不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
今宵は満月、市場では明晩が満月おじさん・・・
こんばんは。

一昨日のTHE MANZAIはレベルも高くて面白かったのですが、

昨日から東京都議会では、辞職後の再就職というか、

来年のキング・オブ・コントへの出場を視野に入れてなのか、

東京都知事である猪八戒・・・

失礼、猪瀬のおっさんが徳洲会問題シリーズのコントを未だにを繰り広げており、

爆笑をかっさらっております・・・

先日の借用書コント、異常発汗コントに続き、第三弾はカバンコント・・・

カバンだけにバカバカしいコントかと思っていたのですが、

ふとワイドショーを見ると、カバンに5000万円が入る入らないの小競り合い・・・

もちろん不毛な小競り合いではありますが、ここまで面白いとは・・・

あのカバンが老舗カバンメーカーの猪瀬のものだったらもっと面白いけど(笑)

誰かおせっかいなネットの住人でも、調べて欲しいもんですが・・・

ちなみに上場しているカバン屋であるサマンサタバサへの影響は軽微でした(笑)

しかしまぁ、ここまでバカカバンコントを披露するまで追及されているということは、

遅かれ早かれ辞任するのでしょうか・・・

詳しい経緯は知りませんけど、個人的な借金という理由が成立するのならば、

辞める必要はないのかとも思いますが・・・

そんなことよりも、猪八戒(猪瀬)の辞任を見越してなのか、

議員辞職をしているそのまんま東はいかがなもんなのでしょうね・・・

宮崎県知事への返り咲きも狙っているとか・・・軽い男ですなぁ。

宮崎県知事一本ならば、実績もあるし郷土でもあるから、まだいいにしても、

東京都知事と天秤を掛けている上に、国会議員を辞職って・・・なんじゃそら。

ま、いっか。

そんなことより、安倍ちゃんに頑張ってもらうことの方が大事ですからね。


さてさて市場の方はと言うと、今宵はそのまんま東のデコの様な満月・・・

ブヒブヒと猪瀬くんも猪八戒に変身・・・ではなく、満月と共に海の向こうでは、


bernanke1.jpg 

そうです、満月おじさん(バーナンキFRB議長)率いるFOMCが始まります。

結果が出るのは明日であり、もはやQE縮小なのか継続なのかと言っても、

動かせるの明日だけなので仕方ないかとも思いますが、

本日までの日・米・欧・新興国の株・債券・為替を見る限りでは、

ややQE縮小を見込んだ動き・・・というか備えた動きではあります。

市場の観測としては、QE継続派が多いですけど・・・

まぁとにかく、QE継続となって、米債が買いへと転じ、

日米金利差の縮小による円高圧力が我が国に訪れようとも、

QE縮小となって、ジャブジャブ縮小を嫌気してのリスクオフでの円高になろうとも、

後出しジャンケンな日程(19-20日)で日銀金融政策決定会合を開く黒ちゃんが、

追加金融緩和をぶっ放してさえくれれば、20日には食い止められます。

「何かあれば躊躇なく動く」と散々言っておりますし、

安倍ちゃんマンとしても、消費税引き上げの4月までは、

所得が上がらず物価や税金等の負担が増すだけでの株安は避けたいでしょうからね

安倍ちゃんマン自身も19日には、会見をするとの噂もありますし・・・、

そして未確認の安倍ちゃんはともかくとして、

黒ちゃんが追加金融緩和をぶっ放さずに、口車程度に終わるようだと、

繰り返し書いている通り、QE縮小ならば食い止められそうですが、

QE継続となると来週以降~年内は、円高が重石となり、

カレンダー的に恵まれている年末年始休暇前の手仕舞いや

証券優遇税制対策売りとも相まって、軟調な展開となりそうです。

市場もQE縮小を見込んだ動きをしておりますので、

明日が最後のFOMC後会見となる満月おじさん(バーナンキおじさん)は、

QE縮小をいつやるの?今でしょ!という古めの流行語通りに動いて頂きたく・・・

06年の就任以来、ほとんどがユルフン横チン姿(金融緩和)での会見だったので、

最後の会見くらいは、パンツを穿け(利上げ)とまでは言わないまでも、

フンドシをしっかり締めての登場を期待したいものです。

横チン、ハミ金は見飽きたし、次期議長はイエレンオブジョイトイという女性ですから

さすがにユルフンだとマズイです(笑)

本家インリンのように、イエレンおばさんがTバックでM字開脚されてもね・・・

っつうか、QE継続は目先の市場にとってはやさしいことではありますが、

来年以降の長い目で見れば、健全な株価上昇を見込むのならば、

目先で多少のリスクオフが起きようとも、今こそQE縮小へと動くべきです。

世界中でのユルフン(金融緩和)による横チン、ハミ金、フルチン合戦というのは、

所詮はドーピングであり、傷ついた患部をごまかしながら走ったり、

痛みを和らげるだけですから、痛みを和らげている間に、

傷んだ患部を治療出来たのならば、いい加減にドーピングを止めないと、

身体が蝕まれるだけですからね・・・

異次元な黒いフルチン(異次元金融緩和)状態の日本国民が言うのもなんですが・・・

日本は他国と違って、デフレという奇病を患っておりますので・・・

まぁとにかく、結局は薬漬けにした張本人の米国と英国からドーピング卒業かよ!

とツッコミたくもなりますが、脱ドーピングに向けて歩み初めて欲しいものです。


以上の通り、やや話が逸れてしまいましたが、

市場が備えつつあるQE縮小なのか、目先の市場にとってやさしいQE継続なのか

明日を待つのみですが、今のところ市場の観測としてはQE継続ですが、

市場の動き(反応)としてはQE縮小でおます。

そしてどちらになろうとも、万が一、暴落の事態になったとしても、

20日には黒ちゃんも控えているという状況です(19日には安倍ちゃんも?)。

ちなみにややキナ臭いのは、上昇を続けているユーロLIBOR、中国のSHIBORです

ユーロLIBORは昨夜も上昇し、SHIBORは今日も上昇しております・・・

年明けの欧州ストレステストや中国の地方政府債務問題、

もう少し飛躍するとQE縮小を嫌気した動きとも言えなくもないですが、

やや気掛かりではあります。


そして本日の日本株ですが、昨日の反動というにも不十分な上げでおました。

相変わらず指数寄与度が高いぞ3兄弟(ファストリ、ファナック、ハゲバンク)が主導し

トヨタ、メガバンク等は冴えないという展開となっております。

そんな歪な反動な上に、昨日と同様に2兆円割れとなり、

パワーについて上げも下げも均衡しているというか、

明晩のFOMC結果を前にして、膠着していただけとも言える状況ですから、

その隙を狙って、先物が上げ下げして起こしただけのノイズに過ぎないです。

債券についても大きな動きは無かったので、

為替についても先物に合わせて動いただけのノイズに過ぎないです。

FOMCもしくは日銀会合を経て、冴えないトヨタやメガバンク等が息を吹き返し、

NT倍率の修正に向かってくれるといいのですが・・・

新興市場については、ミクシィを始めゲーム関連が反発したりと、

動き自体は明るさも感じますが、売買代金は昨日よりも細っており、

パワーの伴っていない脆さのある動き(反動)と言えます・・・


明日はIPOが4社となり、寄り前には貿易統計、場中には中国の住宅価格、

14年度の国債発行経過を含む国の債務管理のあり方に関する懇談会、

引け後には半導体BBレシオ、裁定買い残の発表、

そして明晩の米国では住宅着工、米5年債入札、フェデックスとレナーの決算があり

メインイベントのFOMC結果&満月おじさん会見以外にも、

なかなかの粒ぞろいなイベントが続くヤマ場ではあります。


ということなので、明日のスタンスについては、ほぼ変更はないのですが、

主力大型株での持ち越し短期勝負については、以上の通り、

せめてFOMC結果(18日)を見極めてからでも遅くは無いので御注意を。

新興市場での持ち越し短期勝負については、依然として腰が据わっていないので、

話題の銘柄群が落ち着くなり、IPOに活況が戻るまでは、持ち越し勝負をせずに、

イナゴ(マネー)の群がる銘柄を見つつ、その日限りの波乗りに留めておきましょう。

ゲーム、LINE関連銘柄についてももちろん同様であり、ミクシィを始め、ガンホー、

コロプラ、エイチーム等のイナゴの動きを見ながらその日限りに留めておきましょう。

バイオ関連銘柄については循環物色が訪れておりませんので、

イナゴを待ち構える年明け目線くらいの短期勝負はありですし、

中長期目線においても、いつも書いているので詳細は割愛しますが、

腰を据えても良いでしょう。

しかしながら最新の四季報を見ると、業績見通しの減額はほとんど無く、

失望はなさそうですけど、思ったほどの増額も見られないので、

腰の据わっていない新興市場全体の治安が悪化するようだと影響も受けるので、

資金拘束を嫌う方は、しばらく見送ってもいいかもしれません。

IPO関連銘柄については、今週はラッシュのピークを迎えますが、

現状では翳りが払拭されておらず、IPO初値更新記録が止まる可能性もあるので、

翳りが払拭されるまでは引き続きご注意ください。

そして銘柄の吟味は必須ながら、恒例である年末年始の新興・中小型ラリー目線で、

来週以降も見据えて、ハシゴ外しの銘柄以外で勝負をするのはありです。

REIT、不動産については、いつも書いているので詳細は割愛しますが、

消費税引上げ前の駆け込みの反動も見られない活況が続いており、

今週は黒サンタ会合も控えており、債券絡みのイベントも多いので、

大局的にも低金利は続くでしょうから、今後も中長期目線では買いでおます。

新興・中小型ラリーが続くようだと、新興不動産を短期で待ち構えるのもありです。

それ以外の中長期の押し目狙いの方については、

これまで通り、好業績、好取組、割安、国策銘柄という当たり前すぎる条件に加え、

前述した通り、来期目線も強くなる上に、GPIFネタも継続しているので、

高ROE銘柄はより注目されるでしょう。

もしくは新興・中小型ラリーに乗るのもいいでしょう。

長期の方については、ひとまず今週はこのまま王者の風格で構えておきましょう。

年末で手仕舞うにしても、中国で爆弾が破裂しない限りは、

ハゲサンタ会合&黒サンタ会合を見極めてからでも遅くないでしょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.