不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
書店、CD・ゲーム販売・レンタル各社の6月次売上一覧
おはようございます。

ブログがメンテナンス中だったこともあり、更新が遅くなりました。


さて、昨夜の米株はバイオ等のモメンタム株が売られ、

ラッセル2000も0.2%安となりましたが

ダウは0.45%高、S&Pは0.42%高、ナスダックは9.58ポイント高、

米債券は一時的に小幅な債券安となったものの、

最終的にはほぼ変わらずの小幅高となり、

米国市場は昨日の株安・債券高から株高・債券高となっております。

つまり昨夜も書いた通り、イエレンの議会証言によって、

米金融政策の方向性がほぼ見えてきたことで、米債券高は変わらないままですが、

今後の米企業決算ラッシュでの業績次第と方向感の定まっていない米株だけが、

これまで発表された決算通りに動いたと言えます。

ただし昨夜の米株は商いを伴った上昇ではあるので、

米企業決算に対する期待の高まりと共に先食いしつつあるのか・・・とも言えますが、

単にSQを控えた商いの膨らみと言えなくもないので、

今夜以降も上げによる商いの膨らみが続くのかは注視が必要です。

一方、業績の裏付けが出来ていないモメンタム銘柄は、

イエレンFRBの割高というケチ付けの余波が、

決算によって払拭されていないことで下げ止まらずといったところなので、

少なくともモメンタム銘柄の決算(主に来週から)が発表されるまでは、

割高修正の動きは続きそうです。


欧州市場が抱える懸念材料であるポルトガルの銀行問題は続いておりますが、

徐々に実態が明確になりつつあることで、疑心暗鬼の伝播も収まりつつあり、

市場の反応としても当該銀行とポルトガル市場だけに留まりつつあります。

昨夜の欧州市場は、ポルトガルすらも含めて株高・債券高となっており、

落ち着いていると言えます。

地政学リスクを抱えるイラク、イスラエル、ウクライナ及び周辺国の市場も、

事態に好転は見られないものの、市場はこれといった反応もなく落ち着いております


そして金は反発しておりますが、単にここ最近の一方的な売りに対する反動であり、

リスクオフによる反発とは言えないレベルの反発です(銀、小麦も同様です)。

原油についても大幅高ではありますが、中東情勢の緊迫化ではなく、

週に一度の米国のサジ加減である在庫統計によるものです。

VIX指数も昨夜は11.00まで下げており、緊張感はありまへん。


以上の通り、海の向こうは地政学リスク等の騒ぎも無く、落ち着いており、

我が国とって最も重要である米国市場は、イエレン議会証言を経て、

債券高を維持したままの株高なので、米株は決算次第の動きと言えますが、

昨夜の商いの膨らみが続くのか、モメンタム株が下げ止まるのか、は注目です。


そして我が国は、昨日も書いた通り中長期的な好環境・好条件はあるものの、

これといった鮮度の高い国内材料はないので、

米債高(米金利低下、ドル安)による円高という重石を抱えながら(欧州債高も)、

来週から本格化する企業決算次第という展開になります。

本日は米国を始め海の向こうが落ち着いている事もあり、続伸しておりますが、

米国とは違って相変わらずの薄商いが続いており、非力な上昇でおます。

本日は引け後に安川電機の決算もありますので、

来週から本格化する国内企業決算に対する期待が膨らむ様な決算になると、

米株の様に企業決算を期待する(先食いする)上昇にも繋がる可能性はありますが、

今夜は米国でグーグルを始め企業決算がテンコ盛りであり、

経済指標も住宅指標、新規失業保険もありますので、もし米国市場が株安となると

安川電機が好決算を発表したとしても力不足と言えます。

新興市場については、本日も薄商いが続いており、

米モメンタム株も下げ止まっていないので、

これまたアテにならない状況に変わりは無いです・・・

ということなので、本日も日替わり定食なテーマ株物色が旺盛という程度ですから、

本日のスタンスとしては、昨日書いた通りでおます。


さて本日は書店、CD・ゲーム販売・レンタル各社の6月次売上一覧です。


これまでの小売各社(約450社)の直近月次売上一覧、

外需系各社(約400社)の直近決算発表後の想定為替レート一覧、

につきましては左のカテゴリからご覧下さい。


☆書店、CD・ゲーム販売・レンタル各社の6月次売上一覧

 ※2014年7月17日08時30分時点のデータです。


(書店)既存全店累既累全発表日決算月その他
2652まんだらけ非開示9
2769ヴィレッジヴァンガード97.3 99.3 7/75
3058三洋堂書店90.8 91.4 7/33
3159丸善CHI非開示1
3313ブックオフ94.1 92.2 7/43ブックオフ
3313ブックオフ95.9 101.47/43リユース
7610テイツー98.2 98.7 92.8 93.5 7/102
9978文教堂G非開示8
(CDゲーム販売&レンタル)既存全店累既累全発表日決算月その他
2681ゲオ97.7 108.098.3 108.07/73メディア系
2681ゲオ102.0115.5102.6115.67/73リユース系
2710CSロジネット非開示3
3344ワンダーコーポ88.4 88.1 7/102
4724ウェアハウス非開示12
7415新星堂非開示2
7640トップカルチャー92.3 92.5 96.4 98.1 7/23蔦屋書店
9817ゴトー非開示2
9826JEUGIA非開示3


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.