FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
躊躇なくと言われても、躊躇したままヤマ場入り
こんばんはです。

本日の黒田薬局会合は現状維持でしたが、
全く注目されてなかったことの腹いせなのか、気を引こうとばかりに、
これまで口でしか披露しなかった「チョッチュ(躊躇)なく」、
という具志堅ギャグを声明文に明記しただけでは飽き足らず、
会見においても「チョッチュなく」を連発し、同時に国内情勢を棚に上げ、
海外情勢のせいで景気の下振れリスクがあるからと、
やたらと「下振れ」を連発し、何かあったら具志堅緩和をやりまっせ!
と不安を煽って・・・失礼、繰り返しておりました(笑)

市場では黒田薬局の追加具志堅緩和に対して、
手詰まりとか、そもそも効果はあるのかとの疑念が高まっており、
ええ加減に財政出動せんとアカンやろという市場の空気なので、
黒ちゃんが必死のパッチで具志堅ギャグ繰り返しながら、
海外のせいやと言われてもね・・・
しかも財政出動どころかドMな消費税増税を控える変態な国ですからね

そういえば英国のミニ・トランプ(ジョンソン首相)までが、
利下げ圧力を掛けながら、減税と財政出動をやると言っているので、
我が国は金融と財政の両政策面で見劣りすると言わざるを得ないです。

しかも足元で発表されている国内のマクロ指標は鈍化傾向が続いており、
何より発表が本格化している国内企業決算は低調続きですから、
黒ちゃんが「チョッチュなく」と繰り返したところで、
日本株を本気で買うのをチョッチュ(躊躇)されても仕方ないです。

ちなみに先週から昨日まで約300社の決算が発表されたにも関わらず、
旺盛な決算物色によって商いが膨らむこともなく薄商いが継続中・・・

本日は売買代金が2兆円を超えたものの(2.08兆円)、
TOPIXのリバランスによる最後っ屁の約4300億円を差し引くと、
薄商いに変わりはないので、明日は本日の約200社の決算を受けて、
チョッチュなく売買して商いが膨らむのだろうか・・・

もちろん明日は月末要因というのもありますし、
イベント的にも今夜と明日は米企業決算テンコ盛り(マクロ指標も)、
明日は米中通商協議の2日目に加え、夜にはFOMCを控え、
国内では明日に企業決算の1発目ピークも控えているので、
旺盛に商いが膨らむ要素は見当たらないとも言えますけど、
本日の決算発表分(約200社)も含めると約500社が発表したので、
海の向こうの事情には関係なく、決算の結果を受けて、
動かざるを得ない人もそれなりに居るでしょうから、、
結果的に商いが膨らんでもおかしくないのですが、
本日までの商いを見る限り、決算を受けて本気で売り買いすることも無く、
短期的な需給要因だけで動いてる感がアリアリです。

そして薄商いが続いている要因としても、先に述べた低調な決算続き、
目先の重要イベントを控え、物足りない財政出動ということ以外に
欧中企業決算も低調が続いており(米国はボチボチ)、
国内外のマクロ環境も鈍化傾向が続いており(米国だけまだら模様)
その要因である貿易戦争は、米中が協議中ながら何一つ収束しておらず、
日米協議は1-2日、米欧、米印はこじれたままであり、
それらの影響を軽減すべく日米欧中を始め世界的な金融緩和姿勢が、
何とか景気と市場を支えてくれるかも・・・という期待だけなので、
アメリカンファースト状態の米国はともかく(英国も追随しそうな動き)、
我が国と欧州・中国については、景気と業績の底打ち・織り込み済み、
アク抜け、下期V字回復というのは早計であるだけでなく、
そもそも本気で思っている人が見当たらないかの如く、
チョッチュ(躊躇)したような薄商いが続くのも止む無しな状況です。

ということなので、チョッチュなく買っているかの如く、
商いを伴った株高が続くまでは、割り切っての短期勝負、
決算を終えた銘柄の打診程度に留めるべきですが、
本日から明日は先にも述べた通り、目先の大一番ではありますので、
場中にまさかの米中貿易戦争収束というサプライズでもない限り、
短期も長期も問わず慎重に構えておきましょう。

一応、ここまで米利下げを含む世界的な金融緩和期待によって、
債券買い(金利低下)・株買いが続くと共に(直近ではドル買いも)、
それに合わせて投機的なポジションも積み上がっており、
(日本株と円売りポジは全く積み上がってないけど)
債券に至ってはもはや債券バブル状態と言ってもいいので、
短期的にはシンプルに巻き戻しが起きる可能性は十分にありますのでね。(
(トランプマン政権がドル安誘導を画策する動きもあります)

新興市場についても、本日はやや商い増加で続伸したものの、
薄商いに変わりなく、別世界の動きとは言えないので、
明日については、主力大型株と同様のスタンスで構えておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.