不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
変わらない週末
こんばんは。

昨夜は日本一運が悪く、世界一心配性な友人とメシを食いに行ったのですが、

最近はすっかりポリネシアンタイムになりつつある私に対し、

相変わらず10分ではなく20分前精神を厳守し、

かといって「到着した」とか「今どこや」等のメールや電話もせず、

寒空の中、黙々と店の前で待っていたので、気付かれないように店の中へ入り、

白々しく電話して「今どこにおんねん!店の中で待ってるぞ!」と怒鳴ると、

大慌てで店の中へと駆け込んできて、「すまんすまん」と平謝りするところ、

「今来たばっかりの俺より遅いとは何事や!」

「今来た?俺の方がもっと早よ来とったがな!」

「え?そうなん?でも、そんな神経質にせかせかと早く来るからハゲんねん!」

「ハゲとんやなくて、デコが図々しいだけや!そんなもん・・・」

と彼が何かを言おうとしている途中にも関わらず、

「すいませーん」と私が店員を呼び、

まだ何か言っているのも無視して飲み物を注文し、

「聞いてんのか?」という問いかけに、聞いてなかったのにも関わらず、

「そりゃ大変やったなぁ」とテキトーに返事すると、

「ほんまそうやで」となぜか正解の返事となってしまう会話・・・

と言うのも、日本一運が悪く、世界一心配性な奴だけに、

大体がそういう類の話なので、「大変やなぁ」と言えばほぼ正解の返事となります。

てな感じの毎回懲りもせず繰り返される不毛なやりとりを終え、

しばらくすると店員さんが飲み物を持ってきたのですが、

注文の際に、彼の飲み物は注文せず、白飯だけをこっそり注文していたので、

私の前にはドリンクが運ばれ、彼の前には大盛りの白飯が・・・

え?と口を開けて店員を見上げているのを遮るように、

彼の茶碗に私のグラスをコツンと当てて、「カンパーイ」と言うと、

とりあえず黙って箸を取り、メシをかき込み、

「やっぱり遅れてきたから駆け付け三杯かぁ・・・って漬物すらあれへんがな!
 っつうか何で白飯やねん!しかも遅れてきたのはそっちやがな!」

とノリツッコミをする・・・

「イマイチ、おもんないなぁ」

とダメ出しをする・・・

というこれまたいつもの不毛なやりとり・・・

いやはや彼の方が年上にも関わらず、

精神年齢は自分の方が年上だと言う強引な理屈を押し付けて、

このような関係性が続いております。

そしてガツガツ、ウホウホとメシを食いながら、

あれやこれやと下衆い話から格闘技、スポーツ、政治、経済、投資の話まで、

多岐に渡るボーイズトーク・・・いや、ゴリーズトークをしてきました。

しかしまぁ、以前にも書きましたけど、日本一運が悪く、世界一心配性で、

宇宙一保険と貯金に熱心だった男が、投資に踏み切るのですから、

改めてアベノミクス恐るべしです・・・

そんな彼もさすがというタイミングで5月に打ち下ろしのパンチを喰らったのですが、

なんとかトントンにまでは戻したようです。

まぁでも詳細は聞いていないので・・・というか、

彼とは利害の無い友人関係でありたいということもあり、

投資話は全体的な相場感や政治・経済に絡めて話す程度に留めており、

具体的な銘柄の話等はお互いにしないようにしているので、

今は何を保有しているのかも知りませんが、慎重な性格なこともあり、

色々と勉強はしているようです・・・

そして何ちゃらセミナーにも通ってみようかなとも言っておりましたけど、

自分でいいと思っているのならばと思い、私は何も言いませんでしたが、

かつては不純な理由のクセに、自己投資やという建前で通い始めた英会話教室が

1回受講しただけで倒産するという運の悪さもいかんなく発揮していたので、

今度は潰れたりしないか?以前の様にハニートラップの様な勧誘に騙され、

変な教材を買わされたりしないか?とだけツッコんでおきました。

そういえば彼は昔、今の嫁さんと付き合い始めた頃に、

熱帯魚好きな嫁さんを喜ばせようと、2万円近くもする熱帯魚を飼い始めたのですが

夜行性やったこともあり、電気を付けていると岩陰に隠れてキレイな姿を見せず、

夜になって電気を消すと泳ぎ回るという鑑賞には向かない魚だったらしく、

それでも嫁さんに見せようと、岩陰を突っついて追い出そうとすると、

嫁さんに「かわいそうやから、やめとき」と一喝されたので、

魚の習性に任せて飼っていると、遂に6日目にやっと姿を現わしたものの、

水面にプカプカと浮かんでいた・・・という淋しい熱帯魚な思い出があるにも関わらず

またしても子供にせがまれて、クリスマスプレゼントということで、

値の張る古代魚みたいな奴を飼うことになったのですが、

正月に実家に帰って戻ると、またしても水面に浮いていたそうです・・・

そしてついに嫁さんが、彼の運の悪さや天性の素質に気付くのではなく、

何か悪い物が憑り付いているのでは疑い始め、近々お祓いにいくそうです(笑)

いやはや・・・相変わらずです。

しかしながら他にも数々のテンコ盛りエピソードがあるのですが、

いかんせんブログには書けない様なことばかりなのが残念でなりません・・・

書けないという意味では、当ブログに登場する6mmパンチ先輩も同じですけど・・・


さて、昨夜の米国市場を含め週末のマーケットですが、

日本は昨日も書いたので割愛しますが、

中国は相変わらず上海株が2000ポイント割れ寸前の攻防を繰り広げ、

SHIBORの上昇も継続しており、影の銀行問題の燻ぶりが継続しております。

アジア新興国はマネー流出症状が改善したという水準には程遠いものの、

ここ数日は全体的に落ち付いており、フィリピンとタイがやや悪化しております。

その他の新興国はトルコが相変わらず症状の悪化が続いているものの、

アジア新興国と同様、ここ数日は落ち着いております。

昨夜の欧州市場は、これといった材料も無かったので、株価は小幅高となり、

重債務国の国債利回りも落ち着いております。

ただ・・・ユーロLIBORを見ればわかる通り、

またしてもユーロ圏の銀行間金利がかなりの上昇を見せております・・・

中国もSHIBORが上がっており、やはり中国と欧州には燻ぶりを感じます。

そして米国市場は、経済指標としては鉱工業生産が良かったものの、

FRBが大好物な住宅着工は4月以来の落ち込みとなり、

米企業決算はモルスタは好調だったものの、

GEが昨日のインテルに続いて期待に届かなかったことで、

経済指標、企業決算共にマチマチの結果となっております。

市場の反応としては、ダウがプチ上昇だったものの、

S&P500とナスダックが小幅な下落となり、株価はマチマチ・・・

インテルとGEもショックとは言えないほどの下落に留まっております。

ドルについても対円以外では堅調な動きとなっておりますが、

米債は堅調な動き(米金利低下)となっており、

QE縮小ペースに変化が無いとも言える反応示す株と為替に反し、

QEの行方がダイレクトに影響を受ける米債券だけは、

QE縮小ペースの鈍化観測とも受け取れる動きではあります。

というように、マクロ指標と企業決算の結果及び解釈、

そして市場の反応がバラバラの状況が継続しており、

米国市場も方向感がハッキリしないままに週末を迎えております。

インテルショックの様なことは起きなかったものの、

米企業決算にはやや不穏な空気が漂いつつあります・・・。

シカゴ日経平均先物は、米債高となったことで、日米金利差縮小による円高もあり、

ほぼ横ばいの15745円で帰って来ており、

昨夜の欧米市場を経ても、ハッキリしないままでおます。

以上のことも踏まえて、来週の展望は改めて明日に書きます。


引き続き良い週末を。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 

本日はKC & The Sunshine Band の 「Give It Up」です。

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.