不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
百貨店各社の11月月次売上一覧
おはようございます。

昨夜の欧州市場は、ZEW祭は好調となり、独大連立政権も発足、

ギリシャ支援も合意の見通しとなり、株・為替・債券ともに大きな動きは無いものの、

相変わらずユーロLIBORの上昇は継続・・・(不気味です)

新興国はトルコの株安が目立つものの、株・為替・債券に大きな動きはなし。

肝心の米国は米消費者物価(CPI)は横ばい、住宅指標と経常収支は好結果となり、

QE目線ではマチマチの結果ではありますが、

これまでの米経済指標を含めると好調なものばかりであり、

米財政協議も進展しており、QE縮小の条件は整いつつあるのですが、

昨夜の米国債入札はQE継続と見込んでいるのか、堅調な結果となったこともあり、

米国債は堅調(金利低下)、ドル安、米株安となり、

もはや決定するのは今夜なので、とやかく言っても仕方ないのですが、

昨夜の米市場と新興国の反応としては、QE継続を見込んだ反応となっており、

やや丁半博打の要素も高まっております。

そして我が国は、債券が堅調な動き(金利低下)を見せているものの、

以上の様な海の向こうの動きもあり、米債も我が国以上に堅調な動きとなり、

円高が進行しておりましたが、現在は日米の金利差に変化がないにも関わらず、

朝方の貿易赤字に反応してなのか、リスクオンの先取りなのか、

円安に進行しており、日本株は堅調に推移しております・・・

寄り前の外国人も旺盛な買い姿勢を見せており、

トヨタ、メガバンクも本日はそれなりに堅調ではあり、

本日引け後に発表される先週分の裁定買い残も、

日々の結果を見る限り、大幅に改善されている可能性も高いので、

FOMCの前としては、日本株の追い風にはなりそうな材料ではあります。

しかしながら、相変わらず指数寄与度の高い3兄弟が牽引している面もあり、

為替・債券の動きも含めると、今夜のQEの行方を見込んだ動きとまでは言えず、

ややアテにならない堅調ぶりではあります。


ということで、結果として先取りの動きだったと言われるかも知れない堅調ぶりですが

今夜のFOMCでの決定に関しては、やや丁半博打の要素も高くなっているので、

結果を見極めてから動いても遅くはないでしょうから、

本日のスタンスとしては、昨日書いた通りでおます。


さて、明日に11月全国百貨店売上高の発表を控えておりますので

本日は百貨店各社の11月月次売上一覧でおます。


これまでの小売各社(約450社)の直近月次売上一覧、

外需系各社(約400社)の直近決算発表後の想定為替レート一覧、

につきましては左のカテゴリからご覧下さい。



☆百貨店各社の11月月次売上一覧

 ※2013年12月18日08時30分時点のデータです。


(百貨店)既存全店累既累全発表日決算月その他
3086Jフロントリテイリング101.612/162百貨店
3086Jフロントリテイリング93.8 12/162合計
3099三越伊勢丹HD106.7105.812/133
8233高島屋102.212/162
8237松屋110.912/162
8242H2Oリテイリング101.612/163百貨店
8242H2Oリテイリング110.812/163スーパー
8242H2Oリテイリング102.312/163合計
8244近鉄百貨店非開示2
8245丸栄非開示2
8247大和非開示2
8251パルコ103.9104.012/162
8252丸井G99.2 97.8 98.6 97.6 12/163小売事業
8252丸井G116.5121.012/163カード事業
8252丸井G110.0111.712/163キャッシング事業
8254さいか屋非開示2
8257山陽百貨店非開示2
8260井筒屋非開示2
9001東武鉄道非開示3
9005東京急行電鉄89.4 93.8 11/283百貨店10月分
9007小田急電鉄100.811/253百貨店10月分
9008京王電鉄97.111/263百貨店10月分
9045京阪電気鉄道非開示3
9829ながの東急非開示1


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.