不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
何も変わらないまま、明日へ突入・・・
こんばんは。

スマホ、PCからオリジナルデザインのTシャツが作れる「UTme」っていうサービスを

ユニクロが始めたようなので、サイトを覗いて見ると、やはりサイズはXLまで・・・

胸囲130cmのセクシーゴリゴリ冷蔵庫ボディな私に合うサイズはなし・・・

(念の為、腹は出ておりませんのであしからずw)

そんな冷蔵庫ボディのせいで、いつもTシャツですら安い物が無いなので、

1990円という値段には期待したのですが・・・残念です。


さてさて、ゴリゴリパワーには程遠いモヤシっ子な商いが続く日本株・・・

本日は反発したものの、東証1部の売買代金は1兆5610億円という非力っぷり・・・

マザーズだけが昨日に続いてチビっとだけ商いが膨らんでおりますが、

JQも東証2部も激薄商いは継続しており、

明日の金融政策決定会合を見込んで買われていた?不動産・証券ですらも薄商い・・

いやはや・・・パワー回復の息吹は感じられないです。

まぁでも我が国だけが薄商いではなく、親分米国を始め海の向こうも同じですけど・・・

そして本日の反発によって、日経とTOPIXについては、

かろうじて遅行線が上抜く可能性も残っており、需給面でも個人はともかく、

大人達の需給環境は悪くないので、日経主導(先物の主導)で、

三役好転を維持しているダウ、S&P500、英、独DAX、

遅行線が上抜けたナスダックと共に追い掛ける展開も期待してしまいますが、

ドル円、ユーロ円、新興市場はがっつりと遅行線が下抜けしているので

少々無理のある理屈ではあります・・・(笑)

それにしても中国、ロシア、ブラジル、トルコらの新興国に次ぐ割安にも関わらず、

これほど見向きもされない我が国・・・

米債高(米金利低下)によるドル安、ドラギの6月緩和圧力でのユーロ安によって、

我が国には円高がトッピングされているので、

薄商いでの株価低迷も仕方ないとは言えますけど・・・

6月には安倍ちゃんマンが法人減税を含む新成長戦略を打ち出し、

漫画太郎(麻生太郎)くんの予言通りならば、6月からのGPIF期待(効果はともかく)、

黒ちゃん日銀もいずれは追加金融緩和に動くという期待もあるのですから、

5月も下旬となった今、そろそろ日本株が動いてもおかしくないと思うのですが・・・

それでも動かないのは、円高トッピング、12月高値の裏等々だけではなく、

単純に6月の政府と日銀に誰も期待していないのか・・・とさえ感じてしまいます。

当然ながらこれら6月イベントが空振りに終わると、失望売りを招くでしょうけど・・・

しかしながら年末に更なる消費税引上げを目論んでいる政府としては、

引上げを判断する景気条項となる7-9月期のGDPを始めとする経済指標だけでなく

株価も低迷させる訳にはいかないので、

昨年の様に甘利ライン等の閣僚による口車の復活も交えつつ、

間違いなく6月には動くでしょうから、今から期待先行で日本株が上げなくとも、

6月には反撃に転じるとは思っておりますが・・・

ドラギもW杯を静かに観戦する為に、公言通り6月には動くでしょうし、

次回FOMCも6月ですから(米国は今年が中間選挙の年ですしね)、

我が国も負けじとネタを提供しないと、置き去りになってしまいます。


という6月への期待はあるのですが、まずは目先というか今週目線としては、

繰り返し書いている通り、明日の黒田組長率いる日銀の金融政策決定会合、

明晩のイエレン姉さん(FRB議長)の講演と前回のFOMC議事録、

これらを経て、世界的な債券高が反転するのかというのも重要ですが、

我が国目線としては米債高によるドル安円高、ドラギの睨みによるユーロ安円高が、

払拭されるのかどうかが焦点です。

昨日も書いた通り、我が国は薬抜きを一切行っていないドーピング漬けであり、

将来の副作用が気掛かりであるのは変わらないのですが、

まずは最大の病であるデフレを治療しないことには、

副作用を心配するどころではないので、現在の異次元のドーピング緩和から、

更なるドーピング注入(追加金融緩和)をしてもらわないとね・・・

しかも現在は米欧の債券高による円高に見舞われ、

非力で低迷している日本株が底割れ寸前の窮地に立っているので、

追加ドーピングというまやかしであろうともパワー注入が必要とも言えるだけに、

黒田組長には明日にも動いて頂きたいのですが・・・

常識的に考えるのならば、4-6月期を見極めてから動くので、期待薄ですが、

動かないのならば、せめて会合後の黒田組長の生ライブ会見では、

自分の成果をドヤ顔で自慢するだけというのは論外ですが、

「いざとなればちょっちゅ(躊躇)なく動くで~」という食傷気味のギャグとか、

前回から始まっているしょうもないネクタイコントでもなく、

着流しでも着て登場し、懐に忍ばせた追加ドーピングというドスをチラつかせながら、

今まで以上に強い姿勢で「いつでも抜きまっせ」という黒田節を炸裂しないと、

イエレンの姉さん講演が時系列的には後ろに控えているだけに(FOMC議事録も)、

今までと変わらない、もしくは今まで以上のハト姿勢を後出しジャンケンで示すと、

黒田節効果は一夜にして風化してしまい、米債高による円高も変わりまへん・・・

昨日も書いた通り、イエレンの姉さんはQE縮小が完了するまでは、

どうも米債高圧力を掛け続けていたいのでは?という意志も感じられるだけに、

タカ姿勢に転じる可能性は低いですからね・・・

現状の米債高だけではない世界的な債券高となった状態を和らげようと、

せめて6月のFOMCまではタカ姿勢に転じてくれるといいのですが・・・期待薄です。

だからこそ黒田組長には、素直にドスを抜いてもらうのがありがたいですけど、

抜かないのであれば、これまでの様な言い回しでは無く、

イエレンの姉さん、ドラギ組長のハト姿勢を吹き飛ばす様な言い回しが必須です。

果たして明日の黒田劇場はどうなるのやら・・・

追加緩和は期待できないですけど、生ライブ会見も空振りに終われば、

明晩のイエレンが手の平返しでもしない限り、一段と円高が進行する可能性もあるし、

進行しなくとも今の状態が6月まで継続することになります・・・

まさかの出尽くしになったとしても一時的でしょうしね。


以上の通り、とにかく明日の黒田劇場、イエレン独演会、FOMC議事録待ちでおます

ちなみに本日のアジア新興国市場は、株価はマチマチの小動き、通貨は小幅安、

債券は小幅安と大きな動きはありませんが、

タイとインドネシアだけは政治不安もあり、株価は大きく下げております。

通貨と債券は小動きですけどね。

中国市場は本日も人民銀が資金吸収を行っていますが上海株は小幅高、

人民元は横ばい、債券は小幅安、SHIBORは小幅上昇であり、

相変わらずの低迷ながら落ち着いており、22日のHSBC製造業PMIが注目です。

ロシア市場は、株価は横ばいで推移しながらも、通貨は堅調、債券は小幅安であり

これまた騒ぎの割には堅調を維持しております(ウクライナも同様)。

アジア以外の新興国も、株価はマチマチ、通貨と債券はやや軟調に推移しており、

これといった騒ぎは見当たらないです。

そして欧州は重債務国が本日も国債利回りが上昇(債券安)しているものの、

株価は堅調でおます・・・

独仏蘭は株安と共に債券安となっており、ややユーロ高に転じております・・・

22日からの欧州議会選挙への警戒というのは、イマイチ微妙ではありますが、

我が国とってはユーロ高はありがたいとも言えます。

肝心の米債は・・・残念ながら堅調を維持しておりますが、

ユーロの影響で多少は円安に振れております。


というように世界的にはリスクオフでもセルインメイでもないのですが、

日本を含む先進国は軋みが続いておりますので、

しつこいようですが、まずは明日でおます。


ということで、明日のスタンスについては特に変更はないですが、

主力大型株での持ち越し短期勝負は、明日は慎重姿勢で構えておきましょう。

もし今夜を経て、米国市場が株高債券安(金利低下、ドル高)へと転じ、

米モメンタム銘柄の切り返しも続き、明日の日本株が商いの伴った上昇となっても、

黒ちゃんが動かない限りは、慎重に構えておきましょう。

それでも黒ちゃんに期待して、前場に仕込みたい方は御自由にどうぞ。

新興市場、東証2部での持ち越し短期勝負についても同様ですが、

海の向こう云々というよりも、慢性化した激薄商いが解消されない限り、

テーマ銘柄や活気付いているゲームも含め、その日限りに留めるのが無難です。

バイオ、不動産、REITについては、中長期目線で狙うことに変わりはないですが、

もしセルインメイになるようであれば、新規参戦はもちろんのこと一旦撤退しましょう。

その他中長期の押し目狙いの方も同様です。

長期の方は、6月を期待するのは自由ですけど、

明日が空振りに終わり、4月安値を割って戻らないようであれば、

一旦は撤退するというスタンスで構えておきましょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.