FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
週末の明日は・・・
こんばんはです。

レイバーデーまでの夏枯れなのか、ジャクソンホール会合待ちなのか、
FOMC待ちなのか、単に貿易戦争等のリスクへの様子見&警戒なのか、
そもそもマクロ環境と業績という裏付けが無いせいなのか、
とにかく足元では日中両国の薄商いだけでなく、
ついに米英欧株も薄商いが続いているので、腰の据わった資金ではなく、
上げるも下げるも需給面での短期的な資金のみという状況です・・・

幸いなことに足元の投機的な需給環境を見ると、
ゴールドだけが価格面でも需給面でも過熱しているものの、
債券は価格がバブル(金利もゴリ下げ)ながら投機的な過熱感はなく、
(そもそも世界的な債券乱発状態ではありますからね)
為替市場はドルロングとポンドショートが積み上がり、
円は2018年以来の買い越しに転じているので、
きっかけさえあれば、金売り、債券売り(金利上昇)、
ポンド高、ドル安ながら円安となる余地が大きい状況ではあります。

そうなると国内外共に過熱感が無いどころかガスが抜けている株式市場、
同じく過熱感のない原油にとっては追い風となりますので、
あくまで足元の投機的な需給環境としては・・・
巻き戻しによってリスクオンの形になる余地が大きいと言えますし、
投機的な巻き戻しが主導する何チャラショックとなる可能性は低く、
株価の急落余地も少ないと言えますが、
いかんせん債券の投機的な需給環境の過熱感が乏しいからこそ、
足元の債券買い(金利低下)が継続し、
最も厄介とも言える現物売りを含む株&リスク資産売りも継続、
というダラダラリスクオフが長引く可能性も有り得ます・・・

従って冒頭で書いた金融政策等のイベントとか貿易戦争の進展とか、
各国の減税を含む景気対策(財政出動)への期待の高まりをきっかけに、
(日本は消費税増税という独自の逆風がありますけどね)
さらに足元のマクロ環境や業績が好転するとの期待も加わり、
緩やかな金利上昇と商いの伴ったリスクオンへとなるのが理想ですが・・

残念ながら現状は貿易戦争に進展は見られず、
足元のマクロ環境と企業決算は、米国がまだら模様なだけで、
日中欧と新興国は鈍化したままという状況なので、
金融政策と財政出動に期待するしかないのですが、
連日書いている通り、財政出動は淡い期待があるものの、
金融政策については、トランプマンの度重なる利下げパワハラによって、
債券市場が過度に米利下げや各国の追加金融緩和を織り込んでいるので、
そもそもパワハラに屈して動いたところで効果はあるのか・・・
むしろパワハラに屈すると中央銀行の独立性や信認低下を招くのでは・・
そうでなくとも貿易戦争が収束せず、財政出動も未発動のまま、
債券が緩やかに巻き戻されるのならばまだしも、
債券バブルが弾けたように一気の巻き戻し(金利急騰)となった場合、
単に実体経済と市場の重石になるだけですから、
巻き戻しも長続きはしないと言わざるを得ないです。

かと言って、トランプマンに反抗するような一手しか打たなければ、
結果的に織り込んでしまっている市場にとっても不十分となり、
失望を招いてもおかしくないですから、
FRBがどっちに動いたところで・・・感が漂っております。

そう言えば昨夜には、トランプマンがパウエルおじさんに対し、
「パターのできないポンコツゴルファーみたいや」と罵っており、
もはや単なる悪口を言っているので、さすがにパウエルおじさんも、
「ワシにばっかり景気鈍化の責任を押し付けやがって、
 お前の貿易戦争こそが原因やがな!
 お前こそゴルクラブをゴルフで使うんやなくて、
 振り回して殴っとるだけやないか!」
とキレる・・・というのはなくとも、
連日に渡るトランプマンのパワハラ&暴言に嫌気が刺し、
まさか自ら辞任するとか言い出したら、
金融市場では何が起きるのかもわかりまへん(笑)

とりあえずパウエルおじさんがブチ切れて辞任するのは冗談半分としても、
現状はリスク動向や政策動向、市場の動きが明確になるまで、
屁こいて様子見するしかない状況であり、
週末でもある明日はジャクソンホール会合も控えているので、
明日はせめてゴリラ商いでの明確なセリクラにでもならない限り、
週跨ぎの短期勝負も腰を据えての新たな参戦も控え、
週が明けてから動けばいいという姿勢で構えておきましょう。
局地的に賑わっている個別でのサーフィンは御自由にどうぞ。
新興市場も同様です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト
屁こいて待つのみ
こんばんはです。

相変わらず海の向こうでは貿易戦争、香港デモ、欧州政治等のリスク、
それらの影響もあって日中英欧、新興国はマクロ・ミクロ共に鈍化、
米国もマクロ・ミクロ共にまだら模様となっていることで、
米FRBの追加利下げを含む緩和的な金融政策動向(英国も)、
日中欧、新興国も追加金融緩和動向に注目が集まり、
さらに米国のインフラ投資ではなく減税示唆、独の減税を含む景気対策、
中国の追加景気対策、一応、我が国の景気対策(消費税増税も)、
といった各国の財政政策動向にも注目が集まっており、
これらのほとんどに対してトランプマンが、
日替わり定食なボヤき(呟き)や難癖、会見を繰り返し、
実体経済だけでなく金融市場においても、
安全資産の債券がバブル化していたり(金も)、
株式市場は国内外共に上げるも下げるも薄商いなので、
バンジージャンプで飛び降りた揺れの最中に過ぎない状況です。

一応、昨日から債券がチビっとだけ売られて金利が上昇したり、
リスク回避な円買いも落ち着いていたり、
株式市場も日本時間に入ってから薄商いながらも踏ん張っていたりと、
落ち着いた(巻き戻しの)動きも窺えますが、
本格反発には程遠い状況です。

ということなのでトランプマンが居なくなれば・・・ではなく、
貿易戦争さえやめて頂くことが、最も手っ取り早い政策なのですが、
今のところやめる気配は全く無いようなので、
マクロ指標と企業決算で実体面での症状を確認しながら、
症状を抑える(麻痺させる)各国の金融政策、
中身と規模次第では栄養剤と治療効果もある財政政策、
これらの政策動向を見極めるしかないので、
まずは今週末のジャクソンホール会合でのパウエルおじさんの講演等で、
米金融政策動向を占う材料が出て来るのかを待っている状況です。

金融政策には言及しないことになったジャクソンホール会合にて、
果たして何か言うのか?結局は9月のFOMCじゃないのか?
という疑問は拭えませんが、足元の債券市場では、
トランプマンの利下げパワハラによって過度に織り込んでいるので、
(株式市場も需給面での過熱感はないです)
大したことを言わずとも、市場は反応する可能性はありますのでね。

そして今週末にはG7サミットも控えているので(24-26日)、
いつもながら具体的なことは何も決まらないサロンで終わるのか・・・
それとも各国が協調して財政出動の姿勢でも見せるのか・・・
という淡い期待もある状況です。
その場には中国とロシアは居ませんけどね。

そう言えば、何気に注目していた本日発表の7月訪日外客数ですが、
中国に次ぐ客数の韓国からは減ったものの、中国、フィリピン、
ベトナム、ロシア、スペインからの客数が大きく伸びたことで、
全体の客数としては過去最高を記録しているので、
ひとまず日韓関係はこちらから譲歩する必要もないかと・・・(笑)

まぁそれだけではない日韓関係はともかくとして、
足元のマクロ指標の悪化が目立つ中国からの訪日客が、
全く衰え知らずというのは意外と言うか、
中国はさほどダメージを受けてないのか?という安心感もある一方、
米国との貿易戦争では譲歩する必要もない?という懸念も・・・

とにかく日本人の消費がパッとしない上に消費税増税も控えているので、
訪日客に衰えが見られないのはありがたいことですが、
海の向こうでは中国や英国、独を始め欧州でも減税の動きがあり、
米国までが追加減税を示唆しているのですから、
安倍ちゃんマンには減税とまでは言わないまでも、
消費税増税だけでも何とかならんのかと思うばかりです。

ということで訪日客の堅調ぶりはあれど、
国内環境が低調なことに変わりなく、消費税増税という逆風もあり、
海の向こうは先に述べた通りの状況です。
金融市場は落ち着いた風の動きもありますが、ほんの少しであり、
株式市場は本格反発には程遠い薄商いが続いており、
まだまだまバンジージャンプの揺れの最中ですから、
何を言うのか言わないのかも怪しいながら、
動くきっかけになるかもしれないジャクソンホール会合を、
待たざるを得ない状況でおます。

従って理想的な緩やかな金利上昇(円安も)と共に、
商いを伴った株高となるなり、せめて揺れが収まらない限り、
割り切った短期勝負とか賑わっている個別勝負に留め、
腰を据えての新たな参戦は控えておきましょう。
少なくともジャクソン・ホール会合明けまでは。
新興市場も同様です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



いずれにせよジャクソン・フリーホール?
こんばんはです。

相変わらずガキ大将(トランプマン)はパウエルFRB議長に対し、
罵詈雑言を含むパワハラが日増しにエスカレートしております。

前回のFOMCでは忖度?パワハラに屈した?かのように、
25bpの利下げを行ったものの、債券以外の市場には反応が無く、
そもそも実体経済への効果も見えなかったことに苛立ったのか、
ついにトランプマンは100bpの利下げをしやがれ!
QEもやらんかい!と言い出しております・・・

せめてこっそり電話とか密室で圧力を掛けるのならばまだしも、
ツイッターや会見といった場で声を荒げているので、
パウエルおじさんとしては、利下げに踏み切れば忖度したと言われ、
中央銀行としての独立性や信認低下を招いてしまいますし、
かといって反旗を翻すように利下げを見送ったり、
トランプマンが満足しないような利下げに留めると、
現在の市場は声のデカいトランプに合わせて織り込みに行っているので、
金融政策による実体経済への影響云々とかよりも、
金融市場への影響というか失望を招き兼ねないですから、
パウエルおじさん(FRB)がどのような一手を打とうとも、
市場はネガティブに反応しそうなのですが・・・

まぁでも市場がパウエル教よりもトランプ教を信仰しているのであれば、
パウエルおじさんが圧力に屈したような一手を打つと、
市場もトランプマンバンザーイ!USA!USA!となりますけど、
もはや市場ではトランプ教信者が過半数とまでは言えないですからね・・

っつうか、そもそも現在の市場では金融政策よりも、
トランプマンの仕掛ける貿易戦争こそが、
足元の景気鈍化の要因だと思っているでしょうから、
やはりトランプマンこそが貿易戦争を収束させるべきと思うのですが、
当の本人は自らの貿易戦争による景気鈍化の責任は棚に上げ、
さらに自らFRB議長を指名した責任も棚に上げたまま(忘れた?)、
パウエルおじさんに対して罵詈雑言を含むパワハラを激化させているので、
トランプマンが振り上げた拳を下すとの期待は早計でしょう。

以上の通りなので、トランプマンが拳を下さない限り、
パウエルおじさんはどっちに動こうとも市場が失望しそうなだけに、
今週の注目イベントとなっているジャクソン・ホール会合は、
下手をすればジャクソン・フリーホール会合になる覚悟も必要です。

そういう意味では、ジャクソン・ホールで下手なことはしゃべらず、
というかルール通りに金融政策には言及しないことが無難なのですが、
いかんせん市場が利下げを織り込んでいるのか、
シンプルに景気鈍化を織り込んでいるのか、
債券バブルと言える世界的な金利低下を招いているので、
何も言及しなかったとしても、動くきっかけにはなりそうですからね。
(足元の投機的な需給環境も、国内外共に過熱感はないだけに)

もし動くんだしても、いつも書いている通り、
緩やかな債券売り(金利上昇)と共に、
株買い・リスク資産買いとなることが理想なのですが、
債券はバブルだけに急激な巻き戻しとなって金利が急騰すれば、
ある程度の金利水準までは、足元の需給環境も追い風に、
一時的に債券売り・株買いが加速することはあっても、
景気の先行きに影響する貿易戦争が収束してないままだと、
実体経済にとっては金利上昇が重石となってしまうので、
遅かれ早かれ金融市場も悲鳴を上げることになり、
巻き戻しも長続きはしないでしょう。

とにかくトランプマンが貿易戦争を収束させるか、
各国が協調して有無を言わせない規模の財政出動にでも踏み切らない限り、
金融政策の効果自体が怪しく、どっちに動こうとも袋小路状態なので、
今回だけはFRB(金融政策)に刃向かうな、素直に従え、
という定番の見方は通用しない可能性も覚悟しておきましょう。
少なくともジャクソン・ホール会合を通過するまでは・・・

特に我らが黒い銀行の金融政策に至っては手詰まり感がある上に、
我らが安倍ちゃんマンの財政政策(景気対策)も不十分と言われ、
米国がさらなる減税、中国や独までが減税との観測がある中で、
逆行する消費税増税に向かおうとしている国なので、
FRBの金融政策云々を含む海の向こうの事情だけでなく、
そもそも国内に問題があるとも言えますからね・・・
(何気に明日発表の訪日外客数は、国内消費という目線でも注目)

本日の我が国の市場を見ても、個別の局地的な賑わいがあったり、
値上がり銘柄数が多かったり、売られていたものが戻しているものの、
相変わらず限界集落のような激薄商いでの上昇であり、
(中国市場も我が国の新興市場も)
誰も本気で腰を据えて買っている感は無く、
需給面での都合による短期的な動きに過ぎず、繰り返し書いている通り、
8月からのバンジージャンプの揺れの最中に過ぎないです。

ということなので、せめて揺れが収まるなり、
理想的な緩やかな金利上昇(円安も)&商いを伴った株高となるまでは、
割り切った短期勝負とか賑わっている個別勝負に留め、
腰を据えての新たな参戦は控えておきましょう。
少なくともジャクソン・ホール会合明けまでは。
新興市場も同様です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



盆明けも変わらぬ構図
こんばんはです。

屁こいて一週間休んでたので、やや浦島太郎状態ですが、
相場の方では、親亀にまたがるトラ島太郎がボヤいたり、
米英で2年と10年債利回りの逆イールドが起きたり等、
騒がしい状況が続いておりますが・・・

日本株(指数)の水準自体は、盆休み前と大して変わり無く、
閑古鳥が異常繁殖している薄商いも変わりはなく、
さらに国内外の市場を取り巻く環境や構図自体も変わりなしでおます。

結局のところ足元のマクロ環境と業績は、日中欧と新興国の鈍化が顕在化、
米国だけがマクロ環境はまだら模様(景気の先行指標は鈍化)、
米企業決算は増益で着地というかろうじて抜け駆け状況(構図)なので、
親亀である米国が日中欧・新興国の子亀達を牽引してくれればいいけど、
こういった構図に陥った原因の一つが、
親亀にまたがるトランプマンが子亀達をイジメる構図の貿易戦争だけに、
(もう一つの原因は昨年末までの米欧金融引締めでしょうけどね)
さすがにイジメ(貿易戦争)を止めないことには、
親亀が牽引するには限界があると言えます。

しかも足元のマクロ指標等を見る限り、親亀すらも怪しくなっており、
まさに親亀こけたら子亀までという最悪の構図もチラついております。

そんな構図(状況)を回避すべく、米FRBが利下げに踏み切ったものの、
時すでに遅しなのか、今のところ残念ながら効果は見えず、
それを見たイジメっ子のトランプマンは自らの貿易イジメを棚に上げ、
FRBに対して利下げが足りひんねん!と言葉の暴力を繰り返すことで、
市場ではイジメられっ子キャラのパウエルおじさん率いるFRBは、
どうせイジメに屈するだろうとの観測が高まると共に、
先に述べた親亀もこけそうな景気も鑑みてなのか、
米債券市場では逆イールドを含む金利低下が続いている状況です・・・

逆イールドに対する様々解釈や見方が飛び交っておりますが、
金利が歪な構図であると共に債券バブル状態であることは事実であり、
少なくとも金を貸す側(金融機関)には百害あって一利なしですから、
いくら何でも好意的に解釈するのは早計と言わざるを得ないです(笑)

逆イールドに対する解釈はともかく、親亀に対して子亀達は、
親亀の更なる利下げ観測を看過する訳にもいかず、
さらなる金融緩和姿勢を強め、世界的に金利が低下しているものの、
これまた今のところ効果は見えておらず、我が国に至っては、
黒ちゃんのイールドカーブコントロールはどこへ行ったのやら状態であり、
手詰まり観測すらも漂っております・・・

以上の通りなので、イジメっ子の貿易戦争さえ止めて貰えば、
好転するとは思うのですが(時すでに遅し説は置いといてw)、
主役である米中間は歩み寄るどころか拗れたままであり、
弱い立場と見られている中国も香港での騒動によって、
色んな面で対内的にも対外的にも弱腰姿勢を見せられない状況であり、
米欧間、米印間の通商協議も拗れたまま、
日米間の協議はこれから本格化する状況なので(円安誘導も厳しい)、
現状は各国の財政出動・景気対策か(我が国は消費税増税撤回も)、
更なる米利下げ&各国の追加金融緩和に頼るしかない状況です・・・

一応、先週には中国と独の景気対策観測が高まっておりますが、
中国はこれまでにも断続的に景気対策を打っているのに見ての通りであり、
ユーロ圏の親亀である独が頑張ったところで、
子亀達は大丈夫なのかというか、財政規律という縛りがあるので、
財政問題を抱える南欧諸国は独におんぶにだっこ状態ですからね・・・

そして世界の親亀(米)の巨額なインフラ投資は頓挫したままであり、
少なくとも米議会が再開しないことには動かないでしょうし、
我が国は景気対策を打ち出す予定でありながら、
見ての通り市場は不十分と見ているからこその反応な上に、
世界の潮流に反する消費税増税というドMプレイも控えている状況です。

いやはや・・・もはや効果も怪しい金融政策よりも、
不十分とも見られている財政出動よりも、
貿易戦争さえ収束すればええねん・・・と思うばかりですが、
愚痴っていても仕方ないですし、こういう構図が変わらないのであれば、
市場の動きで判断するというか、合わせて動くしかないです。

現在の債券市場を見る限り、先に述べた通りのバブル状況なので、
一気のバブル崩壊(巻き戻し)による金利急騰(債券売り)ではなく、
緩やかな巻き戻しによる金利上昇に転じるまで・・・
(債券と共に安全資産として需給的にも過熱してバブルとなっている金も、
 緩やかな下落へと転じるまで)
それに合わせてドルが買われ、リスク回避な円買いも止まるまで・・・
そして株式市場は、足元の反発は国内外共に薄商い(商い減)であり、
バンジージャンプの揺れの最中に過ぎないので、
商いを伴った上昇基調に転じるのが理想ですが、
せめて揺れが収まるまでは(原油、商品も同様)、
手出し無用とまでは言いませんが、せいぜい短期での勝負に留め、
腰を据えての新たな参戦は控えておきましょう。
新興市場も同様でおます。

ちなみに今週は22-24日にジャクソンホール会合があり、
23日にはパウエルおじさんが講演するようなので、
バンジージャンプの揺れが収まるか、
下にトランポリンでも置いてくれるきっかけになればいいのですが、
近年の会合を見る限り、過度な期待は禁物でしょう。
厳密には会合での金融政策への言及は禁じられているので、
景気見通しに対する言及くらいしか期待は出来ないのかなと・・・
だけに、しつこいようですがトランプマンが、
今週に協議する日米も含め、貿易イジメを止めてくれとは言わないまでも、
譲歩する姿勢だけでもチラ見せしてくれると、
トランプだけにトランプリン・・・トランポリンとなりそうですが、
これまた過度な期待は禁物と言うか、
貿易戦争がどうなるのかは誰にもわからないので、
事が起きてから動くしかないですけどね。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


盆休み
おはようございます。

今週は屁こいて盆休みとさせていただきますので、
記事の更新もお休みさせて頂きますが、
せっかくの盆休みも台風で台無しとなってしまいそうで・・・

とは言っても盆休みは学生時代の同期ゴリラと飯を食ったり、
麻雀をすることくらいしか決まっておらず、
遠出はいつもながら思い付きで決めようと思っているので、
今のところは台風を様子見している状況です。

市場の方も悪い意味での盆踊りのような相場が続いており、
先週末時点でも盆踊り相場が続いていたので、
呑気に盆休みを取るのが勿体ない気もしますが、
屁こいてゆっくりと休ませて頂きます。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





Copyright © 2019 不沈艦日記. all rights reserved.