不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
海の向こうでの目先のヤマ場を受けて・・・
おはようございます。

ねぇ、プーチン♪こっち向いて♪という声に応じたのか、

経済制裁合戦が効いてきたのか、ロシア市場のトリプル安に嫌気が差したのか、

激おこプーチン丸だった姿勢を和らげ、ウクライナ停戦に全力を尽くすと表明・・・

一方、オバマくんはイラクへの空爆は続けるものの、

派遣していた軍事顧問団は近く引き揚げると表明・・・

同時に米国からの退陣要求を拒んでいたイラクのマリキ首相が退陣を表明・・・

来週のイラク国民議会での挙国一致内閣成立に向けて進展しそう・・・ではあります。

イスラエル・パレスチナについても、昨夜、5日間の停戦延長が合意され、

エジプトの仲介による本格停戦に向けた協議が継続しております。

以上の通り、地政学リスクについては、それぞれどこまで本気なのかは未知数ながら

同タイミングでの急速な歩み寄りが見られております。


ちなみに当事国であるロシア市場は株高、債券高、通貨は横ばいと落ち着いており、

ウクライナ株は小幅安、債券と通貨は横ばいと大きな動きはみられません。

中東諸国市場はイスラエルを始め、イラク周辺国市場も落ち着いており、

各国のCDSも低下しており、地政学リスクの和らぎと一致した動きではあります。


新興国市場は株、債券、通貨ともにマチマチと大きな動きは無く、

アルゼンチンはトリプル安が続いておりますが、他国への影響は見られまへん。


そして昨夜の注目イベントだった欧州各国の4-6月期GDPは、

ドイツのマイナス成長、仏とユーロ圏全体はゼロ成長と奮わなかったものの、

先週のイタリアの様に、次期にはリセッション入りになるのではという懸念には至らず

(我が国の低調なGDPに対する連想ゲームも膨らまず)

いつも通り、ECBによる追加金融緩和期待が高まるという御都合解釈となり、

さらに上記にも書いた通り、欧州にとって最も大きな悪材料であった、

ウクライナを巡るロシアとのゴールの見えない経済制裁合戦の泥沼化が、

昨夜のプーチンによる軟化姿勢の表明によって和らぐという期待も高まり、

欧州株は続伸しており、債券も追加緩和期待という御都合解釈によって債券高となり

ドラギの狙い通りな株高・債券高にはなっております。

金融リスクを抱えるポルトガルを含む南欧重債務国も概ね株高・債券高と堅調、

CDSも低下しており、銀行間金利も落ち着いております。


米国市場は前日の小売売上高に続き、昨夜の新規失業保険もやや悪化し、

企業決算も注目のウォルマートは無難な結果だったものの、

シスコシステムズ等が低調な決算を発表した事で、

欧州と同様の御都合解釈といいましょうか、早期利上げ観測が後退し、

さらに冒頭でも書いた通り、地政学リスクが急速に好転したこともあり、

米株は激薄商いながら続伸、債券は地政学リスクの好転による債券安ではなく、

御都合解釈な利上げ観測の後退とそれを裏付ける30年債入札の好結果もあり、

債券高は継続しております。

21日にはジャクソンホールも控えているので(イエレン講演は22日)、

このまま米株高・債券高基調が続くかも知れませんが、

今夜のプチテンコ盛りな米経済指標によって、程よい債券安による米株高となれば

理想的ではありますが、ここまで株高・債券高が続いているだけに、

債券安となれば株も反動で株安となりそうです(あくまで一服程度でしょうけどね)。


ちなみに金は続伸しておりますが、地政学リスクへの警戒では無く、

昨夜の御都合解釈な早期利上げ観測の後退が原因とも言えます。

原油は以上の様な米国と欧州の低調な経済指標と企業業績、

米国のサジ加減な原油在庫調整、中東の地政学リスクが和らいだことで急反落、

VIX指数は更に低下して12.42と低水準となっており、緊張感は見られません。


以上の通り、欧州、米国の経済指標は低調だったものの、

地政学リスクが同タイミングで好転したこともあり、海の向こうは落ち着いており、

今夜は米経済指標が控えているものの、低調な結果になったとしても、

米利上げ観測の後退やECBの追加緩和期待の高まりという御都合解釈によって、

リスクオフにはならず、せいぜい今週上げてきた反動(株安)がある位でしょうから、

来週のジャクソンホールへ焦点が移っていると言えます。


そして本日の我が国は、以上の通り海の向こうが落ち着いていることで、

良からぬ連想ゲームも拡がっておらず、

決算を終えたサイバーダインも暴落にはなっておらず、落ち着いたスタートですが、

ミクシィの下げが続いており、個人の心理は悪化とは言わないまでも、

今週上げてきた反動と週末の手仕舞いといった一服感は漂っております。


ということで、地政学リスクの好転という新たな追い風はありますが、

海の向こうも今夜は、リスクオフではないものの一服はなるでしょうから、

本日のスタンスとしては、昨日書いた通りでおます。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.