不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
直近決算発表を終えての外需系各社の想定為替レート一覧(Part.7)
おはようございます。

昨夜の欧州株は堅調、重債務国の国債利回りも落ち着いており、

やや荒れていたイタリアも来週(27日)に議員資格はく奪の採決結果の出る

ベルルスコーニおじさんが連立に不支持を表明するも、

子分達がレッタ政権の支持を表明している事で連立政権崩壊懸念が消えており、

来週のベルちゃんリスクも消えております。

米国株はマチマチながらも、米債はQE継続観測によって堅調を維持しております。

新興国については、QE継続観測効果が浸透してきたのか、

各国共に先週半ばまでのトリプル安症状が改善されております。

そして我が国は債券安が進行していないものの横ばいが続いており、

一方で米債は堅調なだけに円高も進行しており、株価は反動も含めて軟調でおます

繰り返し書いている通り、債券安が維持されたままで突っ走るようだと、

5月の繰り返しになってしまうので、債券安が維持された状況での現在の円高株安は

5月を繰り返さない為にも健全な動きではあります。

そしてこのまま健全な調整が進み、

明日から始まる黒ちゃん本舗会合(金融政策決定会合)において、

追加緩和に動くなり、口車を炸裂させるなりして、債券安が是正されると、

再び健全な上昇に転じることにはなるでしょう。

とりあえず本日も大商いによる力技によって上昇に転じたり、

明日の9時(日本時間)に予定されているバーナンキ講演から、

日米欧中による今週のヤマ場へと突入することで、

チャン黒を待たずに動くかも知れませんが、

やはり債券安の是正による健全な上昇と言う意味では、

明後日に結果の出る黒ちゃん本舗会合(金融政策決定会合)が重要と言えます。

あ、中国については、本日は人民銀行が定例オペにて資金供給に動いており、

それを受けて上昇が続いているSHIBORと人民元金利が落ち着くかに注目です。

引き続き、地方政府債務残高の調査結果はいつ出て来るのやら・・・

という不気味さは依然として残っておりますが・・・


以上の通り、国内外の動きを見る限りでは、

日本株の一服を含め健全ともいえる動きではありますので、

本日のスタンスとしては、昨日書いた通りでおます。


さて、本日は直近決算発表を終えての外需系各社の想定為替レート一覧です。


これまでの外需系各社(約400社)の想定為替レート一覧、

小売各社(約450社)の直近月次売上一覧、

につきましては左のカテゴリからご覧下さい。



☆直近決算発表を終えての外需系各社の想定為替レート一覧(Part.7)

 2013年11月19日9時30分時点のデータです。


4044セントラル硝子10/3195原油113ドル/bbl通期レート
5201旭硝子11/1100130原油110ドル/bbl通期レート
5202日本板硝子11/7100130150/GBP通期レート
5331ノリタケ11/795通期レート
5332TOTO10/319812816.0/元通期レート
5333日本ガイシ10/3095125下期レート
5333日本ガイシ10/3097127通期レート
5334日本特殊陶業10/3095125下期レート
5334日本特殊陶業10/3097128通期レート
5715古河機械金属11/1195銅7100$/t下期レート
5715古河機械金属11/1197銅7100$/t通期レート
5938LIXILグループ11/5951243.2/THB、15.3/元、
アルミ21万円/t、銅60万円/t
通期レート
5943ノーリツ11/798.516.01/元通期レート
6367ダイキン工業11/695125下期レート
6755富士通ゼネ10/2410213090/AUD、31THB/1USD
6.1元/1USD
下期レート
6250やまびこ11/895125通期レート
6310井関農機11/89512514/元通期レート
6326クボタ11/897130通期レート


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.