FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
来週以降のヤマ場を見据え
こんばんはです。

病院で休んでいた昨日は新型肺炎の拡大懸念での株安って・・・
個人的にも新型肺炎は決して安心できる状況とは思えませんし、
消費やレジャー関連には直接的な影響もあるでしょうけど、
株安とか市場全体のリスクオフの理由とするには、
さすがに早計過ぎるのではと思うばかりであり、
百歩譲ってきっかけになった程度と言わざるを得ないです。

現時点での市場の動きを見ても、
昨日の日本株、昨夜の米欧株は商いチョイ増での株安となり、
債券高(金利低下)、円高という本気感の薄いリスクオフの動きでしたが、
本日の日本株は昨日よりも商い増での反発、債券も売られているので、
昨日はほんの一服の範疇だったとも言えますし、
今夜以降にリスクオフが蒸し返されたとしても、
商いを伴ったゴリゴリリスクオフにでもならない限り、
高値圏でのBOX相場の一服・押し目と見ておきましょう。

さてさて、新型肺炎も気掛かりではありますが、
繰り返し書いている通り、現在の市場では答え合わせ相場が続いており、
足元で発表される国内外のマクロ指標、発表が本格化している米企業決算、
これから発表が本格化する国内企業決算にて、
米中の第一段階合意、世界的な金融緩和、各国の景気対策期待だけで、
足元の景気は底打ち&先行き回復となるのか?
第一段階の合意だけでなく第二段階以降の早期合意、
各国の更なる金融緩和と景気対策が必要となるのか?
と言う答え合わせを日々続けており、
今のところ米国は企業決算もマクロ指標も概ね堅調、
日中欧・新興国は企業決算の答え合わせはこれから、
足元のマクロ指標は低調ながらも回復の兆しが散見されている状況です。

米国は明日のインテルを含め、今週も決算が大盛りですが、
来週はアップル等が控える決算のピークであり、
しかもお薬(金融緩和)減少が注目されるFOMCを控えているので、
再来週の一般教書演説(2月4日)を前にしたヤマ場とも言えます。
我が国は明日の日本電産から企業決算シーズン入りとなり、
本格化は来週からなので、米国と同様に来週からヤマ場入りとなります。

以上の通りなので、商いを伴うリスクオン・オフのいずれになるにせよ、
早くとも来週以降であり、今週を含めてそれまでは、
肺炎きっかけの謎の一服も含むBOX相場が続くと見ておりますが・・・

一応、新型肺炎は日米韓等の海外にも感染者が発見されているのに、
中国が発表している感染者は440人程度という謎もあるので、
お得意の習隠蔽(近平)としか思えないのですが、
とにかく中華民族大移動が始まる今週末からの春節をきっかけに
日本を含めた世界的な感染爆発が起きてしまうようだと、
ホンマのリスクオフ要因となる可能性はあります。

他にも米国ではトランプマンの弾劾裁判が始まっており、
結果的に否決されようとも、連日に渡って生中継されているので、
トランプマン支持率が低下することになれば、
2月の一般教書演説(アイオワ州党員選挙も)、
3月のスーパーチューズデーに向けて、
素直に株高へ誘導する減税等の政策や発言を繰り出せばいいのですが、
弾劾裁判から目を逸らすようにドンパチを始めたり、
米農民からの更なる支持を得るために再び中国へ喧嘩を売ったり、
出席しているダボス会議で情緒不安定な言動をされてしまうと、
株式市場は無理くりな肺炎安ではなく炎上安となることで、
市場全体もリスクオフとなってもおかしくはないですからね。

 (ただしトランプマンの情緒不安定な言動リスクについては、
  誰も予想できないのが現実なので、
  負うべきリスクとして受け入れるしかないですけどね。)

ということで、明日のスタンスとしては先にも述べた通り、
商いを伴う株安、債券高(金利低下)、円高、油安&資源安、金上昇
というゴリゴリリスクオフにでもならない限り、
高値圏でのBOX相場の一服・押し目に過ぎず、
ヤマ場は来週以降と見ておきましょう

新興市場については、本日は商いを減少させての小幅安程度であり、
テーマ株等での旺盛な循環物色も継続しているので、
先週末からの上への変化が窺える動きも続いていると言えるのですが、
とにかく全体感としては、シンプルに商い増での上昇が継続するまでは、
慎重姿勢を維持しておくのが無難ではあります。
資金の循環しているテーマ株等での波乗りは御自由にどうぞ。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト



国内景気(消費)への懸念はあれど
こんばんはです。

明日の午後と明後日の午前は病院へ行かなければならないので、
明日は記事の更新も含めてお休みさせて頂きます。

いやはや、中国の新型肺炎がパンデミックを起こしそうであり、
今週末からは中華民族大移動の春節も控えているだけに、
病院や訪日中国人の多い都市部には近寄りたくないものですが、
明日はともかく春節入りの来週にも病院へ行くのでね・・・
過剰反応じゃないのかとのツッコミもありそうですけど、
今回はSARSの時よりも感染拡大が酷い気がするので、
用心に越したことはないかと・・・(笑)

そしてもし・・・私の様な用心深い過剰反応ゴリラが多くいると、
「一時的」ながらも都市部や観光地の国内消費は落ちるでしょうから、
小売やレジャー関連銘柄はちと心配です。
一方でネット小売には追い風となりそうではありますけどね。

そういや・・・豪州では甚大な山火事が起きており、
それが原因なのか、先だっての米中合意の影響なのか、
足元で小麦価格が上昇しているので、
3月に農水省が発表する4月の輸入小麦の売渡価格が引上げられると、
(価格決定の方法や基準等の詳しいことは知りまへんけどねw)
これまた飲食業界にも影響が出て来そうですから、
ちと目先の国内消費が気掛かりではあります。

だけに・・・米中合意(第一段階)をきっかけに、
足元で高まっている景気の底打ち&先行き回復シナリオが、
期待や観測だけでなく、ほんまであることを願うばかりであり、
これから本格化する国内企業決算についても、
足元の低調ぶりは仕方ないにしても、
先行きの明るい見通しを発表して頂かないと、
海の向こうの心配よりも国内景気が心配になります。

本日は安倍ちゃんマンの施政方針演説にて、
政策も発表されましたが、市場はほぼシカトと言える状況だったので、
やはりトランプマンがチラ見せしている減税策、温存中のインフラ投資、
FRBの更なる金融緩和に期待という米国頼みなのか、
それとも明日の黒田日銀会合での追加緩和に頼るのか(期待は皆無)、
とにかく米中の第2弾以降の進展期待が継続するか、
国内外の新たな財政&金融政策が出て来るか、
堅調なマクロ指標や決算が発表されないと、
先行きが危うい気もするばかり(特に国内)・・・

ただし以上の様な懸念については、
明日とか今週といった超目先の懸念ではなく、徐々に拡がる懸念であり、
繰り返し書いている通り、現在はマクロ指標や決算にて、
そういった懸念を確認する答え合わせ相場が続いているので、
懸念が拡大しない限り、市場も大丈夫でしょうけどね。

本日の日本市場では、鬼の居ぬ間(米休場)だったこともあり、
今年最低の薄商いとなり、引け味もよろしくはなかったのですが、
日経平均の上昇よりもトピ、中小型、新興が強く(東証2部は下落)、
値上がり銘柄数も多かったので(東1は約3分の2)、
地合いの悪さは感じられず、足元のリスクオン基調も崩れてないです。

従って明日以降のスタンスとしても、
トランプマンのダボス会議等での言動や答え合わせ動向も要注意ですが、
市場の動きで判断するのであれば、
債券高(金利低下)、円高、油安(資源安)、金上昇、
商いを伴う株安というゴリゴリのリスクオフにでもならない限り、
ひとまず2月の一般教書演説までは、あわよくば株高&リスクオン継続、
悪くても高値圏でのBOX相場が続くと見ておけばいいでしょう。
ただし米金利(債券)が昨年末と11月の水準を超え、
それに合わせてドル高が加速して原油が崩れるような事態となれば、
答え合わせの結果次第ですが、身構えた方がいいかもしれないです。

新興市場については昨日も書いた通り、
テーマ株等での旺盛な循環物色が続いているだけでなく、
全体としても先週末から上への変化が窺える動きが続いており、
本日も商いは減少ながら継続しているのですが・・・
とにかく全体感としては、シンプルに商い増での上昇が継続するまでは、
慎重姿勢を維持しておくのが無難でおます。
資金の循環しているテーマ株等での波乗りは御自由にどうぞ。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



今週も答え合わせ相場
おはようございます。

週末の市場から振り返ると、やや気掛かりな動きとしては、
日英欧債券高(金利低下)、ドル高ながら円高、金反発、
米英欧株は堅調ながらSQの割に薄商い、日経平均先物は小幅安
といったところですが、大きな動きとなっているわけでもなく、
米国が三連休前の週末&SQという特殊な状況ではあったので、
債券安(金利上昇)、ドル高(円安)、株高(VIX低下)、
原油&資源高、HY債堅調というリスクオン基調自体は、
崩れずに継続していると言えます(金の水準がやや高いですけど)。

足元の需給環境も原油、金、ポンド、VIXショートに過熱感はあれど、
債券、ポンド以外の為替、株には過熱感が見られず、
他にも国内外の自社株買い、国内は日銀等の無駄使い(忖度買い)もあり、
投機面も含め、リスクオンを後押しする需給環境と言えます。

以上の通り、市場の動きと需給面ではリスクオン基調継続ながら、
商いは国内外共にイマイチなままで株価が高値圏に留まっているので、
フルゴリラリスクオンとは決して言えないのですが、
良く言えばバイクラのような過熱感が無いとも言える一方、
悪く言えば腰が据わってない脆さがあり、リスクには弱いと言えますし、
やや過熱気味でもあるテクニカル面での調整は有り得る状況です。

そして繰り返し書いている通り、商いがイマイチな要因としては、
本格化している企業決算と日々のマクロ指標の結果を確認することで、
米中協議の第1段階合意、世界的に継続中の金融緩和、景気対策への期待、
(トランプマンの減税チラ見せ、国内では国会開幕による政策期待)
これらだけで足元の景気は大丈夫なのか?先行きは回復するのか?
米中協議の第2段階以降の合意は早めなくて大丈夫なのか?
という答え合わせが続いていることが、イマイチ商いの要因と言えます。

ちなみに現時点での答え合わせ状況としては、
足元のマクロ環境は米国だけが堅調、
日中米英欧・新興国は低調なのですが(やや回復傾向も見られる)、
米中協議の第一段階合意による更なる進展期待、
世界的な金融緩和と各国の財政政策への期待によって、
景気は底打ち&先行きの回復期待という解釈になっております。
ミクロ面(企業決算)についても、米企業決算だけが堅調なので、
マクロ環境と同様の構図と解釈になっております。

従って今週としては、注目企業の発表が多い米企業決算、
国内は日本電産(国内企業決算の本格化は来週以降)、日々のマクロ指標、
これらの答え合わせが堅調な結果になると共に、
米中協議第2弾以降が大きく進展することにでもなれば(観測も)、
商いを伴うフルゴリラリスクオンになるでしょうけど、
答え合わせが堅調という結果だけでは、
良くても先週までの動きだけのリスクオン基調が継続するか、
答え合わせが一巡もしくは2月の一般教書演説までは、
高値圏でのBOX相場が継続しそうです(特に日本は)。

そして商いの伴うフルゴリラリスクオンではなく、
商いの伴わないリスクオンorBOX相場ならば、
先にも述べた通り、リスクや市場への負荷には脆い相場なので、
今週は市場への負荷としては、答え合わせが堅調ならば、
さほど気にする必要もないのですが、
昨年末と11月のように米長期金利が約1.92%に達すると、
株価の上値が抑えられる可能性はあります。
(同時にドル高も進んで原油が崩れるようだと尚更です)
リスクイベントとしてはトランプマンの弾劾裁判、
ダボス会議でのトランプマンの言動といったところです。

特に弾劾裁判については、最終的には否決されようとも、
支持率が下がるようだと、2月には一般教書演説も控えているだけに、
トランプマンが弾劾劇場から目を逸らすために、
ダボス会議等で暴れたり、情緒不安定なツイートを繰り返したり、
米中協議で効果的に支持率が上昇した米農家へ媚びを売るために、
再び米中貿易戦争を蒸し返したり、
まさか強い大統領アピールでのドンパチ再び・・・
という可能性も否定できないですからね。

まぁでもこういったトランプマンリスクは、今に始まったわけではなく、
ずーーーと続いており、予想も出来ないに等しいわけですから、
負うべきリスクとして割り切るしかないのも事実ですけどね。

ということで今週としては、以上の様なイベントやトランプマンの情緒、
金利動向がリスク要因と言えるので、注視が必要ではあるのですが、
企業決算とマクロ指標の答え合わせが堅調ならば、
これらのリスクは軽減・影響は軽微と御都合解釈されるでしょうから、
引き続きメインテーマは企業決算とマクロ指標の答え合わせであり、
答えが堅調ならばリスクオン基調継続もしくは高値圏でのBOX、
低調ならば短期的なリスクオフになる可能性はあります、
短期的と言うのは、テクニカル面での過熱感があるだけで、
需給的に暴落する余地が小さく、政治的にも弾劾裁判が続く中で、
2月の一般教書演説を控えているだけに、
トランプマンが口撃等で市場を支えるという大人の事情もあるのでね。

市場の動きで判断するならば、リスクオン基調が継続している限り、
もしくは牽引する米国市場が崩れない限り、過度な警戒は不要でしょう。
ただし繰り返しになりますけど、米金利は横睨みしておきましょう。

新興市場については、資金が循環するテーマ株等の賑わいが続いていたり、
週末もマザは小幅安ながら、日中の上昇局面では商いが膨らんでいたので、
ポジティブな変化も窺えるのですが、とにかく全体感としては、
シンプルに商い増での上昇が継続するまでは慎重姿勢を崩さず、
テーマ株等の資金の集まる銘柄での波乗りに留めておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



来週のスケジュール
おはようございます。

年末年始は長めの休みを取り、昨年の3月に続き、
再び明るい北朝鮮(シンガポール)へ行ったので写真を貼っておきます。
シンガポールらしい真新しい写真はありませんけど・・・
あ、一応、マーライオンの写真は貼っておきます(笑)

そして来週の見通しについては明日の記事で書きますので、
写真に続いて、来週のスケジュールも貼っておきます。
引き続き、良い週末をお過ごしください。


IMG_940.jpg

IMG_941.jpg

IMG_942.jpg

IMG_943.jpg

IMG_944.jpg

IMG_945.jpg




国内 海外
20日 日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) 人民元基準値発表(10:15)
(月) 11月鉱工業生産・確報値(13:30) 英1月ライトムーブ住宅価格(9:01)
12月コンビニエンスストア売上高(16:00) 独12月生産者物価(16:00)
IMF世界経済見通し(22:00)
通常国会召集 ※6/17まで
ユーロ圏財務相会合
臨時閣議(9:30) 欧州議会委員会会議(20-23日)
衆院本会議(14:00) EU外相理事会
 ※安倍首相の施政方針演説&政府4演説 ファーウェイ副会長の身柄引き渡し審理開始
参院本会議(15:00) ナイジェリア中銀金融政策発表(22:00)
 ※安倍首相の施政方針演説&政府4演説
菅原前経産相が政治とカネを巡る問題で会見 トランプ米大統領就任3年
ポーランド首相訪日(20-22日)
(休場)米
日銀金融政策決定会合 1日目
経団連が春闘の経営側指針発表(14:00)
経産省:鉄塔・電柱検討作業部会(18:00)
Laser Solution 2020(20-22日)
(決算)アサヒ陶
21日 日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) 人民元基準値発表(10:15)
(火) 2市場信用取引残高(16:00) 人民銀の公開市場操作(10:15)
香港12月消費者物価(17:30)
閣議、閣議後会見 英12月失業率(18:30)
日銀金融政策決定会合 2日目 独1月ZEW景況感調査期待指数(19:00)
 ・金融政策&政策金利発表(昼前後) ユーロ圏1月ZEW景況感調査(19:00)
 ・展望レポート(昼前後)
 ・黒田日銀総裁会見(15:30) 世界経済フォーラム(ダボス会議)(21-24日)
ポーランド首相訪日(20-22日)  ※トランプ大統領出席
 ※日ポーランド首脳会談   他にもムニューシン米財務長官、
Laser Solution 2020(20-22日)   ライトハイザーUSTR代表、ロス商務長官
  メルケル独首相、ウクライナ大統領
(決算)東京製鉄、スーパツール、光世   フォンデアライエン欧州委員長
  韓正中国副首相、香港行政長官
  黒田日銀総裁、ラガルドECB総裁
  カーニー英中銀総裁らが出席
米仏財務相がデジタル課税を巡る協議
EU経済・財務相会合
欧州議会委員会会議(20-23日)
英上院にてEU離脱法案採決
 ※可決は確実視、下院は9日に可決済み
トランプ大統領の弾劾裁判審理開始
 ※日本時間27-32時まで連日に渡って審理
 ※全米生中継も
(決算)
IBM、ネットフリックス、ハリバートン
ユナイテッド航空
(休場)台湾
22日 日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) 韓国10-12月期GDP(8:00)
(水) 12月首都圏マンション発売(13:00) 人民元基準値発表(10:15)
日銀展望レポート全文(14:00) 仏1月企業景況感指数(16:45)
12月パソコン国内出荷(14:00) 南ア12月消費者物価(17:00)
12月ショッピングセンター売上高(14:00) 米MBA住宅ローン申請指数(21:00)
12月全国百貨店売上高(14:30) 加12月消費者物価(22:30)
プログラム売買状況(15:30) 米12月シカゴ連銀活動指数(22:30)
1月月例経済報告 米レッドブック週間小売売上高(22:55)
 ※月例経済報告関係閣僚会議終了後 米11月FHFA住宅価格指数(23:00)
ポーランド首相訪日(20-22日) 米12月中古住宅販売件数(24:00)
衆院代表質問(22-23日) API米週間原油在庫統計(30:30)
自動車損害賠償責任保険審議会(10:00) 世界経済フォーラム(ダボス会議)(21-24日)
Laser Solution 2020(20-22日)  ※トランプ大統領出席
欧州議会委員会会議(20-23日)
(決算)Genky マレーシア中銀金融政策発表(16:00)
カナダ中銀金融政策発表(24:00)
(決算)
J&J、フォード、TI、アボット・ラボラトリーズ
ノーザン・トラスト、ラスベガス・サンズ
(休場)台湾
23日 12月貿易統計(8:50) 豪12月失業率(9:30)
(木) 対外対内証券売買契約等の状況(8:50) 人民元基準値発表(10:15)
日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) 人民銀の公開市場操作(10:15)
11月全産業活動指数(13:30) シンガポール12月消費者物価(14:00)
11月景気動向指数CI・改定値(14:00) 米前週分新規失業保険申請件数(22:30)
12月粗鋼生産速報(14:00) 米12月景気先行指標総合指数(24:00)
12月民生用電子機器国内出荷(14:00) ユーロ圏1月消費者信頼感・速報値(24:00)
12月工作機械受注・確報値(15:00) EIA週間天然ガス在庫(24:30)
投資主体別売買動向(15:00) EIA米週間原油在庫(25:00)
12月半導体製造装置販売高(16:00) 米1月カンザスシティ連銀製造業指数(25:00)
衆院代表質問(22-23日) インドネシア中銀金融政策発表
参院代表質問(23-24日) ノルウェー中銀金融政策発表(18:00)
電機連合中央委員会(23-24日) ECB理事会
第3回 資産運用EXPO(23-25日)  ・金融政策発表(21:45)
 ・ラガルドECB総裁会見(22:30)
(決算)日電産、ディスコ、大丸エナ 世界経済フォーラム(ダボス会議)(21-24日)
 ※トランプ大統領出席
欧州議会委員会会議(20-23日)
米10年インフレ連動債入札(27:00)
(決算)
インテル、ISRG、VF、コムキャスト
P&G、キンバリークラーク、サウスウェスト航空
トラベラーズ、フリーポートマクモラン
(休場)台湾、ベトナム
24日 12月全国消費者物価(8:30) NZ10-12月期消費者物価(6:45)
(金) 日銀金融政策決定会合議事要旨(8:50) 人民元基準値発表(10:15)
 ※12/18-19開催分 仏1月製造業PMI・速報値(17:00)
日経1月製造業PMI・速報値(9:30) 仏1月サービス業PMI・速報値(17:00)
日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) 独1月製造業PMI・速報値(17:30)
独1月サービス業PMI・速報値(17:30)
閣議、閣議後会見 ユーロ圏1月製造業PMI・速報値(18:00)
参院代表質問(23-24日) ユーロ圏1月サービス業PMI・速報値(18:00)
電機連合中央委員会(23-24日) 英1月製造業PMI・速報値(18:30)
第3回 資産運用EXPO(23-25日) 英1月サービス業PMI・速報値(18:30)
米1月製造業PMI・速報値(23:45)
(決算) 米1月サービス業PMI・速報値(23:45)
エンプラス、HIOKI、未来工業、KIMOTO 米1月総合PMI・速報値(23:45)
日鋳造、日本興業、杉本商、植松商会 米石油掘削リグ稼働数(26:00)
ブルボン、ブルドック、アクシーズ、ヒガシ21 シカゴIMM通貨先物ポジション(1/22時点分)
カワチ薬、ベクター、カイノス、DNAチップ
ジャフコ、Mスター、PCA、KG情報 世界経済フォーラム(ダボス会議)(21-24日)
 ※トランプ大統領出席
中国春節休暇(24-30日)
(決算)アメリカン・エキスプレス
(休場)
中国、台、韓、ベトナム、マレーシア、ブラジル
25日 新月 中国春節休暇(24-30日)
(土)
第3回 資産運用EXPO(23-25日)
26日 中国春節休暇(24-30日)
(日)
ペルー国会議員選
米グラミー賞授賞式


お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





週末もお変わりなく
こんばんはです。

本日もヘッピリ商い、ヘッピリTOPIX、ヘッピリマザーズ、
空売り比率の上昇傾向、という怪しげな状況は続いておりますが、
日経平均は24000円を超えてほぼ直近高値に並んでおり、
海の向こうも中国株の出遅れ感はあれど(商いは旺盛)、
英欧株は薄商いながらも高値圏であり、
米株も商いはイマイチながら史上最高値更新なので(VIX低水準)、
ヘッピリなTOPIXの動きが正解とは言えないです。

さらに債券市場は昨夜から米債券が売られて米金利が上昇している一方、
これまで売られていた我が国と英欧の債券は買われて金利が低下しており、
為替市場もポンド高ではあるものの(人民元高も)、
昨夜からドルも反発すると共に円の最弱安も続いており、
原油、資源も小幅ながら上昇しているので(金は小幅安、HY債堅調)、
米国市場だけがリスクオンという見方も出来なくはないですが、
市場全体の動きとしてもリスクオンと言っていいでしょうし、
少なくとも主役である米国市場がガタ付かない限り、
リスクオン状態も継続しそうです。

そして昨日も書きましたが、商いの薄さにも現れている通り、
イケイケドンドンな熱狂相場ではなく、需給面でも過熱感はないので、
本格化している企業決算と日々のマクロ指標の結果を確認することで、
米中協議の第1段階合意、世界的な金融緩和&景気対策への期待、
これらだけで足元の景気は大丈夫なのか?先行きは回復するのか?
米中協議の第2段階以降の合意は早めなくて大丈夫なのか?
という答え合わせが続いているので、イマイチな商いも止む無しです。

ちなみに昨夜発表のクリスマス商戦真っ只中の12月米小売売上高、
クリスマス商戦売上高は共に堅調な結果となり、
米GDPの7割を占める米消費は堅調と言えます。

さらに足元で鈍化していた米製造業の先行指標であるフィリー指数も、
8カ月ぶりの高水準となっているので、昨夜時点においては、
米景気は消費も製造業も堅調と言えます(雇用環境も)。

発表が本格化している米企業決算は堅調な結果が続いており、
日欧の企業決算は来週から本格化するので、
ミクロ面である企業決算も、今のところ悪材料は見当たらないです。

以上の通り、現時点ではマクロ面・ミクロ面での答え合わせは順調ながら、
まだまだ序盤戦であり、本格化するのはこれからですから、
新たな米中協議の進展や各国の財政&金融政策ネタでも出て来ない限り、
商いを伴うフルゴリラスクオンでの高値更新&突破とはならず、
高値圏でのBOXが続くと見ておくくらいがいいでしょう(特に日本株)。

ということで本日は週末なので、これにて失礼します。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.