不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
明日への僅かな期待はあるものの、今週のヤマ場入り・・・そして大一番。
こんばんは。

いい加減、聞き飽きたとは思いますが、本日も薄商いのモヤシっ子相場となり、

東証1部の売買代金は1兆5436億円でおます(先物、2部、新興市場も激薄商い)。

本日は昨日までの様に力尽きて心が折れる事も無く、

急なハイテンションでの高値引け・・・もはや躁鬱相場です。

オバちゃんの来日期待、永守節での日本電産の踏ん張りによる今後の決算期待、

西武の堅調等、様々な理由が飛び交っておりますが、

為替は米債が堅調にもかかわらず円安が進行していたりと情緒不安定であったり、

結局は閑散相場の中で、気の短い人達が好き勝手に動いただけであり、

昨日よりも環境が改善されたという訳では無いです。

ちなみに日経平均、TOPIXは、遅行線が上抜け間近で停滞中です。

引け後に発表された本日の空売り比率は33.7%となり、

昨日と一昨日の34%とほとんど変わっておらず、地味に嫌な感じではありますが・・・

同じく引け後に発表された裁定買い残は2兆8709億円と僅かに増加したものの、

まだ低水準であり、信用買い残、シカゴの円売りポジも含めると、

需給環境事態は悪くないのですが・・・

材料面である企業決算の本日発表分は以下の通りです。


☆今期見通しが市場予想、四季報予想共に上回る

 (増益見通し)カービュー(2155)山洋電気(6516)日本航空電子(6807)
         新日本無線(6911)
 (減益見通し)石塚硝子(5204)

☆今期見通しが市場予想、四季報予想に対してマチマチ、もしくは予想通り

 (増益見通し)富士古河E&C(1775)古野電気(6814)
 (減益見通し)SPK(7466)

☆今期見通しが市場予想、四季報予想共に下回る

 (増益見通し)トーメンデバ(2737)JSR(4185)トーメンエレク(7558)
         蝶理(8014)日立機材(9922)
 (減益見通し)メガロス(2165)日本高純度化学(4973)スーパーツール(5990)


というように、市場予想を上回ったとか、下回ったとかはともかくとしても、

日銀短観の売上・収益見通しの様な増収減益のオンパレードではなく、

昨日までの発表分も含めて、増益見通しである企業の方が多いので、

現時点では日本株の割安感が薄れるという事態を招く様な結果ではないです。

かといって、明日以降の企業決算への期待が高まっているとまでは言えず、

昨日も書いた通り、ナガモッコリ(永守社長)率いる日本電産は別物ですし、

見方を変えれば、日本電産ですら保守的な見通しだったとも言えますから、

明日から始まる企業決算ラッシュにて、15年3月期見通しを確認しないことには、

まだまだ日銀短観の見通しを含めた国内企業の15年3月期見通しへの懸念が、

払拭されたと言うには程遠い状況です。

明日はオバマッチョと安倍ちゃんの首脳会談もあり、

TPPの合意はないと先方から釘を刺されているので期待は禁物ですが、

今夜からの接待(交渉)次第によって、どんでん返しの交渉妥結となれば、

日本株にとっては追い風となりますが・・・どうなることやら。

同じく明日に開催される政府税調の法人課税ディスカッショングループ会合にて、

法人減税について具体的な進展が見られると、これまた追い風ではありますが、

会合自体がまだまだ続くので、明日の段階では期待できないでしょう。

最近はすっかり忘れられつつありますが、

奴らは配当&譲渡益課税をさらに強化することも同時に検討していますからね・・・

とりあえず、明日からの決算ラッシュでの15年3月期見通し、

一応、日米首脳会談(TPP交渉妥結)と法人減税ネタ会合も含め、

全てポジティブな結果となれば、これらは日本独自の材料ですから、

海の向こうが少々騒ごうとも、日本に向かってイナゴ達が飛来することになり、

商いの伴った腰の据わった上昇となりますけど、

15年3月期見通しがハッキリせず、両会合でもこれといったネタが無ければ、

今夜のアップル、FB決算を始めとする海の向こうでの今週のヤマ場次第となります。

そして来週の29-30日のFOMC、2日の雇用統計(米企業決算も一巡)、

我が国は30日の日銀金融政策決定会合(国内企業決算も一発目のピーク)、

といった大一番も控えております。

米株は先週から上げっ放しだけに、大一番を前に今夜のヤマ場次第では、

大きく動く可能性もありますからね・・・おまけに我が国はヒョロ上がりですしね。


ちなみに本日の中国市場は、本日のHSBC製造業PMIでの波乱は無かったものの、

人民元安が進行しております・・・(SHIBORもチビッと上昇)

アジア新興国は、株、通貨共に軟調という点よりも、

昨日に続き債券安が進行している国があるのがやや不穏ではあり、

その他の新興国も債券安がやや気掛かりではあります・・・

ロシア市場は大きな動きはなくスタートしており(株安債券高、通貨は横ばい)、

欧州市場も仏の低調なPMIによる乱高下から始まったものの、

独、ユーロ圏のPMIは市場予想を上回り、ひとまず落ち着きを取り戻しております。

明日はドラギの講演も控えていますから、御都合解釈モードとも言えます。

そして現在の為替については、ザラ場中は米債を無視する動きでしたが、

徐々に連動する動きを見せており、現在は米債高ということもあって円高となり、

先物もそれに合わせてやや軟調に推移しておりま・・・ん?なんだ?

たった今、為替が急激に円高へと動いておりますが、

米債、欧州市場、ロシア市場に大きな動きはなし・・・

あっ、オバマッチョが到着したみたいやけど・・・まさかこれが材料?

パワーの無い足腰フラフラ相場ですから、理由は何でもいいのでしょうけど・・・

んなアホな(笑)


以上の通り、謎のオバマショックはともかく、

明日で我が国独自の材料が揃えばいいのですが、

それが無ければ、今週は今夜から始まる海の向こうでのヤマ場次第ですから、

少なくとも明日の企業決算を含め、明晩までの海の向こうのヤマ場を見極めるまで、

慎重姿勢は崩さない方がいいでしょう。


ということで、明日のスタンスについては、特に変更はありませんが、

主力大型株での持ち越し短期勝負は、大商いにでもならない限り、

明晩のヤマ場を見極めるまでは、その日限りに留め、慎重に構えた方が無難です。

新興市場、東証2部での持ち越し短期勝負については、

とにかく激薄商いの慢性化が解消されない限り、持ち越しは控えるべきですが、

今夜の米FB等の決算を受けての米モメンタム系銘柄の動き、

明日のサイバーA決算、これらに合わせて動くのは御自由にどうぞ。

バイオ、IPO、不動産、ゲーム、その他MVNO等のテーマ銘柄については、

基本的には新興市場、東証2部と同じですが、

バイオについては、徐々に改正薬事法効果(迅速な収益化)も浸透しつつあり、

不動産、REITについても、追加緩和期待の再燃、安倍ちゃんへの期待もあるので

中長期(来期)目線で狙うことに変わりはないのですが・・・、

ここまで来ての新規参戦は、決算ラッシュに突入することもあるので、

事前に仕込むのは自由ですが、決算を見極めてからでも遅くないでしょう。

その他中長期の押し目狙いの方は、同じく決算を見極めてからでいいのですが、

引き続き14年度好業績見通しという条件を前提に、好取組、割安、高ROE、

出遅れ、高配当、国策銘柄という当たり前過ぎる銘柄を事前に拾うのは御自由に。

長期の方も新規参戦については同様ですが、王者の風格で構えたままの方は、

そのままの姿勢を維持して、再び11日安値を割るような事態になれば、

一旦は撤退するという姿勢だけは維持しておきましょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.