不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
アパレル各社の8月月次売上一覧(Part.3)
おはようございます。

米国市場は久々に大幅な株安、
米債券市場は債券高(米金利低下)となったものの、
世界的に債券高(金利低下)だったこともあり、懲りずにドル高は継続・・・

昨夜の低調な米経済指標については、FRBのハト姿勢期待が高まるだけなので、
大して気にする必要はないですが、商いの伴った下げとなっていること、
アップルの大幅安はよろしくないので(アリババもかな)、
米株はもう一波の下げは十分に有り得る状況です。
ただし、ドル高はともかくとしても、米金利上昇(米債券安)による株安ではなく、
株安債券高なので、現時点では一服の範疇ではありますが、
来週は月初の経済指標テンコ盛りウィークですから、
今夜も商いの伴った米株安、アップルの下げが継続するようであれば、
週明けも米株の調整が続きそうです。

ちなみに昨夜のユーロ圏市場の株価は反落、債券高、ユーロは小幅安ですが、
来週はECB理事会を控えていることでドラギの睨み効果が強くなっているので、
今夜以降も調整が続いても、ECB理事会までは底堅く推移するでしょう。

英国市場については、昨夜は株安、債券高、ポンドは小幅安となりましたが、
英中銀総裁が利上げを示唆した通り、米国よりも早い抜け駆け姿勢を見せており、
スコットランド騒動の余波もあるかも知れませんが、
株安が大きく進行しているのを見ると、米国の利上げもやや心配ではあります。

ユーロ圏以外の欧州市場は株安、債券高、通貨は小幅安、
新興国・資源国市場も株安、債券はマチマチ、通貨は小幅安となっており、
ドル高による通貨安という気掛かりが継続しております。

地政学リスクを抱えるロシア市場は株安、債券高、通貨安
ウクライナ市場 株、債券は横ばい、通貨は小幅高
中東市場は株が小幅高、債券高、通貨は小幅安となっており、
これといった緊張感の高まりは確認できまへん。

商品はドル高が継続している事もあり、金、原油を始め商品安は継続しており、
こちらも緊張感はイマイチ感じられまへん・・・
(ちなみに金はそろそろというか、FOMC前後が面白くなりそうですが・・・)

一方、昨夜のVIX指数は15.64とやや緊張感のある上昇でおます。

以上の通り海の向こうは、地政学リスクによる緊張感は見当たりまへんが、
目先としては商い伴った米株安、米債券高を始め、
世界的な株安・債券高という一服の動きが出ておりますので、
今夜以降も継続するようであれば、来週はイベントテンコ盛りですから、
一服の動きが継続してもおかしくないです。

(中長期的にはドル高によるユーロ圏以外の欧州と新興国、資源国での通貨安、
 米国よりも利上げがチラついている英国の株安が気掛かりですけどね)

そして本日の日本株ですが、以上の海の向こうの流れを受けて、大幅安ですが、
商いについては、SQ以降の上げ局面を上回る様な下げでもなく、
配当落ち分(日経は92円、TOPIXは9.5p)も加味すると、
海の向こうに比べれば、日本株の強さが窺える底堅い動きでおます。

新興市場についてもマザーズが商いを伴っての踏ん張りを見せており、
昨日も書いた通り、日本株全体としては、丁度良い一服の範疇と言えます。
さらに昨日の記事を含め繰り返し書いている通り、
日本株の好環境に変わりはなく、中長期的な見通しの明るさは変わりまへんけど、
今夜以降も米国を始め海の向こうで一服の流れが継続すると、
さすがに週明けは足を引っ張られるでしょうから、
後場からさらに下げ幅を縮小し、まさかの切り返しを見せたとしても、
週跨ぎ〝だけ″というド短期勝負の方については御注意下さい。
それ以外の方についての本日のスタンスは、昨日書いた通りでおます。

さて本日はアパレル各社の8月月次売上一覧(Part.3)です。

これまでの小売各社(約450社)の直近月次売上一覧、
外需系各社(約400社)の直近決算発表後の想定為替レート一覧、
につきましては左のカテゴリからご覧下さい。

☆アパレル各社の8月月次売上一覧(Part.3)

 ※2014年9月26日08時30分時点のデータです。


(紳士服)既存全店累既累全発表日決算月その他
3376オンリー非開示8
7416はるやま商事97.4 98.7 92.3 92.9 9/103
7494コナカ97.6 109.398.2 106.59/59
8214AOKI HD100.0107.993.2 100.39/83
8215銀座山形屋非開示3
8219青山商事97.7 100.793.8 97.1 9/83
(スポーツ・登山)既存全店累既累全発表日その他
3028アルペン96.1 100.995.2 100.19/46
3032ゴルフ・ドゥ100.4105.19/103
7514ヒマラヤ96.3 100.098.8 104.19/58ヒマラヤ
7514ヒマラヤ93.1 97.7 95.8 100.49/58ピーアンドディー
8135ゼット非開示
8281ゼビオ95.7 98.1 94.9 97.6 9/53ゼビオ分
8281ゼビオ99.8 100.297.6 97.2 9/53ヴィクトリア分
(バッグ・小物)既存全店累既累全発表日その他
3045カワサキ非開示8
3174ハピネス&デイ非開示8
7829サマンサタバサ非開示2
8115ムーンバット非開示3
8123川辺非開示3
9990東京デリカ非開示3
(宝石・貴金属)既存全店累既累全発表日決算月その他
2736サダマツ非開示8
2780コメ兵116.69/83
7597東京貴宝非開示3
7638シーマ非開示3
7872As-meエステール非開示3
7878光彩工芸非開示1
7889桑山非開示3
7937ツツミ非開示3
7968田崎真珠非開示10
80084℃ HD104.3101.9103.8113.99/52FDCプロダクツ
80084℃ HD101.096.6 9/52アスティ
80084℃ HD95.0 90.7 92.4 87.3 9/52三鈴
80084℃ HD98.4 105.398.4 106.09/52アージュ
8139ナガホリ非開示3
9878セキド非開示2.20
9898サハダイヤモンド非開示3
9904ベリテ90.3 83.8 89.7 84.7 9/53
(メガネ)既存全店累既累全発表日決算月その他
3046ジェイアイエヌ73.7 88.2 78.6 97.1 9/53
3318メガネスーパー108.3105.8102.298.8 9/54
7455三城HD95.1 93.6 95.9 94.8 9/13
9854愛眼96.2 96.6 9/53


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.