不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
支持率、地政学リスク、消費税を絡めてみる週末・・・
こんばんは。

時事通信による7月調査(11-14日)の安倍ちゃんマン内閣支持率が発表・・・。


sijiritu.jpg 

久々に大きく下げての44.6%となり、安倍ちゃんマン政権発足以来最低となり、

不支持率も政権発足以来最高となりました・・・

マスコミ各社によっては調査結果に差が出るので、あくまで参考の一つですけど、

民主党政権下では支持率(時事通信)と日経平均が見事に逆相関だったこともあり、

現在も月に一度はチェックしているのですが、

安倍政権下では支持率ありきのアベノミクス&株価とも言われ、

実際に日経平均とは逆相関では無く相関性が高い傾向があり、

これまで支持率が低下した翌月から、アベノミクスへの信認低下ということで、

株価も下がる傾向があっただけに、今回の支持率低下は気掛かりです・・・

そうなると、消費税の追加引き上げを実現する為の条件である7-9月期GDPは、

株価が下がって市場が混乱すると、条件をクリアできないのでは?

ということにもなります・・・

最近は年金や日銀による露骨な動きを見ればわかる通り

何としても下支えするぞという安倍ちゃんマン政権の強い意志は感じるので、

大丈夫だとは思うのですが・・・

なにやら消費税引き上げの急先鋒でもあるコスプレおじさんが(麻生財務相)、

ウクライナでのマレーシア航空機の撃墜について、

景気への悪影響が出て来る可能性があるとも言い出しており、

ウクライナ問題を特殊な事情として、

景気条項である7-9月期GDPが低迷することの言い訳にするつもりなのか・・・

別の期に移すつもりなのか・・・それとも条件自体を引き下げようとしているのか・・・

いずれにせよ7-9月期の下支えを諦める布石と受け止められなくもない発言です。

いっそのこと消費税の追加引上げを撤回してくれると、

最高の成長戦略にはなりますけど・・・

まぁとにかく、安倍ちゃんマン政権がウクライナ問題をきっかけ(口実)に、

7-9月期GDPと株価の下支えるのを諦めることになると、

結果としてこれまでと同様、支持率の低下と日経平均は相関することになります・・・

そういえば今夜はジブリ作品の「借りぐらしのアリエッティ」が放映されるので、

借金大国日本ということで「借りぐらいのアベエッティ」なんて言われながら、

地政学リスクとも相まって、ジブリの法則が発動したりして、というのは冗談としても

ウクライナ問題を始めとする地政学リスクがこれ以上緊迫化してしまうと、

欧米市場も下げ(利食い)の口実にはなっているだけに厄介ではあります・・・

今のところ昨夜の当該国及び周辺国の市場、本日の日本株の踏ん張り、

アジア市場を見ていると、緊張が和らぐ動きも感じられますけどね。


それにしてもマレーシア航空機の撃墜は誰がやったのでしょうか?

諸説入り乱れており、親ロシア派がウクライナ軍の補給機と勘違いして撃墜したとか、

中南米歴訪から帰って来るプーチンを乗せた政府専用機の通る飛行ルートが、

マレーシア航空機と同じだった上に期待のデザインも似ていたとかで、

プーチンを狙ったウクライナ軍が謝って撃墜したとか・・・

実際にプーチンの乗った政府専用機が18分後に同じルートを通ったとも・・・

万が一、後者だということが明らかになってしまうと、

成功しようが失敗しようが、さすがにプーチンも報復に出るでしょうからね・・・

前者だったとしても、プーチンロシアへの批判は避けられなくなり、

欧米諸国との溝は深まり、いくらなんでも欧米vsロシアの戦争はないにしても、

ウクライナ情勢は更に悪化し、ロシアは更なる経済制裁も喰らうでしょうから、

ロシア経済も傾くことになるだけに(トリプル安も進行中)、

落としどころをどうするのでしょうか・・・

ロシアと親密な関係を築きつつあった安倍ちゃん政権も、

どちらに転ぼうとも距離を取らざるを得なくなりますからね・・・

今夜にも緊急の国連安保理が開かれる様ですから、

どのような落とし所に持っていくのかが、少しは見えて来るかも知れないです。


そういえばマレーシア航空は未だに解決していない航空機の失踪に続く、

今回の撃墜ですから、様々な陰謀論や憶測が飛び交いそうですね・・・

航空機の失踪についても、一部では旧ロシアだった中央アジアの国に着陸した・・・

なんてことも言われていたりするので、今回の撃墜についてもロシア絡みなだけに、

チェチェンやクリミアの様に独立を求める地域を巻き込み、

良からぬ憶測が拡がってもおかしくないです。

とにかくイスラエルとガザ地区の情勢も更に激化しているだけに、

マレーシア航空撃墜によるウクライナ情勢が更に悪化しない事を祈るのみです。


いやはや・・・安倍政権の支持率が下がろうとも、様子見の冴えない相場であろうとも

イエレンの議会証言と黒ちゃん銀行の金融政策決定会合によって、

日米金融政策の方向性(日米債券動向)が改めて確認できたので、

既に始まっている米企業決算と共に、来週から本格化する国内企業決算によって、

日米の債券に続き日米の株価も方向性が明確になるだろうと期待しながら、

平和な三連休になるとも思っていたのですが・・・

残念ながら騒がしい3連休となりそうです。

まさか来週に償還祭を控える中国でもよからぬ事が起こり(デフォルト騒動)、

ポルトガルの銀行問題、月末が期限であるアルゼンチンのデフォルト騒動、

イスラエルの影に隠れ気味のイラク情勢も、来週末のラマダン明けと共に激化・・・

これらが全て噴き出すと、

日米の企業決算が好調だったとしても関係ないですからね・・・

おまけに企業決算すらも低調だった日にゃあ・・・

なんて最悪なことも頭をよぎる週末・・・

あくまで最悪のシナリオを想定しておくために書いているだけなので、

過度な心配をせずに3連休をお過ごし下さい。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.