不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
プラ転、天ぷら、大雪、GDP・・・色んな意味での安倍祭。
こんばんは。

安倍ちゃんマンが大雪災害の最中、高級料亭で天ぷらを食べていたことで、

批判をされているからなのか、本日の日本株も朝安後はプラ転・・・

天ぷらだけに・・・言いたかっただけです。

それにしても高級料亭で天ぷらを食っていようが、高級バーで飲んでいようが、

どうでもいいことなのですが、大雪で騒動になってる最中でもあるだけに

こういった批判をする人達が居るというのを想定していないのでしょうか・・・

誰でもいいから側近が安倍ちゃんに言ってあげればいいだけなのにね。

ただでさえ自民党内が不協和音だとか、かつてのお友達内閣の様に、

閣僚と議員の間に亀裂なんてことが囁かれているのですから、

周りがもう少し想像力を膨らませて行動させないと、

安倍ちゃんを陥れようとしているのか・・・なんてことも想像してしまいます。

いやはや・・・しっかりして頂きたいものです。


しかしまぁ大雪ですけど、物流や交通網がマヒしてしまい、

ちとシャレにならん事態になりつつもありますが、

同時に常に大雪と共に生活をしている北海道や豪雪地帯の方々は、

改めてさすがだなと思うばかり・・・

なにやら今週半ば以降の大雪についても、8日や14日を超えるとも言われており、

さらに物流や交通網がマヒしてしまうと、

米国の大寒波の様に、一時的では済まない景気への影響も心配されるだけに、

それこそ本日発表された低調な10-12月期GDPに続き、

1-3月期GDPは大雪の影響も加わり、さらに低調な結果になり兼ねないです。

しかも安倍ちゃんマン政権が、消費税引き上げの4月を迎えるに当たり、

所得が上がらないまま保険料、医療費等の負担が増し、物価も上昇しそうな上に、

GDPまでが失速した揚げ句、大雪だから仕方ないと言い訳に利用すれば、

さすがに国民も市場も許さないかも知れないので、

アベノミクスの終焉になってもおかしくないです。

だからこそ大雪の影響を言い訳に使うのではなく、

いっそのこと以前にも言った通り、消費税引上げの撤回・・・とまでは言わないまでも、

先送りにする口実として利用するくらいのサプライズを見せてくれれば、

第三の矢よりもインパクトのある景気対策となり、

アベノミクスもまだまだ続くと思うのですが・・・

本日発表された10-12月期GDPだけでなく、7-9月期GDPも改めて見ていると、

消費税引上げを判断する景気条項とされていた4-6月期GDPが、

消費税を引き上げる為に、露骨に水増しされていたと言わんばかりですからね。

そして消費税引上げが決まった途端、7-9月期、10-12月期は右肩下がりとなり

次の1-3月期まで大雪の影響を受けて更に右肩下がりとなったまま、

4月の消費税引き上げを迎えるとなると・・・

いくら消費税引上げや引上げ後の4-6月期GDPの落ち込みは承知済みとは言え、

さすがにお粗末過ぎる流れと言わざるを得なくなりますので、

4月以降が安心できるような景気対策(6月発表予定以外の)をブチ上げるなり、

それこそ消費税引き上げを撤回か先送りするなりしないと、

国民も市場も見放すことになり兼ねないです・・・

だけに、せめて明日の黒いおっさん(黒田日銀総裁)には期待をしたいのですが・・・

まぁでも、今回の大雪は米国の寒波に比べると、今のところは期間も短いので、

景気への影響としては米国ほどでは無いと思いますが・・・

少なくともわかり易いところでは、小売の2月は厳しい結果になりそうですね。


さてさて、以上の通り、大雪被害、低調なGDP、消費税、ついでに天ぷらも含め、

長い目での良からぬシナリオが頭をよぎるものの、

本日のマーケットはと言うと、低調なGDPも大雪も天ぷらもヘッタクレもなく、

目先(明日)の黒いおっさんとゆかいな仲間達会合(金融政策決定会合)に対して、

追加金融緩和への期待も高まったのか、というか高まったということにして、

朝安後は天ぷら・・・ではなくプラ転して、マザーズ以外は堅調に引けております。

朝の記事にも書いた通り、GDPを受けて先物と為替で仕掛けたものの、

債券がすぐに元通りとなっておりましたからね。

そして繰り返し書いておりますが、シカゴIMMの円売りポジは、

10月末水準にまで達した所で巻き戻しが一服しており、円高余地は少ないので、

債券を無視したまま、ゴリゴリパワーでこれ以上の円高に持っていった所で、

旨味よりもリスクの方が高いですからね。

先物も裁定買い残は6月水準にまで解消されておりますので、

いくら信用買い残が高水準であり(先週末で更に大きく減少しているでしょうけど)、

本日も空売り比率が高水準(33.6%)であろうとも

材料と商いを伴った仕掛けでないと、債券が冷静なままでは長続きもしないです。

本日は売買代金も2兆円割れ(1兆8955億円)と非力ですからね。

ということもあり、明日の黒い銀行の金融政策決定会合と黒いオッサン会見が、

材料的には大きなイベントではありますし、

重石となっている2市場信用買い残も明日の引け後に発表されますので、

国内目線の目先としては、明日が重要な日となります。

ちなみに本日のアジア新興国市場の株、通貨、債券は、

先週からのピッチを上げた症状改善が続いております・・・

QE縮小継続はとっくに織り込んでいるという動きなのか、

米経済指標の低調により、QE縮小の緩和を期待した動きなのか、

現時点ではどちらとも言エレンですが、とにかく症状は改善しております。

中国についても、理財商品のデフォルト騒動が拡大しつつあるのですが、

独裁国家ならではの力技で闇に葬ってくれると期待しているのか、

インフレも落ち着いているので、人民銀に打つ手はまだ残っているとの期待なのか、

本日は上海株も続伸しており、SHIBORも更に低下しております。

明日の定例オペで人民銀が資金供給に動くのか、

それとも落ち着きに安心して渋チン大魔王となるのか・・・

そしてSHIBOR、上海株はどう反応するのか注目でおます。

一方、金がリスクオフとも思わせる上昇が続いているのも事実なので、

新興国と中国の落ち着きは額面通りには受け取れないですけど、

とにかくイエレンの議会証言、イエレンのサジ加減(QE縮小)を左右する米経済指標

QE縮小による新興国・中国の混乱が議題である週末のG20までは、

新興国、中国は症状改善の流れが続きそうではあります。


以上の通り、色んな意味での安倍ちゃん祭が開催され、

長い目では良からぬシナリオも頭をよぎりますが、

海の向こうも鬼の居ぬ間(米休場)を含め明日までは落ち着いているでしょうから

まずは明日の黒い会合が、我が国にとっては重要なイベントでおます。

大半の市場予想が何も動かないとの観測であり、

G20を前に米国からも牽制が入っているので、

私も何も動かないという予想に異論はないですけど、

今動けばサプライズにはなるでしょうね。

安倍ちゃんが本日の低調なGDP、天ぷら騒動も含めた大雪を懸念して、

かつてのようにアマリン(甘利大臣)を金融政策決定会合へ殴り込ませ(出席させ)、

圧力を掛けているという演出をすれば、

何も動かなくとも追加金融緩和期待が高まるとは思うけど・・・さすがに無いか(笑)

とは言っても、市場予想の大半が何も動かないと見ているので、

実際に黒いおっさんが動かなくとも、多少の失望に繋がる程度に留まり、

4日安値を割る様な大暴落にはならないでしょう。

そして4日安値を割るかどうかのバトンは、今週の米国とG20に移ることになります。

とりあえず明日は、黒い会合の結果が出る昼前後までは、

今の流れが継続するでしょう。

今夜は葛西選手率いるスキージャンプのラージヒル団体がありますので、

金メダルの歓喜と共に、明日の黒い会合結果までに15K点越えを・・・

さすがに黒いオッサンも一緒に飛んで貰わないと無理ですね(笑)

あ、今夜はカーリングも準決勝進出を懸けた正念場の一戦ですね。

五輪は観ているだけでアドレナリンが出まくって、たまりまへんなぁ~


ちと話が逸れてしまいましたが、明日のスタンスについては特に変更はないですが

主力大型株での持ち越し短期勝負については、明日の黒ちゃん次第なので、

何も動かなければ、明日は控えておきましょう。

新興市場、東証2部での持ち越し短期勝負については、

相変わらず激薄商いが継続しておりますので、活況が戻るまでは慎重に構えましょう

ゲーム、LINE、バイオ、IPO、テーマ銘柄等についても同様ですが、

ゲームはガチャの返金騒動の燻ぶり等がある一方、好決算もあったりして、

好悪材料が入り混じっておりますので、臨機応変にサーフィンして下さい。

バイオについては、新型万能細胞「STAP」ネタに加え、

国策期待(来期業績期待)もあるので、中長期(来期)目線で狙うのはアリですが、

直近では今更なドイヒー決算もありましたので、これまた臨機応変に。

ただ・・・なんだかSTAP細胞に危機を感じたのかどうかはわかりませんが、

やたらとiPS細胞陣営がテレビに出てきたり、ニュースを発信しており

実際に材料も出ているので、バトルが続けば息が長くなるかもしれないです。。

REIT、不動産については、いつも書いている通り中長期目線では買いですが、

最近のアベノミクス懸念による下落が顕著なので、短期目線でも面白そうです。

もちろん黒いおっさんが動けばいいのですが、動かないと目先は要注意です。

それ以外の中長期の押し目狙いの方は、引き続き来期好業績という条件を前提に、

好取組、割安、出遅れ、国策銘柄という当たり前過ぎる物色に加え、

GPIF、JPX日経400の算出開始という話題もある高ROE銘柄を狙いましょう。

特に好取組、高配当銘柄を狙うのが無難でしょうね。

そして万が一4日安値を割る様な事になれば、即座に撤退することもお忘れなく。

長期の方については、すでに撤退している方は、4日安値を割る様な事があれば、

即座に撤退するという姿勢を忘れず、参戦していけばいいでしょう。

一方、アべノミクス以来(当ブログでは一昨年の12月以降ですが)の余力も有り、

今回の騒ぎをノイズ程度と捉え、王者の風格で構えている方についても、

万が一4日安値を割る様なことがあれば、撤退することは頭に入れておきましょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.