不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
パワーダウンの一服・・・しかしながら環境面に変化はありまへん。
こんばんは。

今年の初めに発覚した真言宗の総本山である高野山の運用損失が、

再調査したところ3億5400万円ではなく、18億円だそうです・・・

以前にも書きましたが、寺の不祥事や犯罪は多いけど、不思議と神社は聞かない、

寺は見るだけでも拝観料を取るけど、神社は取らない・・・などなど、

という意見を見掛け、なるほどな~と思って以来、

こういった記事を見掛ける度に、寺への有難味が薄れていくばかりです。

歴史的にも政治に介入してみたり、生臭坊主やら寺なし坊主がいたり・・・

先日は身内の四十九日があったのですが、チャラさ全開みたいな茶坊主が、

しかもホストの様な髪型で袈裟だけを身に付けて現れ、

お経を唱え始めると、高音域のホーミーかの如く声を張り上げ、

思わずズッコケて、「モンゴルかっ!牛みたいに涙流したろかっ!」

とツッコみそうでしたが、何とか最後まで持ち堪え、

ありがたい説法くらいはあるのかと思いきや、スタコラサッサと帰りました・・・

まぁ髪型は100歩譲って許すとして、せめてお経を唱える声は、

鍛錬して喉を潰すなりして、重低音で響かせて欲しいものです・・・

てなこともあり、最近は寺に行っても、凛とした空気とか神々しさを感じず、

神社にばかりそういった空気を感じてしまいます。

まぁでも禅寺には、まだまだ神々しさを感じたりもしますけどね。

無宗教な日本人と違って、何らかの宗教をしている外国人が、

やたらと禅寺を訪れるということは、何か感じるものがあるからなのでしょうし、

確かに禅寺には頭を剃り上げた坊さんと厳格な規律の様な空気も感じます・・・

気のせいかもしれませんけど(笑)

何の話やねん・・・


さて坊さんに負けじとストイックに五厘刈りをしている私はというと、

今日はやたらと電話が多かったりして、バタバタしていたので、

ほとんどガリガリ君を食べながら眺めていただけでおました。

ガリガリ君がおいしく感じたので、気温は暑かったのですが、

(季節感を虫の音等ではなく、ガリガリ君で判断するのもどうかとは思いますが、
 ガリガリ君を食べたいと思わなければ、秋が来たと感じるゴリゴリ君なので・・・)

相場の熱は建設を始めとする局地的なお祭り騒ぎ以外は、すっかり冷めており、

東証一部の商いは1兆7449億円と、4営業日ぶりに2兆円を下回っております。

しかしながら、マザーズとJQはそこそこの商いを伴って上昇しており、、

まだまだイナゴ達(マネー)は日本から飛び去らずに循環しておりますので、

五輪御祝儀相場でもある2兆円相場の終焉とまでは言い切れないです。

おかげでマザーズとJQは、本日の上昇で三役好転の一歩手前にまで迫っており、

明日で遅行線の上抜けと雲を抜ければ三役好転となり、

日経平均、TOPIX、東証2部、ドル円、ユーロ円と共に、

三役揃い踏みならぬ三役好転揃い踏みとなり、長い目での見通しが明るくなります。

5月暴落を招いたとも言える債券も、債券安へとトレンドが変わった訳でもないので

明日のメジャーSQに向けて、程良くハードルが下がってくれたと言えるでしょう。

何やら安倍ちゃんが来年4月に消費税を8%に上げる事を決心したとかで、

嫌気されているとの観測もありますが、そのタイミングに合わせて、

黒ちゃん本舗(日銀)も追加金融緩和に動くと言っておりますし、

駆け込みの反動減を始めとする短期的な景気下押しの影響に対しては、

あまりちゃんがじぇじぇじぇな経済対策を打つと言っており、

目先では明日の経済財政諮問会議にて、法人減税の詳細が出る可能性もあるし、

短期的には安倍ちゃんが消費増税の決断をする直後の臨時国会にて、

成長戦略の議論が本格化するし、長期的にも五輪特需がありますので、

消費増税の決断に対する嫌気というのは、短期的なもので終わりそうですが・・・

(個人的な消費増税反対姿勢は、五輪決定となったことで薄れたものの、
 まだまだ反対姿勢ではありますけどね・・・)

海の向こうも、目先のシリア情勢とスケベオヤジ(ベルルスコーニ)の騒ぎは、

解決したとは言えないものの、来週のFOMCあたりまでは落ち着きそうです。

昨日まで徐々に落ち着きを見せていた新興国も、

本日はやや悪化したものの、前日の倍返しになった訳でもなく、

ちょい戻しに過ぎないので、まだまだ過敏になるレベルではないかと・・・

そもそも5月の水準に比べると、すでにキンキンに冷え切っていますから、

これ以上の冷え込みはなさそうですけど・・・


以上の通り、本日に限って言えば、商いの減少により一服感も漂っておりますが、

国内外の環境面を見ると、来週のFOMCまでは落ち着きが続きそうな上に、

FOMCでQE縮小が決まろうとも、昨日も書いた通り、

ユーロ圏の独を始めとする勝ち組国以外は、5月暴落時とは違って、

過熱した水準ではなく、先進国の中でも我が国は最も落ち着いているので、

SQ前のちょうどいい一服と言えるでしょう。

そして短期の週跨ぎ勝負も問題は無さそうですが、

アベノミクス相場の第二幕が開幕するのならば、焦る必要もないと言えますので、

慎重を期して、3連休明けから本腰を入れても遅くないとも言えます。


ということで、改めて明日のスタンスついては、

短期の方については、主力大型株での週跨ぎの持ち越し勝負は、

国内外の環境的にも問題はなさそうですが、前述した通り、

慎重に構えるのならば、週跨ぎを避けるのは自由でおます。

新興市場については、ガンホー始めゲーム銘柄の活況とバイオの復調に加え、

循環物色の拡がりで商いも増加しておりますので、

明日でマザーズ、JQが三役好転するようだと、目先としては、

18日のFOMC明けと重なる19日のゲームショーまでは堅調さが続きそうです。

ただ・・・明日のSQ後に、主力大型株が活気付いてイナゴが移る可能性もあるので

そうなれば、テーマ等で商いを伴っている銘柄以外は、

週跨ぎでの持ち越し勝負を控えるのが無難でおます。

バイオは今秋の国会も考えると、腰を据えても良さそうですが・・・

REIT、不動産については、東京五輪開催の決定という大きな追い風に加え、

いざとなれば動くぞ金融緩和期待、FOMC後に日米金融政策の違いも見直され、

長期金利の低下は継続するでしょうから、引き続き中長期目線では買いでおます。

その他の中長期の押し目狙いの方については、

アベノミクス相場の第2幕が開幕となるならば焦る必要もないので、

明日は短期の方と同様に動くなり、好決算で下げている銘柄、割安中小型、

9月高配当銘柄、好取組銘柄を拾うなりすればいいでしょう。

長期の方については、万が一崩れたとしても、

日本はQE縮小による副作用も軽く、6月安値を割る様な底割れもないでしょうから、

このまま王者の風格で構えておけばいいでしょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
docomo i-phone
マーケットのマの字も知らないさん | URL | 2013-09-12-Thu 21:43 [編集]
番長今晩は ついにというかやっとというか・・・ドコモが販売を!
顧客をとられにとられたあげく・・・の決断ですかね~(遅くないですか?)
これで同じ土俵に上がったというしがみついたというか・・微妙です
けど。アメリカの発表会には孫ちゃんは来てませんでしたね。もう
i-phoneは美味しくないのでしょうか?どちらにしてもsもaもここまではないのかな~とか思ったりして。アンテナ少ないですから・・・
もうサムスンは影が薄いし・・富士通とsonyはどうなる・・・
docomoユザーで買い替え時期を向かえてますがどうしたものか?
マーケットには関係ない話題ですいませんでした。
マーケットのマの字も知らないさんへ
マーケット番長 | URL | 2013-09-13-Fri 00:54 [編集]
> 番長今晩は ついにというかやっとというか・・・ドコモが販売を!
> 顧客をとられにとられたあげく・・・の決断ですかね~(遅くないですか?)
> これで同じ土俵に上がったというしがみついたというか・・微妙です
> けど。アメリカの発表会には孫ちゃんは来てませんでしたね。もう
> i-phoneは美味しくないのでしょうか?どちらにしてもsもaもここまではないのかな~とか思ったりして。アンテナ少ないですから・・・
> もうサムスンは影が薄いし・・富士通とsonyはどうなる・・・
> docomoユザーで買い替え時期を向かえてますがどうしたものか?
> マーケットには関係ない話題ですいませんでした。

こんばんは。
関係なくはないので全然いいですよ。
ドコモはついに・・・というか・・・今さらと言う感じはしますけど、
iphone発売以降の契約純増数がどこまで変化するのか楽しみですね。
私は未だにガラケー星人なので、
そろそろ替えないといけないかなぁと思いつつ、
携帯三社よりも春先から買いを奨めていたアップルが、
アイカーンではありませんが上がることを願っていたりw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.