不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
雇用統計を経て・・・4連休初日。
こんばんは。

朝から猛然と散歩に繰り出し、3時間ほど縦横無尽に徘徊していると、

疲れたからなのか、ふとガリガリ君のおいしい季節になってきたなぁと思い付き、

コンビニに突撃してアイスコーヒー味を購入して店内のイートインコーナーへ・・・

ゴリゴリ君な私がガリガリ君をかじりながら外を眺めていると、

遠くの方からボールの様なモノを小脇に抱え、ラガーマンの様に走って来る人影が・・

近付いて来るとバングラ食堂のネパール人がキャベツ1玉を小脇に抱え、

猛然とコンビニの前を通り過ぎ、バングラ食堂の方へ消えて行きました・・・

なんだ?キャベツが足りなくなって、パシらされていたのか?

なんて思っていると、ちょうど腹も減ってきたので、バングランチでも食おうかと、

ネパール人の後を追う様に、混乱気味であろうバングラ食堂へ向かいました。

店の前のホワイトボードには、わざと濁点を書かずにボケているのかマジボケなのか

「コールテンウィーク限定!カレー洋食焼!」と書かれており、

それでキャベツが足りなくなったのかと思いつつ、

ゴールデンウィークと洋食焼にどういう繋がりがあるんだ?という疑問も抱きつつ、

いつもの如く必要以上に滑りのいい扉をピシャーンと開けて、店内にカチ込みました。

すると店内には昼休憩中のガテン系の兄ちゃんが6人いるだけでなく、

顧問?OB?らしきおっさんに連れられて、近所の柔道部らしき高校生が約15人・・・

近所のチンパンジーではなく一般人らしき客が数人・・・

もはや大衆食堂やなくて、体臭食堂やなと思わせる暑苦しさ・・・

しかも酸味のある汗臭さに、洋食焼のカレー臭とソースの臭いが混じり

目がシバシバするような刺激臭になっており、

間違ってお上品なお姉さんが一人で入ろうものなら、即死しそうです・・・

そんな中、バングラワイフは女性ながら逞しく店内を忙しく動き回り、

ミイラ化寸前のオーナーのばあさんも、あの世からのお迎えを待つかのように、

ピクリとも動かずにレジ番をしており、厨房の中ではバングラコックとネパール人が、

訳のわからん言語とインチキ日本語を交錯させながら忙しく働いております・・・

見える範囲では空いている席も無いので、いつもの厨房裏の奥の席へ向かうと、

「イラサイマセスゥー・・・オニィサン」というバングラコックの声と、

「○▲※□×〒◎・・・」という何語かわからんネパール人の挨拶、

「コンニチワ、マイドー」というバングラワイフの声が入り混じり、

そもそも純粋な和食堂やったのに、もはやインチキ日本食堂やなと呆れていると

案内も兼ねているバングラワイフ(フィリピン人やけど)から、

「オニィサン、フルハウスネ、チョット戻ッテ」とレジ横に戻らされ、

ポンコツ食堂のくせに、オシャレなライブハウスかの様に何がフルハウスやねん(笑)

と心の中でツッコミつつ、レジ横で待ちながら高校生たちの食いっぷりを見ていると・・

テンコ盛りのご飯を片手に、〝コールテン″ウィーク限定の洋食焼き、味噌汁、

他にも唐揚げやら煮物が所狭しと並べられ、嬉しそうに食べているのかと思いきや、

苦しそうな表情丸出しで、いかにも嫌々という感じで食っており、

一向に料理が減る気配もなし・・・

それでも顧問?OB?は食わせていることに御満悦なのか、

空気を読まずに「ドンドン食えよ」と得意げに声を掛けております・・・

それにしても昼飯時ということは、午前中の練習だけなのだから、

疲れてメシが食えないと言うわけでもないだろうに、意外と食が細いなぁと思いつつ、

自分が高校生の時は、親の仇の様にメシを食っていたことと比べながら、

まだまだよのぅと時代遅れな優越感に浸ると同時に、

合宿中などは周りが疲れて食が細る一方なのに、

なぜか私だけ無尽蔵のスタミナ?ただの鈍感?なのか食欲だけは衰えず、

モリモリと食べていたら、当ブログでお馴染みの6mmパンチ先輩に殴られ、

「練習をサボっているからお前だけメシが食えるんじゃボケ!」

と心外な言い掛かりを付けられたなぁと腹立たしい思い出に浸っていると・・・

厨房からバングラコックが洋食焼きを大量に盆に載せて現れ、

テーブルの隙間に追加で並べ始め、どうやら一人二枚ずつのノルマの様で・・・

さすがにテンコ盛りのメシと共に、同じ炭水化物(粉もん)の洋食焼を二枚・・・

さらにオカズともなると、嫌気が差すのも仕方ないのかねぇと思いつつ・・・

同時にこういう事情だからネパール人は、

キャベツを抱えて走っていたのかと納得しながらレジ横で待たされておりました。

そしてレジ横でミイラ化しているばあさんに、

「消費税も上がったのに大繁盛やなぁ」と声を掛けると、当然無視かと思いきや、

「うちには関係の無い話やで兄ちゃん、値段もそのままやしな」

いやいや値段上げてるやん・・・と突っ込もうと思ったものの、

なんだか話がややこしくなりそうなので、「そうでんな」とテキトーに答えておきました。

ばぁちゃんは値段も忘れたのかとやや心配にもなりましたけど・・・

するとガテン系の兄ちゃんの席が空いたと同時に、バングラワイフから偉そうに、

「ソコ空イタカラ座レ」と命令されたので、素直に命令に従って着席すると、

水と共にテンコ盛りのメシと味噌汁が勝手に置かれ、無言で立ち去りました・・・

ま、いっかと思い、オカズの並ぶ棚へ行き、ほうれん草のおひたし、ひじきの煮物、

サバの塩焼き、玉子焼きを取って席に戻ろうとすると、

いつもの如くバングラコックが近付くなオーラをいとも簡単に突破して、

オススメの洋食焼をゴリ押ししてくるので、

「〝コールテン″ウィーク限定の洋食焼か?」

「ソウデス、ゴールデンウィーク限定ダカラ、今ダケデスッスヨ」

コールテンではなくゴールデンとまともに返して来たので、

店の前に書いているのはマジボケかと思い、

「だから店の前はゴールデンやなくて、コールテンって書いてるで」

「ン?コールテン?何デスカ?」

面倒なので「いやいや別に気にせんといて」とシャッターを下ろそうとすると、

いつもの如くしつこくシャッターをバールでこじ開ける様に、

「コールテン?ゴールデンデショ?ドウイウ意味デスカ?」

「いやいや俺の勘違いやから気にせんといて、じゃあ洋食焼を一枚頼むわ」

「オオキニー!洋食焼イッチョー!」と叫びながら厨房へ消えてくれました・・・

結局、またしてもバングラコックに屈し、オススメを注文してしまう不甲斐なさ・・・

とか言いながらも、オススメの品はいつもそれなりにウマイので、

納得もしているのですが、今回の洋食焼は・・・

キャベツが大量に入ってヘルシーなのですが、同時にキャベツの水分で水っぽく

カレー味の生地とお好みソースが持ち味を殺し合っており、

呆れるほどにしょうもない味でした(笑)

まぁでも200円なので、文句を言う気にもなれなかったので、

しつこく「ウマイデスカ?」と聞いて来るバングラコックに対して、

「うん、うまくなかったで」という言葉とは相反する親指を突き出しながら、

さわやかに答えると、耳が都合良くできているのか、聞き取れず親指だけを見たのか

「ソウデスカ!アリガトヤーンシター!」とご機嫌に立ち去りました・・・

すると近くに座っていた柔道部らしき高校生が、無言ながらも私の方を向き、

力強い眼差しで同意をしてくれました(笑)

くれぐれも洋食焼が好評だと勘違いをして、定番メニューにならない事を願うばかり・・

ちなみに消費税引上げの影響はほとんど無いようです。


さて、私のどうでもいい休日は置いといて、昨夜の大一番であった雇用統計ですが、

非農業部門雇用者数は市場予想を大きく上回るどころか、

25万人も上回る28万人増となり、失業率も急低下の6.3%という好調ぶり・・・

失業率はフォーワードガイダンスから削除された事に加え、

労働参加率の低下等の分母分子のサジ加減もあり、

言い掛かりを付けるとキリが無いのでいいとしても、

非農業部門の雇用者数は素直に予想以上の好結果となりました・・・

にもかかわらず・・・米株は小幅安となり、米債は急伸となり、

10年債利回りは3月の水準まで低下しております・・・

これだけの結果ならば、米株は出尽くしとならず更に上昇し、

米債も利上げを意識して大幅に売られてもいいのですが、

米株は出尽くし程に売られることも無く小幅安、米債は出尽くしどころか、

小幅安程度だった株を無視して、リスクオフと言わんばかりの米債高(ドル安)・・・

なにやらウクライナ情勢の緊迫化による地政学リスクの高まりと言われておりますが

それにしては米株はおとなしく、米債だけが暴走気味・・・

金も5営業日ぶりに急伸したり、原油も反発していたりと、米債だけではないですが、

当事者であるロシア市場は、株と通貨は0.5%安程度であり、

債券に至っては買われておりますので、先々週の様なトリプル安ではなく、

ウクライナ市場も株は高値圏にも関わらず0.2%安程度であり、

通貨も小幅安、債券は横ばいとトリプル安には程遠い状態です。

両国共にCDSの上昇は見られますけど・・・

新興国に至っては米債が暴走気味だったこともあるせいか、

株高、債券高、通貨高とトリプル高になっている始末です・・・

従って、雇用統計とウクライナ情勢を受けての世界的なリスクオフではなく、

欧州と米国というか先進国だけが株安債券高という一服程度であり、

出尽くしほどの動きすらも見られないです。

となると、ウクライナ情勢が材料として怪しかろうとも、落ち着きさえすれば、

セルインメイも・・・利上げ懸念も・・・出尽くしも無く、

素直に雇用統計が好感されて、元通りになりそうですけどね。

ただ・・・過剰過ぎる米債高だけがやや謎ではありますので、

もしかすると雇用統計の内容自体を悪材料とするには無理があり、

かといって利上げ懸念を担ぎ出すにも、FGから失業率を削除したばかりなので、

ある意味では得体の知れない材料でもあるウクライナ情勢を、

無理矢理にでも材料視させようという意図も感じられなくもないですが・・・

あくまで想像力を膨らませてみただけの話ですけどね。

とりあえず今のところは、米債高が過剰ではありますが、

ウクライナ情勢がいつも通りすぐに風化すれば、素直に雇用統計が好感されそうです

そして我が国としては、過剰な米債高(ドル安)のおかげで、円高がトッピングされ、

シカゴ日経平均先物は14380円と軟調に返って来ております・・・

週明けに過剰な米債高が修正されるのか、それとも正当化されるのか・・・

どちらになるのか日本株にとっては重要でおます。

今のところ個人的には、ウクライナ情勢が風化して、

米債高が修正されると見ておりますけどね。


引き続き、良い休日をお過ごし下さい。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.