FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
ザワザワながら緊張感のない週末
こんばんはです。

本日は国会の閉幕と共にスガちゃんマンが会見をしており、
すでに報じられている以上の経済対策を発表するのであれば、
素直にコロナ禍の実体経済にとってはポジティブでありますが、
金融市場にはポジティブな反応をする空気は漂っておらず、
結局は中毒患者のようにお薬(追加金融緩和)を待っているのか、
それともコロナのお薬やワクチンを待っているのか・・・

海の向こうも同様の構図ではありますが、
昨夜はファイザーワクチンの生産ペースが鈍化するとのことで、
ダウとナスは引けに掛けて上げ幅を縮小し(輸送株もラッセルも)、
SP500と半導体SOXは小幅安で終えましたが(VIXは小幅上昇)、
本気で嫌気したような商いの増加を伴っているわけでもなく、
金利は程よく低下した程度(程よく債券高)、
為替はリスクオフのドル高(円最強高)ではなくドル安が継続しており、
商品は金属がやや一服しているものの原油は続伸、金は横ばいなので、
リスクオフの空気は漂っておりまへん。

本日の我が国ついても、株式市場はマチマチでしたが、
商いは場中の下落局面でやや膨らんだものの前日とほぼ同水準であり、
株式市場以外は昨夜からの動きが継続しているので、
これまたリスクオフの空気は漂っておりまへん。

昨日も書いた通り、再来週のFOMCまでは、
金利上昇の加速ではなく高止まりすると共に、
ドル高ではなくドル安が継続することでリスクオフを食い止め、
株式市場を含めた市場全体が一服・調整モード程度が続けば、
FOMC以降の実体経済ではなく金融市場だけは、
平和な年末年始を迎えられそうですが・・・

まぁあくまで日米英欧中銀が追加の金融緩和に動くこと、
ワクチン期待や効果が剥げ落ちないこと、
コロナ禍が悪化して国内外の経済活動の規制が拡大しないこと、
これらによって実体経済の回復期待が剥げ落ちないこと、
これらが前提なので、いつどれかが欠けるこで、
金融市場がリスクオフとなってもおかしくはないので、
出来ればスガちゃんマンの追加財政政策だけでなく、
海の向こうでも追加の財政政策が出て来ないと、
いずれかが欠けた場合の下支えが出来ないですからね。

しかも昨夜のファイザーワクチンへの疑念はともかく、
コロナ禍は悪化しており、国内では感染拡大と共に大阪が規制に動いたり、
米国でも感染拡大と都市部での規制が拡大しつつあり、
欧州は感染が減少傾向とは言え、経済活動の規制は継続中、
足元の国内外の経済指標は鈍化しているものが増加中なので、
これらが改善するか、ワクチンが行き渡らない限り、
追加の金融政策だけでなく財政政策も打ち出されないと、
金融市場は先に述べたポジティブシナリオが年内は続いたとしても、
年明け以降がどうなってもおかしくないですからね。

とりあえず日本の取引時間を終え、欧州時間に入った現時点の金融市場は、
スガちゃんマンの会見に対する反応の乏しさは寂しいですが、
リスクオフではなくやや一服ムードが漂っている程度なので、
今夜の雇用統計を無事に通過すると共に、
先に述べた各前提条件が悪い方へ変化していなければ、
平和な週明けは迎えられそうです。

ただしいつ変化してもおかしくない状況に変わりは無いので、
週明けのスタンスとしては、引き続き短期勝負を中心にして、
腰を据えての新たな参戦については、出遅れのバリュー株を拾うに留め、
拾っても買値を割ったり、直近安値を割れば、
さっさと撤退するくらいの迅速&潔さで動きましょう。
もし悪い方に変化すると共にリスクオフでの週明けとなれば、
FOMCまでは慎重に構えるくらいでいいでしょう。

新興市場については、本日もイマイチな商いでの下落となり、
緊張感はなかったので、商い増での下落が継続するまでは、
リスク覚悟で割り切って(アホになって)勝負するのもアリですが、
長期金利の高止まりが続くようだと、
米グロース株と共に新興市場にとっては重石となり、
年末特有の節税対策売り、IPOラッシュに向けた資金準備
との口実もトッピングされがちなので、くれぐれもお気を付け下さい。
資金の集まっているバブリーなテーマ株は御自由にどうぞ。

ということで、良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト



ザワザワ金利の中、短期シナリオも考えつつ
こんばんはです。

来週は欧州、再来週は日米英の各金融政策会合を控え、
揃い踏みの追加緩和観測も台頭しているのですが、
足元ではそれに反するように長期金利が上昇しているので、
11日の米つなぎ予算期限や各国の追加財政政策観測期待を口実にして、
(11日はMSQや米国でのワクチン接種開始も)
各金融政策会合というか総本山であるFOMC(16-17日)までは、
長期金利の上昇が続き、追加緩和の砲撃と共に、
債券が買われて長期金利が低下に転じるのか(グロース株買いも)・・

そして追加金融緩和だけでなく追加の財政政策までぶっ放されると、
実体経済の下支え&回復期待ということでバリュー株も買われ、
結局はクリスマスラリーと言われる展開になるのか・・・

お察しの通り、あくまでポジティブ解釈なシナリオなので、
出来れば足元の長期金利上昇と共に、いっそのことドル高にでもなれば、
各金融政策会合まではグロース株を含め株式市場は厳しくなるものの、
それ以降の債券高・金利低下と共にドル安転換も加わると、
ポジティブシナリオの確度は高まることになりますのでね。
(年明け以降も続くのかどうかは怪しいですけどw)

とりあえず現時点では、長期金利上昇と共にドル安が続いていることで、
グロース株や新興市場の重石になっているだけで(仮想通貨もかな)、
バリュー株、原油、銅を始め他の資源は買われているので、
市場全体としてのリスクオフムードは高まっておらず、
各金融政策会合までの株式市場のガス抜きムードも高まっておりません。

ただしドル安のままであろうとも長期金利の上昇が続き、
11月にザワついた水準の0.96-0.97%水準を超えたり、
1%を超えると、グロース株の売りも強くなりそうなので、
そうなると市場全体のリスクオフムードも高まり、
ドル高に転じることになれば、バリュー株や原油、商品も売られ、
各金融政策会合を前にリスクオフでの債券高・金利低下となってしまい、
先に述べたポジティブシナリにも狂いが生じて来るので、
現状としては長期金利上昇加速で狂いが生じるよりは、
今の水準か少し下の水準で留まっている方が都合は良いとも言えます。

いつも書いている通り、安全なワクチンが世界中に行き渡ると共に、
追加の金融&財政政策も打ち出されることで、
実体経済が早期にコロナ前水準に戻るとは言わないまでも、
回復基調が続くとの確信めいた見方が強くなれば、
この程度の水準の長期金利上昇に悲鳴を上げるはずもなく、
物価や実質金利から見ても、長期金利が1.5%を超えたあたりで、
初めて市場がザワつき始めるくらいだとは思うのですが、
この水準でザワついているということは、
コロナの収束と実体経済の回復基調には懐疑的ということであり、
金融市場との乖離(バブル)を警戒しているとも言えます・・・

ということで、長期金利の上昇加速ではなく高止まりが続くと共に、
ドル安も続くのであれば、グロース株や新興市場には重石になるにしても、
バリュー株や原油、商品の堅調な動きは続きそうですが・・・
もし長期金利の上昇が加速して先に述べた水準を超えたり、
リスクオフの引き金となるドル高に転じるようだと、
市場全体がリスクオフになる可能性が高いと言えますので、
短期勝負を中心にしておきましょう。
ただし明日は週末で雇用統計も控えており、コロナ動向に休日は無いので、
(今夜はISM非製造業、OPECプラス会合もあります)
短期とは言っても週跨ぎを控えるのが無難であり、
腰を据えての新たな参戦は、わざわざ明日に新たな参戦はせず、
週明け以降にしておきましょう。

新興市場については、本日は大幅安ながら商いは減少しており、
意外と長期金利上昇とグロース株売りの流れに強さは感じませんので、
商い増での下落が続くまでは・・・とも言いたいのですが、
明日は週末ではありますので、慎重姿勢を強めておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


銃口を突き付けられながらも
こんばんはです。

本日も株式市場では泡踊り(バブル)相場が続いておりますが、
金利は低金利安定ではなく上昇しているので、
ワクチンや財政政策を期待した債券売り・株買いの健全なリスクオン?
となればいいのですが、ドル高ではなくドル安が続いているので、
悪く言えば、まやかしの健全なリスクオン風味、
良く言えば、金利が上昇とは言え米長期金利は1%も超えてないので、
カネ余りの泡踊り(バブル)モードの範疇と言えます。

だけに・・・米長期金利の上昇と共にドル高へと転じれば、
原油がさらに売られ、他の商品も売られ(仮想通貨も?)、
株式市場ではグロース株主導で売られることで、
一気にリスクオフムードが高まれば、
バリュー株も含め商いを伴っての株売りとなり、
金利上昇を招いていた債券安も債券高・金利低下へと転じ、
いわゆるベタなリスクオフとなるでしょう。

ただしリスクオフの引き金は、米長期金利の上昇なのかドル高なのか、
それともこれらの水準や動きではなく、
ワクチンや経済活動を含むコロナ動向、実体経済動向、政策動向
SQを含む需給動向といったものなのか、
いずれが引き金になるのかわかりませんけど、
水準や動きでは、ドル高に転じるのが最も大きな引き金になりそうであり、
米長期金利については、前回に市場が騒がしくなった11月の水準、
約0.96-0.97%近辺に達すると引き金になる可能性はあり、
その際に短期金利まで上昇するようだと、可能性は高まります。

いかんせん足元ではコロナの感染再拡大の影響を裏付けるかのように、
マクロ指標の鈍化が散見されるので、今週発表される米経済指標を始め
今後の国内外のマクロ指標も鈍化が見られ、コロナ禍の悪化も続くと、
金利上昇には敏感になるでしょうからね(ドル高も)。 

ほんまにワクチン効果が見られるか、追加の政策が出て来ることで、
実体経済の回復基調が継続するのであれば、
米長期金利は1.5%くらいまでの上昇は大丈夫だと思うのですが、
現状はさすがに大丈夫とは言い切れないですからね。
(国内は財政政策期待がある一方でコロナ禍は悪化中です)

ちなみに目先である今週の引き金になりそうなイベントとしては、
昨日も書いた通り、今夜のパウエルFRB議長の議会証言、
ムニューチン米財務長官の議会証言、明日のOPECプラス会合、
週末の雇用統計まで連日の様に続く月初恒例の米経済指標、
来週以降では7日までの中間配当振込ピーク、
10日のECB理事会、10-11日のEU首脳会議、
11日のMSQ、米国でのワクチン接種開始と米つなぎ予算期限、
16-17日のFOMC、17日の英中銀会合、17-18日の日銀会合、
18日の米MSQ、31日の英・EUのブレグジット協議期限、
といったところが日程の決まったイベントですが、
当然ながら日々のコロナ動向や経済活動動向、政策動向、
まさかの大統領選動向といったところです。

ということで、現在はこめかみに銃口を突き付けられたまま、
いつ引き金が引かれてもおかしくないスリリングな状況ではありますが、
世界的な大規模金融緩和という麻薬でラリっていることで、
恐怖心を忘れて泡踊り(バブル)に興じているのも現実なので、
先に述べた引き金となりそうなイベントや金利上昇と水準、ドル高転換、
これらに目を光らせながら、いわゆるリスクオフへと転じるまでは、
引き金を引かれるのも覚悟の上で、泡踊りに興じるのもアリです。
ただし短期勝負を中心にして、腰を据えての新たな参戦については、
出遅れのバリュー株を拾うに留め、拾っても買値を割ったり、
直近安値を割ればさっさと撤退するくらいの迅速&潔さで動きましょう。

新興市場については、先に述べた米長期金利上昇(ドル高も)、
それによる米グロース株の動向の横睨みも重要ですけど、
商い増での下落に転じるまで泡踊りに興じる、
というシンプルな判断で動いてもいいでしょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



またしても泡踊り
こんばんはです。

役職は違えどイエレンおばさんリターンズが決まったようですが、
トランプマンが大ドンデンバイデン返しで勝利するとの見方も・・・
バイデンねんの政策を見れば見るほど、市場にはネガティブであり、
いくら議会が捻じれることで政策が通り難くなったとしても、
トランプマンより市場へ目を向けることは少なくなりますからね・・・

一方でバイデンねんであろうとも誰が大統領になろうとも、
歴史が証明して来た通り、米株の右肩上がりは続く論も多いですが、
現在はかつて経験したことの無いようなコロナ禍の真っ只中ですから、
果たして米株あるあるが通用するのだろうか・・・

まぁ通用しなかったとしても、
現在はコロナバブル相場が続いているのも現実なので、
通用しなかった場合の一発の鉄槌を喰らうのは覚悟の上で
割り切って泡踊りに興じるのも大いに結構ではあります。

そして現在の市場の動きとしても、
昨夜の米株はMSCI等の月末要因はあれど、
半導体SOX以外の米株がゴリラ商いと共に売られ(欧州株も同様)、
ドル高ながら円高にも転じたので、ついに原油や銅、他の資源も売られ、
一気にリスクオフムードが高まって債券高・金利低下も加速か!?
という空気がかなり濃くなったのですが・・・
何やらOPEC総会での減産継続協議がまとまらず、
OPECプラス会合も3日に延期が決まったこともあり、
原油は大して動くこともなく、銅や他の資源は上昇していたので、
リスクオフムードが高まることはなく、債券高・金利低下も加速せず、
月末要因でのチグハグな動きという感じではありました。

だけに月初となる本日以降の動きが重要なのですが、
御存知の通り、本日の日本株は新興市場も含めて堅調に終えており、
昨日のリバランス分を除いた商いと比較してもやや増加しているので、
(マザーズも商いを増加させての上昇)
素直に日本株は堅調だったと言えます。

日本株以外の市場全体の動きを見ても、中国株、アジア株も堅調、
米株先物も堅調(VIXも低下)、欧州株も堅調にスタートしており、
為替はやや円高が気掛かりながらも再びドル安に転じ、
それも追い風に原油が上昇、他の資源も堅調、金や仮想通貨も上昇し、
債券(金利)も落ち着いているので、
いわゆるカネ余りバブルモードの動きではあります。

従って商いも伴いながらこの動きが続くのであれば、
シンプルに商いを伴ったリスクオフに転じるまでと割り切り、
(兆しとしてはドル高、原油安になると要注意です。仮想通貨安も?)
アホになって泡踊りする(乗る)のもアリですが、
連日のように書いている通り、コロナ動向、実体経済動向、政策動向、
これらの動向はワクチンと金融政策への期待はあれど、
正念場を迎えている状況なので、何かのイベント等をきっかけに、
いつ鉄槌が振って来てもおかしくないので、短期勝負を中心にして、
腰を据えての新たな参戦については、出遅れのバリュー株を拾うに留め、
買値を割るか、直近安値を割ればさっさと撤退する、
というくらいの迅速&潔い姿勢で動きましょう。
新興市場は商い増での下落に転じるまで波に乗る、
というシンプルな見方でいいでしょう。

ちなみに鉄槌のきっかけになり得る目先の今週のイベントとしては、
今夜のISM製造業景況指数、パウエルFRB議長の議会証言、
ムニューチン米財務長官の議会証言、3日のOPECプラス会合、
週末の雇用統計まで連日の様に続く月初恒例の米経済指標、
といったところが日程の決まったイベントですが、
当然ながら日々のコロナ動向や経済活動動向、政策動向もあります。
(もしかすると大統領選動向も?)

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



あれこれと正念場感は漂っている週明け
こんばんはです。

本日で11月も終わり、2020年も残すところあと1カ月・・・
コロナの話がちょろちょろ出始めたのがちょうど1年前・・・
発生源となった中国だけが収束に向かっているというのは、
納得がいかないというか疑いの目で見たくもなるばかりです。

中国を除く北半球諸国での感染再拡大が、
経済活動や感染対策の不備以外に気温や湿度の低下が大きな要因ならば、
中国からの感染再拡大が全く聞こえて来ないのは何故なのか・・・
人権・人命無視での徹底的な根絶と共に懲りない隠蔽をしているのか、
こっそりワクチンでも出来たのか、中国4千年の万能漢方でもあるのか、
謎は深まるばかり・・・トランプマンが怒るのも無理はないです。

そして我が国でも足元の感染再拡大によって、
GOTOシリーズの止める止めない論争が巻き起こってますが、
もしGOTOを止めたとしても、一定の効果はあるでしょうけど、
自前で旅行や外食に行く人は居るでしょうから、
どうせ止めるのならば、十分な補償と共に旅行や外食自体を止めないと、
大した効果も意味も無いと思うばかりであり、
ましてやそんなGOTOを巡る政争が続くのもカンベン願いたいものです。

そもそも欧州や米国を見ていると、ロックダウンまでしたにも関わらず、
現在の感染拡大に見舞われているわけですから、
ロックダウンを含む経済活動や人的な移動の制限は、
どこまで効果があるのかも見えないので、
法的な強制力でマスク着用や感染対策を徹底させるか、
いっそのこと潜伏期間の3週間くらいをめどに、
欧米がやった以上のロックダウンでもしないと(十分な補償ありきで)、
ワクチンや治療薬(法)が行き渡るまで堂々巡りが続きそうですからね。
(ロックダウンをしろと言っているわけではないのであしからず)

そしてワクチンや治療薬が行き渡る前に冬を迎え、
感性拡大も止まらなければ、国内外共に追加の金融政策ばかりではなく、
追加の財政政策を打ち出さないと、実体経済はもちろんのこと、
金融市場にもコロナショック第2弾が襲来してもおかしくないです。

何やらガースーおじさんはデカイ規模の追加策を指示しているようですが、
国会で採決されて施行されるのが春前になるとも言われているので、
それだと遅いとしか思えないのですが・・・
時限措置でもいいので消費税を0%にでもすればいいのに・・・
もちろん追加の財政政策自体が難航している米欧諸国も・・・

まぁ12月には日米英欧中銀の金融政策会合もありますので、
追加の金融緩和策が出れば、金融市場だけは急場凌ぎできるとしても、
ほんまに実体経済の方は大丈夫なのかと思うばかりです。

これまではワクチン、治療薬、追加の金融&財政政策への期待と共に、
経済活動のギアも上げていたことで、
先行しすぎ?バブル?と言われながらも金融市場が正解やで!
という見方が多く、正当化されたような動きにもなってましたが、
足元ではワクチンの一部での実用化が目前に迫りながらも、
感染拡大によって経済活動にブレーキが掛かりつつあり、
金融市場の動きにも足踏みが目立ちつつあるので、
コロナも実体経済も金融市場も正念場という感じは否めないです。

ちなみに本日の我が国の市場では、
MSCIのリバランスを含め月末という特殊な需給要因もありましたが、
TOPIXは1.77%安、日経平均は0.79%安と反落、
商いも引けのリバランス分を省いても約2.7兆円だったので、
やや商い増での反落であり(先週末はリバランスを除くと約2.4兆円)、
堅調だったマザーズも先週末に続き、活況とまでは言えない商いです。

足元では緩やかな債券高・金利低下となっているので、
グロース株には追い風、バリュー株には逆風ではありますが、
為替もリスクオンのドル安が続いているので、
ドル高(円最強高)に転じて原油を含む商品が売られると(仮想通貨も)、
緩やかではない債券高・金利低下の加速と共に、
バリュー株が更に売られて一気にリスクオフムードが高まり、
グロース株にも波及するでしょうから(VIXも上昇)、
小難しいコロナや実体経済や政策云々ではなく市場の動きとしては、
まずはドル高に転じて原油安が進むのかどうかが、
リスクオフ突入の先行指標として鍵を握っていると言えます。

見方を変えると、ドル安が続いているならば、
市場全体のリスクオフムードは高まらないとも言えますし、
(まさかの財政懸念による米トリプル安ならばそうとも言えませんが)
バリュー株が売られてもグロース株買い続くこともあります。
日本株目線では少々円高が進むもうともドル安が続ているならば、
同様と言えます。

ということで、市場を取り巻く環境としては、何かをきっかけに、
いつハシゴが外れてもおかしくない正念場の状況ではありますが、
明日もドル安を含む以上の様なカネ余りバブルモードの動きが、
継続しているのであれば(出来れば商い増での株高、VIX低下も)、
割り切って(アホになって)波に乗ればいいでしょう。
ただし短期勝負を中心にして、腰を据えての新たな参戦については、
出遅れのバリュー株を拾うに留め、買値を割るか、
直近安値を割ればさっさと撤退するくらいの姿勢で動きましょう。
もし逆のリスクオフの動きとなっていたり、
ドル高に転じているならば、慎重に構えておきましょう。

ちなみに超目先のイベントとしては、今夜のZoom決算、
明日以降のブラックフライデーとサイバーマンデーの売上速報、
明日はFRB議長とECB総裁の講演、ISM製造業の発表もあります。

新興市場については、せめてマザの売買代金が2000億円以上と共に、
上昇が継続するまで、もしくは薄商いでも直近高値を抜けるまでは、
アホになり過ぎないようにしておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.