不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
家電量販、PC販売各社の10月月次売上一覧
おはようございます。

昨夜の欧州株は堅調、重債務国の国債利回りもスペインがやや上昇しているものの

全体的には落ち着いており、明晩に控えるベルルスコーニの議員資格剥奪採決への

警戒感もほぼ感じられず、ドラギの睨みが効いていると言えます。

米国株はダウが懲りずにチョイ上げとなったもののマチマチ、

米国債は堅調(金利低下)となり、ややドル安円高傾向ではあります。

新興国はタイが反政府デモが激化している事で、トリプル安症状が進行中ですが、

その他の新興国は大きな動きはありまへん。


そして我が国は、昨日の債券安がキープされていることに加え、米債券高もあり、

ちょっぴり円高が進行していることで、日本株は軟調なスタートとなっております。

5月高値をより健全な形で突破して頂く為にも、できれば先物主導で下げて貰って、

歪なNT倍率を改善して頂きたいものですが、

過熱感以外はこれといって悪材料が無いのも事実であり、底堅く推移しております。

本日のザラ場中は中国の定例オペ、引け後にMSCIの銘柄入替えもあるので

後場からの切り返しはあまり期待できないでしょうし、

今夜は米国で予定されていた住宅着工の発表は12月18日に延期されたものの、

ケースシラー住宅価格は発表され、そもそも誰も期待はしていないのですが、

昨夜の中古住宅販売仮契約が予想通りの低調ながらも、

QE継続観測がちょっぴり高まったりもしていますので、

ドル安円高圧力は継続する可能性が高いと言えます。

とりあえず今週のヤマ場は小さいながらも27日なので(日本は引け後)、

5月高値を健全な形で突破する為にも、今日と明日は一服が好ましいとは言えます。

多分に希望的な観測が含まれておりますが、それくらい強い地合いということであり、

一服と言っても大した下げではないと言うことです。

ということで、本日のスタンスとしては昨日書いた通りでおます。


さて本日は家電量販、PC販売各社の10月月次売上一覧でおます。


これまでの小売各社(約450社)の直近月次売上一覧、

外需系各社(約400社)の直近決算発表後の想定為替レート一覧、

につきましては左のカテゴリからご覧下さい。



☆家電量販、PC販売各社の10月月次売上一覧

 ※2013年11月26日21時00分時点のデータです。


(家電)既存全店累既累全発表日その他
2719キタムラ99.6 111.211/83
2730エディオン109.8101.011/63
3048ビックカメラ97.4 96.4 11/118
7419ノジマ非開示3
7513コジマ94.9 88.5 92.1 85.6 ?3
8173上新電機非開示3
8175ベスト電器102.688.7 11/212
8202ラオックス非開示12
8282ケーズHD102.1107.897.9 103.211/73
9878セキド非開示2.20
9831ヤマダ電機111.6103.0108.511/123
(PC販売)既存全店累既累全発表日
3020アプライド非開示3
3021パシフィックネット非開示5
3375ZOA非開示3
7491オーエーシステム非開示2
7618ピーシーデポ103.5103.3102.5102.711/83


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.