FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
海の向こうとは温度差のある週末
こんばんはです。

高い支持率も追い風に順風満帆の船出となったスガちゃん丸ですが、
いよいよ来週の25日(金)には大海原へと漕ぎ出すべく、
国連総会の一般討論演説での世界デビューを迎えます。

ただし残念ながら米国にカチ込むことはなくリモート演説なので、
トランプマンや世界の首脳と直接会っての会談は出来ないですし、
安倍ちゃんマンがNY証取へカチ込み、
「バイ・マイ・アベノミクス」と一発ギャグを披露したように、
「バイ・マイ・スガノミクス」との一発ギャグも披露できないですからね。

しかも安倍政権時代は官房長官だったこともあり、
外交に同行することがなく、沖縄訪問すらもままならなかったので、
海外から見ればミステリアスな存在ではあるでしょうから、
しばらくは幻想を抱かせるのもいいかも知れないですね。

そして満を持してのお披露目というか、自らが赴く外交デビューとして、
安倍ちゃんマンのように米大統領選直後に、
トランプマンであれ、バイデンねんであれ新大統領を訪問すれば、
米国との強固な関係を継続するだけでなく、
国内的にも対外的にもインパクトは残せそうです。
まさか一発目の訪問先にプーチン大魔王ならばまだしも、
ガキデカマン(習近平)だけはカンベン願いたいものです。

そんなミステリアスなスガちゃんマンの高い支持率のおかげなのか、
規制改革を始めとするスガノミクス期待なのか、
昨夜は親分である米国の株式市場が下げたにも関わらず、
4連休前の週末にも関わらず、本日の日本株は上昇して終えており、
お馴染みの子分肌を発揮することもなく、
世界の景気敏感株扱いも感じられない踏ん張りでおました。

ただし商いについては、リバランスによる最後っ屁の嵩増しを除けば、
昨日と同水準のイマイチな商いであり、
為替市場を見ても1ドル104円台に突入しており、
多くの企業想定為替レートである105円を割っているので、
循環物色でのバリュー株買いの足を引っ張ることになり、
結局はグロース株頼みなのかと言えば・・・
昨夜も米ハイテク株、ナスダックの下げは大きく(商いも増)、
親分の米国を始め海の向こうのグロース株売りは続いております。

しかしながらグロース株売りを後押しするドル安は止まっており、
債券も安定(低金利安定)、原油は上昇、金も踏ん張っており、
他の資源はマチマチながら踏ん張っているので、
グロース株さえ戻れば(反発すれば)、
カネ余りバブルモードが再開しそうではあるのですが・・・

そうではなく米グロース株売りが継続し、
さらにドル高も加速して原油と資源も売られると、
バリュー株売り(VIX急上昇)、債券買いの加速、円最強高も加速、
というリスクオフとなってしまいますので、
とにかくグ米ハイテク株(グロース株)の動きがカギを握っております。

そして今夜は米MSQ(引け値清算)、
3月安値の裏でもあるので(日本は本日、米国は週明け)、
大人の都合次第の需給の節目ではありますので(昨夜は新月も)、
4連休明けに理由も無く大きく動いていてもおかしくはないです。

ちなみに来週の動くきっかけになりそうなイベントとしては、
継続しているリスクでもあるワクチンも含むコロナ動向、経済活動動向、
それらを支える金融&財政政策動向(特に日米欧の財政政策動向)、
米中対立動向、米大統領選動向が重要なのはもちろんのこと、
決まったイベントとしては、22日から国連総会の一般討論演説が始まり、
初日にトランプマンと中国が演説、25日にスガちゃんマンの演説、
23日は各国の9月PMI速報値、黒田日銀総裁の会見、
パウエルFRB議長の下院議会証言(コロナ対応について)、
24日は月例経済報告、独IFO企業景況感、米新規失業保険、
スイス中銀会合、財政政策期待もあるEU首脳会議(25日まで)
パウエルFRB議長の上院議会証言といったところです。

以上の通り、週末の日本株は平和な終わり方だったものの、
米ハイテク株を始め海の向こうは(日本にとっては円高も)、
まだ落ち着いたとは言えない状況なので、
米ハイテク株が切り返してカネ余りバブルモードに戻るか、
現状のハッキリしないながらも平和な動きが続くのならばいいのですが、
まさか4連休中に9月あるあるの何ちゃらショックとか、
コロナバブル崩壊(債券バブル崩壊も)にまではならずとも、
米ハイテク株売りから拡大するリスクオフは十分に有り得る状況です。

ということで、連休明けのスタンスについては、
以上の動きに合わせて動くしかないので、
4連休の記事更新はお休みさせて頂きます。

良い連休をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト



FOMCと日銀会合を経て、明日は4連休前の週末
こんばんはです。

昨夜のFOMC、本日の黒光り銀行会合は共に現状維持の結果となり、
両会合の詳しい内容は報道等を見てもらうとして、
FOMCに対する見方は、金融緩和継続やからええやんと好感する一方、
継続すること自体が実体経済の厳しさを物語っているとか、
金融緩和継続期間の見通しが短くなったとか、
追加してくれないとこれ以上のリスク資産高は無理との見方もあります。

黒光り銀行会合に対する見方は特にありまへん(笑)
ただし個人的にはガースー政権と歩調を合わせるような追加策はないの?
せめて共同声明くらいはないの?という残念な思いはあり、
相変わらず現状の金融政策に対する効果切れや手詰まり感も否めず・・・

そして市場の反応としては、昨夜の米国市場では、
FOMCの結果発表直後は好感されたものの、
パウエルおじさんの会見が始まると共に、
米株はグロース株主導で崩れての安値引け、商いも増加しており、
日本時間に入ってからも米株先物は軟調に推移、
欧州時間に入ってからも同様、VIXも上昇しております。

我が国の市場も米株先物の軟調推移、ドル高ながら円高となって、
多くの企業の想定為替レートを割る1ドル104台に突入しており、
欧州時間に入ってからもこれらの動きが継続していることもあり、
日経先物はさらに売られておりますが、
ザラ場の現物市場では商いを伴った大幅下落とはならず薄商いだったので、
ガースー黒光り内閣への期待とか黒光り銀行会合を好感することもなく、
イマイチ緊張感もないままで終えておりました。

そしてドル高が進んだ割には、
金は下落しているものの、原油、資源は踏ん張っており、
金融政策の影響が大きい債券には大きな動きはないので、
市場全体として見ても、全面的なリスクオフの動きではなく、
ややドル高ザワザワ感はあれど株売りの色合いが強いという状況です。

以上の通りなので、FOMCと日銀会合の結果に対して、
市場は消化し切れてないと言えば最もらしい言い方ではありますが、
昨日も書いた通り、短期的には市場全体がチグハグな動きが続き、
判断の難しい状況が続く可能性はありますので、
とにかく株安が続くと共に商いも伴って来るのか(VIX上昇も)・・・
原油、資源にも波及するのか(金売りも続くのか)・・・
それらリスク資産売りを後押しするドル高(円最強高)も続くのか・・・
そして債券高(金利低下)も加わる全面的なリスクオフとなるのか・・・
(最悪は債券バブル崩壊とか米トリプル安ですけど)
それとも単なる押し目・一服に過ぎなかったのか・・・
再び商い増&グロース株主導の株高、原油、資源は崩れず、
それらを後押しするドル安(出来れば円最弱安)、
債券高加速ではなく安定推移(低金利安定)、
というカネ余りバブルモードが再開するのか・・・

現時点ではリスクオフへ傾きそうですが、判断の難しい状況ではあるので、
今夜の海の向こうを経た明日の動きがリスクオフならば、
短期勝負、長期での新たな参戦による4連休跨ぎは控えるべきですが、
現在のリスクオフともドル高ザワザワモードとも言い切れず、
緊張感のない株安が続いていたとしても、
週末は米MSQ、3月安値の裏という需給の節目も含んだ4連休であり、
ほぼ丁半博打に近い状況ですから(本日は新月でもある)、
カネ余りバブルモードが再開でもしてない限りは慎重に構え、
4連休後に再開していたとしても御縁が無かったと割り切りましょう。

新興市場については、昨夜の米グロース株が弱かった割には、
別世界の強さの様な踏ん張りを見せ、資金の循環も見られましたが、
言っても商い増での下落であるのも事実であり、
先にも述べた通り、国内外の市場がハッキリしない状況なので、
明日については、4連休明けのIPO祭を控えた換金売りにも屈せず、
新興が堅調だったとしても、主力大型株と同様の判断で動きましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


3月安値の裏も近づく中、今夜のFOMC後を見据え
こんばんはです。

コロナショックの3月安値から6カ月が経ち、
週末がちょうど3月安値の裏という需給の節目ではあります。
(米MSQも今週末、日本は4連休へカチ込む)
近年と言うか特にロビンフッダーやイナゴーゴーズにとっては、
関係無いような悠長な節目かも知れませんけどね(笑)

そんな中、正式にスガちゃんマンが第99代内閣総理大臣となり、
閣僚も決まりましたが、市場は一時的な反応すらもなく、
商いが増えることもなく、スガスガしいくらいの無風・・・
一方、マザーズは商い増での大幅続伸となったので、
デジタル推しのスガちゃんマンが追い風とも言いたいのですが、
昨夜の米グロース株が強かったことが追い風だった言うのが妥当でしょう。

いかんせん足元の株式市場は、米グロース株がやや売られていたとは言え、
コロナショックの3月安値からのコロナバブルによって、
先にも述べた通り6カ月を要して国内外共にコロナ前水準近辺まで戻し、
しかもコロナ前の状況には程遠い実体経済を置き去りにしているので、
この水準から日本独自のスガノミクスラリーのゴングが打ち鳴らされる、
と言うのは無理があるのでしょうけど、
第99スガちゃん丸の船出としては寂しさも感じるばかりです。

まぁでもスガちゃんマン政権への期待は織り込み済みとか、
失望とかで日本株売りになったわけではないので、
ここからがサプライズを含めた腕の見せ所でしょう。

手っ取り早いアピールとしては、明日に黒田日銀会合があるので、
アベノミクスラリーの開幕時のように、閣僚が日銀会合に出席するとか、
改めて日銀との共同声明を発表するとか、
いっそのこと黒田日銀とガースー黒光り内閣の黒いコラボとばかりに、
追加の漆黒金融緩和をぶっ放せば、スガノミクスラリーアピールに・・・
なればいいのですが、御存知の通り現在の金融市場では、
長きに渡る黒田日銀の過剰な薬物投与(金融緩和)によって、
廃人・・・失礼、薬が効き難くなっている上に、
一向に上昇しない物価からも手詰まり感すら漂っているので、
日本に限っては、過剰な薬物でマヒさせるよりも、
栄養剤を投与(財政出動)するか、構造改革等でメスを入れることこそが、
求められていると言わざるを得ないので、
黒田日銀のお薬効果があったとしても、
一時的にラリる程度で終わりそうです。

そういう意味でも昨日も書いた通り、総選挙が近いとの観測がある限り、
賞味期限の短い内閣だと見られてしまうと共に、
どうしても政策の実現性に対するモヤモヤ感も払拭されないので、
早々にでもスパっと解散して総選挙に打って出ないと、
日本独自のスガノミクスラリーは期待できそうにないです。

ということで、結局のところ現在の市場は海の向こう次第となっており、
まずは今夜のFOMCがヤマ場と言えます。

FOMCの結果に対する観測については、昨日も触れたので割愛しますが、
FOMC後・・・いや明日の昼にも判明する日銀会合の結果後については、
これまでのドル高ザワザワモード(ドル高での株安、資源安)が、
終焉を迎えるとは思いませんけど、
FOMCの結果やパウエルおじさんの会見次第では、
短期的に債券も含めたチグハグな動きが続く可能性はありますので、
今週一杯は本来ならば重要な債券と為替よりも、
シンプルに株と資源の動きを重視して判断した方がいいでしょう。
(好ましいのは低金利安定、ドル安ながら円最弱安のバブルモード)

つまりFOMC後のスタンスとしては、
下落局面よりも商い増での株高、VIXは30以下(現在は25近辺)、
原油と資源も崩れず堅調ならば、株式市場全体としては大統領選まで、
個別は中間決算シーズンまでという目線に切り替え、
短期も長期での新たな参戦も問わず、素直に波に乗ればいいでしょう。
ただし可能性は薄いながらも明日の黒光り銀行の失望リスク、
ちょうど3月安値の裏、米MSQ、日本は4連休入り、
といった節目の重なる週末を機に需給主導の急変リスク、
これらのリスクは頭の片隅には置いておきましょう。
言っても歴史的に9月は良からぬ事が起きがちな時期ではありますのでね。

そして当然ながらFOMC後に逆の展開である商い増での株安、
VIX上昇(30オーバー)、原油安、資源安となれば
シンプルに商い増での株高、原油高、資源高が継続するまでは、
短期も長期も慎重に動きましょう。

新興市場についても同様のスタンスが無難ではあるのですが、
昨日も書いた通り、昨日に続く商い増での上昇(続伸)となったので、
デジタルスガちゃん効果?とグロース株買いの流れだけでなく、
シンプルに新興市場への資金流入が継続と言えますので、
明日も商いを伴った上昇が継続するのであれば、
FOMC跨ぎでカチ喰らうリスクがあることは覚悟の上で、
短期も長期も問わず、参戦するのはありです。
一応、明日は雪国まいたけのIPO、4連休明けに5社のIPOが控え、
新興市場内での資金移動も活発化しそうなスリリングさはありますけどね。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



早期の解散を願いつつ、明日はFOMC
こんばんはです。

明日には組閣を終え、スガちゃんとゆかいな仲間たちのメンバーが決まり、
国会での首相指名選挙を経て、ガースー黒光り内閣が誕生する予定ですが、
まさかまさかの電光石火での解散となれば、
ああでも内閣、こうでも内閣と注目されていた組閣は何やったんやと(笑)

電光石火でなくとも解散機運が高まれば高まるほど、
いくらスガちゃんマンが解散はしまへんと否定したところで、
マスコミや市場は「口ではああ言っても・・・」という空気が燻り、
チームガースーの賞味期限が短いと見られてしまうと、
目新しく素晴らしい政策を掲げようとも、
実行力のあるサプライズな閣僚メンバーが選ばれようとも、
政策期待と改革期待が高まらない可能性があるので、
このまま燻った空気を続けるのではなく、
スガちゃんだけにスガスガしく電光石火で解散してもらった方が、
市場だけでなく国民にとってもスッキリすると思うのですが・・・

もしかすると冬にはコロナの第二波が来るとの観測もあり、
11月には米大統領選も控えているので、
それらに備えてという意味でも解散は早い方がいいと思うばかりです。
なんやったら一気にネット投票も・・・現状は無理ですけど、
デジタル庁も新設するならば、そしてコロナ禍の真っ只中でもあるので、
早期の実現を願いたいものです。

以上の通り、解散総選挙がチラついているせいなのか、
金融市場ではスガノミクスラリーとはならず、
かといってアベグジットのような動きほどでもなく、
イマイチな商いとパッとしない動きを見せている日本株・・・

結局、現在の市場では日本の政治よりも海の向こう次第なのでしょうけど、
昨夜は商い減ながらも米株高、米グロース株も買われ、
VIXも低下(25.85)していたので、
もう少し元気な日本株となってもいいとは思うのですが、
資源は概ね堅調ながら肝心の原油、銅、金が小幅安、
債券は米英の長期債が小幅安・長期金利上昇(短期債高)、
日欧が債券高だった割にはドル安、円最弱安ではなく円高だったので、
日本株の重石になったとも言えますし、何より市場全体の動きとしても、
カネ余りバブルモードでもなく、リスクオフでもオンでもなく、
チグハグな動きだったと言えます。

明晩には金融市場に最も影響する金融政策イベントであり、
金融政策の総本山でもあるFOMCを控え、
明後日にはガースー黒光り内閣誕生を受けて、
一発目となる黒光り銀行会合もあるので(忖度緩和の可能性も?)、
(かつての様に麻生おじさんか経産相が会合にカチ込んだりしてw)
再びカネ余りバブルでGO!のスイッチが入るのか、
もうさすがに効果はありまへん!とか、
政策に変更がないことでお薬(カネ)が足らん!
との禁断症状&催促のリスクオフになるのか、
まさかまさかの引締め観測も含む債券バブル崩壊なんてことになるのか、
それとも結局は無風で通過、大統領選と決算に焦点が移るのか・・・

個人的には無風かリスクオフと見てますが、
なんだかバブルでGO!になりそうな空気も漂っており、
結局どっちやねん!わかりまへん!という状況なので、
わざわざ明日にFOMC跨ぎで大きなポジションは取らず、
FOMC後の市場の反応(動き)を見てから判断するのが無難です。

今夜もアップルイベントやTickTokの買収合意期限、
グーグル絡みの公聴会、イスラエルとUAEの調印式、フェデックス決算、
明日もFOMC前には米小売売上高の発表、
欧州委員長の施政方針演説といったイベントもあります。

ということで、明日のスタンスとしては、
FOMCを跨ぐと言う方は御自由にどうぞとしか言えませんが、
明日は短期勝負もその日限りの勝負に留め、長期での新たな参戦も控え、
FOMC後の市場を見てから動けばいいでしょう。

新興市場についても同様のスタンスが無難ではありますが、
本日は昨日と同水準の商いを伴った上昇となったので、
明日も継続すると、単なるグロース株買いモードではなく、
シンプルに新興市場への資金流入再開と共に、
まさかのデジタル大好きスガちゃんマンも追い風の別世界モード・・・
となる可能性も無きにしも非ずのような動きだったので、
明日も商いを伴った上昇が継続するのであれば、
FOMC跨ぎでカチ喰らうリスクは覚悟の上ならば、
短期も長期も問わず、果敢に参戦するのはありです。
一応、4連休明けに5社のIPOが控えていることも忘れずに。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



結局は・・・な週明け
こんばんはです。

菅部長、岸田課長、石破組合長が争った自民党総裁選は、
順当に菅部長が圧勝、石破組合長はめでたく三位に終わりました。

スガちゃんマンに期待してないわけでもなく、嫌いでもないのですが、
現状はカリスマ社長とかワンマン社長、剛腕社長という感じはなく、
実務能力の高い敏腕社長感がやや漂っている程度なので、
ぜひともイメージとは異なる剛腕ぶりや発信力の高さを見せ、
部長臭を払拭して頂きたいものです。

なんやったら野党としか思えないような政策を掲げる石破組合長に対し、
離党を求めるくらいの・・・それは冗談として、
市場の反応としては、警戒感の強まっていた出尽くし売りはなく、
かと言って瞬間的な御祝儀買いもなかったので、
せっかく自民党の新総裁が誕生したのにこれでええのか?
と複雑な思いにもなりますが、明日の党役員人事、その後の組閣、
そして肝心の施政方針演説を含む政策発表、さらに世論調査、
これらを経てアベノミクスラリーの始まりほどではなくと、
それなりにスガノミクスラリーのような動きとなるのか注目ですが・・・

言っても足元の日本株に限らず世界の株式市場は、
コロナ禍の影響が深刻だった実体経済が回復しつつあっても、
直近のマクロ指標では頭打ち・鈍化を示すマクロ指標が散見され、
株価の根幹でもある企業業績も大幅な減益での着地、
見通しは来期すらもコロナ禍前水準に戻らないと言われながらも、
株価だけはコロナ禍前水準まで戻っており、先取り過ぎている感もあり、
もしかするとワクチン完成を含むコロナ収束や経済活動元通りとなっても、
織り込み済みの売りになってもおかしくない状況ですから、
国内独自のスガノミクスラリーを期待するのは無理がありますので、
結局は海の向こうも含めたコロナと経済活動の動向次第、
それらの痛みを和らげる国内外の金融&財政政策次第、
という総裁選前の状況に元通りしそうですけどね。

そうなると現在の株式市場を含む金融市場にとっては、
コロナと経済活動の動向(実体経済の状況を含む)、米大統領選動向、
米中対立動向も重要ですが、目先としては市場に直結する金融政策動向、
市場と実体経済を支える財政政策動向次第と言えるので、
今週は金融政策の総元締めとも言える15-16日のFOMC、
スガちゃんマン総裁誕生を受けての御祝儀?連携アピール?
となるのか注目でもある16-17日の日銀会合、
(ブレグジット協議がこじれている英国も中銀会合が17日)
それに足並みを揃えるように発表するのか注目のスガちゃんマン政策、
今週から下院が再開する難航中の米財政政策協議が注目であり、
まずは日程的に15-16日のFOMCがヤマ場と言えます。

他にも15日にはアップルイベントやTickTokの買収合意期限、
グーグル絡みの公聴会、イスラエルとUAEの調印式、フェデックス決算、
16日には米GDPの7割を占める消費の指標である米小売売上高の発表、
欧州の財政策動向が見えるかも?な欧州委員長の施政方針演説もあるので、
15-16日はFOMC以外にも騒がしいイベントはありますが、
市場の方向感を決める可能性が最も高いイベントはFOMCであり、
その他のイベントはその方向感を加速させる口実に使われると言えます。

ちなみにFOMCでは政策変更が無いとの見方が大半ですが、
変更が無くとも結果発表やパウエルおじさんの会見をきっかけに、
市場が動く可能性は十分にあり得えます。

ということで明日のスタンスとしては、
残念ながらスガノミクスラリーのような動きはないので、
先週も書いた通り、引き続き目線はFOMCを見据え、
足元の市場の動きとしてもドル高が加速すると、原油安・資源安、
グロース株安(VIX上昇)というドル高ザワザワモードが継続中であり、
ザワザワ加速となればバリュー株も含めた商い増での株安、
債券買い加速、円買い加速のリスクオフとなる可能性の高い状況なので、
ドル高が落ち着くと共に債券も安定(低金利安定)、
原油高、資源高、商い増での株高(足元の米株は商い増での株安基調)
せめてVIXは30以下のままで安定するまでは、
短期勝負はその日限りの勝負に留め、長期での新たな参戦は控え、
動くのはFOMC後くらいの姿勢で構えておきましょう。

新興市場については、本日は米株と同様の商い増での下落、
というシンプルによろしくない下落ではありましたが、
とにかく商いの減少傾向に歯止めが掛からないと自然落下も続くので、
FOMCを含めた国内外の状況も重要ですが、
まずは商い増での上昇が継続するまでは慎重に動きましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.