不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ドタバタ・・・
こんばんは。

いやはや・・・昨夜からドタバタしておりまして、なんとかひと段落しましたが、

本日は相場を見る事が出来ず、プチ浦島太郎状態・・・


とは言え、ザックリと結果だけ見れば、

主力所はチョロチョロ、新興は商いを伴ったゴリゴリということなので、

昨日も書いた通り、主力所は始めチョロチョロ、中パッパ(週半ばから)、

新興市場は年末年始ラリー入りとなりそうなゴリゴリです。

ということで、本日はこれにて・・・


という訳にもいかないので、もう少し紐解いて見ると、

中国は上海株が下げているものの、上昇の続いていた国債利回りは低下しており、

SHIBORも落ち着いておりますので、全体としては落ち着いております。

アジア新興国についても、反政府デモが激化しているタイは、

トリプル安が進行しておりますが、その他の国は落ち着いており、

タイのトリプル安が他国へも波及と言う動きは見えませんし、

日本企業への打撃も今のところは意識されていないので、

新興国は今週の米経済指標によるQEの行方次第という状況に変わりはないです。

欧州は昨日書いた通り、今週はECB理事会(5日)の一本勝負です。

米国は今夜のISM製造業を始め、週末の雇用統計まで特盛りつゆだくですが、

ヤマ場は4日以降ということに変わりなく、週前半は年末商戦動向が注目でおます。

ブラックフライデーを始め、先週末の年末商戦の出足結果も報じられておりますが

店頭での売上に関しては、ブラックフライデー当日は好調だったものの、

感謝祭→ブラックフライデー→土日の4日間での店頭売上は、

全米小売業協会の調査によると、結果的に前年比2.7%減となっております・・・

しかしながら天候不順という言い訳もありますし、

ネット販売が随分と好調なので、店頭での不振を十分にカバー出来そうですから、

米年末商戦については、今夜のサイバーマンデーも含めて、

ひとまず好調と見ておけばいいでしょう。


そして我が国は、東証1部の売買代金は1兆8806億円となり、

一応、下げの2兆円割れではありますから、下げのパワーが優勢とは言えないです。

債券も軟調ながら、米債も軟調なので、日米の金利差に変化は無く、

本日講演を行ったチャン黒(黒田日銀総裁)もいつも通り、

「いざとなったら動くぞダボケツ(アホンダラみたいなもの)!」と言っており、

米国が当面のQE継続と共に、(緩和の)量まで増やさない限り、

黒い睨みによる債券高は継続するでしょうから、円安も続くでしょう。

そして5月高値の頃の様な「円安・株高・債券安」というフォーメーションでは無く、

デフレ脱却を目指すアベクロが必須とする「円安・株高・債券高」はキープしており、

本日のプチ下げは気にする必要はないでしょう。

いっそのこと週半ば以降のパッパまで、もう少し一服してもいいとは思うのですが、

見ての通り、基調の強さは継続していますからね。


ということで、本日は全ておさらいしていると遅くなるので、これにて失礼します。

明日のスタンスについては、昨日書いた通りですが、改めて書きますと、

主力大型株での持ち越し短期勝負については、

週前半はもみ合いながらもリスクが低いこともあるのでお任せしますが、

4-6日以降に関しては、基本的には持ち越し勝負でいいものの、

慎重を期すならば、見極めてからでも遅くはないでしょう。

新興市場での持ち越し勝負については、

先週後半からIPO銘柄以外にも商いが盛り上がりつつあり、、

本日もゴリゴリ商いが続いており、明日もゴリ商いが続くようであれば、

IPO関連&同業銘柄、高値期日をクリアした銘柄、決算を終えた好業績銘柄、

これらを中心に持ち越し勝負をするのはありです。

ゲーム、LINE、電子書籍関連銘柄についても同様です。

バイオ関連銘柄についても同様ですが、中長期目線では、

本丸でもある改正薬事法が成立し、来期業績観測も上ブレるでしょうし、

日本版NIHの創設期待等、引き続き国策ネタも豊富ではありますので、

すぐには反応しないかもしれませんが、腰を据えても良さそうです。

ちなみにマザーズは遅行線も抜け、当面は下抜きもなさそうですから(JQも)、

銘柄の吟味は必須ながらも、恒例である年末年始の新興・中小型ラリー目線で、

勝負をするのもありです。

REIT、不動産については、消費税引上げを嫌気した動きも多少はありますが、

東京五輪、明日の住宅着工を含む各住宅指標面の改善、住宅ローン減税の拡充、

規制緩和、継続中の異次元金融緩和&19-20日の金融緩和期待もあり、

大局的には金利低下も続くでしょうから、今後も中長期目線では買いでおます。

どう見ても駆け込み以上の活況ぶりとしか思えないですしね。

それ以外の中長期の押し目狙いの方については、

今週もプチ押し目程度になりそうですが、

これまで通り、好業績、好取組、割安、高ROEという当たり前すぎる条件に加え、

国策銘柄をコツコツと拾っていけばいいでしょう。

長期の方については、年内の明るい見通しに変わりは無いので、

このまま王者の風格で構えておきましょう。

年内の目線については、改めて明日にでも書きます。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.