FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
アラブ関のはたき込みを警戒しつつ、スリ足寄り切り上昇か・・・
大変な事が起きました!

猫ひろしが東京マラソンで驚異の2時間37分43秒で完走!

以前にも少し触れましたが、ロンドン五輪代表というのも笑えない冗談になってきたりして・・・

どこかで壁にぶつかるんでしょうけど、それにもしても物凄い成長ぶりですね。

芸風に変わりは無いようですけど・・・


そして今日の小向美奈子は「涙ぐんだ」そうです・・・もうええっちゅうねん!


さて今週の相場ですが以下の7項目が注目です。

(経済指標、イベントスケジュール&日柄一覧は文末に貼ってます。)

①中東情勢。(ネガティブ。これ以上の拡大なければ風化)

 週末は大きな進展も無かったので、このままだと材料としての鮮度は落ちつつありますが、
 チュニジア、エジプトも未だに混乱が続いており、原油相場も相変わらず乱高下ですから、
 変わらず相場の足枷となりそうです。

②米雇用統計の結果によるQE2の行方。(ポジティブ)

 結果が悪ければQE3突入の可能性が高まりポジティブ。好結果だとドル高円安転換で
 ポジティブ。つまりどっちに転んでもポジティブです。
 しかしながら予想の範囲内の結果となると影響は軽微ではあるが、
 先週の連銀戦隊ゴレンジャー達の発言を聞く限り、QE2に対する横やりが多くなっており、
 中長期的にはジャブジャブ相場の終焉方向には向かうでしょう。
 結局、FOMCでの投票で決まるわけですから、3/2(水)のベージュブックを見て、
 地域毎の現状把握をすることで票読みもできると思います。
 ゴレンジャー達は自分のお膝元の都合でしゃべっているだけですから。

③ブラジルを始めとする新興国金融政策決定会合によるインフレへの取組姿勢。(ポジティブ)

 利上げに動くなどのインフレに対する強い姿勢が見えると、新興国からの資金シフトは
 続くでしょう。そして強い姿勢を表明するでしょうからポジティブと見ていいでしょうね。

④全人代を控える中国の利上げ等の屁かまし懸念。(やらないでしょうからポジティブ)

 本来ならば利上げしてもいいのですが、中東情勢が多少なりとも波及しているので、
 引き締めなどの株価が下がるような事はしてこないでしょうね。
 むしろ国内向けにアメの様な政策をブチ上げるのではとの観測が、
 週末が近付くにつれて出て来そうですからポジティブでしょう。

⑤ユーロ圏CPI発表&ECB理事会によるインフレへの取り組み姿勢。(ポジティブ)

 ユーロ圏の今の大好物はインフレ警戒ですから、ユーロ円にとっては、
 円安基調の追い風になるでしょうからポジティブでしょう。
 スペイン国債入札、ストレステスト内容公表で一時的には円高へと反応しそうですが、
 あくまで短期的でしょう。スペイン、ポルトガルをデフォルトに陥らせるような事をしても、
 誰も得しないですからね。

⑥予算案不成立懸念による更なる格下げリスク。(短期的にはネガティブ)

 シンプルに考えれば折り込み済とも言えるのですが、これを機に菅内閣の学級崩壊が
 進行して、またしても侃侃諤諤と物議を呼んで、菅菅ガクガクになりそうです・・・
 これを言いたいだけやろとのツッコミを受けそうですが、ふと翌日に目を移すと・・・
 またしてもムーディーズくんのチャラチャッチャッチャチャッチャーライブが控えています・・・
 すんなりと自動車に対する言及だけで済めばいいのですが、格下げ等の余計な事を
 言ってしまうと短期的には反応しますからね。
 ということで長期的にはポジティブですけど、短期的にはややネガティブですね。 

⑦海外材料入り混じりによる不透明さで注目されるファストリ月次と駅探上場。(ポジティブ)

 荒れる中東情勢始め海外イベントが盛り沢山だからこそ、外需が手控えられる中、
 光ってくるイベントとして、3/2(水)引け後のファストリ月次売上、3/3(木)マザーズへの
 駅探上場です。
 今週はリスクを取らないならば、小売を始めとする内需、ネットを始めとする
 新興市場銘柄が面白いでしょうね。


こうして見ると、表面的には中東情勢が足を引っ張りつつ、雇用統計、全人代に向けて

様子見と言った意見がシンプルでしょうね。

しかしながら、①~⑦を読んで頂ければわかると思いますが、予算案不成立以外は

ポジティブですので、中東情勢が前半は鮮度も高いので足を引っ張りつつも、

週後半に掛けて拡大しない限りは、週後半からはジリジリと強い展開ではないでしょうか。

所謂、表面的な様子見と中東情勢が足を引っ張るでしょうからね。

ですので一応、先週にも書きました日柄調整を終えて、上昇に転換しそうです。

いきなりハッケイヨイ残った!との号砲で頭から突っ込むのではなく、

がっちりマワシを掴みにいって慎重な立ち合いになりそうですね。

そしてジリジリとスリ足での寄り切り上昇でしょうね。

中東出身のアラブ力士にはたき込みを喰らわないように注意しながらね。

蚊蛇不意山関(カダフィ)のうっちゃりも要注意ですけど・・・

相撲で表現されてもわからんわっ!との指摘もありそうですが、

とりあえず明日はCMEの値へのさや寄せにして合わせて頭から突っ込むのは

危険だとは思います。

胸を張ってドーンと受け止めないとね。

もしかしたら今夜あたりアラブか米国から八百長メールが届くかもしれませんね。

「立ち合いは強めに、あとは流れで」と・・・

ちなみに私は相撲をやっていたわけではありませんので(他の格闘技はやってましたけど)

あしからず。

相撲は小学生の頃にケツを出すのは嫌だと拒み続けていて、

嫌々ながら出たわんぱく相撲で優勝したことはありますけどね。

決勝は寄り倒されたのですが、恥ずかしながら勇み足で勝ちました・・・

学校から応援に来てくれた人達も苦笑いでしたけどね。

投資でも勇み足には気を付けないとね。


☆今週の経済指標、イベントスケジュール&日柄一覧 

 ついでに日経平均とドル円の日足による日柄的節目も付けています。

 日柄についての詳細は価格調整を含めて書いている先週の記事を御参照下さい。

 国内海外日経日柄ドル円日柄
2/28・1月鉱工業生産・米1月個人消費支出11/2から続く、20日サイクルの4回目である1/31安値から20日目。11/30から続く、14日サイクルの5回目の上昇波である2/16安値から9日目。2/4高値からも17日目。
(月)・1月商業販売統計・米1月中古住宅販売成約
 ・1月自動車生産・カナダ10-12月期GDP
 ・1月石油統計・米2月シカゴ購買部協会景気指数
 ・1月住宅着工戸数・APEC高級実務者会合(~3/13)
   
   
3/1・1月有効求人倍率・米1月建設支出  
(火)・家計調査・米2月自動車販売台数  
 ・1月失業率・米2月ISM製造業景気指数  
 ・1月毎月勤労統計・ユーロ圏2月CPI  
 ・2月新車販売台数・ユーロ圏1月失業率  
     
 ・10年国債入札・バーナンキ議長議会証言  
     
  ・豪州準備銀行理事会  
  ・カナダ中銀金融政策決定会合  
  ・ブラジル中銀金融政策決定会合  
  ・韓国市場休場  
     
3/2・2月マネタリーベース・米2月ADP雇用統計2/17高値から9日目。1/3高値から42日目
(水) ・米ベージュブック
 ・ファストリ2月月次売上発表・ユーロ圏2月PPI
 ・予算案の年度内自然成立の衆院通過期限・ブラジル1月鉱工業生産
   ・豪10-12月期GDP
   
  ・バーナンキ議長金融委員会証言
  ・インド市場休場
   
3/3・10-12月期法人企業統計・米2月ISM非製造業景気指数  
(木)・駅探がマザーズに上場・米2月ICSCチェーンストア売上高  
 ・ムーディーズ、「日本の・米新規失業保険申請件数  
  自動車業界2011年の・ブラジル10-12月期GDP  
   格付上の注意点」について   
  ・ECB理事会  
  ・スペイン国債入札  
     
3/4 ・米2月雇用統計  
(金) ・ブラジル2月CPI  
     
  ・メキシコ中銀金融政策決定会合  
  ・ユーロ圏債務危機への包括的な対応策の準備を支援するための特別会合(ヘルシンキ)   
     
    
     
3/5 全人代開幕  
(土)    
3/6    
(日)    



お手数ですが記事が参考になりましたら、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.