不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
株高・債券高のままパワーも均衡・・・
こんばんは。

アイスランドで火山が噴火しそうなのだとか・・・

2010年に噴火した火山ではなく、氷河の下で200年以上眠っていた火山だそうで、

噴火を示唆する異常な群発地震が発生しているとか・・・

2010年の噴火の際は4月14日に噴火し、欧州の広範囲に降灰が及び、

15~20日にかけて欧州各国の空港が閉鎖される事態となり、

英、仏、伊、スペイン、ポルトガル、スイス等の株価は約10%前後下げることに・・・

しかしながら独、米はほとんど反応せず、当のアイスランドの株価は上昇(笑)

我が国も限定的であり、結局はその後の恒例のセルインメイによる下落でおました。

ということなので、噴火したとしても前回以上の規模にでもならない限り、

一時的に欧州各国は下げたとしても、我が国への影響は限定的でしょう。


さて、薄商い過ぎて、噴火しているのか、

屁をこいているだけなのかわからない日本株・・・それでも本日で7連騰でおます。

本格的な噴火に向けた狼煙なのかも知れませんが、ここまで薄商いだとねぇ・・・

一応、転換点を見極める上で、個人的に目安の一つとしている累計売買代金では、

8月1~8日の下げ局面での累計売買代金に対し、

8月11~本日までの7連騰の累計売買代金は86%に達しており、

明日も本日と同程度の売買代金(約1兆6000億円)となると、

個人的な転換の目安としている95~105%の範疇である99%に達するので、

1日からの下げパワーをほぼ吸収し、パワーが均衡するとも言えます。

そして明後日以降も上げ続ければ、上げのパワーが優勢に転じたと言えますが、

明後日から下げに転じると、再び下げ局面入りと言えます。

(先物がまだまだ不十分なので、先物が商いを伴って牽引する可能性はありますが)

あくまで個人的に見ているだけのパワー(商い)という面でのシグナルですけどね。

ちなみに本日の空売り比率についても、26.7%まで低下したものの、

25%割れほどのコツンといった天井感は無いので、明日にでも25%割れとなれば、

累計売買代金というパワー面での均衡と共に、下げに転じる可能性は高まります。

一方、本日発表された2市場信用買い残(15日申込分)は2兆7650億円となり、

前回(8日安値迄分)の2兆8265億円から僅かに減少しておりますので、

こちらは累計売買代金、空売り比率とは違い、十分に上値の余地があると言えます。

裁定買い残も15日分までを見る限り同様であり、テクニカル的にも好転しております


ということなので、明日でパワーが均衡し、明後日から下げに転じたとしても、

一服程度で収まりそうではあります。

イベント的にも週末にはマイケル・ジャクソンホール・シンポジウムが控えており、

イエレンおばさん(FRB議長)が股間を抑えながら、

「利上げだポゥーッ!」

なんて利上げを示唆するようなことを言わず、

「このままユルフンTバック(ハト姿勢)を続けるポゥーッ!」

と変わり映えのない講演となれば、内容自体は無風であっても、

現在のゴリゴリ債券高を維持したまま講演を迎えると、

さすがに織り込み済との反応になるきっかけにはなりますので、

米債券の大幅安(金利急騰)ではなく、程良い米債券安となるでしょう。

現時点では米株高も続いておりますので、そのままジャクソンホールへ突入すると、

株価も一服することにはなってしまいますが、程よい債券安であれば、

じきに株価も戻し、株高・債券安という健全な態勢となり、

9月のFOMCまでは、雇用統計でひと波乱はあれど、健全な態勢を維持しそうです。

そして我が国としては、ジャクソンホール以降に米株が一服したとしても、

米債安(ドル高)へと転じれば、円安という恩恵がもたらされるので、

米株の一服には付き合わず、9月の内閣改造、黒い銀行会合等への期待と共に

本格反発にはならなくとも、一時的な反発局面にはなりそうです。

つまり、明日でパワーが均衡して下げたとしても、

ジャクソンホールを経た週明けから一時的な反発にはなるということです。


ドラギえもん(ECB総裁)の講演も、金融政策には言及しない無風な内容、もしくは、

「さらなるユルフン・ハミ金(追加金融緩和)だポゥーッ!」といういずれかなので、

ユーロ圏債券もゴリゴリ債券高のまま、ドラギえもん講演へ突入すると、

米債券と同様、織り込み済との反応による程よい債券安(ユーロ高)となり、

我が国にとしては、これまた円安という恩恵がもたらされます。

そういえば、黒ちゃんもジャクソンホールへ出席するようですね。

講演があるのかどうかは不明ですし、9月の黒い会合も控えているだけに、

金融政策に対する言及は期待できまへんけど、

ジャクソンホールのテーマでもある雇用に絡めて、日本経済のアピールでもすれば、

多少は期待出来るかも知れまへん・・・

まさか世界の晴れ舞台ということで、

「ユルフンやなくてフルチン(異次元金融緩和第二弾)やでポゥーッ!」

なんてことを言えば、大噴火ですけど・・・さすがにこれは無いでしょう。


以上の通り、イエレンおばさんが「利上げだポゥーッ!」と言ったり、

地政学リスクが再燃しない限り、明日でパワーが均衡して下げたとしても、

ジャクソンホールを経た週明け以降は、一時的な反発にはなるでしょう。

今夜以降~週末は海の向こうで重要な経済指標も続きますし、

地政学リスクという面でも、今朝も書いた通り今夜はイラク議会の再招集、

明朝6時にはイスラエルとパレスチナの停戦期限を迎え、

しかも世界的に株高・債券高基調でこれらのイベントを迎えることになるので、

これらイベントの結果が良かろうとも、織り込み下落リスクはありますからね。


それにしてもイラク情勢・・・米国はクルド人勢力に武器供与でっか・・・

もはや宗派や民族、筋を通すもへったくれもないですから、

イスラム諸国の人達が怒るのも仕方ないですね・・・


まぁイラク情勢はともかく、明日のスタンスについては、特に変更はないものの、

主力大型株での持越し短期勝負は、以上の通りジャクソンホールまでは、

一服の可能性が高いので、商いの伴った本格反発にでも転じない限り、

チキンと言われようと、その日限りの勝負に留めるのが無難です。

しかしながらジャクソンホール以降は一時的ながら反発はあるでしょうから、

大きく下げた局面での勝負は大いにアリでおます。

新興市場、東証2部での持ち越し短期勝負についても同様と言いたい所ですが・・・

ミクシィとサイバーダインが息を吹き返すなり、吹き返さなくとも、

高水準な売買代金を維持したままでの循環物色が拡がらない限り、

(本日も昨日と同水準の薄商いであり、息も吹き返しておりまへん)

日替わりのテーマ物色等で、その日限りの波乗りに留めるのが無難でしょう。

バイオ、不動産、REITでの中長期勝負の方は、

王者の風格で構えている方は、そのままでいいですが

バイオと不動産については新規の打診買い程度はありです。

しかしながら万が一、ジャクソンホールを経て、主力大型株、新興、2部が、

8日安値を割るような事態になれば、王者の風格で構えていた方も含め、

一応、総員撤退という心構えは残しておきましょう。

その他中長期の押し目狙いの方についても同様ですが、

好業績、割安、高ROE、好取組、国策銘柄等の中で、

出遅れているものならば、新規で拾うのはありです。

長期で構えたままの方は、8日安値を下放れたとしてもたかが知れており、

本日を含め繰り返し書いている通り、ジャクソンホール以降だけでなく、

9月以降への期待もありますので、そのまま王者の風格で構えておけばいいですけど

一応、ジャクソンホール以降の総員撤退という心構えは残しておきましょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
こんばんは
DIY職人大家 ヒデ | URL | 2014-08-19-Tue 23:17 [編集]
毎日ブログを拝見し勉強させてもらってます。
また私のブログにも毎日訪問いただきありがとうございます。
宜しければ相互リンクしてもらえませんか?
よろしくお願いします。
DIY職人大家ヒデさんへ
マーケット番長 | URL | 2014-08-19-Tue 23:29 [編集]
> 毎日ブログを拝見し勉強させてもらってます。
> また私のブログにも毎日訪問いただきありがとうございます。
> 宜しければ相互リンクしてもらえませんか?
> よろしくお願いします。

こんばんは。
早速、リンク設定しておきますので、
御確認下さい。
今後共よろしくお願い致します。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.