不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
雑貨、ディスカウント、リサイクルショップ各社の直近月次売上一覧
おはようございます。

なんだか不具合なのか、なかなか記事が更新できなかったり、

消えたりしたので遅くなりました。


さて欧州は金融規制絡みのイベントが、ポジティブな結果となり、

雇用統計の余波もなく堅調でおます。

米国は雇用統計以降の流れが継続しており、タカ派のアトランタ連銀総裁も、

失業率が改善するのはええけど、一定の質的な解釈を付け加えろと言っており、

QE縮小ペースの鈍化観測を打ち消すほどには至らず、

米株安、米債券高が継続しており、ドルは円に対して一時102円台に突入し、

ドル安も継続しております。

今夜は小売売上高、JPモルガンを始めとする米企業決算祭の幕が開き、

QE縮小ペースの鈍化観測を徐々に打ち消す流れになるとは思いますが、

米企業決算祭は先頭のアルコアの躓きから立ち上がっておらず、

小売売上高も承知済とは言え、雇用統計のようなこともありますからね・・・。

そして我が国は、昨夜の米国でQE縮小ペースの鈍化観測に変化が無かった事で

米債券高による日米金利差が縮小しており、ドル安円高で帰って来ておりますので

大幅GDでのスタートは仕方なしですが、

朝方発表された11月の国際収支では、前月に続く過去最大の経常赤字となり、

12月上中旬の貿易収支も27カ月連続の貿易赤字となったことで、

不健全な円安によって、QE縮小ペースの鈍化観測による円高圧力に対抗・・・

とも言いたいのですが、我が国の債券には動きはないので、

やや腰の入っていない円安であります・・・

慢性的な経常赤字国との色合いが濃くなりつつあるのかと心配にもなりますが、

昨日も書いた通り、徐々にQE縮小ペースの鈍化観測が薄れ、

米国は株高債券安となり、ドル高円安によって、

日本株も16日までは戻す展開と見ておりますが、戻りが鈍いのも事実であり、

このまま16日まで軟調という展開もあり得ます・・・

今夜は小売売上高も控えているだけに、

現時点ではどちらの展開とも言い切れない状況です。

ということで、基本的には昨日書いた通りのスタンスでいいとは思いますが、

本日に関しては、日米債券の動きに変化がなければ、

持ち越しの短期勝負を始め、慎重に構えた方がいいでしょう。


さて、本日は雑貨、ディスカウント、リサイクルショップ各社の直近月次売上一覧です


これまでの小売各社(約450社)の直近月次売上一覧、

外需系各社(約400社)の直近決算発表後の想定為替レート一覧、

につきましては左のカテゴリからご覧下さい。



☆雑貨、ディスカウント、リサイクルショップ各社の直近月次売上一覧

 ※2014年1月14日08時30分時点のデータです。


(雑貨・ディスカウント)既存全店累既累全発表日決算月その他
2769ヴィレッジヴァンガード93.2 93.7 1/75
3080ジェーソン101.5102.31/62
3331雑貨屋ブルドック非開示8
7453良品計画107.1118.61/72
7532ドン・キホーテ99.1 105.499.9 105.01/106
7577パスポート92.8 91.7 1/65
8203ミスターマックス94.0 99.9 97.7 101.71/103
9890マキヤ非開示3
(リサイクル)既存全店累既累全発表日決算月その他
2674ハードオフ110.7120.21/103
2751テンポスバスターズ非開示4
2780コメ兵115.9118.41/93
3093トレジャーファクトリー108.4118.5102.0112.51/102累計は上期分
3177ありがとうサービス非開示2
3179シュッピン126.31/103EC分
3179シュッピン121.41/103合計
3181買取王国92.7 98.3 96.1 99.8 1/72
9927ワットマン100.197.3 98.3 93.6 1/83


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.