不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
この期に及んで何を待っているのやら、何を懸念しているのやら・・・な週末。
こんばんは。

利権(理研)がオボちゃんに対して厳しい処分を下そうとしておりますが、

仕方ないのでしょうかねぇ・・・

調査する側の先生方にも論文の不備があったり、調査する資格はあるのか・・・

他の研究者にも不備が多いみたいだけど・・・

ということで、あいつもやってるからお咎めなしってことにしてしまうと、

科学界のモラル崩壊にも繋がり兼ねないだけに、

厳しい処分を下さざるを得ないのでしょうかね・・・。

不正の程度にどれほどの差があるのかもわからないですけど、

私の様な脳味噌筋肉野郎から見れば、結果さえ伴っていれば、

お咎めなしでもいいのではと思ったりもしますけど・・・。

そういえばオボちゃんの研究ノートが少ないとも言っておりますが、

たとえば・・・部下等に指導した経験のある方ならばわかると思いますが、

飲み込みが早かったり、要領のいい奴に共通しているのは、

ノートに書いたり、メモする量がやたらと少ないという特徴はあります。

しかも天才肌の様な奴は、自分の頭の中では整理出来ている上に、

自分なりのコツも持っていますから、もしかしてオボちゃんもそうなのか・・・

なんて好意的に考えたりもしますけど・・・

そうであったとしても、論文に不備があるという事実に変わりは無いですからね。

いやはや、とにかくオボちゃんでも理研でもいいから、

STAP細胞を再現してくれることを願うばかりです。


さてさて、マーケットの方はと言うと、

日銀金融政策決定会合、FOMC、雇用統計を終え、GWも明け、

雇用統計を受けてのイエレン・オブ・ジョイトイ(イエレンFRB議長)の議会証言も終え

ECB理事会も終え、米企業決算も一巡、SQも通過、

我が国の企業決算もメガバンクと日立、日産あたりを残す程度・・・

これだけのイベントを波乱なく通過したにもかかわらず、

商いは盛り上がらず、どちらに動くのかハッキリしない日本株・・・

一体何の材料を待っているのでしょうか・・・

来週のメガバンク決算?

安倍ちゃんの法人減税&6月の成長戦略ネタ?

黒ちゃんの追加金融緩和?

それとも消費税引上げの影響を見極めているのか?

そもそもアベノミクスへの失望なのか?

・・・

・・・

海の向こうも、一部の新興国株は堅調ながら、

欧米株も高値圏から上抜けず、もみ合いが継続しており(ナスダックは除く)、

一体、何の材料を待っているのやら・・・

軟調な米モメンタム銘柄への警戒感が払拭されないからなのか?

出口に向かう米金融政策を今さら警戒しているのか?

中国バブルが弾ける事を警戒しているのか?

ウクライナ情勢を警戒しているのか?

それとも単純にセルインメイを恐れているのでしょうか?

いやいや、来週発売されるスノーデンの暴露本への警戒なのか?(冗談半分です)

・・・

・・・

つまり日銀金融政策決定会合~本日までのイベントをこなし、

それでも以上の様な理由を懸念してなのか、材料を待っているのか、

本日時点でこのような冴えない状況ということは、

よっぽどの大きな材料が飛び出さないと、

国内外共にこれ以上の上値は厳しいのか・・・なんてことが頭をよぎります。

そして米モメンタム銘柄、ウクライナ情勢、中国次第では、

セルインメイなんてことにでもなるんかいな・・・

まぁウクライナと中国は、今のところ落ち着いてはおりますので、

米モメンタム銘柄の動きは不気味ながら、セルインメイはともかくとしても、

日本株の目先としては・・・繰り返し書いている通り、

まずは米債高(ドル安円高)が解消されないと、

企業の今期想定為替レートから見ても、今の水準では円安効果を期待とも言えず、

保守的な予想が上振れる為の一つの要因である円安効果が削がれますからね・・・

そしてこのままイエレンが方針転換することもなく、米債高(ドル安)が続くようだと、

日本株としては、6月とも言われている法人減税を含む安倍ちゃんの新成長戦略、

消費税引上げの影響を見極めてから動くであろう黒ちゃんの追加金融緩和、

これらのデカイ材料が出て来るであろう6月のW杯初戦の頃までは、

冴えないままと言えなくもない・・・

まぁとにかく国内目線では、6月はともかくとしても目先では、

米債高(ドル安円高)が解消し、米モメンタム系銘柄が反発しないことには、

いくら国内の需給面とバリュー面が整っていようとも、

上値が重いと言わざるを得ない状況ではあります・・・

ただし本日も相変わらず空売り比率は35.0%と高水準が続いているので、

単純に売り圧力が旺盛とも言えますが、

目先の重石(米債高&米モメンタム系銘柄の低迷)さえ解消されれば、

少なくとも買い戻し祭は期待出来る状況ではありますからね。


いやはや・・・とりあえず来週以降、目先の重石だけでも解消され、

欧米、新興国に少しでも追い付けることを期待したいものです。


来週の展望については、改めて精査した上で週末に書きます。


良い週末をお過ごし下さい。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
天才
外株康司 | URL | 2014-05-10-Sat 17:04 [編集]
>そういえばオボちゃんの研究ノートが少ないとも言っておりますが、


卒論実験の経験がない学部3年生ですら真っ青、
という内容ですね。

この研究ノートで、本当にSTAP細胞を作製したのなら、
山中教授をはるかに凌ぐ天才ですw
外株康司さんへ
マーケット番長 | URL | 2014-05-10-Sat 20:21 [編集]
> >そういえばオボちゃんの研究ノートが少ないとも言っておりますが、
>
>
> 卒論実験の経験がない学部3年生ですら真っ青、
> という内容ですね。
>
> この研究ノートで、本当にSTAP細胞を作製したのなら、
> 山中教授をはるかに凌ぐ天才ですw

やはり天才ですかw
結局、何が常識なのか、何が正しいのか、何が不正なのか・・・
どこが善し悪しの線引きとする基準なのか・・・
私にはよくわからない世界ですw

とりあえず理系や科学界とかいうのではなく、
どこも似たような組織の常識というのだけはあるんだなとは思う次第です。
天才or not
外株康司 | URL | 2014-05-10-Sat 20:50 [編集]
”理研” という高尚な名称であっても、
所詮はヒトの集まりですから、
組織の常識は存在するようですね。

とにかく、今回、研究ノートを公開したことで、
小保方氏が、大天才か大ぼら吹き者か、
どちらかが濃厚となってきましたので、
私のような傍観者にとって、興味深い展開となってきましたw
(今後1年以内に、結論が出るでしょう)
外株康司さんへ
マーケット番長 | URL | 2014-05-10-Sat 22:10 [編集]
> ”理研” という高尚な名称であっても、
> 所詮はヒトの集まりですから、
> 組織の常識は存在するようですね。
>
> とにかく、今回、研究ノートを公開したことで、
> 小保方氏が、大天才か大ぼら吹き者か、
> どちらかが濃厚となってきましたので、
> 私のような傍観者にとって、興味深い展開となってきましたw
> (今後1年以内に、結論が出るでしょう)

ノートも提出したのは一部に過ぎないと言っているようですし、
その割にわざわざ提出した分はおもろいし・・・w
期待を持って待ちます。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.