不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
米国のサジ加減次第に変わりなし。そういう意味でも・・・
こんばんは。

ついに日経平均株価は五輪割れ(五輪決定前水準割れ)・・・

私の頭は常に五厘刈り・・・

そんな五厘刈りを仕上げてくれる散髪屋のオヤジは、

以前にも当ブログで頻繁に登場していた通り、アベノミクス相場の開始と共に、

競馬から株式投資へと乗り換え、ガンホーを始めとする暴れ馬に乗ってみたりと、

競馬どころかロデオに巻き込まれて落馬したりと、

瀕死の状況に見舞われることも多々あったのですが、

流石に身体が持たなかったり、ザラ場中の本業が疎かになり過ぎるからなのか、

最近はポニーに乗って散歩をしている様に穏やかな乗馬を続けているようです(笑)

そして今は、ポニーからも降りて、ポニーを自由に放牧しているようで、

すっかり素朴な牧場主のような穏やかな佇まいとなっており、

心なしかゴリラトリミング・・・ではなく、散髪も丁寧になった様な気が・・・

しかしながら米財政コントが無事に解決し、

アベノミクス相場第2幕のゲートが開けば馬に飛び乗り、

障害レースだろうが再びロデオだろうと乗りこなせるように、

穏やかな放牧生活で鋭気を養っているようです。

もちろん米財政コントが米財政破綻ノンフィクション劇場に変わって暴落し、

馬場の悪い急角度の下り坂レースになったとしても、馬に飛び乗る気は満々らしく、

それに備えて乗馬技術も磨いて(勉強して)いるのだそうです。

ということもあり、最近は散髪屋オヤジの情緒が安定していることで、

これといった散髪屋オヤジネタがないという残念な面もあり、

私としては不本意ではあります(笑)

そういう意味でも、さっさとアメリカはんには結論を出して頂きたいのですが、

本日も不毛な小競り合いが続いており、先週末の明るい兆しも消えております・・・

商いも2兆円割れ(1兆8119億円)の非力相場となっており、

週末にSQを控える先物に対しても、抗うことができない程の非力ぶりですから、

せめて2兆円相場が維持されない事には、大局は米財政コント次第とは言え、

目先としては小さな材料を口実に振り回されるでしょうから、

今週は米財政コントが決着しない事には、難解な右往左往相場が続きそうです・・・

本日は先週まで日本株を牽引してきたソフトバンクが、

動かす口実として悪用され兼ねない携帯電話の純増数が発表されたものの、

波乱の結果とならなかったこともあり、動かすきっかけにはなりませんでしたけど・・・

今夜以降も米財政コント(暫定予算案&債務上限引上げ)を巡る小競り合いによって

サジ加減に振り回されそうです・・・

それにしてもどうなんでしょうねぇ・・・

普通に考えると、起きてしまっている政府機関の閉鎖は、

長引く事による経済への影響は未知数とは言え、

慣れて・・・というか材料としての鮮度もやや落ちつつありますけど、

(個人的にはこちらの方がマズイと思っていますけどね)

本丸の債務上限引上げ協議が物別れに終わり、デフォルトという事態になると、

シャレにならないというのは民主・共和双方共に承知済みですから、

いくらなんでもデフォルトは回避するとは思うのですが・・・

一方、中間選挙を見据えた駆け引きに過ぎないという冷めた見方であったとしても、

現時点での世論調査では、米国民が抵抗している共和党が悪いと見ており、

共和党にとっては駆け引きするメリットを失いつつある状況ですから、

このまま抵抗を続けると同時に支持率も下がることになり、

最終的には妥協して合意せざるを得ないとしか思えないのですが・・・

そういう意味では、今後の世論調査において、

共和党の方が悪いという見方から、民主党が悪いという見方に変わると、

共和党側が世論を盾に妥協しなくなるでしょうから、非常にマズイとも言えますので、

世論調査の行方が結果を大きく左右する要素の一つとも言えますね。

まぁとにかく、今のところは期限ギリギリであろうとも、

債務上限引上げ協議については、共和党側が折れる形で合意しそうです。

だけに実質的に期限が無制限となってしまっている暫定予算案を巡る協議の方が、

政府機関の閉鎖も伴うだけに怖さはありますけど・・・

そして、昨日も書いた通り、今夜から10日までに渡り、

駆け込みとも言える米国債の入札が控えており、入札が不振に終わるようだと、

これまで財政騒ぎなんでどうせ合意するんでしょ?

なんてタカを括った様な動きをしていた米国債が、

ついに株、為替と共に売られ、米国トリプル安祭の口火を切る事になるかも・・・

さらに明日は、ほとんど話題にはなっておりませんので、

詳細は以前の記事にも書いた通りなので割愛しますけど、

胡散臭いタイミングでの新100ドル札の発行を迎えます・・・


以上の通り、胡散臭い新100ドル札の発行はともかくとして、

米財政コントの顛末・・・というかリアルな市場の声と国民・政治家の声を聞く為には、

世論調査の行方と国債入札の行方を見ておくのがいいでしょう。


おっと、ノーベル医学・生理学賞が発表されました!

残念ながら日本人の受賞は逃したので、

明日以降の日本買いのきっかけにはならないでしょうけど、

受賞したのは米国人なので、米市場の下支えにでもなれば、

日本市場にとっても、多少なりとも間接的な下支えになるかも・・・


ということなので、明日のスタンスについては、特に変更はありませんが、

短期の方については、主力大型株での持ち越し勝負は、

米財政コントが解決するまでは、引き続き持ち越し勝負を控えておきましょう。

新興市場についても、今週は慎重に構えた方がいいとは思いますが、

活況が続いており(東証2部も)、主力大型株が冴えないようだと、

代わりに活況となる面もありますので、テーマ・国策には吟味が必要ではあれど、

持ち越し勝負をするのは自由でおます。

ゲーム関連銘柄においては、ガンホー、コロプラ等の軸両銘柄を横目に見ながら、

乗りこなすのはアリですが、国策セクターではないので長居にはお気を付け下さい。

バイオは安倍ちゃん会見が期待外れとなり、ノーベル賞も逃しましたが、

日本版NIHの創設期待、本丸でもある15日からの国会での薬事法改正案の成立、

明後日からのバイオJAPAN、週末のバイオ関連学会などなど、

まだまだネタは豊富なので、中長期的には腰を据えて良さそうです。

REIT、不動産については、承知済の消費税引上げを嫌気した動きもありますが、

東京五輪、各住宅指標面での改善ぶりに加え、住宅ローン減税の拡充もあり、

継続している異次元金融緩和、いざとなれば動くぞと言う追加金融緩和期待もあり、

金利の低下は続くでしょうから、影響は一時的なもので終わりそうなので、

今後も引き続き中長期目線では買いでおます。

他の中長期の押し目狙いの方については、米国の財政コント次第ではありますので

デフォルトを警戒するのならば、これまでの分の撤収を含め、

新たな参戦は控えた方がいいでしょうけど、財政コントを楽観しているのならば、

押し目の好機と捉えるのは自由なので、先日の記事の短観内容も参考にしつつ、

引き続き上方修正期待銘柄、好決算で下げている銘柄、割安中小型、好取組銘柄、

これらの押し目をシコシコと拾っていけばいいでしょう。

長期の方については、米財政コントを楽観視しているのならば、

このまま王者の風格で構えておけばいいとは思いますが、

楽観視できないのであれば、デフォルトはそれなりのインパクトがあるので、

一旦、総員撤退するのもいいでしょう。

私は今のところ、政府機関の閉鎖が長引くことになるとマズイとは思っておりますが

デフォルトに関しては、まだ楽観視しておりますけどね。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
久々の床屋の親方
つかさ | URL | 2013-10-07-Mon 23:59 [編集]
床屋の親方は倍返し、虎視眈々と狙ってるんでしょうか?
久々のお出ましキャラ楽しめるました。

しかしながらソフトバンクえらく上げてしまって来てるではないですか。半年位見てなかったのでびっくりです。
根性悪い私の目でみると、今後日経下げる為に目一杯上げてみました!みたいに見えてしまいます。
とりあえず10月中には私はポジション外すつもりです、アメリカプロレスに巻き込まれない事を願いつつ。
つかささんへ
マーケット番長 | URL | 2013-10-08-Tue 01:31 [編集]
> 床屋の親方は倍返し、虎視眈々と狙ってるんでしょうか?
> 久々のお出ましキャラ楽しめるました。

床屋のオヤジもそれなりに授業料を払ったようですが、
心が折れていないのには驚きですw

> しかしながらソフトバンクえらく上げてしまって来てるではないですか。半年位見てなかったのでびっくりです。
> 根性悪い私の目でみると、今後日経下げる為に目一杯上げてみました!みたいに見えてしまいます。
> とりあえず10月中には私はポジション外すつもりです、アメリカプロレスに巻き込まれない事を願いつつ。

とりあえず撤収するのもありでしょうから、
後悔しない為にも各自が信じる道を突き進むのが一番と言う感じですね。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.