不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
セルインメイ、去るインメイを決める大一番。オマケでアベチャンマン降臨も・・・
おはようございます。

先週は閑古鳥が異常発生する中(激薄商いの中)、

安倍ちゃんの手厚いおもてなしによるオバマくんのウルルン日本滞在記も、

病み上がりの甘ちゃんが心身共にすり減らしながら挑んだTPP交渉が不調に終わり

結果的に好材料は提供されず、オバマくんとの安いコントを見せられただけなので、

マーケットにとっては売ルルン滞在記となってしまいました。

まぁでも、今週は大一番を控えておりますので、閑古鳥の異常発生も仕方ないですが

大一番を通過した後は、閑古鳥の異常発生では無く、

イナゴの大群(マネー)が押し寄せて来ることを願いたいものです。


ということで、大一番を中心にして、今週の展望を占っていきます。

まずは今週のスケジュールからご覧下さい。
-------------------------------------------------------------------
国内海外
28(月)3月商業販売統計(8:50)独3月輸入物価指数(15:00)
4月上旬分貿易統計(8:50)米3月中古住宅販売仮契約(23:00)
米4月ダラス連銀製造業活動(23:30)
(決算)中電工、NECネッツ、不二家
ヒューリック、アスコット、積水化、OLCドラギECB総裁講演(23:30)
大塚商、コーセー、大阪チタ、タダノグリーンスパン元FRB議長講演
三菱電、日立工機、マキタ、東芝テックオバマ大統領がフィリピン訪問(28-29日)
NEC、パナソニック、TDK、京セラ第16回日中韓3カ国環境相会合(28-30日)
新明和、PLANT、東エレク、いちよし核拡散防止条約再検討準備委(28-5/9日)
JPX、澤田HD、KADOKAWA、中部電世界経済フォーラム 
中国電、東京ガス  欧州・中東・ユーラシア会議(27-29日)
DLE、ガンホー、エスティック、アパマン露・ウクライナ・欧州委がガス問題協議予定
米・EUが対ロシア追加制裁措置を発表
欧州議会選挙立候補者演説
イスラエル中銀政策金利発表(22:00)
(決算)コーニング、ロウズ
29(火)昭和の日韓国3月経常収支(8:00)
独5月GfK消費者信頼感(15:00)
安倍首相が欧州歴訪(29-5/8日)ユーロ圏3月マネーサプライ(17:00)
 ※独、英、ポルトガル、スペイン、仏、英1-3月期GDP(17:30)
  ベルギーの順に訪問ユーロ圏4月消費者信頼感確報値(18:00)
独4月消費者物価指数・速報値(21:00)
新月米2月S&Pケース・シラー住宅価格(22:00)
米4月CB消費者信頼感指数(23:00)
ハンガリー中銀政策金利発表(21:00)
FOMC(29-30日)
欧州銀行監督機構(EBA)が
  5月からのストレステストの詳細を発表
世界経済フォーラム 
  欧州・中東・ユーラシア会議(27-29日)
オバマ大統領、フィリピン訪問(28-29日)
第16回日中韓3カ国環境相会合(28-30日)
米国が仲介する中東和平交渉の期限
中国人民銀行による定例オペ
(決算)ツイッター、スプリント、イーベイ、
ADM、メルク、マリオット、コーチ、
ドイツ銀行、サンタンデール
30(水)4月マークイット製造業PMI(8:15)台湾1-3月期GDP速報値(9:30)
3月鉱工業生産・速報値(8:50)独3月小売売上高(15:00)
3月毎月勤労統計調査(10:30)仏3月生産者物価指数(15:45)
3月自動車生産・輸出実績(13:00)スペイン1-3月期GDP・速報値(16:00)
3月住宅着工件数(14:00)タイ3月経常収支(16:30)
3月建設工事受注(14:00)独4月失業率(16:55)
スペイン3月経常収支(17:00)
日銀金融政策決定会合結果公表イタリア4月消費者物価・速報値(18:00)
日銀展望リポート(15:00)ユーロ圏4月消費者物価・速報値(18:00)
黒田日銀総裁会見(15:30) ※生LIVE米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
安倍首相が欧州歴訪(29-5/8日)南ア3月財政収支(21:00)
 ※日独首脳会談米4月ADP雇用統計(21:15) 予:+21万人
中部電力が電気料金を値上げ米1-3月期GDP・速報値(21:30) 予:+1.6%
カナダ2月GDP(21:30)
2市場信用取引残高米4月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
米週間原油在庫(23:30)
(決算) ※決算発表2発目のピーク
大東建、山崎パン、キリン、カワチ薬品ショイブレ独財務相講演(22:00)
野村不、日本調剤、トクヤマ、イビデンFOMC結果公表(27:00)
富士フイルム、ポーラ、小林薬、TOTO 政策金利発表(27:00) 予:据置
共英製鋼、大和工、大特鋼、山陽特殊 国債購入額発表(27:00) 予:50億$縮小
東邦チタ、東芝機、牧野フラ、栗田工 MBS購入額発表(27:00) 予:50億$縮小
JVCケン、富士通、エプソン、ワコムIMF理事会 ※ウクライナ支援枠を決定
アルプス、新光電、村田製、日東電第16回日中韓3カ国環境相会合(28-30日)
コロワイド、ヤマハ、ユニチャ、大和Gインド・アンドラ・プラデシュ州議会選挙
野村、マネクス、平和不、東武、小田急イラク国民議会選
京王、京成、JR東日本、JR西日本
南海、京阪、ヤマトHD、郵船、商船三井Facebook開発者会議「F8」開催
川崎汽、JAL、ANA、三菱倉、TV朝日
KDDI、関電、東北電、四国電、九電(決算)オフィスデポ、BNPパリバ
Jパワー、都競馬、ベネッセ
アイレップ、夢真HD、インフォマート
フィールズ、アークランドS、スタートトゥ
enish、コロプラ、ブロードリーフ
ホットリンク、UMN F、レーザーテック
J-TEC、トランス・コスモス、SCSK
1(木)4月自動車販売台数(14:00)韓国4月消費者物価(8:00)
4月百貨店大手5社売上高中国4月製造業PMI(10:00)
米4月自動車販売(13:00)
安倍首相が欧州歴訪(29-5/8日)タイ4月消費者物価(13:30)
 ※独、英、ポルトガル、スペイン、仏、米4月チャレンジャー人員削減数(20:30)
  ベルギーの順に訪問米3月個人所得・個人消費支出(21:30)
 ※安倍首相が英金融街シティで講演米3月コアPCEデフレーター(21:30)
米新規失業保険申請件数(21:30)
国家戦略特区6地域を定めた政令施行米4月マークイット製造業PMI・確報値(22:45)
クールビズ開始米4月ISM製造業景況指数(23:00)予:54.2
米3月建設支出(23:00)
プログラム売買状況
イエレンFRB議長講演(21:30)
(決算)CTC、EIZO、伊藤忠、住友商シリア大統領選の立候補受付期限
GMO、ロイヤルHD
アクセルマーク、コーエーテクモ、EPS(決算)クラフトフーズ、エクソンモービル
セプテーニ、GMO-AP    マスターカード、ロイズ・バンク
メーデーで米以外の主要市場は休場
2(金)3月失業率(8:30)豪3月住宅建設許可件数(10:30)
3月有効求人倍率(8:30)仏4月製造業PMI・確報値(16:00)
3月家計調査(8:30)独4月製造業PMI・確報値(16:30)
4月マネタリーベース(8:50)ユーロ圏4月製造業PMI・確報値(17:00)
ユーロ圏3月失業率(18:00)
安倍首相が欧州歴訪(29-5/8日)米4月雇用統計(21:30)
 ※独、英、ポルトガル、スペイン、仏、 非農業部門雇用者数 予想:+21万人
  ベルギーの順に訪問 失業率 予想:6.6%
米3月製造業受注(23:00)
対外及び対内証券売買契約等の状況
投資主体別売買動向アジア開発銀行年次総会(2-5日)
ファストリが4月国内ユニクロ売上発表シカゴ通貨先物非商業ポジション
LTRO返済予定額発表
(決算)三井松、アサヒ、アルペン
みらか、出光興産、フォスタ電、TOA(決算)シェブロン、RBS
テラ、メディカルシス、スパークスG
休場-ロシア、中国労働節(メーデー)
3(土)安倍首相が欧州歴訪(29-5/8日)中国4月非製造業PMI(10:00)
 ※独、英、ポルトガル、スペイン、仏、アジア開発銀行年次総会(2-5日)
  ベルギーの順に訪問
4(日)安倍首相が欧州歴訪(29-5/8日)ASEAN首脳会議(4-5日)
 ※独、英、ポルトガル、スペイン、仏、アジア開発銀行年次総会(2-5日)
  ベルギーの順に訪問

-------------------------------------------------------------------
以上の通りビッグイベントが特盛りつゆだくな上に、

週半ば以降は大一番を迎えますので、いつもの様な地域毎に分けて書くのではなく、

週前半(28-29日)、週半ば以降の大一番(30-2日)、最後にまとめ&その他、

という分け方で話を進めていきます。


★週前半(28-29日)

まず重要イベントとしては以下の通りでおます。


 (本日)

  ・衆院鹿児島2区補選投開票

 (28日)

  ・4月上旬分貿易統計(8:50)
  ・大手電機、ガンホーを始めとする国内企業決算
  ・米・EUが対ロシア追加制裁措置を発表
  ・ロシア・ウクライナ・欧州委が天然ガス問題協議(ロシアが呼び掛けている段階)
  ・ドラギECB総裁講演(23:30)

 (29日) ※新月

  ・日本は休場
  ・アベチャンマンが欧州旅行・・・いや欧州歴訪へ出発(5/8まで)
  ・欧州銀行監督機構(EBA)が5月からのストレステストの詳細を発表
  ・独4月消費者物価指数・速報値(21:00)
  ・FOMC1日目
  ・米企業決算(ツイッター、スプリント、イーベイ、メルク、コーチ等)
  ・米2月S&Pケース・シラー住宅価格(22:00)
  ・米4月CB消費者信頼感指数(23:00)


見ての通り、本日の衆院鹿児島2区補選投開票も加えてしまいましたが、

消費税引き上げ後では初の国政選挙であり、

自民党の徳田氏が徳洲会事件で辞任したのを受けての選挙でもありますから、

まさかとは思いますが、万が一、自民党の候補者が敗退するようだと、

先週の日米首脳会談からの流れを引き継ぎ、アベノミクスの信認低下へ繋がります。


とりあえず鹿児島2区の補選は置いといて、28-29日の主役は、

最も得体の知れないウクライナ情勢と言えます。

先週からキナ臭さを増しており、ロシア市場もトリプル安が深刻化しつつあり、

株価は3月安値が視野に入っておりますので、28日に米・EUが追加制裁に動くと

ロシア側も天然ガスの元栓を絞って来るでしょうから、EUにも懸念が及びそうです。

そしてEUはウクライナ問題以外にも、29日にEBAがストレステストの詳細を発表し、

(ECBも今週中には発表とのことですが、今のところ日程は不明です))

破綻も辞さない厳しい内容になるとも言われておりますが・・・

なぜか市場では話題になっていないので、何事も無く通過するかも知れませんが

一応、要注意ではあります。

前日の28日にはドラギの講演も控えておりますので、ストレステストに言及せず、

いつも通りの「いざとなったら何でもしまっせ~!」という睨みを効かせておけば、

29日の独消費者物価がよっぽどのインフレを示す結果とならない限り、

大して材料視はされないでしょう。

米国市場の重要イベントしては、ウクライナ情勢もありますが、

29日のツイッターを始めとする米企業決算と住宅指標でしょう。

今のところ米企業決算も経済指標も堅調ではありますので、

基本的には心配無いでしょうけど、先週末はモメンタム系が主導して、

ナスダックが大幅安となっているだけに、モメンタムの主役でもあるツイッター決算は

今後のモメンタム主導の下げに拍車が掛かるのかという意味で要注意でおます。

我が国は30日に日銀金融政策決定会合が控えているので、

28日の4月上旬分貿易統計による為替の動きも一時的でしょうから、

国内企業決算の方が重要と言えます。

今のところ自動車関連以外の決算は、保守的な見通しではあるものの、

日銀短観の様な増収減益見通しではありませんので、

15年3月期見通しに対する割高感は台頭しておりませんが、

堅調な見通しであった工作機械を始めとする機械、建機、部品等の中国関連が、

商船三井の件に加え、中国の天津市の破綻懸念が高まっていたりと、

中国懸念が増しているだけに、大手電機の見通しが減益見通しになるようだと、

15年3月期の見通しが保守的と言うだけでは済まなくなりそうです・・・

ガンホー決算は新興市場が息を吹き返すきっかけになるか注目です。


以上の通り、週前半となる明日(28日)~29日は、

未知数なウクライナ情勢、欧州ストレステスト以外にも、

明日の国内企業決算と29日の米企業決算というリアルな重要イベントが控えており

しかも30日からの大一番を前に29日は休場であり、28日の大手電機決算の中で、

場中に発表するのは三菱電機だけですから、いくら月末のお化粧買いによって、

明日は反発したとしても、引け後の決算と29日の米決算、

そして未知数な両イベントを跨ぐリスクは大きいと言わざるを得ないです。


★週半ば以降の大一番(30日-2日)

まず重要イベントとしては以下の通りでおます。


 (30日)

  ・国内経済指標
  ・日銀金融政策決定会合の結果公表(昼前後)
  ・日銀展望リポート(15:00)
  ・黒田日銀総裁会見(15:30) ※生LIVE
  ・国内企業決算発表 ※2発目のピーク
  ・独4月失業率(16:55)
  ・ユーロ圏4月消費者物価・速報値(18:00)
  ・米4月ADP雇用統計(21:15) 予想:+21万人
  ・米1-3月期GDP・速報値(21:30) 予想:+1.6%
  ・FOMC結果公表(27:00)
  ・MF理事会 ※ウクライナ支援枠を決定

 (1日) ※メーデーで日米以外の主要市場は休場(中国も)

  ・中国4月製造業PMI(10:00)
  ・4月自動車販売台数(14:00)
  ・4月百貨店大手5社売上高(15:00)
  ・米新規失業保険申請件数(21:30)
  ・イエレンFRB議長講演(21:30)
  ・米4月ISM製造業景況指数(23:00) 予想:54.2
  ・安倍首相が英ロンドン金融街シティで講演

 (2日)

  ・国内経済指標
  ・ファストリが4月国内ユニクロ売上発表(15:01)
  ・ユーロ圏3月失業率(18:00)
  ・米4月雇用統計(21:30)
    非農業部門雇用者数予想(+21万人)、失業率予想(6.6%)

 (3日)

  ・中国4月非製造業PMI(10:00)


という具合にテンコ盛りでおます・・・

主役は30日の日銀金融政策決定会合とFOMC、2日の雇用統計なのですが、

その間にも主役を張れる脇役達がひしめき合っておりますので、

主役の3イベントが目立たない結果を出すと、脇役達に取って替わられます・・・

しかも主役である30日の両会合については、今のところどちらも据置であり、

FOMCに至ってはイエレン議長の会見も無いので(1日に別で講演があります)、

ここ最近の米市場でのパターン通り、雇用統計をきっかけに流れが変わるのか・・・

というザックリとした見通しは頭に浮かぶのですが・・・

30日は国内企業決算の2発目のピークを迎え、

経済指標についても消費税引き上げ直前の3月分という意味もあります。

黒ちゃん会合も結果は据置だったとしても、前回の様に黒ちゃんLIVE会見にて、

またしてもタカ派なコメントをするようだと、日銀は異次元金融緩和の維持(ハト)、

FRBは低金利を維持しながらもQE縮小を進める(タカ)という金融政策の違いが、

払拭されてしまい、せっかくの円安チャンスも逃してしまいます・・・

かと言ってタカ派なコメントをしなくとも、同時に発表される展望リポートにおいて、

物価目標を現状維持あるいは下方修正をすれば、ハト姿勢と見られますが、

上方修正をすれば、タカ姿勢と見られて追加金融緩和期待も剥げ落ちます・・・

さすがに前回の反省に加え、自らの発言で騒がしいGWにはしたくないでしょうから、

余計なことも言わず、物価目標も上方修正しないとは思いますけどね。

従って、黒ちゃん会合は何事も無く通過しそうです。

そして前述した通り、FOMCもイエレンが口を滑らせる会見もなく、

これまた何事も無く通過しそうなので、結局30日はADP雇用と米GDP、

来週のECB理事会を見据えてと言う意味でユーロ圏消費者物価、

国内企業決算の2発目ピークが主役なのかといえば・・・

ADP雇用もGDPも市場予想が妥当ですし、ユーロ圏CPIもドラギの睨みが効いており

国内企業決算も御大トヨタ決算までは、雇用統計までの大一番を上回るほど、

材料視はされないでしょうから、黒ちゃんが余計なことを言ったり、

ウクライナがドンパチでもしない限りは、30日は意外とアッサリ通過しそうです。


そして1日は日米以外はほとんどがメーデーで休場なので、雑音は少ないのですが、

1日は国内自動車販売と百貨店売上が消費税引き上げ後の4月分ではありますし、

中国も休場中に容赦なく製造業PMIを発表するというパターンは不気味です。

米国の新規失業保険とISM製造業については、イエレンおばさんの講演に加え、

2日に雇用統計も控えているので、発表直後の一喜一憂に留まりそうです。

ちなみに1日は我らが安倍ちゃんマンがシティでの講演も控えておりますので、

消費税引き上げの影響を含めたアベノミクスへの信認低下が払拭されていないと、

バイマイアベノミクスリターンズも期待できますが、法人減税なりのネタを提供しないと

スベる可能性も大いにありますので、期待は禁物です。

ということで、1日についてはお化粧の剥げ落ちもあり、悪ノリな下げもありそうですが

イエレンと安倍ちゃんが下支えになる可能性もあります。


最後に2日ですが、何よりも雇用統計でおます。

市場予想は妥当な線でもありますので、今の所セルインメイに向かうリスクは少なく、

本格反発の転機となって、去るインメイになると見ておりますが・・・


★まとめ

以上の通り、28日はお化粧等で反発したとしても、

我が国の大手電機を始めとする決算を引け後に控え、休場である29日は、

米国企業の決算を控え、欧州も未知数なストレステストの詳細発表があり、

28-29日を通してウクライナ情勢も未知数ですから、28日は様子見が妥当です。

そして大一番入りとなる30日以降は、日銀会合とFOMCを控える30日は、

黒ちゃんが余計な事を言わず、ウクライナもドンパチにでもなっていなければ、

国内企業決算、ADP雇用を始めとする米経済指標も意外と無難に通過しそうです。

そして1日はISM製造業、新規失業保険による一喜一憂程度の騒ぎもありそうですが

期待は禁物ながらイエレンと安倍ちゃんの両講演による下支えも期待できますから

2日の大トリである雇用統計までは、方向感が定まらないでしょう。

ちなみに一昨日の記事にも書いた通り、需給環境は悪くないですが、

テクニカル的には30日以降が節目ではあります。


ということで、明日を含む今週のスタンスとしては以上の通りですが、改めて書くと、

主力大型株での持ち越し短期勝負は、2日まで控えるのが無難ですが、

30日~1日については、商い等の状況次第ですが勝負するのはアリです。

新興市場、東証2部での週跨ぎでの短期勝負については、

激薄商いの慢性化が解消されない限り、米モメンタム系銘柄の不穏な動きもあり、

持ち越しは控えるべきですが、明日のガンホー決算以降の新興企業決算の本格化、

29日のツイッター決算、これらに合わせて動くのは御自由にどうぞ。

バイオ、IPO、不動産、ゲーム、その他MVNO等のテーマ銘柄についても、

基本的には新興市場、東証2部と同じですが、

バイオ、不動産、REITについては、中長期目線で狙うことに変わりはないのですが、

ここまで来ての新規参戦は、決算ラッシュに突入することもあるので、

事前に仕込むのは自由ですが、決算を見極めてからでも遅くはないでしょう。

その他中長期の押し目狙いの方は、同じく決算を見極めてからでいいのですが、

今週は大一番も控えているので、くれぐれも慎重に構えておきましょう。

長期の方も新規参戦については同様ですが、王者の風格で構えたままの方は、

そのままの姿勢を維持して、今週の大一番を機に11日安値を割るようであれば、

一旦は撤退するというシンプルな姿勢だけは維持しておきましょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

nekomaria | URL | 2014-04-27-Sun 11:36 [編集]
毎日、世界のニュースが沢山流れてきます。
ニュースや経済指標の内容をどう理解したらいいのか分からない事も度々あります。
情勢の変化が、まるで日替わり定食です。

マーケット番長さんのブログ読んでると、
沢山な情報の、点と点が線に繋がります ^^
nekomariaさんへ
マーケット番長 | URL | 2014-04-27-Sun 14:10 [編集]
> 毎日、世界のニュースが沢山流れてきます。
> ニュースや経済指標の内容をどう理解したらいいのか分からない事も度々あります。
> 情勢の変化が、まるで日替わり定食です。
>
> マーケット番長さんのブログ読んでると、
> 沢山な情報の、点と点が線に繋がります ^^

こんにちは。
ありがとうございます。
極力、点と点を繋ごうとしているので、
そう言って頂けると大変嬉しく思いますし、励みになります!

IPOキム | URL | 2014-04-27-Sun 19:10 [編集]
私もnekomariaさんと同意見です。
IPOキムさんへ
マーケット番長 | URL | 2014-04-27-Sun 20:06 [編集]
> 私もnekomariaさんと同意見です。

ありがとうございます。
自分の頭の整理も兼ねて書いているので、
同じ見方をして頂けると嬉しく思います。

やまねこかい | URL | 2014-04-27-Sun 21:43 [編集]
こんばんは。ご無沙汰しております。

いつもスケジュール有難うございます。

今年は、株価の水準が高いので本当に難しいですね。
4月に入り、特に流動性が落ちているので、株価だけは、
ぶっ飛んでいるものもありますが、中小型は特に売買が厳しいです。

何となくですが、今の所、今回の決算は、期初計画は減益では出ないものの、
市場予想の期待値が高すぎて、そこに及ばず、それはそれで売られる銘柄が多い気がします。
本当に割安な日本株なら、減益予想じゃなきゃ落ち着いたら、買われてもいいと思うのですが。。。

出来高もなくなっているのに、昨年の5月のようにバコンと落ちずに、
行って来いで下値が切り下がり、ボディブローのようにヤラれていく感じがしています。
休むも相場で、やらないという選択が一番正しいのでしょうけど、
ここ数ヶ月ずっとこんな感じですから、辛いですね。
やまねこかいさんへ
マーケット番長 | URL | 2014-04-27-Sun 23:42 [編集]
> こんばんは。ご無沙汰しております。
>
> いつもスケジュール有難うございます。

こんばんは。
ありがとうございます。

> 今年は、株価の水準が高いので本当に難しいですね。
> 4月に入り、特に流動性が落ちているので、株価だけは、
> ぶっ飛んでいるものもありますが、中小型は特に売買が厳しいです。
>
> 何となくですが、今の所、今回の決算は、期初計画は減益では出ないものの、
> 市場予想の期待値が高すぎて、そこに及ばず、それはそれで売られる銘柄が多い気がします。
> 本当に割安な日本株なら、減益予想じゃなきゃ落ち着いたら、買われてもいいと思うのですが。。。

市場予想だけはほんまに高いですから、届かないと一時的には売られそうですね。
とりあえず現段階では、全体として減益という事態には陥ってはいないです。
ただ想定為替がちょっと気になりつつはあります。

> 出来高もなくなっているのに、昨年の5月のようにバコンと落ちずに、
> 行って来いで下値が切り下がり、ボディブローのようにヤラれていく感じがしています。
> 休むも相場で、やらないという選択が一番正しいのでしょうけど、
> ここ数ヶ月ずっとこんな感じですから、辛いですね。

すっかり民主党時代と同じですね。
結局、安倍ちゃんも動く予定の6月に黒ちゃんも揃い踏み・・・
という可能性も十分に有り得ますからねぇ
とりあえず目先としては今週で動くのかどうかですね。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.