不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
人型ロボット祭、今夜は猫型ロボット祭、明日は今週の大トリ・・・
こんばんは。

オボちゃんの論文撤回は再現試験に参加する為に仕方なく応じたのだそうで・・・

本音はともかく、コツとレシピを持つと言っているオボちゃんがそう言うのならば、

理研側もSTAP細胞が再現できるのかどうかを明らかにする為には、

オボちゃんを呼ばないと筋が通らないですから、

さっさと白黒をハッキリして頂きたいものです。


そんなオボちゃん騒動は置いといて、本日はロボちゃんでんな。

ご覧になった方も多いかもしれませんが、

13時からのハゲバンクの孫社長による漫談・・・いやコント・・・いやいや会見です。

神秘的な音楽と共にハゲたロボットが現れ、

カクカクのロボットダンスでは無く、滑らかな舞いを披露し、そこにハゲ社長が登場・・

その後はハゲロボットの「ペッパー」とハゲ社長の「カッパー(河童)」との会話が始まり、

まるで自ら考えて話しているような・・・ではなく、

事前にプログラムされていたペッパーの会話にカッパーが合わせている様な、

グレーなコント・・・いや会話を繰り広げ、

高田延彦のマーク・コールマン戦に匹敵するグレーぶりでした(わかりにくいけど・・・)

まぁでも、感情認識ができるようなので、いい事とダメな事を認識させるために、

人間側が笑ったり、怒ったりして学習させることが出来る上に、

クラウドで全てのペッパーを繋げるようなので、

1体のペッパーだけが学習したとしても、同時に全てのペッパーに共有され、

進化していくようなので、自分が教えた事以外にも反応するということであり、

そうなると確かに時間と共に会話をしている様に感じる場面が多くなりそうですね。

一方で、悪い事を学習させるとターミネーターみたいにならないのか・・・

という怖さも有りますが、一体だけでなく全てのペッパーで学ぶのならば、

良からぬ学習は淘汰される可能性が高いでしょうから、

大元のクラウド上のデータをイジられない限りはリスクが低いとも言えるのか・・・

あくまで素人考えですから、トンチンカンなことを言っている可能性はあります。

そういや、竹中直人の笑いながら怒る人の様に教えるとどうなるのか・・・

これも特殊な事例だから淘汰されるのか・・・

それとクラウドで学習を共有するという事は、全てのペッパーは均一的なものとなり、

所有者独自の学習で個性を出すことはできないのか・・・なんて疑問もあります。

まぁとにかく、現時点ではコントであろうとも、グレーな会話であろうとも、

何事も始めることが重要ですから、茶化すのは今日だけにして、

ハゲ社長がどう発展させて行くのか楽しみにしておきます。

っつうか、販売価格が破格?の19.8万円ですから、

自分で買って試すのがいいのかも知れないですけど・・・


さてさて、そんな人型ロボットではなく、

今夜は猫型ロボットであるドラギえもん(ドラギ総裁)率いるECB理事会が開かれ、

ドラギえもん自らが使うと予言していた秘密道具(利下げor追加緩和)が注目です。

利下げだけで留まるのか、利下げと追加緩和のダブルインパクトなのか、

まさかの何もやらないハシゴ外しなのか・・・

現在のマーケットを見る限り、利下げは十分に織り込み済のような動きをしており、

ダブルインパクトを繰り出さないと、反動(株安債券高)が起きそうではありますので、

利下げだけに留めたとしても、ドラギえもんの会見において、

追加の秘密道具(追加金融緩和)を四次元ポケットからチラ見せして、

いつでも使う用意はしてまっせ~という睨みを効かせないとね・・・

果たしてドラギえもんはどんな一手に出て来るのか・・・

タケコプターを頭に付けて登場し、稼働と共にヅラだけが飛んでいくという演出は、

かなり素敵ですけどね。

くれぐれもハシゴを小脇に抱えて登場しないことを祈るのみです。


ちなみに我が国目線で考えると、ドラギえもんの利下げは織り込み済だとしても、

追加金融緩和については内容次第であり、欧州議会選も終わったことで、

温存していた伝家の宝刀OMTを繰り出すのはさほど心配いりませんが、

これまで頑なに堅持してきた不胎化路線を撤廃するという一撃を繰り出すと、

これまで薬抜きを同時進行しながらドーピング注入をしていたものを、

我が国と同じドーピングを打ちっ放しの廃人・・・失礼、薬漬けモードになるので、

我が国のアドバンテージであった金融緩和の「量」という部分での効果が、

薄まる可能性があります・・・ドラギえもんが注入する「量」次第ではありますけど、

「量」次第では対ユーロでの円高圧力となるので、日本株にとってはネガティブであり

黒ちゃんにとっても負けじと追加金融緩和に動く必要を迫られます・・・

ふと思うと、このまま日欧がドーピング合戦へと突入し、

気が付いたら廃人と化してしまい、そこに中国バブル崩壊でもぶつけられた日にゃあ

もはや追加ドーピングは出来ない手詰まり状態・・・

なんてことにならんことを祈るのみです。


そんな将来の最悪シナリオはともかく、今週のメインイベント一発目である、

今夜のECB理事会を経て、世界の債券が再び債券高へと転じるのか、

このまま債券安が加速するのか・・・

そして債券高ならば、株高債券高という無理のある展開が続くのか、

健全な株安債券高という一服になるのか・・・

もしくは債券安となるのならば、株安債券安という大きな反動での一服となるのか、

ここ数日の株高債券安が加速する展開になるのか・・・

今夜のドラギえもんの会見も含めて注目でおます。

ただし明晩には今週のメインイベントの2発目である雇用統計も控えているので

ECB理事会後の反応を掻き消すことになれば、

結局はこれまでの世界的な債券高を含めて、米国のサジ加減次第ということであり、

17-18日のFOMCへ焦点が移る可能性はあります・・・


まぁとにかく、中長期の方は、満月&13日の金曜日(MSQ&金融政策決定会合)、

安倍ちゃんの新成長戦略を見据えて構えていればいいですけど

短期勝負の方については、今夜のECB理事会の反応次第で、

週跨ぎの持ち越しをどうするのか決めればいいでしょう(明朝の記事で書きます)。


ちなみに本日の日本株ですが、売買代金は1兆8664億円と僅かに減少したものの

鉄鋼等へのの出遅れ物色の継続を含め物色の拡がりは継続しており、

先物主導の象徴でもあるファストリも踏み止まっており、底堅さを見せております。

新興市場もイナゴの発生源であるミクシィが、ファストリ同様に踏み止まりつつ、

本日はイナゴの大群がロボット関連銘柄へ群がっており、

売買代金も新興市場、2部を合わせて3000億円をキープしており、

旺盛な循環物色が維持されていると言えます。

そして日本株は良好な需給環境、世界と比べても割安であり、出遅れ感もあり、

テクニカル的にも三役好転という状態なので、

(ドル円が雲で跳ね返されたことで、三役好転とならなかったのは気掛かりですが・・)

今夜のECB理事会と明晩の雇用統計を経ても、日本株は大きく崩れないでしょうけど

連日書いている通り、世界の株、債券、金、銀、小麦、コーン、VIX等は、

過度に偏っているとも言える水準ではありますし、

我が国の株価についても、短期的には過熱感が増しております。


以上の通り、繰り返しになりますが、今夜のECB理事会後の反応次第で、

明晩の雇用統計に向けた姿勢が決まり、雇用統計の反応次第で、

17-18日のFOMCに向けた方向感が決まり、

我が国は新成長戦略の発表及び満月&13日の金曜日までの方向感が決まります。

明日の閣議後に行われる恒例の閣僚会見にて、

最近頻発している消費税引き上げを目論む必死のパッチの口車が飛び出せば、

雇用統計へのリスクは和らぎますけど・・・


お、ECB理事会の結果だけは出ました!利下げには動いたようですが・・・

まぁドラギの会見が控えておりますし、直後の反応だけではアテにならないので、

改めて明日の記事で書きます。

ユーロ円が猛烈に円高に振れてはおりますが・・・


ということで、明日のスタンスについては、中長期の方は特に変更は無いものの、

短期目線の方については、今夜のECB理事会後の反応次第ではあるのですが、

現時点でのスタンスを書くと、主力大型株での週跨ぎの短期勝負については、

以上の通り、今夜ECB理事会後の反応次第ですが、

ECB理事会を含めた今夜以降のイベントを経て、世界的な債券高が解消され、

円安と商いの伴った上昇(売買代金2兆円を大きく上回る)とならない限り、

いつ一服となってもおかしくないので、その日限りの勝負に徹するのが無難です。

まぁとにかく明朝の記事で書きます。

新興市場、東証2部での持ち越し短期勝負については、

ミクシィを発生源とするイナゴの大群(マネー)の循環物色は、

現時点では続いておりますが、一方で過熱感があるのは事実なので、

ミクシィが崩れたり、2部と新興を合わせて売買代金が3000億円を割るようならば、

週跨ぎの持ち越し勝負は避けた方がいいでしょう。

バイオ、不動産、REITについては、中長期目線で狙うことに変わりはないです。

その他中長期の押し目狙いの方は、日本株は底割れする様な状態ではないので、

今週以降のイベントラッシュで下げたとしても、新成長戦略発表、

もしくは満月&13日の金曜日(金融政策決定会合&MSQ)以降を見据え、

出遅れを中心に好業績、割安、国策銘柄等を拾っていけばいいでしょう。

長期で構えたままの方も、新成長戦略と13日以降を見据え、

4月安値さえ割らなければ、そのまま王者の風格で構えておけばいいでしょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ヒールホールド
スイングマン | URL | 2014-06-05-Thu 21:54 [編集]
レスリングシューズを履いていれば掛かりやすい技ですよね。
また技のかかりが、たどたどしかったなー (笑)

とドラギさん不胎化停止措置にマイナス金利導入ですか、
さてまずは、円高ユーロ安ですね。
スイングマンさんへ
マーケット番長 | URL | 2014-06-05-Thu 22:19 [編集]
> レスリングシューズを履いていれば掛かりやすい技ですよね。
> また技のかかりが、たどたどしかったなー (笑)

わかって頂けましたか、大変嬉しく思いますw
TAPする手の場所もタイミングもおかしく、
呆れるを通り越して、ホッコリしてしまう試合でしたw

> とドラギさん不胎化停止措置にマイナス金利導入ですか、
> さてまずは、円高ユーロ安ですね。

そうですね。
なんだかんだ言っても口車も駆使して、
達者なおじさんですね。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.