FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
国内景気(消費)への懸念はあれど
こんばんはです。

明日の午後と明後日の午前は病院へ行かなければならないので、
明日は記事の更新も含めてお休みさせて頂きます。

いやはや、中国の新型肺炎がパンデミックを起こしそうであり、
今週末からは中華民族大移動の春節も控えているだけに、
病院や訪日中国人の多い都市部には近寄りたくないものですが、
明日はともかく春節入りの来週にも病院へ行くのでね・・・
過剰反応じゃないのかとのツッコミもありそうですけど、
今回はSARSの時よりも感染拡大が酷い気がするので、
用心に越したことはないかと・・・(笑)

そしてもし・・・私の様な用心深い過剰反応ゴリラが多くいると、
「一時的」ながらも都市部や観光地の国内消費は落ちるでしょうから、
小売やレジャー関連銘柄はちと心配です。
一方でネット小売には追い風となりそうではありますけどね。

そういや・・・豪州では甚大な山火事が起きており、
それが原因なのか、先だっての米中合意の影響なのか、
足元で小麦価格が上昇しているので、
3月に農水省が発表する4月の輸入小麦の売渡価格が引上げられると、
(価格決定の方法や基準等の詳しいことは知りまへんけどねw)
これまた飲食業界にも影響が出て来そうですから、
ちと目先の国内消費が気掛かりではあります。

だけに・・・米中合意(第一段階)をきっかけに、
足元で高まっている景気の底打ち&先行き回復シナリオが、
期待や観測だけでなく、ほんまであることを願うばかりであり、
これから本格化する国内企業決算についても、
足元の低調ぶりは仕方ないにしても、
先行きの明るい見通しを発表して頂かないと、
海の向こうの心配よりも国内景気が心配になります。

本日は安倍ちゃんマンの施政方針演説にて、
政策も発表されましたが、市場はほぼシカトと言える状況だったので、
やはりトランプマンがチラ見せしている減税策、温存中のインフラ投資、
FRBの更なる金融緩和に期待という米国頼みなのか、
それとも明日の黒田日銀会合での追加緩和に頼るのか(期待は皆無)、
とにかく米中の第2弾以降の進展期待が継続するか、
国内外の新たな財政&金融政策が出て来るか、
堅調なマクロ指標や決算が発表されないと、
先行きが危うい気もするばかり(特に国内)・・・

ただし以上の様な懸念については、
明日とか今週といった超目先の懸念ではなく、徐々に拡がる懸念であり、
繰り返し書いている通り、現在はマクロ指標や決算にて、
そういった懸念を確認する答え合わせ相場が続いているので、
懸念が拡大しない限り、市場も大丈夫でしょうけどね。

本日の日本市場では、鬼の居ぬ間(米休場)だったこともあり、
今年最低の薄商いとなり、引け味もよろしくはなかったのですが、
日経平均の上昇よりもトピ、中小型、新興が強く(東証2部は下落)、
値上がり銘柄数も多かったので(東1は約3分の2)、
地合いの悪さは感じられず、足元のリスクオン基調も崩れてないです。

従って明日以降のスタンスとしても、
トランプマンのダボス会議等での言動や答え合わせ動向も要注意ですが、
市場の動きで判断するのであれば、
債券高(金利低下)、円高、油安(資源安)、金上昇、
商いを伴う株安というゴリゴリのリスクオフにでもならない限り、
ひとまず2月の一般教書演説までは、あわよくば株高&リスクオン継続、
悪くても高値圏でのBOX相場が続くと見ておけばいいでしょう。
ただし米金利(債券)が昨年末と11月の水準を超え、
それに合わせてドル高が加速して原油が崩れるような事態となれば、
答え合わせの結果次第ですが、身構えた方がいいかもしれないです。

新興市場については昨日も書いた通り、
テーマ株等での旺盛な循環物色が続いているだけでなく、
全体としても先週末から上への変化が窺える動きが続いており、
本日も商いは減少ながら継続しているのですが・・・
とにかく全体感としては、シンプルに商い増での上昇が継続するまでは、
慎重姿勢を維持しておくのが無難でおます。
資金の循環しているテーマ株等での波乗りは御自由にどうぞ。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト



Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.