不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
流れ止まらず・・・
こんばんは。

昨日の黒ちゃん会見に続く注目?のオボちゃん会見ですが、

今回の騒動で心身ともに疲れ、入院していたからなのか、以前よりも痩せており、

世の男性から同情を買いそうな会見ではありましたが、

STAP細胞の作成には200回以上成功した・・・

環境さえあれば自ら再現実験を行います・・・などなど額面通りに受け取ると、

ゴリゴリ文系ゴリゴリ体育会系の脳味噌筋肉野郎な私にとっては、

論文には不備があったのかも知りまへんけど、

STAP細胞は存在すると信じたくもなるのですが・・・

オボちゃんの会見を聞いて、同業者とか理系の方達はどう思ったのでしょう?

そもそもこんなすぐにバレるようなウソを付くのか?という疑問はありますしねぇ・・・

まぁとにかく、本人自らでも第三者でもいいので、再現実験さえ成功すれば、

全ての疑念は晴れますので、STAP細胞が存在する事を証明して頂きたいものです。

しかしそうなると、理研は一体何なんだということになりますけどね・・・

ノーベル賞の時期になると、毎年恒例の様に候補者を調べるのですが、

理研に所属する学者さん達は、脳味噌筋肉野郎な私でさえ知っている方々ばかり・・・

そんな人達がどうして?なんてことになりますからねぇ・・・

理研のある神戸は安倍ちゃんの医療特区にも指定されたことで、

特定国立研究開発法人の認定を急いだとか言われていたり、

政治的な背景や研究費等のカネの話があるのかも知れまへんけど、

STAP細胞が事実ならば、ノーベル賞は確実とも言われているのですから、

素直にオボちゃんに再現実験をやらせればいいのに・・・

私にはわからないお偉方のプライドや感情があって、引っ込みが付かないのか・・・

感情は利害を越えるともいいますからね・・・

それともSTAP細胞は、これまでの理論を覆す代物とも言われているので、

下手をすれば完全に否定される学問が出てきたりもするからなのか・・・

とにかく、理研側の態度がイマイチ釈然としまへん・・・

反面、全てがしっくりくるのは、目的や動機はともかくとして、

オボちゃんがジジ転がしをしてダマしていたということなのかとも思いますが・・・

それにしてもバレバレのウソになりますからねぇ・・・

まぁ、ようわかりまへんけどSTAP細胞が存在することを願うばかりです。

ちなみに会見と同時に新日本科学等のSTAP関連銘柄が右往左往しておりましたが

STOP高ならぬSTAP高になることはありまへんでした。


さて、STAP高ではなく、STOP高を招くことも無かった黒ちゃん会見から一夜明け、

消費税引き上げによる先行きへの懸念が徐々に高まりつつあります。

日銀短観の先行きDIと景気ウォッチャー調査での先行き判断DIの悪化については、

2~3ヵ月先の見通しなので、百歩譲って、黒ちゃんが昨日の会見で言った

「夏以降は盛り返すぞアホンダラ!」という言葉を信じたとしても、

繰り返し書いておりますが、来期業績見通し(すでに今期ですけど)が、

日銀短観の見通し通りになるのでは?という懸念が払拭されておらず、

会見から一夜明けて指摘されつつもあり、

4月後半からの決算ラッシュ以降の日本株の割安感への疑念が高まりつつあります

黒ちゃんが渋チン大魔王になろうとも、安倍ちゃんが法人税引き下げ等に動き、

企業側が強気な見通しさえ出せば、懸念は払拭されるのですが、

今のところは懸念を払拭する程の安倍ちゃん期待が無い状況です。

そういう意味もあって、現在発表中の2月期決算企業の来期見通しが、

どうなっているのかを確認することで、

4月後半からの決算ラッシュに向けての目安にはなるでしょう。

ちなみ今週(7~9日)発表された2月期決算企業の来期見通しは以下の通りです。


 ★来期見通しが市場予想&四季報予想を上回る(15社)

  ダイセキ環境S(1712)、ワンダーコーポ(3344)、フェリシモ(3396)
  新星堂(7415)、カッパ・クリエイト(7421)、サンワドー(7430)
  マックスバリュ北海道(7465)、 ケーヨー(8168)、カスミ(8196)
  さが美(8201)、CFSコーポ(8229)、近鉄百貨店(8244)、UCS(8787)
  富士エレクトロニクス(9883)、ミニストップ(9946)

 ★ほぼ予想通り、もしくはマチマチ(17社)

  柿安本店(2294)、イオン九州(2653)、サンエー(2659)、ABCマート(2670)
  ジーフット(2686)、CVSベイエリア(2687)、DCM(3050)
  メディアドゥ(3678)、東京個別指導学院(4745)、瑞光(6279)
  放電精密(6469)、イオン北海道(7512)、高島屋(8233)、パルコ(8251)
  イズミ(8273)、コックス(9876)、ベルク(9974)

 ★来期見通しが市場予想&四季報予想を下回る(21社)

  アルバイトタイムス(2341)、ツヴァイ(2417)、マックスバリュ東北(2655)
  パル(2726)、マックスバリュ九州(3171)、メディカル一光(3353)
  薬王堂(3385)、イオンファンタジー(4343)、フロイント産業(6312)
  サンデー(7450)、スギHD(7649)、ファミリーマート(8028)
  マックスバリュ中部(8171)、マックスバリュ東海(8198)、ダイエー(8263)
  マックスバリュ西日本(8287)、イオンモール(8905)、乃村工藝社(9716)
  イオンディライト(9787)、ダイセキ(9793)、ジュンテンドー(9835)


以上の通り、消費税引き上げが直撃する小売がほとんどなのですが、

その割には意外とこの程度なのか・・・とも言えるだけに、

4月後半からの3月期決算企業は、決して良いとは言えないまでも、

日銀短観の業績見通しほどには悪くないのか・・・なんて気もします。

明日は竹内製作所、スター精密、久光製薬といった小売以外の2月期決算銘柄が

来期見通しを発表しますので、4月後半からの決算ラッシュに向けては、

小売企業よりも目安にはなりますので注目でおます。

明日は2月期決算企業ではありませんが、週末にSQを控えている事で、

指数寄与度の高いファストリの決算にも注目です。


というような懸念を招いただけでなく、

雇用統計発表以降の出尽くしとも言える流れ(雇用統計自体は堅調なので)、

それによる米株安債券高(ドル安)での円高の流れ、

これらを食い止める事が出来なかった黒ちゃん会見から一夜明け、

本日も日経平均は307円安(2.1%安)、TOPIXは2.05%安と男前に下げており

東証1部の売買代金も2兆2808億円というパワーを伴った下げとなっております。

テクニカル的にも本日で日経平均、TOPIX共に三役逆転となっておりますので、

いくら三空からの反発になろうとも、日経と逆相関の空売り比率が、

本日で底打ちとも言える高水準(34,6%)になったことからの買い戻し期待はあれど

少なくとも本日を上回るパワー(売買代金)を伴った切り返しを見せるなり

今朝の記事でも書いた通り、昨夜の米株高債券高(ドル安)ではなく、

米株高債券安(ドル高)による円安が伴わないことには、

アテにはならない反発と言わざるを得ないです。

ただし今夜のFOMC議事録、米10年債入札を経て、

米債安(ドル高)へと転じれば、材料を伴った円安にはなりますけど・・・

まぁでも、黒ちゃん期待(追加金融緩和期待)が削がれた中、

我が国にはふんわりとした安倍ちゃんへの期待、

あるいは現実的な材料としては4月後半からの決算ラッシュしかありまへんので、

実質的には4月後半からの決算ラッシュまでは、

米国を始めとする海の向こう次第ではあります。

そんな米国が、雇用統計以降の出尽くし及び割高銘柄懸念からの反発、

米株高債券安(ドル高)が本格化するには、週末以降の米企業決算次第です。

(明晩は新規失業保険も控えておりますけどね)

そして同じく週末には我が国でもSQを控えておりますので、

明日は反発したとしても、買い戻し&自律反発の域と見ておいた方がいいでしょう。


ちなみに本日のアジア新興国、中国市場は落ち着いております。

中国市場は明日の貿易収支、週末のCPI&PPIが注目ですが、

よほどのドイヒーな結果にならなければ、政策期待が下支えとなります。

それ以外の新興国、欧州市場も今夜は落ち着いたスタートを切っており、

キナ臭さの増しているロシア市場は、株安ながら通貨と債券は落ち着いております。


ということで、明日のスタンスについては、特に変更はありまへんけど、

主力大型株での持越し短期勝負は、以上の通り米国及び海の向こう次第であり

明日はアテにならないので、週末まではその日限りに留めるのが無難です

新興市場、東証2部での持ち越し短期勝負については、

海の向こうや割高の投げ云々というよりも、とにかく薄商いが慢性化しているので、

シンプルに商いを伴った反発となるまでは、その日限りの勝負に留めておきましょう。

ゲーム、LINE、バイオ、IPO、不動産、その他テーマ銘柄等については、

基本的には新興市場、東証2部と同じですが、

バイオについては、徐々に改正薬事法効果(迅速な収益化)も浸透しつつあるので

中長期(来期)目線で狙うことに変わりはないですが、短期目線については、

小保方はんへの期待は、個人的には高まりましたが、

とにかく米バイオ株の動向も含め、流れを見ながら勝負して下さい

不動産、REITについては、黒ちゃんの追加金融緩和期待が剥げ落ちたことで、

しばらくは低調が続く可能性はありますが、

安倍ちゃんの政策期待は残っておりますし、不動産指標の好調は続いており、

出遅れでもありますので、中長期目線では買いというスタンスに変わりなしです。

短期目線では自律反発&明日のオフィス空室率もありますが・・・御自由に。

中長期の押し目狙いの方は、引き続き来期好業績という条件を前提に、

好取組、割安、高ROE、出遅れ、高配当、国策銘柄という当たり前過ぎる銘柄を、

コツコツ拾えばいいのですが、シンプルに2月安値を割るようであれば、

即座に撤退するという姿勢だけは忘れないようにしておけばいいでしょう。

長期の方は、ひとまずこのまま王者の風格で構えておけばいいですが、

2月安値を割るようであれば撤退するという姿勢だけは忘れないようにしましょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
オボちゃん発言
外株康司 | URL | 2014-04-13-Sun 20:53 [編集]
>そもそもこんなすぐにバレるようなウソを付くのか?
 という疑問はありますしねぇ・・・


本人は、ウソを付いている、という認識は無く、
自身の信ずるところを口に出している、
というのが真相のような気がします。

報道によると、彼女は
「思い込みの激しい子供だった」
との事のようですし・・・。
外株康司さんへ
マーケット番長 | URL | 2014-04-13-Sun 21:58 [編集]
> >そもそもこんなすぐにバレるようなウソを付くのか?
>  という疑問はありますしねぇ・・・
>
>
> 本人は、ウソを付いている、という認識は無く、
> 自身の信ずるところを口に出している、
> というのが真相のような気がします。
>
> 報道によると、彼女は
> 「思い込みの激しい子供だった」
> との事のようですし・・・。

競技をやってきた人間としては、思い込みは重要なことであり、
結果も伴っていれば美化もされますけど、
科学の世界では通用しないのでしょうね。

とにかく脳みそ筋肉としては、科学界の常識や慣習等はわかりませんけど、
STAP細胞が存在することを証明して頂けることを願うばかりです。
今週中にあるという会見に期待したいものです。
第三者による再現性
外株康司 | URL | 2014-04-13-Sun 23:00 [編集]
科学の世界は、宗教とは違うから、
「200回以上、成功しました。信じてください」 と言っても、
証拠を出さない限り、相手にされないようですね。

しかも、仮にSTAP細胞が存在することを証明しても、
小保方氏にしか作製できない技術だとしたら、
結局、利用価値が無い、ということになりますからね。

したがって、科学の世界は、結果だけではなく、
過程(第三者による再現性)も要求される、
ということなのでしょう。

とりあえず、今週の会見で、
笹井副センター長が、どの程度小保方氏をかばうのか、
注目ですね。
外株康司さんへ
マーケット番長 | URL | 2014-04-14-Mon 00:19 [編集]
> 科学の世界は、宗教とは違うから、
> 「200回以上、成功しました。信じてください」 と言っても、
> 証拠を出さない限り、相手にされないようですね。
>
> しかも、仮にSTAP細胞が存在することを証明しても、
> 小保方氏にしか作製できない技術だとしたら、
> 結局、利用価値が無い、ということになりますからね。
>
> したがって、科学の世界は、結果だけではなく、
> 過程(第三者による再現性)も要求される、
> ということなのでしょう。
>
> とりあえず、今週の会見で、
> 笹井副センター長が、どの程度小保方氏をかばうのか、
> 注目ですね。

オボちゃんも再現出来ないのならば、
インチキだったということでスッキリしますけど
オボちゃんだけしか再現できないとなると、
そりゃまた不思議さが増しますね。

とにかく今週の会見で、スッキリして頂きたいものですし、
再現に成功した第三者も明らかにして欲しいものです。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.