FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
今宵で火消しとなるか火に油となるか
こんばんはです。

現在も金利びんびん物語(金利上昇敏感相場)が続いており、
昨夜は金利上昇と共に米株はグロース株が大幅続落、ダウとSPも続落、
本日の日本株も日経平均とマザは大幅反落、TOPIXも反落、
ナス、SOX、日経、上海は先週末安値も割っており、
国内外共に商いも増加しております(VIXも上昇)。

そしてドル高となったことで(円最強高ではなく、豪ドルも堅調)、
堅調だった商品も売られ、金はさらに続落しているのですが、
原油だけは堅調なので(仮想通貨も踏ん張っている)、
ゴリゴリのリスクオフにまでは至ってないとも言えます。

だけに、原油が崩れてしまうと一気にリスクオフムードが高まり、
ドル高も加速すると共に(円最強高)商品売りも加速し、
金利も程よい低下・安定ではなく一気に低下(債券高)となることで、
バリュー株も含めた商いを伴う全面的な株安、
というベタで分かりやすいリスクオフになりそうですが・・・

今夜に講演を行うパウエルFRB議長が、
改めて金融緩和姿勢を示すことで程良い金利低下・安定となったり、
OPECプラス会合をきっかけに原油がさらに上昇すると、
リスクオフムードが和らぎ、ドル安にも転じて商品が買われ、
グロース株主導での株高に転じる可能性も十分に有り得ます。

もし金融緩和姿勢を示すことに変わりはないものの、
昨夜に発表されたベージュブックよりも悲観的な景気観測を示すと、
足元の米経済指標もやや鈍化しているだけに、
シンプルに実体経済を嫌気するリスクオフ加速も有り得ますし、
(雇用統計まで低調、原油まで崩れるとまさに火に油となります)
かと言って必要以上に足元の金利上昇を容認してしまうと、
現在の金利びんびん物語が継続するでしょうし、
下手をすれば債券売り(金利上昇)加速・株売り加速(ドル売りも)、
という未知数な展開も有り得ます。

しかも何やらえげれす(英国)では大規模な財政出動の穴埋めの如く、
法人税増税に踏み切るようですから、
英国と同様、大規模な財政出動を行っている国々でも(日本は最大)、
増税論が台頭してくると、金融市場だけでなく実体経済にも重石となり、
火に油を注ぐ格下げ等で財政悪化懸念までが台頭し、
(ちょうど米追加財政法案も審議中だけに格下げ爆弾の可能性も)
まさかの債券バブル崩壊となれば、いわゆる悪いどころか、
最悪の金利上昇加速となり、どこで収束するのかもわからなくなります。

以上の通りなので、週末でもある明日のスタンスとしては、
今夜にパウエルおじさんが火消しおじさんとなり、
金利も低下・安定し、結果的に原油の堅調ぶりが正しかった!
ドル安、商品高、商いを伴う株高のカネ余りバブルモード再開や!
という動きになれば、素直に乗ればいいですが、
パウエルおじさんが放火魔となったり、放火魔にならずとも、
シンプルに市場がベタなリスクオフの動き、
まさかの債券売り・株売り(ドル売りも)の動きとなれば、
調整は長引くだろうくらいの見方で慎重姿勢を継続しておきましょう。
(来週のECB会合や再来週のFOMCや日銀会合が注目とも言えます)

そして現時点のはっきりしない金利びんびん物語の動きが継続とか、
いわゆる良い金利上昇論と共に株買いになったとしても、
(個人的に金利上昇は重石になるとしか思えないですけどね)
グロース株が下げ止まって上昇が継続するまでは、
バリュー株を拾うだけに留めておきましょう。

新興市場も同様です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト



悲鳴は継続中
こんばんはです。

長期金利は先週末をピークにやや下げておりますが、
昨夜の米株はバリュー株が踏ん張ったもののグロース株が売られ、
本日の我が国でもバリュー株が反発したものの、
グロース株、新興市場が売られております。

さらに先週末から堅調だったドルが昨夜から売られたことで、
商品も概ね反発したのですが(仮想通貨も)、原油は軟調なままです。

つまり米長期金利上昇に悲鳴を上げたグロース株、
ドル高に悲鳴を上げた原油は、未だに悲鳴を上げたままなので、
まずはこれらの悲鳴が止まないことには、
足元の金利低下とドル安は不十分と言うことであり、
カネ余りバブルモード再開とは言えないです。

かといって、踏ん張っているバリュー株も上昇局面では商いが減少、
下落局面では商いが増加する売りゴリモードは続いているので、
バリューシフトというにも心許ない動きであり、
最近になって散見される良い金利上昇論による債券売り(金利上昇)、
株買い・リスク資産買いという健全な動きとも言えないですし、
繰り返し書いている通り、コロナ禍から回復半ばの実体経済にとって、
金融機関以外は金利上昇が重石になるだけですから、
私としては良い金利上昇論というのは謎としか思えないのですが・・・

脳味噌筋肉ゴリラの私が謎に思うのは置いといて、
各国の中央銀行の大規模金融緩和継続姿勢自体に変わりはなく、
昨夜のブレイナードFRB理事を始めとするFRBメンバーも、
改めて緩和継続姿勢を示す講演も続いているので、
リスクオフによる一気の債券買い・金利低下ではなく、
このままジワジワと債券買い・金利低下が続くと、
どの水準なのかはわからないですが、いずれはグロース株が買われ
ドル安も進めば原油・商品も買われるカネ余りバブルモードが、
再開する可能性はあり、実体経済にとっても好ましいと言えますので、
現在は良いガス抜きが行われていると見ておきましょう。

もし原油安が止まらず、バリュー株にも波及し、
リスクオフムードが高まることでグロース株売りにも拍車が掛かり、
ドル高と共に一気の債券買い・金利低下というリスクオフになっても、
ガス抜き(調整)に時間は掛かるでしょうけど、
いずれはカネ余りバブルモードが再開すると言えますので、
くれぐれも債券売り・金利上昇、バリューすらも売られる株売り、
という財政悪化懸念なのか歯止めの効かないインフレ懸念なのか、
中銀すらもコントロール不能になるような動きにだけには、
ならないことを願うばかりです(可能性は極めて低そうですけどね)。

ちなみに市場が動くきっかけになりそうな今週イベントとしては、
連日のように書いているので詳細は割愛しますが、
明日はパウエルFRB議長の会見が控えているので、
改めて緩和姿勢を示すことで金利が落ち付くと共にドル安も継続し、
悲鳴を上げているグロース株と原油が切り返すのかが注目と言えます。
同じく4日にはOPECプラス会合、週末は雇用統計、
来週はMSQ、再来週にはFOMCや日銀会合、米MSQもあります。

ということなので、明日のスタンスとしては
一気ではなく安定した金利低下(債券高)、ドル安の継続と共に、
原油高、商品高(仮想通貨高も)となり、
グロース株主導の商いを伴う株高へと転じるならば、
ダメならば即座に撤退する姿勢で打診程度に参戦するのはアリですけど、
言っても明日だけではアテにならず、継続は力なりですから、
せいぜいバリュー株を拾う程度に留めておくのが無難です。

当然ながらシンプルにリスクオフの動きが継続、
もしくはグロース株と原油の売りが続いているならば、
明晩のパウエルおじさんの講演を受けて、
市場がどう反応するのかを見極めてから動くくらいでいいでしょう。

新興市場も同様です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



売りゴリスクオフ基調は継続中
こんばんはです。

昨夜の米株の大幅反発なんか知るかボケナス(ダック)!
とばかりに寄り天唐竹割りとなった日本株・・・
日経平均は先週末に商いを伴った1202円安、
昨日が薄商いでの697円高、本日は商いやや増での255円安、
さらに2月高値以降は下落局面で商いが膨らんでおり、
TOPIXもほぼ同様なので、超シンプルに日本株目線だけで見ても、
売りゴリ基調が継続していると言えます。

海の向こうについても、昨夜の米株は商い減での大幅反発(英欧中も)
為替市場ではリスクオフ風味とも言えるドル高が続くと共に、
ついに原油も銅も商品も売られ、金も売られており(仮想通貨は堅調)、
それらのきっかけとなった金利については、昨夜は低下しているので、
金利上昇騒ぎは落ち着いたか・・・という意見も見られますが、
(変わらず良い金利上昇論も溢れてますけどね)
繰り返し書いている通り、株や原油・商品のリスク資産売り、
ドル高が加速すると共にリスクオフとなれば、
程良い債券高・金利低下&安定では留まらず、
安全資産として一気の債券高・金利低下となります(円最強高にも)。

ただし今のところは程よい債券高・金利低下にも見えますので、
いずれは金利低下バンザーイ!金融緩和効果や!
カネ余りバブルモード再開や!となる可能性も十分にありますが、
ひとまず現在の商い増での株安、原油安・商品安、
ドル高が止まると共に、金利(債券)も程良い低下で安定するまでは、
売りゴリスクオフ基調が続いていると見ておきましょう。

そして可能性としては薄いと思いますけど、
財政悪化懸念とか歯止めの効かないインフレ懸念によって、
債券売り(金利上昇)・株売りが加速する展開になると、
コントロール不能と言うか(特に中銀の)、
実体経済と金融市場のダメージがどれほどのものになるのかも、
未知数となる最悪のシナリオとなり、
そうなると金融市場に対する厳しい世論も沸騰するでしょうから、
規制強化や証券課税の増税論も急速に台頭しそうです。

ということなので、未知数な最悪のシナリオはともかくとして、
先にも述べた通り、売りゴリスクオフ基調自体が止まるまでは、
慎重に構えておきましょう。
本日はマザが上昇しましたが、新興市場も同様でおます。

ちなみに昨日も書いた通り、今週は週末の雇用統計を始め、
月初恒例の米経済指標特盛ウィークであり、
(昨日のISM製造業や各国のPMIは堅調)
米小売企業の決算(昨夜のZoom決算は堅調)、
そして今夜のブレイナードおばさん(FRB理事)、
明日のパウエルおじさん(FRB議長)を始め、
FRBメンバーの講演も特盛状態であり、
明日はリスクマネーの影響が大きい原油に関わるOPECプラス会合、
中国では5日に全人代が開幕、
継続中の米追加財政政策の上院での審議・採決(可決予定)、
と注目イベントが万遍なく控えてますが、
足元の金融市場は金利上昇をきっかけにグロース株主導で株が売られ、
金利上昇の重石を軽減していたドル安からドル高に転じたことで、
原油・商品、バリュー株も売られた・・・
と言う顛末なので、これらのイベントを受けて
最も重要なのは金利動向に変わりはなく、
目先としてはシンプルにリスク資産売り自体が止まることですけど、
ドル安に転じて原油・商品が戻すようだと(仮想通貨高も)、
リスクオフムードが和らぐのも事実なので、
目先の鍵を握っているのはドルと原油とも言えますけどね。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



心許ないリバウンド
こんばんはです。

足元で我が国の感染者数の減少が続いておりますが、
緊急事態宣言前から減少しており、ワクチン接種は始まったばかり・・
果たして緊急事態宣言に意味はあったのか?
ワクチン接種って必要なのか?とも思ってしまうので、
一体何が原因で減少しているのかを解明して頂きたいものです。
(専門家もわからなければ仕方ないですけどね)

そう言えばシンガポールのワクチン接種は、
高齢者と子供は後回しらしく、最初はさすが明るい北朝鮮、
弱い人達を切り捨てるのか?なんて思いましたが、
よくよく考えてみると・・・
高齢者や子供には行動規制を強いる一方で、
経済活動を担う世代に優先して接種することで経済を回し、
家庭内感染も予防できると言えるので、
理に適ってるなとも思うばかりです。

もちろん独裁国家ならではの強権による行動規制が可能なので、
我が国を含む民主主義国家では、行動規制にも限界がありますし、
特に高齢者を後回しにすると大騒ぎになって政権支持率も落ちるので、
ほぼ不可能に近いのでしょうけど、
シンガポールは逆の発想というか理に適ってるなと思った次第です。

あ、ちなみにシンガポール政府の真の意図は知らず、
あくまで想像なので、もし単なる切り捨て政策ならばすいません(笑)

てな感じで、少なくとも世界的に感染者数が減少していること自体は、
喜ばしいことであり、経済活動にも追い風となりますが・・・

だからこそ、何度も繰り返し書いている通り、
足元の金利上昇だけは、回復に向かっている経済活動にとっては、
重石&足枷になるだけであり、金融市場にとっても、
都合よく解釈されがちではありますが、
リスク性の高い資産にとっては重石になりますし、
実体経済への影響が現れて来ると、さらなる重石となりますので、
よく見かける良い金利上昇という解釈だけは、
金融市場だけの目線なのでは?という危うさを感じます。
コロナ禍の実体経済において、金利上昇を喜ぶ人達は、
まだまだ極めて少数だとしか思えないですから、
せめて半数が喜ぶくらいまで回復しないと・・・とは思うばかりです。

まぇ百歩譲って米国は投資人口が高いので、
実体経済に対する金融市場の活況効果も大きいと言えますけど、
一部では増税論も燻っていたり、
金融&GAFAMへの規制論まで根強いですし、
残念ながら我が国の投資人口は米国に遥か及ばないので、
黒ちゃんが頑張って金利を抑えた方がいいとは思うばかりです。

そういう意味では次回(3月18-19日)の金玉政策決定会合にて、
出口が見えず爆弾化しつつあるETF買いを縮小するのは良しとしても、
現時点ではYCCを含む追加金融緩和に動くことで、
低金利で安定させることが必要だとは思うのですが・・・

ちなみに本日は日銀株(出資証券)がS高となっており、
日銀株が顕著な上昇となったあとの会合では追加緩和に動く?
なんてアノマリーがあったような気もしますけど、
記憶が曖昧過ぎて怪しいですけどね(笑)

ということで、世界的にかつてない大規模金融緩和状態であり、
各国中銀の緩和姿勢も継続しているにもかかわらず、
足元で金利が上昇していること自体にも違和感がありますし、
実体経済も大規模な財政出動効果とワクチン効果はあれど、
コロナ禍からの回復途中にも関わらず、謎の良い金利上昇論と共に、
金融市場の活況も継続するとの見方が多かったり、
先週の荒れ模様も押し目に過ぎないとの見方も多いのですが・・・

私ごときがケチを付けたところで仕方ないですし、
市場参加者としては市場の動きに従うしかないのですが、
少なくとも本日時点の市場の動きを見る限りでは、
先週の荒れ模様が収まったとも押し目だったとも言えないです。

従って明日のスタンスとしては、
金利がリスクオフでの一気の低下(債券高)ではなく安定し、
リスクオフ風味のドル高(円高)ではなくドル安、
原油、商品の堅調とは言わずとも下げ止まり(仮想通貨も)、
本日のような株式市場の薄商いでの反発ではなく商い増での上昇、
もしくは先週の下落分を帳消しする上昇となるまでは(VIXも低下)、
金利上昇重石(悲鳴)相場は継続していると見ておきましょう。
新興市場も同様です。

ちなみに今週は今夜の米ISM製造業や週末の雇用統計を始め、
月初恒例の米経済指標特盛ウィークであり、
米企業決算も今夜のZoom、米小売企業の決算、
そして4日のパウエルFRB議長を始めFRBメンバーの講演も特盛、
下院を通過した米追加財政策の上院での審議・採決(可決予定)、
中国では5日に全人代が開幕と注目イベントは多いですが、
結局は金利動向が最も旬の材料なので、
経済指標やパウエルおじさんの講演をきっかけに、
物価や金融政策の方向性と共に金利の動きが焦点と言えます。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



重石が降って来た週末
こんばんはです。

コロナショックからちょうど一年が経過した翌日でもある昨夜は、
米長期金利がコロナ禍前の水準まで上昇しただけでなく、
一時的(フラッシュクラッシュ気味)に1.6%を超える場面があり、
イールドカーブ自体は縮小したわけではないですが、
これまで抑えられていた短期・2年金利も上昇しており、
ややドル高にも転じているので、さらに短期・2年金利の上昇と共に、
ドル高が進行することになれば、米バリュー株の重石となるだけでなく、
これまで踏ん張っていた原油、銅、商品(仮想通貨も)にも重石となり、
これらが崩れると、さらにリスクオフを加速させることになります。

しかも本日時点での米長期金利は低下したとは言え、
SP500の配当利回り(約1.48%)近辺で推移しているので、
リスクオフムードの高まりと共に、一気の債券買い・金利低下、
株売りというベタなリスクオフの動きになりやすい水準ですから、
金利低下バンザーイ!カネ余りバブルモードが再開するから押し目や!
と早合点はせずに、せめてドル安と共に原油・商品が踏ん張り、
リスクオフの動き自体が止まるのを見極めた方がいいでしょう。

もし更なる金利上昇と共に株売り、原油売り、商品売りとなれば、
過度なインフレ懸念だけでなく財政悪化懸念、
という金融政策がバカ(制御不能)になる最悪の可能性もあり、
そうなるとドル安も含めた米トリプル安の可能性もあり、
金融市場のダメージがどこまで拡がるのかも未知数になります。

恐らく現在の金融市場の反応(状況)を見る限り、
金利上昇をきっかけに先に述べたリスクオフになっている可能性が高く、
そうであればわかりやすい動きとも言えますので、
金融不安に陥らない限り、嵐が鎮まるのを待てばいいのですが、
財政悪化懸念等の最悪のシナリオとなれば、
実体経済へのダメージも同時進行となりかねないですからね。

最近はワクチンや金融&財政政策の効果による景気回復期待と共に、
良い金利上昇だとの意見も多くなっており、
実質金利から見ても否定は出来ない面もあるのですが、
シンプルに自分がコロナ禍の影響を受けている店を経営していたり、
事業をやっていたり、そこに勤めていたり、
何らかのローンを抱えていると想像すれば、
金利が上昇することはただの重石にしかならず、
せいぜい金融機関が喜ぶだけであり、
金融市場においてもリスク資産には重石になるだけなので、
実体経済がバブル期のような活気に満ちていたり、
せめてコロナ禍前以上のような状況にもでもならない限り、
現時点ではどうしても良い金利上昇とは思えず、
重石&ブレーキになるとしか思えないです。

従って財政悪化懸念等での歯止めのかからない金利上昇ではなく、
先に述べたリスクオフとなって金利が低下した方が、
結果的に現在の実体経済にも金融市場(リスク資産)にとっても
好ましい環境に向かうとも言えますので、
(当然ながら金融政策と財政政策の両輪体制ありき)
くれぐれも金融不安へ陥るところまでリスクオフが加速せず、
先走って来た金融市場「だけ」のガス抜きで終わることを願うばかりです。

ということで、リスクオフの動きがどこまで加速するのかは、
現時点ではわからないですし、本日は月末・週末の特殊な環境なので、
本日までの騒ぎ(ガス抜き)だったで終わるかも知れませんが、
とにかく事の発端&震源地は米金利を始め米国なので、
金利が低下・安定、ドル安、原油・商品も崩れず(仮想通貨も)、
商い伴う株高(特にグロース株)が継続するまでは(VIX低下も)、
リスクオフの動きが止まったとは言えないと見ておきましょう。
つまり今夜の海の向こうと週初&月初の日本市場の動きだけでは、
まだ安心はできないとも言えます。
新興市場も同様です。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.