FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
乱気流の行方・・・
こんばんは。

甘利機長が操縦桿を握る日本株は、一昨日の機内アナウンスも空しく、

本日もえげつない乱気流の中、羽がもげそうになるくらいに高度を下げております。

そんな中、先ほど甘利機長から、乱気流(株価動向)について、

アテンションプリーズの声と共に機内アナウンスが・・・

「乱気流は内外の状況が落ち着けば安定する」

と一昨日と変わり映えせず、乗客の不安を払拭するには程遠いコメントとなり、

更に同時に発生している嵐(長期金利上昇)に対しては、

「日銀がこれまで以上に市場と対話し適切に対応する」

てな具合に黒ちゃんへ操縦桿を丸投げしそうな勢いです・・・。

そんな丸投げされそうな黒ちゃんも、本日は嵐(長期金利上昇)について

「異次元な量的・質的金融緩和による巨額の国債買い入れを通じて、
 長期金利に強力に低下圧力を加えていく」

と力強いコメントをしており、更に本日もオペを行ったものの・・・

どちらの効果も空しく、嵐が鎮まったとは言えない水準で推移しております。

黒ちゃんの口車も過剰な乱射のせいで効果が薄まっているのか・・・

そして夕方には6月の日銀国債買入れスケジュールを発表しておりますが、

市場関係者との意見交換会での要望を汲み取っているとは思えないくらい、

変わり映えのしないスケジュールだと思うのですが・・・

実際に発表後も無反応といった感じですから、

次回の黒い会合(日銀金融政策決定会合)にて、

資産買い入れ枠を拡大するなりしないと、嵐は鎮まりそうにないです・・・

しかしながら欧米を始め世界的に嵐(長期金利上昇)が起き始めておりますので、

我が国の嵐の存在感も薄れつつはありますが・・・

同時に、局地的だった我が国の嵐から世界的な嵐へと拡大し、

巻き戻しが始まりそうな危険な香りとも言えます・・・

まぁいずれにせよ我が国は、長期金利が1%にタッチしたことで、

巻き戻しロボットのスイッチが入ったことはほぼ間違いないので、

まずは嵐を鎮めて頂きたいのですが・・・、

本日ですら鎮まらないようだと、黒ちゃんも明日から中国への出張で不在なので、

次回の黒い会合(10-11日)までは鎮まりそうにないだけに、

オンになったままの巻き戻しスイッチをオフにするには、

長期金利が5月前半の0.6%あたりまで低下するのはもはや期待できないけど、

ほとんど減っていない円売りポジションの巻き戻しが終わるまでなのか・・・、

3兆円をブチ抜いた信用買い残が解消されるまでなのか・・・、

これまたほとんど解消されていない裁定買い残の巻き戻しが終わるまでなのか・・・、

素直にメジャーSQまで巻き戻しが続くと見るべきなのか・・・

それとも・・・こういった需給要因を打ち消すだけの、

心理改善を伴ったパワー(商い)を呼び込むことも可能な政治ネタである、

5日の成長戦略第3弾、あるいは14日の成長戦略の全貌発表までなのか・・・

なんてことも考えますが、需給とパワーの両面で見ると、

成長戦略の全貌発表とメジャーSQが重なる14日までは、

戻す場面があってもテクニカルリバウンド程度だと捉えて、

乱気流を含めた調整が続くとみておくのが妥当でしょう。

裁定買い残、信用買い残、円売りポジションの偏りが解消するには、

14日までには片付きそうにないくらい積み上がっておりますしね。

本日の商いを見ても東証1部は低水準のまま、

新興市場もマザーズは少し商いは膨らんだものの、JQ、東証二部が低水準なので、

依然として商いが高水準な先物が、パワー(商い)ダウンしないことには、

本日の様にユニクロの首根っこを掴んででも振り回すでしょうから、

揺れが収まるのもまだ時間が掛かりそうです。

来週はSPANも跳ね上がるので、意外とパワーダウンしそうではありますが・・・。

そういえば来週はユニクロも月次発表なので、ミラクルな好結果となると、

ユニクロの首根っこを掴もうとしても振りほどかれ、揺れが収まったりしてね(笑)

そして翌日の成長戦略第3弾でミラクルな法人税率が発表されたり、

特区乱立なんてことになって、現物のパワー(商い)が復活して切り返し、

更に同日の米ADP雇用が跳ねて、翌日の新規失業保険、ISMまで飛びあがり、

ECB理事会でもドラギがユルフン横チン(利下げあるいは追加金融緩和)攻撃、

トドメとばかりに週末の雇用統計でピョーーーンなんてことに・・・

パワー回復のシナリオとしては十分に有り得るシナリオでおます。

(サッカーがW杯の出場を4日に決めるかも知れないですしね)

これらイベントが奮わずにパワー(商い)が戻らなければ、

14日までというシナリオが妥当でしょう。


ということなので、明日のスタンスとしましては、特に変更はないですけど、

短期の方は、主力大型株での持ち越しは、

債権市場が落ち着き、商いを伴った循環が正常に機能しないことには、

前述した通りの状況に変わりはなく、リスクは高いので、

その日限りの波乗りだけに留めておきましょう。

明日は月末なのでドレッシングで戻したとしてもアテにはならないのでご注意を。

主力大型株以外の新興市場、テーマ株、中小型においても、

その日限りの波乗りだけが無難ではありますが、

新興市場はバイオの踏ん張りが続き、ガンホーも落ち着き、

全体の商いが戻るようでしたら、持ち越しはありですけど、

くれぐれもお気を付け下され。

テーマ株についても明日はその日限り以外は控えた方がいいですけど、

どうしても持ち越すにしても、取組のいい銘柄に限定しましょう。

中長期の押し目狙いの方については、主力大型株の本格的な押し目は、

前述した通り、パワー面での押し返しならば来週5日も有り得ますが、

妥当な線としてはメジャーSQも重なっている14日であり、

早くなるとしても日銀金融政策決定会合(10-11日)まででしょうから、

それまでは割安中小型を仕込むなりするか、

短期の方と同様、その日限りの波乗りだけにとどめておきましょう。

参院選以降を見据えている長期の方については、

前述した通りの調整入りとの見方に変わりはないので、

時間的な無駄を避けるのならば、一旦撤退するのもありです。

下値についても13000円までに38.2%押し、雲上限等の節目はありますが、

13000円を割るまでは、ここまでの上昇でさほど痛みもないでしょうから、

王者の風格で構えておけばいいとは思いますけどね。

今日の水準を戻さずに週明けを迎えると、遅行線が下抜けるので、

一時的には13000円を割るかも知れませんが・・・

とりあえず長期の方で、時間的な無駄を避けたい方以外は、

今週は王者の風格のままでいいでしょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 にほんブログ村 株ブログへ 
Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.