不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
佳境入りの週末。
おはようございます。

ウクライナ情勢を巡り、欧米西側とロシアとの対立が悪化しており、

西側からの経済制裁に対するロシア側の対抗措置といった経済面での対立激化・・・

ウクライナ国境に集結しているロシア軍の軍事介入懸念、

親ロシア派によるウクライナ軍の戦闘機と医療用ヘリの撃墜といったように、

軍事面でも緊迫度が増しており、市場の反応としてもロシアのトリプル安だけでなく、

これまで呑気だったウクライナ市場も崩れつつあります・・・


イラク情勢については、イスラム国を名乗る武装組織の進軍、虐殺が激化しており、

ついにオバマが空爆に言及したりと緊迫化しており、

今夜のイラク議会再招集での挙国一致内閣の発足には程遠い状況ですが・・・

イラク周辺の市場については、ウクライナ情勢とは違って落ち着いております。

イスラエル、パレスチナ情勢については、停戦協議に進展は見られず、

日本時間では本日14時までの停戦期限の延長は無さそうであり、

再び戦闘が起きそうですが、イスラエルの地上部隊が撤退しているからなのか、

イスラエル市場を含め緊張感は薄く、イスラエルがやや通貨安といったところです。


アルゼンチンの財政リスクは、合意に近付いているとのことで、、

昨夜のアルゼンチン市場は株高、債券高、通貨は小幅高とトリプル高でおます


そんな中、注目されたECB理事会ですが、政策的には現状維持で動かず・・・

ドラギ総裁が会見では金融緩和スタンスをかなり強調したものの、

ウクライナ情勢等の地政学リスクに対する悪影響を指摘した事で、

結果として以上の地政学リスクに対して、火に油となったと言えなくもない・・・

そしてポルトガルの金融リスクについても、ECBからの火消しも無かったことで、

ポルトガル市場は株価が大幅安、債券安となっており、

波及が懸念されている南欧重債務国も同様に株は大幅安、債券安でおます・・・

独仏蘭等の勝ち組国も株安、債券は南欧重債務国と違ってゴリゴリの債券高となり、

ユーロ安もゴリゴリと進行しております・・・


金も以上の各リスクによる緊張感を反映する続伸となっており、

原油はまだ低水準ながらも3日ぶりの反発となっております。


以上の通り、これまで各リスクに対する当事国市場の反応は薄かったのですが、

ついに市場がリアルに反応しつつあります・・・


そして米国市場は、以上の様な地政学リスクのリアルな反応及び緊張化もあり、

米株安は継続、米債券はゴリゴリの債券高が進行しております・・・

しかしながら商いの薄い株安なので、下げパワーの衰えも感じたりもしますが、

地政学リスクの進展も含め、今夜以降を見極めないことには安心はできまへん。


てな感じで、海の向こうでの緊張化を受けて、本日の日本株はというと・・・

昨日の安倍ちゃんによるGPIFネタでの「ダメよ~、ダメダメ」な下支えも空しく、

SQ通過も空しく(SQ値は15036.83円)、大幅安となっております・・・

ついに7月安値、6月27日安値どころか15000円も割ってしまい、

15000円を割ってからは商いも膨らみながらの下げへと突入しおります・・・

これで昼過ぎにも結果の出る日銀金融政策決定会合にて、

何も動かなければ、後場からさらに下げが加速しそうですが、

ほんまに市場予想通りの現状維持という結果になるのか・・・

引け後の会見でリップサービスが出たとしても、何も動かなければ、

地政学リスク、欧米市場の崩れが収まらないと厳しいでしょう・・・

本日はイベント的にはハゲバンク、ミクシィを含む企業決算ピークでもあるので、

ややコツンという音が聞こえなくもないですが・・・


とにかく、本日はこういう事態になっているのは事実なので、

黒ちゃんが異次元砲の第二弾をぶっ放さない限り、

地政学リスクが収まるか、欧米市場の崩れが収まらないと、

せいぜい自律反発があるくらいでしょうから、素直に調整入りと見ておきましょう。


ということなので、持ち越しの短期勝負の方は、自律反発を狙うのは自由ですけど、

黒ちゃんが動かない限りは、その日限りの勝負に留めておきましょう。

中期スタンスの方についても、これまた黒ちゃんが動かない限り、

新規参戦を控えるのはもちろんのこと、すでに構えている方についても、

いさぎよく本日で一旦は撤退しておくのが無難でしょう。

長期で構えている方については、4月安値くらいまで下げても大した事ではないので、

せめて自律反発も含め週明けの動きを見極めてから判断しても遅くはないでしょう。


いやはや、黒ちゃんに期待したいものですなぁ・・・

久々に甘利くんの機長漫談でもいいけど・・・


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.