FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
掉尾の一振ではなく兎尾の一屁・・・そして今年を振り返ってみたり・・・
厳しい一年が終わりました。

ホップ!ステップ!ジャンプ!と「卯年は跳ねる」という相場格言も、

1~2月に跳ねた程度で、以降はウサギさんも煮え切らぬまま屁をこいて寝ておりました。

なべうさぎ

今年最後の大納会である本日は、屁をこいて寝ていたウサギさんが、

最後にスカしっ屁程度の屁をこき、

「掉尾の一振」ならぬ「兎尾の一屁」で終えるという笑えない最後でした・・・

どうせならば最後くらいは景気付けにデカイ屁をブチかませばいいのに、

今年後半を象徴する様な控えめなスカしっ屁でした・・・尻貧だけに・・・。

年明けの3営業日くらいは残り香が漂いそうですけど・・・

まぁ来年からの相場展望は改めて年明けに書きます。


しかしまぁ・・・卯年は跳ねるという相場格言を始め、

過去のアノマリーやセオリーがなかなか通用しない一年でしたね。

100年に一度と言われた金融危機からの回復途中で起きた、1000年に一度の大震災・・・、

そして追い打ちをかける様な中東の春の激化、トドメに欧州債務問題の噴火・・・

そりゃあアノマリーもセオリーもへったくれもないですね。

歴史から学ぶというのは事実でもあり、無視できない事ではありますから、

今年一年、アノマリーやセオリーを無視した訳ではないのですが、

震災以降はできるだけ過去に例のない事態を迎えていると言い聞かせつつ、

頭の中も日々リセットして、アノマリーでもセオリーでもなく、ブルース・リーの如く、

「Don't think,Feel(考えるな、感じろ)」という感覚も研ぎ澄ましながら、

市場に挑んだ一年と言えます。

そんな一年を終えて、来年もアノマリー等が通用しない一年になるのかと言えば、

来年はそうではなく、特に後半は今年よりは全然いいでしょうね。

まぁ年明け後しばらくは、今年と同じノリで相場に挑まなければいけないでしょうね。

とか言いながら、来年は辰年だから昇り龍を期待してたりもしますけど・・・

龍の国と言われるブータンの国王が日本を訪れてくれたのは、

幸福をもたらす一年のきっかけやったと振り返れる一年になるといいのですがね。

相場の方も、難局大陸と化してしまっているユーロ圏の債務問題が、

2~4月に控える試練の大量償還を乗り越えて、昇り龍をもたらして頂きたいものです。

そういう意味でも、沈没寸前のユーロ圏護送船団を舵取りするドラギ船長(ECB総裁)には、

辰年だけに、ブルース・リーの燃えよドラゴンならぬ、

燃えよドラゴン

燃えよドラギンになって頂いて、

ドラギ2

しっかりと舵取りをして頂きたいものです。

早ければ年明けのECB理事会(1/12)に、ヌンチャクを持って現れるかも・・・。

まさかの「Don't think,Feel(考えるな、感じろ)」

なんて言われても困りますけど・・・

燃えよドラギンには感じるのではなく、よく考えて頂き、

これまでの前フリの連打も徐々に効いてきておりますから、

そろそろ欧州債務問題を粉砕できるような「一撃」をお見舞いして頂きたいですね。


しかしまぁ、ほんまに色々あった厳しい一年でしたね。

チュニジアのジャスミン革命から始まったアラブの春、東日本大震災、原発事故、

欧州債務問題(米債務問題も)、記録的な円高、和歌山と奈良の台風被害、タイ洪水・・・

他にもありますけど、これだけでも十分と言えるほどの大きな出来事ばかり・・・

この中で、解決ではなく、被災者には申し訳ない言い方にはなりますが、

市場への影響が無くなりつつあるのは台風被害とタイ洪水だけであり、

それ以外は未だに引き摺っていますからね。

その中でも東日本大震災は悪夢でした・・・。

TVに映し出される光景に絶句するしかなかったですからね。

これまでも阪神・淡路大震災、911テロでも絶句はしましたけど、

東日本大震災は日に日に大きくなる被害に加え、原発の爆発までが加わり、

絶望感すら漂いそうになりました。

阪神・淡路大震災の時も、家の窓から見えた、

目の前の神戸の街並に煙が上がっているのを見て、絶望感が漂いましたが、

それは目の前で起きていることでもありましたからね。

東日本大震災の場合はTVを通じての光景なのに、あれほどの絶望感ですから、

すぐに阪神・淡路大震災の比ではないと思いました。

そんな東日本大震災の被災者の奮闘、民間の奮闘を政治がことごとく足を引っ張っており、

今では復興よりも増税に焦点が移りつつありますからね・・・

東日本大震災を始めこれだけの試練の出来事が発生し、

ほとんどが炎上中ないし道半ばなのにも関わらず増税・・・正気の沙汰とは思えないです。

被災者だけではなく、日本経済の足を引っ張り続けるポンコツ政治には、

さっさと政権交代でもして貰わない事には、昇り龍の尻尾まで引っ張り兼ねないですね。

来年は世界中で政治指導者が交代する年でもありまから、

日本にもそういう流れが波及することを切に願います。


さてさて明日は一年で最も私の魂が震える大晦日です。

そうです!格闘技のビッグイベントです!

地上波放送も無くスケールダウンしたとは言え、今年も開催されますので、

明日はというか近年は毎年ですけど、

大晦日は総理の椅子に噛り付いた菅くんばりに、TVの画面に噛り付きです。

合間を見て、ブログも休まずに更新しようと思います。

度々言っておりますが、クリスマス~正月にかけてのこの時期は、

中学以降は合宿三昧、勤めていた頃は身体を張ったサービス業のおかげで、

クリスマスも正月もクソも無く仕事でしたし、

投資を始めて以降は見逃せない格闘技観戦・・・

海外旅行、温泉、里帰りといったまともな年末年始を過ごさないことが、

すっかり身体に染み付いているようです。

来年は景気の先行指標でもある格闘技界にも、

今年よりは熱が戻るでしょうから、結局、来年末も同じ様に過ごしているでしょうね。


そういえば今年を含め近年の世界の格闘技界を振り返ると、

やはり景気の先行指標というのは正しいと言わざるを得ないですね。

米国の格闘技界の隆盛、欧州は隆盛とまでは言えませんが、

英、蘭、独はそれなりに活況です。

アジアでもシンガポール、香港、タイ、中国といった具合に、

(韓国に一向に火が付かないのは気になる所です・・・韓国経済はやはり・・・

 いい選手は出て来ているのですが、K-POPと同じで、日本を足掛かりに

 世界に出ているので、韓国国内での興行等の格闘技インフラがイマイチです)

まぁとにかく、他にも中南米を含め格闘技熱が高まっておりますから、

格闘技界からの視点で見れば、景気回復の兆しが見えつつあります。


ということで来年、特に春以降に期待しましょう。

ひとまず一年間お疲れさまでした。


本日は疲れを癒す意味でも、しっとりした曲をお聞き下さい。

っつうか先週も先々週も同じ様な音楽でしたけど・・・もしかして自分が疲れてる?

ま、いっか。

借りぐらしのスパゲッティ・・・ではなく、借りぐらしのギリシャでもなく、

借りぐらしのアリエッティの劇中歌?挿入歌?である、

セシル・コルベルの「 The Neglected Garden」です。


お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ

Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.