不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
雇用統計前の食堂にて。
こんにちは。

昨夜は雇用統計の発表を前に晩飯を食おうと、当ブログではお馴染みでもある、

バングラディシュ人が切り盛りする和食堂ことバングラコック食堂へ・・・

なんと入口にはしめ縄が飾られ、日の丸まで掲げられ、

その横には色が違うだけの日の丸とも言える国旗も掲げられ、

ややスパイシーながらも、古き良き正月とも言える入口・・・

(どうやらバングラディシュの国旗は、緑地に赤の日の丸なのだそうです)

ほぉ・・・やるなぁ・・・と感心しつつ、いつもの入口横にあるホワイトボードを見ると、

「ニューイヤー限定イチゴスイーツ!栃木産とちおとめタップリ」と書かれており、

生意気にスイーツにまで手を拡げるつもりなのかと思いつつ、

扉をガラガラと開けると、クリスマスの時に被っていたサンタ帽ではなく、

日の丸に必勝と書かれたベタな鉢巻姿のバングラコックが・・・、

またしてもツッコまなければいけないのかと思いつつも、

まずはいつもの如く、レジ横でお迎えを待っているオーナーのばぁちゃんに声を掛け、

これまたいつもの如く、目を閉じたまま生体反応が無いので、

抱え上げて寝かして心臓マッサージ・・・ではなく、遺体を放置したまま、

おかずの陳列された棚へ足早に向かうと・・・厨房の中からバカでかい声で、

「イラサーイ!マイドッスー!オ兄サンッスー!」

思わず「ルネサーンス!」と返してしまいそうな謎の語尾の「スー」を聞きながら、

おかずにひと通り目を通していると・・・

店の前に書かれていたイチゴスイーツの正体が判明・・・

なんと・・・チーズを乗せて焼かれた様なナンの上に、

イチゴジャムらしきものが塗られ、スライスしたイチゴを乗せた物体が・・・

これがスイーツなのか?というツッコミの前に、

ナンとイチゴジャムならまだしも、チーズにイチゴジャムとイチゴって・・・

さらに説明書きの札を読んでみると、

「栃木産とちおとめ使用」と書いているかと思いきや、

「栃木産とちおとひめ使用」と書いてやがります・・・

「オイッ、おとひめって、便所の音消しやがな!」

とツッコんでくれと言わんばかりの欲しがりボケなのか・・・

それならば、まんまとツッコむのも思うツボの様で悔しいし・・・

もしかして本気で間違えているのか・・・そしたら教えてやるべきなのか・・・

そういえば入り口横のホワイトボードにも「とちおとひめ」って書いていたのか・・・

と考えるのもアホらしくなったので、ナン便スイーツをスル―して、

煮込みハンバーグと目玉焼き、得体の知れん野菜炒め、ワカメ酢を盆に乗せ、

いつもの奥の席へ行く途中に厨房のバングラ野郎に声を掛け、

「メシ大と豚汁ちょうだい」と言った瞬間に、

「ハイ、オマチドウゾッスー」と間違った日本語と謎の語尾と共にメシ大と味噌汁が・・

「ワオ、マチガエタ、豚汁デシタ。アトデ持ッテイキマスッスー!」

と忙しそうに訂正し、必勝に鉢巻きにツッコむこともなく、

私はメシ大だけを受け取り、いつもの席へ向かうと・・・

ちょくちょく顔を合わせる、ポンコツバングラ食堂に似つかわしくないお姉さんが・・・

いつもの席に座って、新聞を読みながらオカズをつまみにビールを飲んでおり、

キャリアウーマンですけど、オヤジっぽくこんなところでも食べてます的な空気を放ち

かつての記事でも書いた通り、私に真の姿を目撃されたのが気まずいのもあるのか、

近づくなオーラもビンビンに漂わせているので、

そんなオーラの制空圏を侵さないように、無難に会釈だけをして席に着陸・・・

そしてウホウホと食べようとすると・・・笑顔満開で浅黒光りのバングラコックが、

豚汁を片手に持ち、親指の出汁も抽出しながらテーブルに置き、

「オ兄サン、今日ノオススメハデザートデスッス、イカガデスカ?」

といつもの押し売りをしてくるので、

「チーズとイチゴジャムなんか合わんやろぉ・・・・遠慮しとくわ」

と言いつつも、心の中では甘じょっぱくて意外と合うかもと思いながら断ると、

「ソンナコトナイデスッス、塩味ノチーズ臭イノガ甘イジャムト合イマスヨー」

と微妙な表現でしつこく押し売りしてくるので、

「日本人の口には合わんからあれだけ残ってるんやろ!売れてんのか?」

「月曜日カラ売レテマスッス!今日モ売レテマスヨー!」

「ほんまかいな、あんなもん食う奴おらんやろ!見た限り誰も食ってへんがな」

と周囲を見渡しながら反論していると、バングラコックが微妙な目配せをしながら、

「ソウデスカ残念デスッス・・・」

と言って、あっさり引き下がったので、いつものゴリ押しの無さに拍子抜けしつつも、

特に気にせず、ウホウホと食べていると、

しばらくして厨房から「チーン!」という音が・・・すると笑顔満開ではなく、

微妙な表情をしたバングラコックが、片手に便所イチゴのナンスイーツを持ち、

ついにゴリ押しで食わせる気かと思ったので、

豚汁を飲みながら知らぬふりをしていると、方向転換をしてあのお姉さんの所へ・・・

さきほどこんなもん食う奴おるか!と言ってしまったばかりに、

思わず豚汁が吹き出しそうになり、ゴボゴボと音を立ててしまい、

おまけに笑ってしまいそうになったので、ゴボゴボと音を立てつつも、

笑っている顔を隠す様に無理矢理飲み続け、そのままチラっお姉さんの方を見ると、

完全なキレ顔でこちらを見ていたので、更に吹き出しそうになり、

目をそらして空のお椀を口に付けたまま、豚汁を飲むふりを続けていました・・・

すると微妙な空気を察したつもりなのでしょうが、

バングラコックが間違った空気の読み方で、

「オ姉サンモ注文シテクレマシタヨ!オ兄サンモドウデスカ?」

と答えようのない無茶振りをされたので、思わず・・・

「お姉さんは甘いもんが好きやからなぁ」

と過去記事の赤ベコ事件をほじくり返す様な事を言ってしまいそうなりましたが、

さすがにそれは言えず、とっさに麻生太郎くんのウソ臭さ全開の様な笑顔を作り、

「きょ、今日は腹一杯やから遠慮しとくわ。ウマそうやけどな、うま年だけに・・・」

と気まずさからなのか、思わず考えられない様なお寒い事を言ってしまい、

しばらく時間が止まったような凍りついた静寂に包まれ、

空気を読んだバングラコックが、

「ワ・・・ワ・・・ワシャシャシャシャシャ・・・」と笑い始め、私も負けじと、

「ガハハハハハハハハハハ」とバングラコックと顔を合わせて笑っていると、

凍りの様な冷たい目線でこちらを見ているお姉さん・・・

目を合わせたら石にされそうだったので、

「ガハ・・・ガハ・・・ガハハハハハ」と更に笑い続けながら、

バングラコックはこれまた空気を読まずに、

「ウマ年ダカラ、ウマソウデスカ・・・ウマイデスッス」

とドヤ顔で火に油を注ぐので、

バングラコックの肩にパンチの強打をメリ込ませつつ、

「ガハハハハハハハ」

と顔を引きつらせて笑いながらレジの方へ退散・・・

そしてお姉さんから見えない位置だと確認したところで、

バングラコックと声を押し殺して笑っていると、

トイレに行くふりをして、明らかに様子を窺いにきたお姉さんに睨まれ、

ほんまに石の様に固まってしまいました・・・

にもかかわらずバングラコックはまたしても空気を読まずに、

トイレに入るメデゥーサお姉さん向かって、

「ゴユックリ~」

とデリカシーゼロな声を掛け、ついにバングラコックも睨まれて石に・・・

そしてカッチカチの石になったまま、石の様に固まったバァさんのレジで精算し、

そそくさと店をあとに・・・

ついでに入り口横のホワイトボードに書かれている「栃木産とちおとひめ」を

「TOTO産とち音姫」と書き変えてやろうかとも思いましたが、

カンベンしといてやりました。


いやはや・・・故郷のバングラディシュは選挙で混乱しているようですから、

心の中では複雑な思いもあるのでしょうけど、

バングラコックはそんな思いを微塵も感じさせず、元気に明るく働いております。

そんなバングラコックと話していると、バングラディシュは人口も多い国ですから、

投資先としても魅力のある国なのかなともいつも思ってしまいます。

記事が長くなってしまったので、雇用統計については、明日か明後日に書きます。

数字には驚かされましたけど、意外と反応は賞味期限が短かった様ですね、

引き続き良い週末を。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 

本日は須藤元気率いるWORLD ORDERの「LAST DANCE」です。

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.