FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
牛追い祭り2日目は無事に終了。次は3~4日目・・・その前にギリシャ祭も。
こんばんは。

昨夜は金融市場における牛追い祭り2日目こと、

スペイン政府による国内銀行のストレステスト結果を発表し、

資本不足&支援必要額も判明しました。

資本不足は593億ユーロ、肝心のEUからの支援必要額は約400億ユーロ、

ということになり、最終的な額ではないものの、

今後は減る事があっても増える事はないとのことですから、

EUとの間で合意済である最大1000億ユーロの銀行支援の枠内で

十分に収まりそうです。

これで一昨日にスペイン政府から発表された13年度予算案、緊縮財政政策、

昨夜発表されたストレステスト結果、支援必要額と共に、

EUからの支援条件は満たしたと言えますので、

(信用できないという意見も一部には見られますけど・・・)

牛追い祭りの1~2日目は無事に終了したということです。


しかしながらこれにて牛追い祭りが閉幕したというのではなく、

3日目としてはスペイン政府からEUへの支援要請、

4日目としてはECBが先日、EUへの支援要請を前提に決定したOMTを活用した

スペイン国債の発行市場での買い取り、

これらが3~4日目として残っていると言えます。

1~2日目が終了したことで、さっさとスペインが支援要請に動けばいいのですが、

どうも21日の地方選までは引き伸ばしたいようでもありますから、

3~4日目の開催はしばらく時間が掛かりそうではあります・・・

もし時間が掛かることでスペイン国債利回りが上昇することになったとしても、

スペインが支援要請に動かざるを得なくなり、一気に3~4日目も開催され、

収束に向かうだけですから、今後、スペインの動きが少々鈍かろうとも、

そんなに心配する必要も無いでしょう。

ただ・・・少し引っ掛かるのは、ドラギおじさんがOMTの稼働条件として、

EUだけでなくIMFからの支援条件も満たせと言っていたはずなので、

今回の1~2日目を受けて、IMFからの見解が見当たらないのはやや気掛かりです。


そしてギリシャについても、トロイカからの次回支援を受ける条件でもある、

115億ユーロの緊縮策の議会承認は、

ユーロ圏諸国が支援を判断するトロイカ報告自体が、米国からの圧力に屈して、

大統領選まで引き延ばされそうですから、早くてもユーロ圏財務相会合前、

あるいは今月末頃と見込んでいたのですが、

どうやら週明け早々(10/1)に議会へ提出されるようです。

肝心なのは議会承認を経てのトロイカ報告なので、

週明けに議会承認が通らなくとも、再度ギリシャ側が協議すればいいだけですから、

時間的には余裕があるとも言えます。

今のところ連立与党内での合意は済んでいるので、無事に承認はされるでしょうし、

115億ユーロから120億ユーロに引き上げているので、

トロイカ報告も厳しいものにはならないでしょうけど、

とりあえず目先では週明けの議会承認に対して、市場は目を向けそうではあります。

つまりスペインの牛追い祭り1~2日目が終わり、3~4日目が開催される前に、

ギリシャ祭りが割り込んで来たということです。

実際は大して心配する必要もないですけど・・・


ということもあり、せっかく昨日の牛追い祭2日目を無事に終えても、

リスクオンに点火とはならず、イマイチパッとしない反応となっております・・・


ま、以上のことも踏まえて、来週の展望は明日に改めて書きます。


本日は週末なのでこれにて失礼します。

台風には十分にお気を付け下さい


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 

本日はWhitney Houston の 「Saving All My Love For You」です。

Copyright © 2019 不沈艦日記. all rights reserved.