不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
百貨店各社の9月月次売上一覧
おはようございます。

米財政プロレスの先送り決着を受けて、

欧州株はマチマチ、欧州重債務国の国債利回りは引き続き低下中、

新興国は株、通貨、債券共に落ち着いており、トリプル安症状は見られず、

肝心の米国は、昨夜の株価は薄商いの中でのマチマチ、

米債はスパークしていた短期債利回りが急速に落ち着き、

やや高止まりしていた6カ月物、1年物も落ち着きつつあります。

長期債利回りは引き続き低下が続いており、財政プロレスの先送りによって、

QE縮小も先送りするのを見込んだ様な動きではあり、

少なくともデフォルトを懸念するような動きは見当たりません。

VIXも落ち着きいており、財政プロレスの決着を受けての市場の反応としては、

概ね落ち着いていると言えます。

金の上昇、LIBOR、CDSにはやや燻ぶりが残っていたりもしますが・・・

そして米国は財政プロレスからマクロへも焦点が移っており、

発表のラッシュが続いている企業業績は、前四半期までの好調ぶりに比べると、

市場予想を上回る企業数がマチマチというか低調ではありますが、

マクロ指標については、財政プロレスの影響以前の分は概ね堅調ではあります。

来週22日には先送りされていた9月雇用統計も発表され、

企業決算のラッシュも続きますので、QE縮小の行方も含め、

目先としては方向感が見え辛い状況ではあります。

ドイツの連立協議ももたついているようだと、議会招集の22日(予定)以降は、

政治空白と騒がれる可能性もありますからね・・・


というような海の向こうの状況を受けて、

本日の我が国も前日終値付近での小動きなスタートなっております。

国内材料としては、本日の安川電機を皮切りに決算発表シーズンに突入し、

臨時国会は各党の代表質問が続いているので、

安倍ちゃんの政策期待及び政策実行力が問われるのは来週以降ですから、

雇用統計も含めて方向感が見えてくるのは来週以降(22日以降?)となりそうです。

本日は場中に中国の経済統計もありますが・・・

とりあえず最大の懸念材料だった米財政プロレスが、先送りながらも決着したことで

市場環境としては悪くないのですが、日本買いとも言える商いが伴わない事には、

来週(22日)までは方向感の見えない状況が続きそうです。

ということで、本日のスタンスとしては、昨日書いた通りでおます。


さて本日は14時30分に9月の全国百貨店売上高が発表されるので、

こちらでも百貨店各社の9月月次売上一覧をアップしておきます。


これまでの小売各社(約450社)の直近月次売上一覧、

外需系各社(約400社)の直近決算発表後の想定為替レート一覧、

につきましては左のカテゴリからご覧下さい。



☆百貨店各社の9月月次売上一覧

 ※2013年10月18日09時30分時点のデータです。


(百貨店)既存全店累既累全発表日決算月その他
3086Jフロントリテイリング99.4 10/152百貨店
3086Jフロントリテイリング91.6 10/152合計
3099三越伊勢丹HD109.1105.510/153
8233高島屋102.010/152
8237松屋104.910/152
8242H2Oリテイリング119.710/153百貨店
8242H2Oリテイリング107.310/153スーパー
8242H2Oリテイリング113.910/153合計
8244近鉄百貨店非開示2
8245丸栄非開示2
8247大和非開示2
8251パルコ100.099.9 10/152
8252丸井G101.8101.098.6 97.8 10/153小売事業
8252丸井G122.4121.710/153カード事業
8252丸井G112.3112.610/153キャッシング事業
8254さいか屋非開示2
8257山陽百貨店非開示2
8260井筒屋非開示2
9001東武鉄道非開示3
9005東京急行電鉄91.4 9/273百貨店8月分
9007小田急電鉄100.19/253百貨店8月分
9008京王電鉄100.910/13百貨店8月分
9045京阪電気鉄道非開示3
9829ながの東急非開示1


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.