不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
テーパリングを経て、頭の整理・・・
こんばんは。

王将の社長が銃撃されて亡くなりました・・・

王将の餃子ファンとしては残念としか言えないですけど、

何があったのでしょうか・・・北九州の方で起きている様な事なのでしょうか・・・

そういえばかつて京都で仕事をしようとした時に、

他の県とは違って、御挨拶的なことを強いられたことがあり、

向こうの〝担当者″が翌年・・・というキナ臭いことがあったりもしましたが・・・

王将は長年に渡り京都に本社を構えて商売をしていただけに、

昨今の法改正での締め付けもあり、これまでの慣習を断ち切ることで、

軋轢でも生じたのでしょうか・・・わかりませんけど、残念なことです。

この事件をきっかけに、バッタもん王将の方がさらに拡大するようだと、

京都王将ファンとしては、何だか腹立たしくもあるので、

感情論だけで、せめて王将フードの株を買おうかという衝動にも駆られますが・・・。

どんな事情があったのか、社長がどんな人物だったのかまでは知りませんが、

一ファンとしては、ご冥福をお祈りするしかないです。


さてさて、気分を切り替えて、市場の方はと言うと、

昨夜のドビン・チャビン・ハゲチャビン・ベンジャミン・バーナンキ率いるFOMCでは、

5月から透かしっ屁の様に臭わせ続けてきたテーパリング(QE縮小)へと、

ついに踏み切ることになりました。

朝にも触れた上に、そこら中に記事等もあるので、詳細な内容は割愛しますが、

QE縮小はマネーの量という点ではネガティブではあるものの、

フォワードガイダンスを緩くしたことで、市場でのショックは回避され、

今のところはむしろリスクオン〝風味″な動きにはなっているので、

相変わらず巧妙な手綱捌きを見せたと言えるハゲチャビン(バーナンキ)でおます。

だからなのか、バーナンキからの最後のクリスマスプレゼントなんて声も聞こえますが

市場への思し召しであるQE継続ならばまだしも、

QE縮小に対してのクリスマスプレゼントという表現は、

市場の反応を見てからの後付け表現に過ぎないと言えます。

まぁ長い目で見れば、不健全な劇物であるドーピングを抜いていく(QE縮小)方が、

身体(経済)にとっては健全ではありますけど、クリスマスプレゼントと言うのはねぇ・・

ということもあり、長い目では健全且つ妥当な決断ではありますが、

目先としては、ドーピング頼みだった中毒な身体から、

少量ずつとは言え薬を抜くことで、禁断症状が現れるリスクはありますので、

今後発表される経済指標において好結果が続くことが、

身体(経済)が薬抜きに耐えうる健康を取り戻しているという証明となり、

市場でも禁断症状が現れないことに繋がります。

つまり、これまでの様に経済指標が悪ければドーピング継続(QE継続)、

経済指標が良ければ、ドーピング抜き(QE縮小)ながらも健康である、

という都合のいいロジックではなく、

経済指標等の結果に対しては、素直に反応することになりそうです。

あまりにも経済指標が悪い結果となり、市場でも重度の禁断症状が現れると、

またしてもドーピング継続(QE継続)なんて話になるかも知れませんけど・・・(笑)

それはそれで、褒められたことではないですけど、

禁断症状の中毒患者に薬を与えることで、症状を和らげることになるので、

目先の市場にとってはいいことではあります。

ということなので、米国市場については、

今後は経済指標等についての見方は、御都合解釈な受け取り方ではなく、

徐々に素直な見方へと切り替えないといけないでしょう。


ちなみに現時点のドーピング抜き(QE縮小)による各地域の禁断症状については、

お膝元の米国市場については、昨夜の状況を見ればわかる通り、

株と通貨(ドル)は禁断症状どころか、株高ドル高という好反応ではあるのですが、

債券だけは発表直後に反応しただけで、結果的にはほとんど動きはなく、

禁断症状ではないのですが、クールな反応と言えます・・・

つまり債券だけが置き去りでのお祭り騒ぎではありますので、

このまま債券がクールなままだと、一旦は米株とドルが債券の方へ戻しそうですが、

年末ラリーでもあるだけに、債券の方が株と通貨の水準に擦り寄るか、

債券を置き去りにしたまま、株と通貨が突っ走る可能性もあります。

そういう意味でも、今後の経済指標が重要ではあります。

まぁクールな債券の方へとすり寄ったとしても、大きく崩れることも無さそうですが・・・

財政協議も決着し、年明けには雇用統計もありますからね。


昨夜織り込んでいなかった欧州市場での禁断症状については、

本日のスタートを見る限りでは、禁断症状が現れている様子はないです。

欧州は日本と同様、ドクタードラギ(ECB総裁)による、

自前のドーピングが処方されている状況ですしね。

ただ・・・ユーロLIBORだけは、スリリングな上昇が続いておりますので、

ドーピング抜き(QE縮小)による禁断症状とは別物という目線で、

欧州固有の年明けのストレスを警戒したリスクとして見ておきましょう。

今のところは大して騒がれておりませんが・・・


ドルドーピング中毒の新興国については、やや通貨安症状が現れておりますが、

5月にドーピング抜きを臭わせた際のトリプル安という禁断症状に比べれば、

5月以降に各国が自国の金融政策で治療に当たっている成果もあり、

トリプル安という程では無く、落ち着いていると言えます。

インドネシア、トルコ、タイについては、ドーピング抜き(QE縮小)というよりは、

自国の金融政策通りの反応であったり、国内事情と言えます。


中国についても、株価はやや軟調であり、債券も軟調が続いており(金利上昇)、

6月のチャイナショックの際に火種となったSHIBORについても、

未だ歯止めが掛からずに上昇を続けており、日に日にキナ臭くなっておりますが、

今回のQE縮小を経てこういった症状が現れた訳では無いので、

ハッキリしない地方政府債務問題を始めとする国内事情が要因と言えます。

ユーロLIBORの上昇と同様、QE縮小による禁断症状ではなく、

別物である中国固有のリスクと見ておきましょう。


そして我が国については、昨日まで先走って上昇した割には大幅高となり、

売買代金も2兆8260億円にまで膨らみ、昨日に続いての2兆円超えの上げとなり

米債は無反応ながらも、我が国の債券は堅調をキープしていることで、

日米の金利差は縮小しておらず、リスクオン風味の流れも受けて、

為替は円安となっており、QE縮小による禁断症状は見えないです。

しかしながら、QE縮小前と日米金利差に変化が無いにも関わらず、

円安となっているということは、通貨(円安)がやや先走り気味と言えます。

そして日経平均の上げっぷりとNT倍率の拡大が示す様に、

指数寄与度の高い「ファーー!!」な銘柄(ファナック、ファストリ)達が牽引し、

相変わらずトヨタは冴えずという状況からも(メガバンクはそこそこでしたが・・・)、

先物主導の歪な上昇ではありますので、株価もまた先走り気味ではあります。

つまり、債券はほとんど動かないまま、株高と円安だけが先走り気味だということです

ただ・・・同じ様に株と通貨が先走り気味である米国と違って、

我が国は日銀金融政策決定会合を明日に控えておりますので、

黒ちゃん(黒田総裁)が追加金融緩和をぶっ放すなり、

市場を動かす程の口車を炸裂するようであれば、

先走り気味の株高と円安の方へ擦り寄るように、

債券高となることで(金利低下)、日米金利差も拡大して、

先走り気味の円安が正当化され、株高も正当化されるので、

置き去り気味のTOPIXも日経平均を追随する展開になるでしょう。

逆に黒ちゃんが追加金融緩和をぶっ放すことも無く、口車も炸裂せず、

ネタなし会合で終わってしまうと、先走り気味の株高、円安は、

動いていない債券の方へ擦り寄ることになるでしょう。

とは言っても、QE縮小前の水準に戻す程度なので、大した下げではないですけどね。

あ、忘れておりましたが、先ほど講演した安倍ちゃんマンは、

来年も経済が重要だ!と言ったのと、アベノミクスの成果の誇示だけだったので、

これといって無反応です・・・(経済に目を向けている点では下支えにはなりますが)


以上の通り、クールな反応である米債が、今後の経済指標等によって、

先走り気味の米株と米ドルを追随する展開となるのか・・・

それとも先走り気味の米株と米ドルが、クールな米債の方へと擦り寄り、

一旦は落ち着くのか・・・

そして我が国も、落ち着いている債券が、明日の黒ちゃん会合の結果によって、

先走り気味の株価と円安を追随することになるのか・・・

それとも先走り気味の株価と円安が、落ち着いている債券の方へと擦り寄り、

一旦は落ち着くのか・・・という状況でおますが、

QE縮小と言うビッグイベントを通過したことによるリスクオン風味に加え、

年末ラリーという旺盛な環境もありますので、パワー(大商い)が継続するならば、

先走ったまま年内は駆け上がるでしょう。

ということなので、明日の黒光り銀行会合、今夜以降の米経済指標、

それらを受けての日米債券動向、そしてパワー(商い)に目を光らせておきましょう。

QE縮小以外のリスクとしては、中国のSHIBORとユーロLIBORといった所です。


明日のスタンスにつきましては、ほぼ変更はありませんが、

主力大型株での3連休跨ぎの持ち越し短期勝負は、以上の通りアリですが、

黒ちゃんが何もしなければ、一旦は落ち着くことにはなりますので、

3連休跨ぎというよりも、年内という目線の方が無難とは言えます。

新興市場での持ち越し短期勝負については、マザーズは引き続き活況ですが、

明日以降の主力大型株次第というのもあり、3連休前の手仕舞い、

証券優遇税制売りもありますので、新興主力の銘柄群の反転が本格化するなり、

IPOに活況が戻るまでは、持ち越し勝負をせずに、その日限りがいいでしょう。

ゲーム、LINE関連、バイオ関連についても同様ですが、

バイオは循環物色が訪れておりませんので、

イナゴ(マネー)の群がりを待ち構える年明け目線くらいの短期勝負はありですし、

中長期目線においても、いつも書いているので詳細は割愛しますが、

腰を据えても良いでしょう。

しかしながら最新の四季報を見ると、業績見通しの減額はほとんど無く、

失望はなさそうですけど、思ったほどの増額も見られないので、

再び新興市場全体の治安が悪化するようだと影響も受けるので、

資金拘束を嫌う方は、しばらく見送ってもいいかもしれません。

IPO関連銘柄については、本日も翳りが払拭されておらず、

ついにIPO初値更新記録が止まりましたので、引き続きご注意ください。

そして銘柄の吟味は必須ながら、恒例である年末年始の新興・中小型ラリー目線で、

来週以降も見据えて勝負をするのはありです。

REIT、不動産については、いつも書いているので詳細は割愛しますが、

消費税引上げ前の駆け込みの反動減も見られない活況が続いており、

明日は黒い銀行会合も控えており、前述した通り大局的にも低金利が続くので、

今後も中長期目線では買いでおます。

新興・中小型ラリーが続くようだと、新興不動産を短期で待ち構えるのもありです。

それ以外の中長期の押し目狙いの方についてはこれまで通り、

好業績(特に来期)、好取組、割安、国策銘柄という当たり前過ぎる条件に加え、

GPIFネタも継続しており、年明けからのJPX日経400への期待もあるので、

高ROE銘柄は特に注目されるでしょう。

もしくは新興・中小型ラリーに乗るのもいいでしょう。

長期の方については、ひとまずこのまま王者の風格で構えておきましょう。

年末で手仕舞うにしても、中国と欧州で爆弾が破裂しない限りは、

明日の黒い銀行会合を見極めてからでも遅くないでしょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

アクシル | URL | 2013-12-19-Thu 23:46 [編集]
こちら東京でも偽王将が勢力を拡大しています。関東の田舎モンにはどちらも同じに見えるようです。
18才で上京した頃は、まだ王将はほとんどなく、、似たテイストを醸し出す東洲に入店し、焼き飯を注文、出てきたもんを一口食べて吐きそうになり、店を出ました。今はオリジンと名前を変えて多少マシにはなりましたが・・。同時に王将の偉大さを痛感しました。
アクシルさんへ
マーケット番長 | URL | 2013-12-20-Fri 00:04 [編集]
> こちら東京でも偽王将が勢力を拡大しています。関東の田舎モンにはどちらも同じに見えるようです。

意外と知らない人は多いですよね。

> 18才で上京した頃は、まだ王将はほとんどなく、、似たテイストを醸し出す東洲に入店し、焼き飯を注文、出てきたもんを一口食べて吐きそうになり、店を出ました。今はオリジンと名前を変えて多少マシにはなりましたが・・。同時に王将の偉大さを痛感しました。

偽王将も小キレイな店舗は多いかも知れませんが、
やはりネズミが走っていても許せる京都王将ですw
実際に王将の餃子よりもウマイ餃子に出会ったことがないです。

やまねこかい | URL | 2013-12-20-Fri 00:29 [編集]
こんばんは。

王将ビックリしました。
自分も割引券と餃子定食には大変お世話になっています。
番長さんの衝動、非常によく分かります。。。
世間的にもせっかくブームが来て、お店も全国に再び増えてきたのに、残念です。

IPO初値割れは、前評判の高かった足利様ではございませんが、
ついにやって来ましたね。これで公営ギャンブル場のようになっていたIPOが
少し落ち着けば、自分のようなビビリにも手を出しやすくなるのですが。。。

それにしてもLIBOR、SHIBORは、気持ち悪いですよね。
やまねこかいさんへ
マーケット番長 | URL | 2013-12-20-Fri 00:49 [編集]
> こんばんは。

こんばんは。

> 王将ビックリしました。
> 自分も割引券と餃子定食には大変お世話になっています。
> 番長さんの衝動、非常によく分かります。。。
> 世間的にもせっかくブームが来て、お店も全国に再び増えてきたのに、残念です。

人材育成に時間を掛けるからこそ、
やっとこさ東北をはじめ北の方へも展開しつつあっただけに無念でしょうね。

> IPO初値割れは、前評判の高かった足利様ではございませんが、
> ついにやって来ましたね。これで公営ギャンブル場のようになっていたIPOが
> 少し落ち着けば、自分のようなビビリにも手を出しやすくなるのですが。。。

確かにほぼギャンブルでしたから、
他へ資金が回ってくれた方がいいですね。

> それにしてもLIBOR、SHIBORは、気持ち悪いですよね。

一応、理由もありますし、季節性もありますし、
以前の様な上昇に比べると低水準ですけど、
不気味です・・・

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.