不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
トリプルな週末・・・ゴリゴリ五厘五輪な週末
こんばんは。

円やーすこらや♪ どっこいジャンジャンこらや♪

随分と円安が進んでおり、日本も新興国の様にトリプル安への入り口なのか・・・

なんて無理矢理にネガティブに考えてみるものの、

デフレという奇病を克服しようとしている我が国とっては、

「円安・株高・債券高」というフォーメーションは、

空手で言えば「三戦(サンチン)の構え」、相撲で言えば「三所攻め」、

野球で言えば「走攻守」、総合格闘技で言えば「打投極」、武道で言えば「心技体」、

玉の輿に乗るならば「三高」・・・もうええって?

それくらい「円安・株高・債券高」というのは必須の構えではありますので、

本日の円安自体は好ましい動きではあるのですが、

残念ながら債券については売られており(債券安)、

つまりかつての様なセオリー通りの株高・債券安なので、

奇病を抱える異次元な我が国にとっては、不十分な構えではあります。

見方によっては、他国に比べれば債券高ですから、

このまま債券高の基調が変わらなければ、

徐々に「円安・株高・債券高」へ向かうとも言えますけど・・・

そうなるには異次元(日本買い)モードが再燃し、商いを伴った株高にならないと・・・

本日は相変わらずの薄商いですから、

まだまだ自律反発レベルの上げに過ぎないということです。

何よりも米QE縮小観測によって巻き起こった、

ドル麻薬中毒患者(新興国)達の禁断症状であるマネーの流出によるトリプル安は、

トリプル戻しを見せた訳でも無く、株価だけがほんの少し戻しているに過ぎず、

通貨安と債券安については、せいぜいチョイ戻し程度であり、

ほとんどが横ばいレベルでおます・・・

最も禁断症状(トリプル安)が深刻でもあるインドネシアに至っては、

大統領自らが火消しに当たったものの、通貨安、債券安は本日も進行しており、

焼け石に水状態とも言えます・・・

従って、国内の商い、新興国の禁断症状(トリプル安)、まずはこれらが戻さない限り

本日の大幅な日本株高についても、まだまだアテにならんということであり、

せいぜいチャートのリズムを含むテクニカル、日柄に合わせて、

昨日からのイベントをコジ付けて上昇しているということですから、

昨日からの変化は、あくまで目先の一時的な変化に過ぎないということです。

そして国内でも9月のG20で発表される中期財政計画、

消費増税、法人減税を巡る不透明感(来週の有識者会合、9月GDP改定値も含む)

同じく9月に迫る五輪開催地決定、9月も継続するTPP交渉、

ついでに日銀金融政策決定会合も控えており、

これらが頓挫するようだと、「円安・株高・債券高」どころではなく、

それこそトリプル安に転じてもおかしくないですからね。

ということからも、来週は消費増税を巡る有識者会合で劇的に動きでもしない限り

あんまり変わり映えしないのかなぁとは思いますが・・・

週末に改めて精査した上で、来週の展望を書きますので、

言っている事が変わっている可能性はありますけどね(笑)


あ、でも、明日にはジャクソンホールで黒魔術師(黒田総裁)が討論会に参加するし

安倍ちゃんも明日から中東を歴訪するので、アベクロのW口車が炸裂したり、

安倍ちゃんはIOCの投票権を持っているクウェート、カタール、ジブチでは、

札束で引っ叩いて投票権を買う・・・ではなく、投票をお願いする様ですから、

オリンピック熱が新たに火を吹くかも・・・

なにやら安倍ちゃんは開催地の決まる9月7日のIOC総会にも殴り込む様ですし・・・

猪瀬知事に至っては31日から現地入りして、買収・・・いや、アピールする様です。


それにしてもほんまに東京に決まるんでしょうか・・・

債務問題を抱えるスペインは不利と言いながらも、

最近の欧州市場を見ればわかる通り、好調なマクロ指標が続いておりますし、

先月にはスペインの失業率が2年ぶりに低下したとか言ってましたから、

どうもこれらの改善ぶりが胡散臭いというか、

IOC総会を見据えてのお手盛りじゃないのか?なんて穿った見方をしてしまいます。

そしてもう一つの候補地であり、初のイスラム圏候補地であるトルコは、

欧州と日本から仕掛けられて・・・とは言いませんが、

一向にトリプル安症状が収まらない苦境に追い込まれていたり、

公園の規制に端を発したデモが、知らん間に反政府デモに替わっていたり・・・

先日にはテロの脅威を煽るイスラム圏の米大使館閉鎖騒動、エジプトのクーデター、

シリアの化学兵器使用による米軍の軍事行動懸念・・・

トルコを含むイスラム圏にとってはネガティブなニュースが溢れています。

そして我が国には汚染水問題が沸いて来ているし・・・、

以上の通り、飛躍的な推測も含めて考えると、

意外に可能性が最も低いと言われていたスペインじゃないのか・・・

なんてことも思ってしまいますが、前回はロンドンやったし、

スペインはバルセロナ五輪もありましたから・・・さすがに可能性は薄いのか・・・

そうなるとやはり日本なのか・・・

結局のところ、脳味噌筋肉なゴリゴリ五厘頭で五輪の事を想像してみたものの、

わかりまへん・・・(笑)

投資(市場)という観点で見れば、これだけ叩き売られているトルコは、

五輪での一発逆転に掛ける旨味はあるのかなとも思ったり・・・

スペインも何だかんだ言っても決まると面白いなぁと思ったり・・・

という非国民な考えが頭をよぎる週末・・・

まぁでも、改めて三ヶ国を見ると、五輪の織り込みはまだまだとも言えますね。


良い週末を。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 

本日はUB40の「Red Red Wine」です。

スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.