不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
機長(基調)判断と連想ゲーム。
こんばんは。

本日は4-6月期GDP発表、ノンストップ高だったミクシィエレベーターの扉オープン、

といった2大イベントが開催されましたが、

甘利機長の「7-9月期はめっさ盛り返すで~」という機長(基調)判断が効いたのか、

いい意味での連想ゲームが働いているかのように、後場からも踏ん張りを見せ、

薄商いながら日経平均、TOPIX共に小幅高で引けております。

新興市場についても、ミクシィの売買代金がマザーズの半分以上を占めるものの、

寄ったと同時に崩れることも無く、踏ん張りをみせたことで、

マザーズは1.05%高、JQは0.1%高でおます。

ただしミクシィの扉が開かれたことで、抱えていたパワーは解き放たれたものの、

今日のところはミクシィから新たに生まれたイナゴの大群もミクシィに集中してしまい

ミクシィ自身もイナゴが集中した割に直近高値(6660円)を超えられず、

他の獲物(銘柄)への物色の拡がりまでは見えなかったので、

繰り返し書いている通り、今夜以降の欧州でのGDP、米国の小売売上高等によって

地合いが悪化してしまうと、ミクシィエンジンが高値を前に失速しそうなだけに、

無事に乗り切って頂きたいものですが・・・

5月からの相場はミクシィから始まった言っても過言ではないですから、

先頭のミクシィさえ踏ん張ってくれれば、現状の個人主体の夏休み相場では、

日本株全体の大きなエンジンにはなりますからね。

明日は同じ先頭グループだったサイバーダインの決算も控えており、

良からぬ決算だと足を引っ張るだけですが、好決算となればミクシィとのコラボになり

薄商いの夏休み相場では更に強力なエンジンとなりますから、

海の向こうから良からぬ連想ゲームが拡がったとしても吹き飛ばせそうですが・・・

とりあえず今夜からの海の向こうでの欧州GDP祭、米小売り売上高等のイベント、

明日の前回がドイヒー過ぎた機械受注等で良からぬ連想ゲームが拡がらなければ

本日の動きを見る限り、期待も高まる1日ではありました。


そして甘利機長の機長(基調)判断を素直に受け取ると、

先週の6日連続での日銀のETF買いも含めGPIF等の神の手(お上の手)を駆使した

安倍ちゃん政権による必死のパッチでの株価の下支え姿勢は維持されている・・・

とも判断できるので、ジャクソンホールは21日から、次回FOMC、内閣改造を含む

9月イベントも近付いていることから、良からぬ連想ゲームが拡がって崩れたとしても

底割れすることはなく、下値も限定的なものになりそうではありますが・・・


それにしても甘利機長の機長(基調)判断は、先にも述べた神の手の働きぶりも含め

素直に消費税引上げを諦めていないという意志表示なのでしょうか・・・

同時に前回の様に水増しと疑われようと、7-9月期のGDPは押し上げるのか・・・

どう考えても消費税追加引き上げの条件を満たすほど、

7-9月期が回復するとは思えないですけど・・・

もしかして9月の内閣改造と共に、消費税引上げを見送りなんてことになると、

かなりのポジティブサプライズですけど・・・

そして見送りせざるを得ない景気を鑑みて、黒ちゃんまでぶっ放し、

法人税も大幅に引き下げなんてことになると、

米国がQE縮小を完了して、高まる利上げ観測も吹き飛ばせそうですが・・・

そして安倍ちゃんも失速気味の支持率が回復し、

9月に報告予定の拉致被害者調査を受けて、電撃訪朝なんてことになると、

さらに支持率は回復し、安倍ちゃんのライフワークでもある憲法改正に向けても、

歩を進めることが出来ますからね・・・

やはり9月以降(早ければジャクソンホール以降)の日本株は明るそうですが、

とりあえず今夜以降は連想ゲームの台頭懸念がありますので、

目先としては警戒モードには変わりまへん。

(そういえば各社の支持率調査も今週一杯で出揃います。今のところ回復してます)

現在も欧州時間に入ってから米債安と共に円安へゴリゴリと傾いており、

先物も15300円に乗せたりと、やや説得力に欠けますが・・・(笑)

このまま8月8日を底に上がったとしても(空売り比率もコツンでおます)、

それはそれで参戦できる機会が増えるということですから、

現状のヒョロ上がりで、目先で良からぬ連想ゲームが拡がるリスクもある中では、

警戒モードで構えておくのが無難でおます。


ということで、明日のスタンスについては、特に変更はありまへんが、

主力大型株での持越し短期勝負は、明晩まで続く国内外のイベントによって、、

良からぬ連想ゲームが拡大する可能性は残っておりますので、

明日まではその日限りの勝負に留めるのが無難です。

新興市場、東証2部での持ち越し短期勝負についても同様です。

まずはミクシィからのイナゴの大群物色に拡がりが確認できない限り、

日替わりのテーマ物色等によるその日限りの波乗りに留めるのが無難でしょう。

バイオ、不動産、REITでの中長期勝負の方は、新規の打診買い程度はありですが、

万が一、主力大型株、新興、2部が先週末の安値を割るような事態になれば、

これまで王者の風格で構えていた方も総員撤退という心構えだけは、

せめて今週一杯は残しておきましょう。

その他中長期の押し目狙いの方についても同様ですが、

好業績、割安、高ROE、好取組、国策銘柄等の中で、

決算も終えて出遅れているものならば、新規で拾うのはありです。

長期で構えたままの方は、先週末安値を下放れたとしてもたかが知れており、

週初の記事と以上にも書いた通り、9月以降への期待もありますので、

そのまま王者の風格で構えておけばいいとは思いますけど、

せめて今週一杯までは、総員撤退という心構えだけは残しておきましょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.