不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
今夜からのヤマ場を控え、黒魔術は消え、リスクオフな動きではありますが・・・
こんばんは。

昨夜のフィギュアスケートは残念でおました・・・

まぁでも、期待された浅田選手はトリプルアクセルに果敢に挑んだ結果なので、

何もやらないまま結果が出ないよりは全然いいことですから、

本日のフリーでは少しでも悔いが残らぬよう、出し切って頂きたいものです。

それにしてもキムヨナのあの演技・・・敵ながらアッパレと言わざるを得ないです(笑)


さてさて、マーケットはと言うと、スキージャンプの日ノ丸飛行隊に触発されたのか、

黒田キャプテン率いる日銀飛行隊が、成長基盤支援基金の拡充を発表し、

日本株をジャンプさせたものの、飛んだふりに過ぎない黒魔術と見透かされたのか、

昨日と本日で墜落どころか雪中にめり込む下げとなっております・・・

しかしながら日銀飛行隊は、浅田選手と同様とまではいかないまでも、

動いたのは事実ですから、叩き落とさなくてもねぇ・・・

まぁ黒魔術師(黒田日銀総裁)は、いざとなったら躊躇なく動くとも言っており、

あべっしーも4月の消費税引上げを前に、所得が上がらず、保険料等の負担が増し

一本目の矢である黒魔術師だけが奮闘して物価が上がり、

さらに株価までが下がるとなると、マスコミに叩かれ、国民からの支持率も下がり、

支持率ありきと見ている市場からもアベノミクスへの失望感が増してしまいますので、

あべっしーも傍観はしないと思いますが・・・

本日もあべっしーは「賃金上昇が不可欠だっしー」と強調しており、

暗にこれ以上の矢は投げず、企業に丸投げしているのかと疑いたくもなりますが・・・

まぁでも、信用買い残はまだ高水準ではあり、空売り比率も再び拡大しておりますが、

裁定買い残は6月水準を下回り、円売りポジも10月水準まで減少しており、

歪ながらも先物主導による日経優位の反発劇は期待出来る需給環境ではあり、

商いが3兆円を超える様なゴリゴリな上げになれば、

高水準な信用買い残等の重石も呑み込めるのですが・・・

本日も大幅安とは言え、売買代金は2兆円そこそこの薄商いであり、

2月安値までの様な大商いでの下げではなく、非力な下げですから、

まだまだ腰の入った下げとは言えず、上げのパワーが優位とも言えます。

個人的に見ている累計売買代金についても、11月からの上昇分に対して、

1月以降の下げから本日まで分が103%に達しており、吐き出しは一巡しております

ただし、このまま吐き出しが増え続けるようだと、次の節目は10月安値となり、

そうなると現時点では69%しか吐き出せていないので、

10~11月の様にもみ合いながら吐き出すことになる可能性も否定できないです。

というように、黒魔術師、あべっしー、需給といった国内環境から見ると、

2月安値から始まった反発の押し目の範疇とは思いますが、下げたとしても、

もみ合いの展開の可能性はあれど、2月安値を割ることはないと思いますが・・・


以上の通り、国内環境としてはさほど悪化しているとまでは言えないのですが、

我が国は世界の景気敏感株であり、何より親分米国のサジ加減次第でもあるので、

海の向こうを無視する訳にもいかないです。

昨夜の状況としては今朝の記事でも書いた通りなので詳細は割愛しますが、

昨夜は米経済指標の悪化が続いているにも関わらず、

その後に発表された過去の遺物に過ぎないFOMC議事要旨が発表され、

QE縮小継続観測が高まり、米債も軟調に推移していたのですが、

米株は引けにかけて売られ、米株安債券安というチグハグな状況で引けました。

そして米債安によって円高にも歯止めが掛かっていたのですが、

中国のHSBC製造業PMIが今さらながらの低調な結果となったことで、

米債高へと転じ、円高も進行することになり、

現時点ではFOMC議事要旨通りのQE縮小継続観測ではなく、

QE縮小緩和を見込んだ米債高とも言える形になったとも言えますし、

もしくは単純に日米共に株安債券高というリスクオフな形になったとも言えますが、

QE縮小緩和を見込んでいるのならば、アジア新興国と中国が落ち着くはずですが、

本日のアジア新興国は債券は落ち着いているものの、株安、通貨安となっており、

日米と同様、リスクオフによる株安債券高と言えます。

中国に関してはHSBC製造業PMIが悪化した上に(今さらですが)、

人民銀は火曜に続き資金吸収と言う引き締めに動いたにも関わらず、

SHIBORはさらなる落ち着きを見せており、上海株もシカトしていたのですが、

引けにかけては売られており、PMI云々というよりは、

日米・新興国のリスクオフによる株安債券高モードが拡がったと言えます。

そして今夜は欧州・米国共に重要な経済指標が控えており、

欧州のPMI祭は、低調だった中国の製造業PMIからの流れを受け継ぎ、

仏、独、ユーロ圏のPMIが市場予想を下回る結果となっており、

欧州もリスクオフな株安債券高な動きではありますが、

これまた中国と同様、今さらなPMIの悪化なので、出尽くしではないものの、

底堅さは見せております(米債も為替もやや切り返しを見せております)。


以上の通り、国内環境としては悪くないのですが、

我が国を含め米国、アジア新興国、中国、欧州共に、

ややリスクオフモードな動きではありますので、

今夜の米経済指標、もしくは週末のG20を経て、

米QE縮小の行方が継続なのか、緩和なのかを見極めないことには、

リスクオフモードとも言えない状況ではあります。


ということなので、明日のスタンスについては、改めて書きますと、、

主力大型株での週跨ぎの持ち越し短期勝負については、

明日はその日限りに留め、週跨ぎは控えておきましょう。

新興市場、東証2部での週跨ぎの持ち越し短期勝負については、

今日も相変わらずの薄商いが継続しておりますので、

まずは活況が戻らない限りは慎重に構えて、その日限りに留めておきましょう。

ゲーム、LINE、バイオ、IPO、テーマ銘柄等についても同様ですが、

ゲームは好悪材料が入り混じっておりますので、臨機応変にサーフィンして下さい。

バイオについては、徐々に改正薬事法効果(迅速な収益化)も浸透しつつあり、

STAP細胞や国策期待もあるので、中長期(来期)目線で狙うのはアリですが、

何やらSTAP細胞に対して、真偽は不明ながら捏造疑惑なんてことも囁かれており、

だからなのかここぞとばかりにiPS細胞陣営から材料も出ていたりと、

好悪材料が入り混じっておりますので、短期勝負についてはこれまた臨機応変に。

REIT、不動産については、いつも書いている通り中長期目線では買いですが、

昨日の黒魔術効果は帳消しされているので、追加金融緩和期待はあれど、

週跨ぎの短期勝負は控えておいた方がいいでしょう。

それ以外の中長期の押し目狙いの方は、引き続き来期好業績という条件を前提に、

好取組、割安、出遅れ、国策銘柄という当たり前過ぎる物色に加え、

GPIF、JPX日経400の算出開始という話題もある高ROE銘柄を狙いましょう。

特に好取組、高配当銘柄を狙うのが無難でしょうね。

そして万が一、2月安値を割る様な事になれば、即座に撤退することもお忘れなく。

長期の方については、1月に撤退している方は、2月安値を割る様な事があれば、

即座に撤退するという姿勢は忘れず、参戦していけばいいでしょう。

一方、アべノミクス以来(当ブログでは一昨年の12月以降ですが)の余力も有り、

これまでの下げをノイズ程度と捉え、王者の風格で構えている方についても、

万が一2月安値を割る様なことがあれば、撤退することは頭に入れておきましょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

アクシル | URL | 2014-02-20-Thu 22:34 [編集]
前に番長が書いていた羽生選手や荒川選手のフィジカルの話、なるほどと思っていました。
キム・ヨナとの次元の違いは前からわかっていましたし、フィジカルという視点なら、シングルマザースキャンダルで選考から落とされた?安藤選手の方が勝っていると思います。
こうやって浅田選手の失敗に後講釈たれてると、アホの森のおっさんと同レベルになってしまうのでもうやめにします。
仏様のようなこうごうしい顔立ちの浅田選手には日本のフィギア界を支える指導者を目指していただきたいと思っています。
アクシルさんへ
マーケット番長 | URL | 2014-02-20-Thu 23:20 [編集]
> 前に番長が書いていた羽生選手や荒川選手のフィジカルの話、なるほどと思っていました。
> キム・ヨナとの次元の違いは前からわかっていましたし、フィジカルという視点なら、シングルマザースキャンダルで選考から落とされた?安藤選手の方が勝っていると思います。

安藤選手は詳しい事はわかりませんけど、少なくともフィジカルの強い人は、
日々の辛いだけで地味なトレニーングが続けられる人ということなので、
自ずとメンタルも鍛えられ、自信にも繋がり、大舞台でも動じないです。
そしてメンタルの弱い人ほど、楽しい技術や戦略練習に偏り、
フィジカルがおろそかだったりします。
浅田選手がどうなのかはわかりませんけど。

> こうやって浅田選手の失敗に後講釈たれてると、アホの森のおっさんと同レベルになってしまうのでもうやめにします。

なるほど!森のオッサンは炎上していたんですねw

> 仏様のようなこうごうしい顔立ちの浅田選手には日本のフィギア界を支える指導者を目指していただきたいと思っています。

引退が早すぎる気がするのですが・・・燃え尽きたのでしょうかね
出来れば村主選手を見習って、もう少し続けて欲しいです。

rata | URL | 2014-02-21-Fri 15:57 [編集]
横レス申し訳ないですがメンタル弱い奴が一日で回復するわけないですよ。

華奢だった頃ならいざ知らず、今の大人の重たい身体で 6種類の3回転ジャンプ計8回を行うのは、センスもさることながら相当のハードな練習量が必要だと思いますよ。

彼女だけ採点基準を無視して、リスキーで(リターンの少ない)高度な技に挑戦してるからミスがでるんです。

出来ちゃうからやりたいと思う。天才の悲劇すな。
rataさんへ
マーケット番長 | URL | 2014-02-21-Fri 17:51 [編集]
> 横レス申し訳ないですがメンタル弱い奴が一日で回復するわけないですよ。

え~と?私は浅田選手をずっと見てきたわけではないので、
メンタルが弱いかどうかはわからないですし、弱いとも思っておりませんが?
ただし一日で回復するわけがないという理由はよくわからないので、お答えのしようがないです・・・

> 華奢だった頃ならいざ知らず、今の大人の重たい身体で 6種類の3回転ジャンプ計8回を行うのは、センスもさることながら相当のハードな練習量が必要だと思いますよ。
>

ですよね。引退が早いのはそう言った過酷な努力があるからだと思います。
だけに撤回するのではと期待もしているのですがw

> 彼女だけ採点基準を無視して、リスキーで(リターンの少ない)高度な技に挑戦してるからミスがでるんです。
>
> 出来ちゃうからやりたいと思う。天才の悲劇すな。

天才かどうねのかは知りませんが、
果敢に挑むのは競技者としてその通りだと思います。
同時に結果が全てと言う現実もある世界ですから、
浅田選手のように日本中が注目してくれる選手と、
注目されない選手とは、これまた評価が変わるのも現実です。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.