不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
AKB48の脱退騒動に反し、市場のAKB48(アカン、決算、ボロボロ)は増加中・・・
本日は決算発表社数が特盛つゆだく状態・・・

目からビームでも出るのではないかという位に決算短信を睨んでいたら、

すっかり歌舞伎役者ばりの睨み顔のまま固まってしまい、

このままR1乳酸菌入りヨーグルトでも買いに外へ出掛けると、

冷蔵庫の様な身体に五厘刈りでアゴひげ、更に歌舞伎役者顔ときたら、

間違いなく通報されるか職務質問なので、

顔面マッサージでポップな顔に仕上げてから出掛けました・・・


しかしまぁ昨日に引き続く下方修正オンパレードですから、

顔がひん曲がっても仕方ないです。

これまでの決算の結果を、まだ集計した訳ではないですけど、

印象としましては、大型株を中心に目を通していることもあり、

全体の約70%近くが下方修正という感じです。

外需に至っては約80%が下方、15%が据置、残りの5%が上方という印象です。

まぁまだ来期業績へ目が向いている状態をなんとかキープしていますから、

少々の下方修正には動じなくはなっていますけど、

本日は発表社数が多かったこともあり、動じてもおかしくない下方修正銘柄が増えており、

徐々に来期業績に対する期待も剥落しつつあります。

まだまだ決算ラッシュの序盤なのに・・・

ちなみに本日の主なドイヒー決算銘柄はこんな感じです。

 川崎汽船(9107)日本郵船(9101)商船三井(9104)第一三共(4568)東芝(6502)
 富士通(6702)リコー(7752)TDK(6762)ホンダ(7267)・・・ルネサス(6723)も微妙です。

場中に決算発表をした海運につきましては、

「業績は撃沈」「株価は浮上」といった具合に、業績を嫌気される事も無く上昇しております。

バルチック海運指数に至っては、潜水艦指数と言ってもいいくらいに下げており、

どうみても本日の上昇は、月末の厚化粧にしか見えないですから、

明日以降は全くアテにはならんとしか思えないです。

引け後に決算を発表した海運以外の面々も、

明日以降はどういった動きになるのか注目ですね。


本日までのAKB48(アカン、決算、ボロボロ)入り銘柄はこんな感じです。

 富士電機(6504)、任天堂(7974)、NEC(6701)、日本電気硝子(5214)、
 新日鉄(5401)、オムロン(6645)、JFE(5411)、富士フイルム(4901)、
 川崎汽船(9107)、日本郵船(9101)、商船三井(9104)、第一三共(4568)、
 東芝(6502)、富士通(6702)、リコー(7752)、TDK(6762)、ホンダ(7267)

以上、主な所では17銘柄です。(ルネサス(6723)はメンバー入りには微妙です)

渡り廊下走り隊ならぬ来期業績失望隊としてはキャノン(7751)もいるし、

研究生(中小型)としてはスタンレー電気(6923)等もいますけどね。

ちなみに上方修正をしたSKE48(さすが?決算、ええなぁ~)入り銘柄は、

 アンリツ(6754)、ワコム(6727)、堀場製作所(6856)、マキタ(6586)、アルパイン(6816)、
 千代田化工建設(6366)、全日本空輸(9202)、JR東日本(9020)、JR西日本(9021)、
 ソネットエンタ(3789)、ココカラファイン(3098)、ユナイテッドアローズ(7606)

以上の12銘柄でしょうか。

こちらも一休(2450)、タカラバイオ(4974)等の研究生はいますけどね。


すっかり思い付きで、AKB48に例えて分けてしまいました・・・。

明日以降、SKE48のメンバーが増えるといいのですが、

どうも本日までの決算を見る限り、AKB48増加の可能性の方が高いでしょうね。

あ、そうそう、みずほはイマイチでしたけど、銀行決算がボチボチいいのは、

相場にとっては心強いですし、いよいよドスンの可能性もほぼなくなりつつあります。


以上、決算の振り返りでした。


さて、そんな銀行はともかく、全滅状態の国内企業決算と欧米株安ながらも、

本日の日本株はなんとか踏み止まっておりますが、

久しぶりの月末特有のベタなお化粧といった感じの強さでしたね。

決算発表を終えた銘柄や場中決算銘柄の動きを見ていても、

昨日までとは明らかに違い、無理矢理押し上げた様な動きだったことからも、

本日はかなりの厚化粧と言えます。

最近は月末ではなく、月末前にお化粧をしていましたけど、今月はベタな厚化粧です。

となると、明日以降は化粧が剥げ落ちて、スッピン相場になるかと言えば、

今夜の欧米も多少のお化粧相場にはなるでしょうから、

明日は化粧が剥げ落ちて下落はすれど薄化粧が残り、底堅いでしょうね。

昨日にも書いた通り、実際には大した進展もしていないEU首脳会談を経て、

何だかユーロ円がひとときの落ち着きを見せつつありますね。

ギリシャも今週こそは合意すると言われており、(オオカミ少年やけど・・・)

ポルトガルの危機煽りも、市場参加者には実態がバレつつありますしね。

しかしながらドル円については、まだ先週のバーナンキくんの残り香が漂っておりますから、

明後日のバーナンキ議会証言までは動きそうにないだけに、

ドル安円高が日本株の上値を抑えそうです。


ということなので、

欧州の落ち着き(国債利回り、LIBOR、VIXの各指数の落ち着き、ギリシャ含む)、

好調な米景気、QE3期待(ないだろうけど)、欧米株の月末お化粧、

なんとかまだ残っている国内企業の来期業績期待、日本株の出遅れにより、

明日も底堅いながらも、AKB48増員懸念、お化粧剥げ落ち、テクニカル的一服、

ドル安円高が足を引っ張るでしょうから、明日も鬼は外(需)、福は内(需)でいいでしょう。


そういえば明晩はイタリア国債の償還ですね・・・

まさか突然のデフォルトになったら笑うしかないけど、資金調達済みなので大丈夫でしょう。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 
スポンサーサイト
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.