不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
非力相場が続く中、いよいよ本格化する怒涛のラッシュ・・・そして安倍ちゃん・・・
こんばんは。

先週の消費増税点検会合の報告を受けた安倍ちゃんマンが、

10月1日に発表される日銀短観を見てから、消費増税を判断すると言っております。

そうなると景気条項の一つであった来週月曜日のGDP・改定値は、

大よその目途は立つでしょうけど、材料性はやや薄まったとも言えます・・・

まぁでも、ここ最近の経済指標を見る限りでは、堅調な指標ばかりであり、

アンケートベースの日銀短観も、次回分の回答期間が8月下旬~9月下旬なので、

現状の円安基調から見ても、製造業は悪くなさそうですから、

消費増税は既定路線とも言えますが・・・

しかしながら、アンケートの回答期間中にも関わらず、

安倍ちゃんが「短観を見てから判断する」と言ってしまったことで、

消費増税を避けたい企業は、あえて芳しくない回答をするのでは?

なんてひねくれた事も考えてみたり・・・(笑)

そういう意味でも、消費増税の悪影響を多少なりともカバー出来る五輪招致だけは、

アンケートの回答期間の真っ只中でもあるだけに、何としてでも実現しないとねぇ・・・

そして五輪招致の障壁となりつつある福島第一原発の汚染水漏洩問題ですが、

国が470億円の国費を投じて、全面的に責任を持って対処すると発表した事は、

非常に好ましい事であり、大きな前進とも言えるのですが、

抜本的な対策と言いながら、決まった内容を見てみると、

原子炉建屋周辺を「凍土遮水壁」で囲む・・・

東芝製の放射能除去装置である「ALPS」の増設や性能向上・・・

これといった新味のある対策とは言えないばかりか、

世界中が懸念している現在進行形の1日400トンにも及ぶ地下水汚染は、

凍土遮水壁の設置が完了すると言われる2015年まで放置されるのか・・・

そして腐蝕等で使えなくなっている東芝の「ALPS」は、

増設するだけでは同じ事の繰り返しであり、機能アップが必要なわけですから、

それが達成されて、運用に入るまでは、

今と変わらず漏れまくりの貯蔵タンクに溜め続けるのか・・・

貯蔵タンクの設置場所も限界に来ているのに?

というような素朴な疑問だけが沸いて来るばかり・・・

もちろん私は専門家でもないので、詳しい事はわかりませんけど、

過熱気味である海外の報道をこれまで見てきた限りでは、

多かれ少なかれ似た様な懸念を抱いておりますので、

今回の自称抜本的対策で納得するとも思えないのですが・・・

っつうか、現状はすでに手詰まりでどうしようもないということなのでしょうか・・・

とにかく、国が全面的にケツを拭くということが決まったことだけが、

唯一の希望ではありますので、国民としても期待したいところですし、

過剰とも言える海外の懸念が少しでも払拭され、

五輪招致の妨げにならないことを祈るのみです・・・

そういえば環太平洋諸国の漁協や漁師は、

国がケツを拭くと決めるタイミングを虎視眈々と待ち構え、

ケツ拭きが決まったと同時に賠償訴訟に打って出るなんて話もありましたけど・・・

どうなるのやら・・・というか、どう考えても東電にはケツ拭きができないのですから、

ええ加減に原発事業は、全て国有化した上で進めて頂きたいものです。

未だに東電が上場しているお気楽ぶりですから、そんな気もないのでしょうけど・・・


以上の通り、今後の日本経済にとっても大きく左右される事が決まったものの、

これといって大きな話題になっている声が聞こえない様な気もしますが、

本日の日経平均株価は405円高という大袈裟・・・いや、大幅上昇でおました。

以上の件が好意的に受け止められた事も含めての日本買いならば、

商いが伴ってもおかしくないのですが、本日は多少の膨らみはあったものの、

東証1部の売買代金は1兆9565億円の2兆円割れという非力が続いており、

怒涛のイベントが控える中で反撃の狼煙が上がると言うことは、

アベノミクス相場の第二幕が開幕するということでもありますから、

さすがにこの程度の非力な商いだと、アテにならん上昇と言わざるを得ないです・・・

今夜からは屁をこいて寝ていた鬼(米国)も動き出し、QE縮小の行方を始め、

ハゲマッチョ(バーナンキ)の後任人事、債務上限引き上げ問題、シリア情勢等々、

現在抱える懸念材料達が蠢き始め、特にQE縮小の行方を占う意味で重要である

週末の雇用統計を始めとするテンコ盛りのマクロ指標の発表を控えており、

鬼の居ぬ間に非力で上げた分などはいくらでも吹っ飛びますからね・・・

今夜は遅行指標である雇用統計とは対照的な先行指標であるISM製造業を控え

好調な結果になれば、QE縮小機運が高まり、米金利も上昇し、

鬼ぬ居ぬ間にひと時の落ち着きを見せていた新興国からは再び悲鳴が・・・

そういえば中国ですけど、本日はサービス業PMIが好調だった事もあり、

上海株は上昇しており、SHIBORも落ち着いているのですが、

依然として債券安が継続しております・・・

今週末から19年ぶりに中国が国債先物取引を再開することが影響しているのか・・・

まさか週末をきっかけに暴落なんてことに・・・

それとも単に影の銀行問題の燻ぶりなのか・・・なんにせよ不気味ではあります。

インドネシア、インド、タイ、トルコも通貨安は継続しております・・・


そして明日も中国はHSBCのサービス業PMIを発表、明晩にはベージュブック、

フランスではシリア軍事介入の決議を控え、

我が国も明日からは黒いおじさんとゆかいな仲間達会合が始まり、

安倍ちゃんマンもG20とIOC総会出席の為の外遊に出発します。

以上の通り、イベントテンコ盛りである週末のヤマ場に向けて、

薄商いの非力相場には堪えるイベントの数々も、今夜以降から本格化します・・・


なぬ、先ほどシリアのダマスカスに向けて2発のミサイルが・・・

なんて噂が飛び交い、真偽はわかりまへんけど、為替が荒ぶっており、

まだまだ腰の弱さを感じる敏感な反応を見せております・・・

どうやらロシア発の誤報?デマ?だったとも言われており、

ダマスカスだけに「騙透かす?」・・・シリアだけにシリアスな展開に・・・

不謹慎でしたね・・・失礼しました。


そして本日引け後に発表されたファストリの8月月次については、

既存店が128.9%という結果となりました・・・よろしいおます。

御存知の通り、指数寄与度の最も高い銘柄ですから、

大人の都合で織り込み済とも何とでも言えます・・・

他のアパレル各社はU・アローズ以外がイマイチだったので、

ユニクロの強さは素直に評価できますけどね。

あ、ガンホーのカウントダウンサイトですけど、

本日ついに期限を迎えましたが、正直・・・好材料なのか悪材料なのかわかりまへん

なにやら倍返しだ!・・・ではなく、全てを裏返せ!と言っていたので、

オセロの新ゲームっぽいですけど・・・凄いのでしょうか?

個人的には思わせぶりなカウントダウンの割に具体性が無い様にも見えますが・・・


以上の通り、本番は週末であり、今夜以降も盛り沢山ですから、

心許ない薄商いのなままだと、まだまだアテにならないので、

大幅なヒョロ上がりに惑わされず、慎重に構えておきましょう。

ということで、明日のスタンスについては、特に変更はないですが、

短期の方については、商いの伴った動きになるまでは、

主力大型株での持ち越し勝負は、慎重に構えておきましょう。

一方、新興市場についても、ガンホー効果なのかJQの商いは戻っているものの、

明日以降はアテにならないですし、マザーズの激薄商いは継続しておりますので、

商いが戻らなければ深追いは禁物であり、テーマ等で商いを伴っている銘柄以外は

その日限りに留めておきましょう。

REIT、不動産については、今週は日銀金融政策決定会合を控え、

日米の金融政策の違いも徐々に見直され、長期金利の低下は継続するでしょうから

中長期目線では買いでいいでしょう。

しかしながら五輪物色という要素が日に日に濃くなっておりますので、

五輪が空振りとなれば、短期的には失望を招きそうなので、

週末の五輪祭を跨ぐのかどうかはお任せします。

その他の中長期の押し目狙いの方についても、押し目は今週末になりそうですが、

それまでは短期の方と同様、慎重に構えて、好決算にも関わらず下げている銘柄、

割安中小型、好取組銘柄を拾うなり、短期の方と同様に小刻みに勤しみましょう。

長期の方については、五輪空振りを含めた今週末以降が危ないと判断し、

撤退するのは自由ですが、G20で法人減税が飛び出す可能性も有り、

黒ちゃんの睨みも更に強まることで、QE縮小による症状も軽く(円安含む)、

6月安値を割る様な底割れもないでしょうから、

ひとまず週末までは王者の風格で構えておけばいいでしょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.