円売り先物買いの逆回転という大人の都合な展開が続く可能性があるので、
その日限りの勝負に留めるのが無難です。
底打ちだと判断して、アホになって勝負するのは御自由にどうそ。

新興市場、2部での持ち越し短期勝負については、
薄商いが継続しておりますので(本日のマザーズは商いの伴った下げでしたけど)、
シンプルに商いの伴った反発にでもならない限り、その日限りの波乗りが無難です。
ただし新興市場はネタが豊富ではありますから、商いの旺盛な個別に関しては、
イナゴの大群物色に合わせて波乗りするのは御自由でにどうぞ。

バイオ、不動産、REITでの中長期勝負の方は、
市場全体が8月安値を割るようなリスクオフとならない限り、
王者の風格で構えておけばいいですが
バイオについてはバイオの秋祭の賑わいがイマイチ、ノーベル賞も空振り・・・
となりましたが、秋は学会シーズン、皮肉にもエボラは追い風
さらに改正薬事法を含め15年度からの難病新薬の審査も半年に短縮となります。
不動産についても不動産関連指標が低調なのは織り込み済みであり、
いずれは日銀も動くでしょうから、下げたところは拾っていけばいいでしょう。
もちろん不動産とバイオは言い続けているだけの戯言ですけど(笑)

その他、中小型も含めた中長期の押し目狙いの方については、
市場全体が8月安値を割るようなリスクオフとならない限り、
高ROE、好業績(決算睨みの上方修正期待)、割安、高配当、好取組、国策銘柄等
ベタな物色で出遅れているものを中心に新規で拾っていけばいいでしょう。

長期で構えたままの方も、市場全体が8月安値を割る様なリスクオフとならない限り
王者の風格で構えておきましょう。

お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
こんばんは
つかさ | URL | 2014-10-07-Tue 23:41 [編集]
金融政策決定会合を中座にはびっくりしました。
こんな事あるんですね。
なんだか中断されたかなのか、市場の反応も良くわからない感じでした。
ただ10/2の日経400円安は別にして9月配当権利落ち以降、ジリ安傾向なのが不気味な感じがしています。(今まではどちらかと言うとジリ高傾向?)

追加消費税アップの実行の有り無しにせよ、どうなるか分からないという不安定な状態が市場が一番嫌がる時期が10月11月なのかなと・・・。

それと最近特に外国人観光客の姿の見られすぎ感が自分の周りであるので、経験則的に円安の一旦ピーク時期かもと思うこの頃です。

ノーベル文学賞も今年こそは欲しいですね。

ではでは おじゃましました。
福山野郎に爆笑
ろく | URL | 2014-10-08-Wed 00:27 [編集]
今夜、黒色LEDが福山野郎のおでこを照らしているでしょう・・・w

いつも楽しい記事ありがとうござおます^^
つかささんへ
マーケット番長 | URL | 2014-10-08-Wed 00:47 [編集]
> 金融政策決定会合を中座にはびっくりしました。
> こんな事あるんですね。
> なんだか中断されたかなのか、市場の反応も良くわからない感じでした。

異例の中座をさせたことで、福山君としては満足なのでしょうけど、
ほんまに意味不明の呼び出しでした・・・

> ただ10/2の日経400円安は別にして9月配当権利落ち以降、ジリ安傾向なのが不気味な感じがしています。(今まではどちらかと言うとジリ高傾向?)
>

ずっと下げの圧力が強い状況が続いてますので、
まずは直近安値を下回るかどうかですね。

> 追加消費税アップの実行の有り無しにせよ、どうなるか分からないという不安定な状態が市場が一番嫌がる時期が10月11月なのかなと・・・。
>

このままだとベタにハロウィン買い、決算明けまで続いてもおかしくないですね。

> それと最近特に外国人観光客の姿の見られすぎ感が自分の周りであるので、経験則的に円安の一旦ピーク時期かもと思うこの頃です。
>

米国次第でしょうね。

> ノーベル文学賞も今年こそは欲しいですね。
>
> ではでは おじゃましました。

ついでに化学賞も期待したいですけど。
お休みなさい。
ろくさんへ
マーケット番長 | URL | 2014-10-08-Wed 00:49 [編集]
> 今夜、黒色LEDが福山野郎のおでこを照らしているでしょう・・・w

言われてみると、自分で書いておきながら、ジワジワと笑っておりますw

> いつも楽しい記事ありがとうござおます^^

いえいえ、こちらこそありがとうございます。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.