不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
直近決算発表を終えての想定為替レート一覧(Part.10)
おはようございます。

昨夜の欧州市場は株高、債券はドラギ効果による債券高は一服しておりますが

ユーロ安は継続しており、今夜からマイナス金利、不胎化オペの停止等、

先週のECB理事会で決まった金融政策が適用され、

更に今夜はドラギえもん(ECB総裁)とドラミちゃん(メルケル独首相)が、

明日から開幕するW杯を静かに観戦する為?の作戦会議と講演を行うので、

今夜以降も債券高の一服が継続するのかは疑問ですが、今夜は注目です。


新興国市場は株高、債券は欧州と同じくほぼ横ばいの一服、通貨も横ばい、

ロシア市場も同様です。


商品は金、銀が切り返しの動きも感じる続伸、銅も反発しておりますが、

同じく低迷している小麦とコーンは更に安値を更新しております。

VIXも再び11を割る10.99・・・


そして米国市場は、相変わらずの薄商いが継続しながら株はほぼ横ばいの小幅高、

注目の債券市場は、連銀オヤジの口車による早期利上げ観測に加え、

昨夜から始まった米国債の入札3連発の一発目が低調に終わったこともあり、

無事に米債安(米金利上昇、ドル高)が継続しており、

欧州の債券高圧力には屈しておらず、このまま債券安が継続し、

先週まで続いていた商品等を含む偏ったものが反動に動き出せば、

調整入りになっても、歪では無い健全な調整局面入りを迎えられそうではあります。

とりあえず今夜は欧州のドラえもん会談、米債入札の2発目(10年債)を経て、

ユーロ圏の債券が更なる債券高とならず、米債安も継続するのかが焦点でおます。


以上の通り、海の向こうは株高ではあり、債券高も横ばいながら一服、

米債安も継続しておりますが、ユーロ円は依然としてドラギパワーでの円高、

ドル円は昨日と変わらないこともあり、日本株は反発しながらも上値は重いです。

売買代金も相変わらずの薄商いが継続しておりますので、

為替を引っ張る程のパワーもありまへん。

まぁでも日本株の出遅れ感、割安感、良好な需給環境、新成長戦略への期待、

黒ちゃん効果には変わりなく、本日発表の法人企業景気予測調査の好結果を始め、

ファンダメンタルズにも変わりはありまへんので、

海の向こうが以上の通り、債券高祭(円高圧力祭)が加速することがなければ、

黒ちゃん銀行の金融政策決定会合とメジャーSQの重なる13日の金曜日までは、

もみ合いながら底堅く推移するという見方に変わりはないです。

本日はSQ前の水曜日ではありますけど・・・

ちなみに新興市場は本日も相変わらず商いは活況なので、

イナゴの大群による循環物色が継続していると見ていいでしょう。


ということで、本日のスタンスとしては、昨日書いた通りでおます。


さて、本日は直近決算発表を終えての想定為替レート一覧(Part.10)です。

これまでの外需系各社(約400社)の想定為替レート一覧、

小売各社(約450社)の直近月次売上一覧、

につきましては左のカテゴリからご覧下さい。


☆直近決算発表を終えての想定為替レート一覧(Part.10)

 2014年6月11日08時30分時点のデータです。


コード社名発表日ドルユーロその他
6849日本光電5/8100138通期レート
6869シスメックス5/8100135通期レート
7732トプコン4/25100135通期レート
7745A&D5/91001352.85/ルーブル通期レート
3436SUMCO5/15103上期レート
6146ディスコ5/12100135通期レート
6274新 川5/15100通期レート
6324ハーモニックドライブ5/13100135通期レート
6626セミテック5/1410016.43/元、12.88/HKD通期レート
6666リバーエレテック5/12103通期レート
6871日本マイクロニクス5/9950.09/ウォン通期レート
6890フェローテック5/2010216.5/元通期レート
6915千代田インテグレ4/10100通期レート
6951日本電子5/13100135通期レート
6997日本ケミコン5/12102通期レート
7735大日本スクリーン5/7100135通期レート


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.