不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
明日の黒い会合&黒い生ライブを前に・・・
こんばんは。

先週末の雇用統計の発表をきっかけに、米国から始まった出尽くしとも言える流れが

世界的な目線では、今夜で2周目に入る米国で止まるのかが注目ですが、

国内目線では明日の日銀金融政策決定会合に注目が集まっております。

今のところは据置観測が大勢を占めており、私自身も異論はないですけど、

観測通りに据置となると、懸念される材料もあります・・・


まずは以上の様な雇用統計以降の出尽くしの流れに対して、

日銀金融政策決定会合という国内の材料で断ち切ることができなければ、

米国頼み(海外頼み)になってしまいます。

現状では米債高(ドル安)、ECBの追加金融緩和観測の高まりによって、

我が国には出尽くしの流れ以外にも円高がトッピングされておりますからね・・・


そして先日発表された日銀短観を見ればわかる通り、消費税引き上げの影響もあり、

先行きDI(3カ月後)の失速、14年度の業績見通しが小幅増収&減益となっており、

4月後半から始まる3月期決算企業の本決算と共に発表される14年度見通しが、

日銀短観通り、日本企業お得意の保守的予想のオンパレードとなれば、

現状よりもPERが上昇することになり、決算発表以降は割安感が薄れます・・・

あくまでPERという数字上の話ではありますけどね。


というような目先の懸念材料がありますので、

素直に黒ちゃんが動けば、これらの懸念も払拭されますが、

動かないのであれば、黒ちゃんが5月以降には動くという強い意志を示さないと、

出尽くし&円高トッピングの流れは食い止められない可能性があります。

もちろん消費税引上げの影響を4-6月期で見極めてから動く方が、

効果的ではあり、常識的な判断ではありますけど、

6月には安倍ちゃんの新成長戦略、消費税対策予算も執行され、

目玉でもある法人税引き下げもトッピングされれば、黒ちゃんの穴埋めだけでなく、

第1の矢である黒ちゃんばかりが肥大して、第3の矢は萎み気味・・・

という歪な構図懸念も払拭され、ドーピングに過ぎない黒ちゃんよりも、

素直に好材料ですから、黒ちゃんが前倒しで動いたとしても、

安倍ちゃんが穴埋めできそうですが・・・


そして安倍政権にとっても、12月に判断する予定の更なる消費税引き上げを前に、

今回の引上げによる反動で、あまりにも4-6月期が落ち込んでしまうと、

そら見たことかっ!と突っ込まれ、支持率低下と共に12月の判断も厳しくなります。

だからこそ麻生くんが踏ん反り返って、

「どうですか、消費税を引き上げても4-6月期はこの程度なんだよ、グハハハ」

と言うウソ臭い笑顔での会見の為にも、

4-6月期の落ち込みは叩かれない程度に抑えておきたいはずです。

今回の消費税引き上げを判断する景気条項となった昨年の4-6月期GDPは、

どう考えてもお手盛り感満載だったと言わざるを得ないほど露骨に良かったので、

今回も4-6月期の反動減は、極力抑えてくるとは思うだけに、

まずは4月に黒ちゃんが動き、安倍ちゃんが6月発表の新成長戦略等に向けて、

法人減税を含めたリップサービスも多くなる・・・という展開もあり得ます。


黒ちゃんの都合と言う面でも、日銀短観での企業の1年後の物価見通しが、

自身の目標である2%を下回る1.5%でしたので、

目標達成に向けて動く可能性はあります・・・これは明日でなくてもいいんですけどね。


以上の通り、明日の日銀金融政策決定会合にて、

黒ちゃんが前倒しで動く可能性も無きにしもあらず・・・

と同時に、後ろに安倍ちゃんが控えているので、

冒頭の懸念材料を払拭する為にも、前倒しで動いた方がいいのでは・・・

とも思う次第です。


一方、市場の大勢を占める動かないであろうという観測の理由としては、

上記にも書きましたが、安倍ちゃんの動きを考慮しなければ、

消費税引上げの影響を4-6月期で見極めてから動く方が、

効果的ではあり、玉切れ感も漂わないので、常識的な判断ではあるということです。


そして週末にはG20財務相・中央銀行総裁会議が控えており、

明日に追加金融緩和に動いてしまうと、シンクロおばさん(ラガルド)のIMF、

新興国は支持してくれても、親分米国から恒例の円安政策批判をされる可能性もあり

安倍ちゃんとしてもオバマ訪日までにTPP交渉をまとめようと、

本日から日米の実務者協議を始めているだけに、

米国を刺激したくないという思惑はあるでしょう。


おまけとして、黒ちゃんが動かないであろうという要因としては、

恒例である金融政策決定会合後の日銀総裁会見が、

明日から生ライブとなり、同時進行での報道が解禁となったので、

生ライブを盛り上げる為には、黒ちゃんの発言に一喜一憂しないといけないので、

昼前後に発表される金融政策については据置として、

出来れば失望売りを招いてくれれば、黒ちゃんライブの演出しては効果的です(笑)

そこで黒ちゃんがカメラ目線のドヤ顔で、次回会合以降に向けて、

追加金融緩和に向けた強い意志を表明するなり、何らかのネタを提供すれば、

一発目の生ライブは大いに盛り上がることに・・・

という意味で、明日は金融政策としては動かないと言えます(笑)

まぁ恐らく、お役所的な発想である4月という区切りによって、

生ライブに切り替わったという理由だけでしょうけど・・・


以上の通り、明日の昼過ぎに結果の判明する日銀金融政策決定会合、

15時30分からの黒ちゃんの生ライブに向けて、

懸念材料や黒ちゃんと安倍ちゃんの思惑を交え、いくつかのシナリオを考えましたが

常識的には大勢を占める市場の観測通り、黒ちゃんは動かないでしょうけど、

個人的には、明日の会合で黒ちゃんが、

花咲かジイさんになっても(追加金融緩和に動いても)、安倍ちゃんが控えているので

先食いとか手詰まりにはならないのかなぁとは思いますが・・・

まぁ、明日の会合がどうなるのかは、以上のことを多少は参考にして判断して下さい。


さて本日は、以上にも書いた日銀金融政策決定会合を明日に控えた様子見に加え、

先週末の雇用統計発表以降の出尽くしの流れと円高トッピングもあり、

シカゴ日経平均先物の清算値(14875円)にさや寄せした後も、

わずかに期待していた自律反発すらも無く、ジリ安の小動きとなり、

売買代金も先週末を僅かに上回っただけの1兆6658億円という閑散ぶりでした・・・

とにかく国内目線としては、明日の日銀金融政策決定会合に焦点が移っております。

海の向こうは、雇用統計発表後の2周目となる今夜の米市場の反応が焦点ですが、

1周目となった本日のアジア新興国市場については、

総選挙という独自要因で荒れ気味のインド以外は

雇用統計での出尽くしの流れは受けているものの、

マネー流出症状に悩む新興国にとっては、米債高(ドル安)が追い風なので、

株価はマチマチながら、通貨高、債券高となっており、落ち着いております。

本日は問題児の中国がお休みでもありましたからね。

同じくほぼ1周目でもあるロシア市場は、株安、通貨安、債券安、

欧州市場も軟調なスタートを切っておりますが、大きな騒ぎという程では無く、

2周目に突入する米国待ちと言った感じではあります。

そんな米先物は小動きで推移しております。


まぁとにかく、明日の日銀金融政策決定会合です。

追加金融緩和をぶっ放して、黒ちゃんが花咲かじいさんになってくれるといいのですが

せめて灰は撒かずとも、生ライブでのリップサービスを期待したいものです。

当然ながら、何も動かず、何も言わず、黒ちゃんが鼻クソじいさんになれば、

失望売りを招く可能性はあります・・・海の向こう次第ですけどね。

ちなみに黒ちゃん会合以外のネタとしては、今夜の海外ネタはありまへんけど、

明日は雇用統計後1周目となる休場明けの中国市場(定例オペも)、

国内では経常赤字が慢性化しつつある2月経常収支、

前回調査がドイヒーであり、日経とも相関性の高い3月景気ウォッチャー調査、

消費税引き上げの反動減を和らげられるか注目の春闘の第二次集中回答日、

TPP日米実務者協議、来期見通しが注目の小売決算、2銘柄のIPO、

明晩は米企業決算の口火を切るアルコアの決算、

明後日は小保方はんの激おこぷんぷん丸会見も・・・(笑)

などなど、本来ならば材料とされるイベントも多いのですが、

まずは黒ちゃん会合&黒ちゃんライブです。


ということで、明日のスタンスについては、特に変更はありませんが、

主力大型株での持越し短期勝負は、明日の黒ちゃん会合&会見次第ですが、

結果の判明する明日の昼前後も、勝負するのは自由ですが御注意下さい。

新興市場、東証2部での持ち越し短期勝負については、

相変わらず薄商いが慢性化しているので、海の向こう云々というよりも、

まずは商いを伴った反発となるまでは、その日限りの勝負に留めておきましょう。

ゲーム、LINE、バイオ、IPO、不動産、その他テーマ銘柄等については、

基本的には新興市場、東証2部と同じですが、

バイオについては、徐々に改正薬事法効果(迅速な収益化)も浸透しつつあるので

中長期(来期)目線で狙うことに変わりはないですが、短期目線については、

小保方はんが9日に会見をするので、STAP細胞熱が・・・(期待薄ですが)

とにかく米バイオ株が再び売られていたりもするので、流れを見ながら勝負して下さい

不動産、REITについては、黒ちゃんの追加金融緩和期待(安倍ちゃんの政策期待も)

公示地価を始め不動産指標の好調ぶり、出遅れ物色も本格化しつつあるので、

中長期目線では買いですが、短期目線で黒ちゃん会合&会見を跨ぐのは御自由に

中長期の押し目狙いの方は、引き続き来期好業績という条件を前提に、

好取組、割安、高ROE、出遅れ、高配当、国策銘柄という当たり前過ぎる銘柄を、

コツコツ拾えばいいのですが、明日の黒ちゃん会合&会見を経て、

2月安値を割るようであれば、即座に撤退するという姿勢だけは忘れずに。

長期の方も、2月安値を割るようであれば撤退するという姿勢だけは忘れずに、

ひとまずこのまま王者の風格で、黒ちゃん会合を迎えましょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
管理人のみ閲覧できます
| | 2014-04-08-Tue 09:56 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
クリステルさんへ
マーケット番長 | URL | 2014-04-08-Tue 10:41 [編集]
相互リンクの件、承知致しましたので、
こちらでも設定しておきます。
今後共よろしくお願い致します。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.