不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
不穏な週明け・・・不穏なチャイナ・・・
こんばんは。

なかなかのドイヒーな下げでおます。

本日も為替が仕掛け的なドスンもなく、ネチネチと円高方向に進み、

黒ちゃんの講演もこれといったアピールも無かったことでシカトされ、

FOMC、ECB理事会までの下支え効果を発揮することはなさそうです・・・

ドル円は雲に突っ込み、遅行線も下抜け間近に迫っておりますので、

明後日のFOMCでひっくり返さないと、雲を下抜け、遅行線も下抜き、

転換線が基準線を下抜いて、三役逆転となり、円高が長引くことになります・・・

そんな危険水域に迫る為替のネチっこい動きもあり、

日経平均、TOPIXは75日線を割って、雲に突っ込んおり、

100日線と雲の下限で戻せるかどうかの攻防に突入しており、

割ってしまうと為替と同様に三役逆転となる可能性が高くなり、

調整が長引きそうです・・・

本日の東証1部の商いも依然として2兆円そこそこの水準であり、

セリングクライマックスとはいえないですからね・・・

新興市場は商いが活況なものの、雲を下抜けており、

遅行線も下抜け間近に迫っており、三役逆転が間近に迫っております・・・

バイオの主力所の決算を明日に控え、本日はバイオが総崩れとなり、

引け後に決算を発表したガンホーも、普通に見れば業績・月次共に凄いのですが、

ハードルの高い市場予想を下回っており、中間配当の無配も発表しているので、

地合いの悪さも相まって、ガンホーが先導してゲーム銘柄も総崩れとなれば、

明日のバイオの主力決算も数字的には期待出来ないだけに、

新興市場の主力であるバイオとゲームが総崩れなんてことも・・・

一方、今週ピークを迎えるその他の本日分の決算については、

以下の様な分類となりました。


☆2Q予想&通期予想共に上方修正

 神戸製鋼所(5406)小糸製作所(7276)ダイベア(6478)尾張精機(7249)
 ホシザキ電機(6465)日本SHL(4327)江守商事(9963)
 アサヒHD(5857)ふくおかFG(8354)静岡銀行(8355)
 
☆2Q予想上方修正 通期予想据置

 コーエーテクモ(3635)トーエネック(1946)

☆2Q予想下方修正 通期予想上方修正

 日立工機(6581)

☆2Q予想&通期予想共に据置(予想非開示も含む)

 三井住友FG(8316)みなと銀行(8543)関西アーバン銀行(8545)
 大和証券グループ(8601)イチネンHD(9619)船井総研(9757)
 関電工(1942)きんでん(1944)住友電設(1949)第一建設(1799)
 三井ホーム(1868)大東建託(1878)パナホーム(1924)大建工(7905)
 平和不(8803)東急リバ(8879)アーネストワン(8895)タカラレーベ(8897)
 ヒューリック(3003)ダイビル(8806)東洋埠頭(9351)トランコム(9058)
 コマツ(6301)日立建機(6305)東京エレクトロンデバイス(2760)
 クラリオン(6769)小森コーポ(6349)北越工(6364)国産電機(6992)
 富士通コンポ(6719)京写(6837)日立メディコ(6910)日東工業(6651)
 富士通フロンテック(6945)指月電機(6994)協栄産業(6973)
 JSR(4185)大成ラミック(4994)東海ゴム(5191)
 カルソニックカンセイ(7248)ヤギ(7460)東京産業(8070)椿本興業(8052)
 ミスミグループ(9962)JBCC HD(9889)ピー・シー・エー(9629)
 日本製鋼所(5631)フジクラ(5803)日本冶金工(5480)日本鋳鉄管(5612)
 東洋鋼鈑(5453)中部鋼鈑(5461)
 ガンホー(3765)ITメディア(2148)一休(2450)東映アニメ(4816)
 サイオステクノ(3744)サイバネット(4312)日本コンピュータ・ダイナ(4783)
 医学生物(4557)持田製薬(4534)鳥居薬品(4551)
 キーコーヒー(2594)日東富士(2003)日新製糖(2117)
 早稲田アカデミー(4718)アトム(7412)NECモバ(9430)

☆2Q予想下方修正 通期予想据置

 本多通信(6826)カッシーナ(2777)

☆2Q予想&通期予想共に下方修正

 昭和電工(4004)


先週に引き続き見ての通り、〝悪くはない″のですが、

今回の決算発表において上方修正が連発され、日本株の割安度が増すだろう・・・

という期待が大きかっただけに、こうも据置のオンパレードだと、

期待を裏切られたとまで言わなくとも、出尽くしとの反応になっても仕方ない・・・

見方によっては、保守的な予想はいつも通り、2Q決算で上方修正すればいいだけ、

なんて見方もできますけど、そういった見方をするならば、

せめて為替が円安方向に転じない事には、なかなか見方は変わらないですからね。

それとも素直に本格化する明日以降の決算において、

上方修正のオンパレードになれば、こういった懸念は吹き飛びますけど、

本日までの発表分を見る限りでは、残念ながら期待を抱くには至っておらず、

失望気味でおます・・・

やはり31日のFOMCを始めとするテンコ盛りのイベントを通過して円安に転じるか、

もしくは素直に31日にピークを迎えるテンコ盛りの決算において、

期待は薄いながらも、上方修正がテンコ盛りにでもならないと、

地合いは改善しそうにはないので、昨日も書いた通り、まずは31日が鍵です。

ちなみに安倍ちゃんがは8月10日から11日間の長期休暇を取るらしいので、

休暇中に騒ぎが起きない様に、何かネタを提供すると密かに期待も・・・(笑)

ちなみに海の向こうの欧州、米国、新興国については、

中国とトルコ以外は、これといった大きな混乱は見えず、落ち着いておりますので、

中国、トルコ、日本だけがやや浮いて・・・というか沈み気味ではあります。

日本に関しては直近で最も上げてきたという面があるので、

中国、トルコと同列には語れませんけどね。


そんな中国については、本日もSHIBORが、5月のショック水準には遠いものの、

ジワジワと連日上昇しており、短期金利もジワジワと上昇が続いており、

特に2・3・5・7年債利回りは5月のショック水準間近まで迫っております・・・

しかも当局が緊急で全政府債務の監査指令を発令しており、

特に地方債へのシステミックリスクを懸念しての突然の行動とも言えるだけに、

膿を出すと言うのは健全な動きではありますけど、

このままでは、やぶ蛇になりそうなのですが・・・

とりあえず8月から監査が始まるので、結果はいつになるのかわかりませんけど、

先日も書いた通り、9月辺りにまさかの地方債ショックが現実のものと・・・

いやはや・・・それにしてもどうしたんでしょうね、

独裁国家だからこそ、お得意の隠蔽が駆使出来たはずなのに・・・

単純にネットの普及もあって、隠し切れなくなっただけなのか、

それとも指標の水増しも含め自ら表沙汰とすることに、何らかの意図があるのか・・・

ここ最近の中国当局の動きに伴う意図がよくわからないです・・・

この流れで1日に発表される中国製造業PMIについても、

水増ししててゴメンナサイみたいなドイヒーな数字を発表なんてことになれば、

31日をクリアしても翌1日に波乱を招き兼ねないですからね・・・

一方では李克強首相が景気刺激策に打って出るとか、

人民銀行が追加緩和に動くなんてことも言っておりますので、

ショックに対する備えとも言えなくもないですが・・・

とりあえず目先の明日としては、定例のオペを控えておりますので、

上昇しているチャイナ金利を鎮める為にオペを実行するのか、

先週までと同様に放置するのかも注目です。


以上の通り、明日は三段下げからのリバウンドがあったとしても、

中国の不穏な動きも含めて31日までは、地合いが好転することはなさそうです・・・


ということなので、明日のスタンスについては、ほぼ昨日書いた通りですけど、

短期の方については、主力大型株での持ち越し勝負は、

ひとまず31日までは控えておきましょう。

しかしながら決算を終えた銘柄への選別物色は根強いものがありますので、

好決算発表した銘柄に対しての持ち越し勝負は自由でおます。

新興市場については、主力大型株の様子見姿勢が追い風とは言えない状況であり、

前述した通り、バイオの崩れ、決算を終えたガンホーの明日以降の反応を始め、

新興主力株であるバイオ・ゲームの決算が本格化することで、

崩れが大きくなる可能性もある上に、31日以降に主力大型株が戻すと、

さらに新興市場が蚊帳の外に置かれる可能性もありますので、、

新興市場は決算シーズンを終えるまでは、持ち越し勝負は避けた方がいいでしょう。

REITについては、これまで繰り返し書いているので詳細は割愛しますけど、

不動産も含めて、決算には注意が必要な銘柄はあれど、

全体として中長期目線では買いでいいでしょう。

長期金利もBOX圏を下放れて安定しており、

今週はFOMC、ECBも控えておりますからね。

中長期の押し目狙いの方については、31日まではおとなしくしておいて、

参戦するにしても31日以降、あるいは決算発表には十分に注意しながら、

日銀短観で好調だったセクターか、出遅れ、割安、好取組な銘柄に限定しましょう。

長期の方については、ひとまず31日までは王者の風格で構えておけばいいですが、

31日を前にして一旦撤退するのは自由でおます。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.