FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
日替わり定食と嵐の前の静けさ
こんばんはです。

コロナ動向、米経済対策、大統領選動向等、
日替わり定食なメニューに一喜一憂しておりますが、
国内外共に薄商いも続いているので、本格化している米企業決算、
来週から本格化する国内企業決算、22日の大統領選討論会、
来週の日欧金融政策決定会合も控え(FOMCは大統領選後)、
他にもブレグジット協議や米中対立も継続しているので、
腰を据えた本気の取引ではない様子見の中、
短期的な一喜一憂だけという感じでおます(新興市場は除く)。

しかしながら欧州以外の日米独中・新興国の株価は高値圏であり、
VIXも高水準のまま、原油以外の商品も概ね高値圏、
為替もコロナ前の水準は超えており、
債券だけが警戒モード?カネ余りバブル?な債券高のままですから、
様子見の一喜一憂相場とは言え、何かきっかけさえあれば、
債券は大して動かずとも(債券バブル崩壊は最悪ですけど)、
リスク資産はリスクオフ方向に動く余地が大きいと言えますし、
昨日も書いた通り、現在はそもそもの始まりのコロナ動向の無視も含め、
市場はコロナショック前の静けさにも似ております。

それにしても米追加対策を巡るムニューチンおじさん(米財務長官)、
ペロシおばさん(米下院議長)のペロチン協議ですけど、
合意しても国民に給付金が届くのに2-3週間を要するから、
大統領選までに間に合わせるには明日が協議期限とも・・・

ほんまかいな・・・っつうか、米国民にとっては、
大統領選までに間に合わせるとか期限よりも、
給付金が出るのか出ないのか(合意するのかしないのか)、
いくら出るのかこそが重要だと思うので、
期限って重要なのか?という気がしてなりませんけどね(笑)

それこそ大統領選までに給付金が届くのではなく、
給付金が支給されるのかどうかが決まり、支給されるのであれば、
月末のクリスマス商戦までに届きさえすれば、
大統領選に影響するとも思えないですけど・・・
もちろん支給されないことが決まれば、
大統領選だけでなく、市場も素直に悪材料視されそうです。

ただし支給が決まった場合の市場の反応については、
大統領選の結果が判明するか、
コロナと経済活動を巡るポジティブなネタが出るか、
国内外の企業決算で好決算のオンパレードにでもなるか、
懲りずに追加の金融政策でも出て来ない限りは、
米財政協議の合意に対しては、一時的に好感する程度に終わり、
結局は無反応になりそうですが、可能性は極めて薄いながらも、
米財政悪化懸念による債券バブル崩壊という事態も無きにしも非ずです。

以上の通り、現在の金融市場はリスクオフに傾く余地が大きい水準な上に、
コロナショック前に似た嵐の前の静けさも感じる薄商いの一喜一憂相場が、
現在も続いている状況なので、何かきっかけさえあれば、
嵐が起きてもおかしくない状況だとは思いますが、
先にも述べた通りのイベントも控えているので、
メインイベントの大統領選までは現在の状況が続いてもおかしくないです。

ちなみに継続しているペロチン協議、大統領選動向、コロナ動向、
といったの旬のネタ以外にも超目先の今夜は、ネットフリックス、
スナップ、テキサスインスツルメンツ、P&G、トラベラーズの決算、
FRB副議長らFOMCメンバー2人の講演、
明日はテスラ、マイクロソフト、バイオジェン等の決算、
ベージュブックといったイベントも控えているので、
一喜一憂では終わらず、本気で動くきっかけになる可能性もあります。

ということで明日のスタンスとしては特に変わりまへんけど、
ドル安(円最弱安)、加速ではなく程よい債券安(金利上昇)、
原油高、資源高、商い増での株高(VIX低下)が続くのであれば、
リスクも理屈もへったくれもなく、アホになって参戦すればいいですが、
株式市場の本気感の無い薄商いが続いたり、市場全体がマチマチならば、
腰を据えての新たな参戦は、売り込まれたバリュー株、
変則決算銘柄を拾う程度に留め、短期勝負を中心に動きましょう。
(短期目線としては個別は決算発表まで、指数としては大統領選まで)
当然ながらドル高(円最強高)、債券高(金利低下)、原油安、資源安、
商い増での株安、VIX上昇というベタリスクオフならば、
短期勝負はその日限りに留め、腰を据えての参戦も控えておきましょう。

新興市場については、国内外がリスクオフ一色にでもならない限り、
海の向こうや主力大型株が薄商いであろうと、
市場全体がマチマチの動きであろうと、別世界の動きは続きそうなので、
シンプルに商い増での株安が続くか、商いが大幅に減少するまでは、
海の向こう等からの何らかのきっかけネタによって、
鉄槌の一撃を喰らう覚悟だけは忘れず、参戦すればいいでしょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト



Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.