FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
お薬期待もある中、本格化する現実確認
こんばんはです。

トランプマンがドヤってた抗マラリア薬に効果があるとのことで、
ついに一筋の光が・・・と思った(思いたい)のですが、
今のところは限定使用に留まっているせいか、
歓喜の声も無く、イマイチ盛り上がっておりません。

他にもJ&Jの治験開始、富士フィルムのアビガン、帝人の肺炎薬等、
ワクチンやお薬の話が出てきていることは嬉しい限りですが、
結局これらが一般的に使われるのは1年ー1年半後だそうで、
それまでは感染拡大を抑制するための経済活動の規制も続けられ、
実体経済の悪化が続くことも避けられず、
我が国に至っては毎度お馴染みの厚労省の認可が・・・法的に・・・
という融通の利かないお役所の手続きと法律の壁もあるでしょうから、
安倍ちゃんマンが超法規的な措置にでも踏み切らない限り、
海の向こうと同様、それ以上に実体経済の悪化が続く可能性があるので、
なんとかトランプマンの薬を使うわけにはいかないのでしょうか・・・

まぁでも今回のコロナショックは、
感染拡大→実体経済の悪化→金融市場の悪化という流れですから、
最上流に含まれるワクチンや薬に光明が差して来たことは良いことであり、
もしトランプマンの薬の効果がホンマもんで品薄にもならず、
日本を含め世界中で使える薬になるのであれば、
一気に実体経済と金融市場の悪化は底打ちとなる可能性はあり、
それこそ市場へ総員出撃や!と舵を切るのもアリなのですが、
現状のままでは感染拡大動向、実体経済の悪化具合と政策効果、
これらの確認しながら立ち回るしかない状況が続くことになり、
感染拡大が続き、長引けば長引くほど実体経済の悪化も続き、
倒産ラッシュ等も頻発し、同時に政策効果も薄れ、金融市場は悪化を超え、
金融危機に陥る可能性が高い状況に変わりはないです。
(重債務国を中心とした財政危機も)

そして実体経済の悪化を確認することになるマクロ指標や企業決算は、
国内外共に明日から発表が本格化することになり(今夜もありますけど)、
明日の寄り前には我が国の企業マインドと業績見通しが見える日銀短観、
引け後から小売各社の3月月次売上の発表が本格化(百貨店各社も)、
中国では財新版の製造業PMI(本日発表の当局版のPMIは堅調w)、
明晩には欧州各国と米国の3月PMI改定値、
米国の3月ADP雇用リポート、米3月ISM製造業、
米3月新車販売といった大注目のイベントが続き、
大トリである週末の雇用統計まで連日続くことになります。

恐らく中国の粉飾経済指標以外はドイヒーな結果にはなるでしょうけど、
それらを受けて実体経済のダメージがどれほどのものなのか・・・
という輪郭だけでも見えてくれば、発動済の各国政府と中銀の政策が、
十分なのか、不十分なのかも見えて来るでしょうし、
市場でも織り込み済みなのか、全く織り込めておらず2番底に向かうのか、
いずれかが見えて来るとは思うのですが・・・

とにかくトランプマンの薬を始め画期的な薬が世界に放たれれば、
一気にポジティブ目線に切り替え、総員出動でもいいでしょうけど・・・
そうでなければ、感染拡大のピークアウトと経済活動再開のメドが立つか、
マクロ指標や企業決算からも窺える実体経済のダメージに対して、
十分な政策だとの見方が拡がらない限り、
金融市場の悪化も続き、株式市場は2番底に向かうと見ておきましょう。

ちなみに本日の我が国を含む現在の市場の動きを見ると、
国内外共に株式市場の商いが減少しつつあり、
(本日の日本株の年度末・期末・月末に絡む御都合売買を除く)
揺れも小さくなりつつあり(VIXは高水準ながらも低下傾向)
原油も20ドル割れから踏ん張っているので(銅と資源、金も踏ん張り)、
金融政策の効果が現れているように債券(金利)が安定し、
ドル不足懸念が和らいだようなドル安が止まれば(円高も)、
市場の動きとしては良い傾向と言えるのも事実です。
2番底に向かう嵐の前の静けさという見方も否定はできませんけど・・・

ということなので、明日のスタンスとしては、
週初の記事で書いた通り、特に変更はないです。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト



色んな意味での危うい杞憂緩和
こんばんはです。

足元の感染者数増加は気の緩みが原因とも言われてますが、
金融市場においても各国中銀が大規模すぎる資金供給や利下げに動き、
我が国も黒光り銀行がETFの爆買いに動いており(公金の忖度買いも)、
金融緩和が杞憂緩和とばかりに、市場の気の緩みを招いているのでは?
と言いたくもなります。
特に年度末&期末&月末を迎えた我が国は、
本日の後場と引けのアテにならな過ぎる恒例の忖度満載な動きが、
杞憂緩和状態を助長していると言えます・・・。

とにかく現状は感染拡大によって世界的に経済活動が停滞しているので、
投機だろうと短期売買であろうと金融市場が活発に動くこと自体は、
間接的にでも実体経済に恩恵をもたらすことに繋がるとは思いますが、
御存知の通り、今回のコロナウィルスショックは、
感染拡大→実体経済の悪化→金融市場の悪化という流れであり、
上流の感染拡大はピークアウトすら見えず、
すでに甚大な実体経済の悪化は未だ拡大・継続中ですから、
これら上流域の決壊を食い止めないことには、
下流域に位置している金融市場の決壊が(財政面も)、
いつ始まってもおかしくない状況と言えます。

だけに・・・足元の金融緩和による杞憂緩和状態(気の緩み)が、
金融危機や財政危機を甚大なものにしてしまい、
さらに実体経済の傷を深くしないことを祈るばかりです。

ただでさえコロナウィルスショック以前までは、
金融緩和(カネ余り)だから実体経済と市場は別物だと調教された結果、
見ての通り、現在は金融市場が実体経済を後追いしている状況だけでなく、
金融緩和バブルが弾けたと言える状況なので(債券バブル崩壊はまだ)、
こうなってしまうと実体経済の裏付け(好転)が確認されるなり、
実体経済の悪化に対して余りある大規模な政策だと明確になるなり、
元凶(最上流)のコロナウィルス自体の収束が見えてくるなりしないと、
金融市場ば元に戻らないでしょうから、懲りずに市場は別物とか、
悪い経済指標や材料は承知済み(織り込み済み)とか、
バリュー目線での割安云々とか、
投機面での足元の需給環境は良好とか(せいぜい短期的な効果のみ)
という杞憂緩和な解釈(御都合解釈)は控えておくべきでしょう。
特に今回は金融&財政不安から始まった危機ではないですし、
我が国に至っては財政政策の渋チンぶりが際立っており、
昨年末時点ですら実体経済の悪化は際立ってますからね。

そして昨日も書いた通り、今週は各国の政策対応の動きが続く一方、
(米国の追加対策は今日か明日?我が国は今週中?)
実体経済の現実を確認することになるマクロ指標や企業決算が、
米国を中心に連日の様に週を通して発表されるので、
金融市場の杞憂緩和状態に冷や水を浴びせ、
それこそ早くも緊張感満載の2番底に向かってもおかしくないと言えます。

ということで明日のスタンスとしては、
言っても明日は月末であるからこそ、
冒頭で書いた様なアテにならない動きが続く可能性はありますが、
昨日に書いたスタンスと市場の動き目線での判断に変わりはないです。
くれぐれも不要不急な参戦には御注意ください。

当然ながらコロナウィルスに対しても、
人と違う目線で言いたい病な人達、冷静なことを言いたい病な人達、
専門家も含め相変わらず様々な意見や見方が飛び交っておりますが、
現実に起きていること、無症状でも感染させるリスクが変わらない限り、
過度に警戒(自粛)・用心するに越したことはないです。
(だけに政府の渋チンがブレーキを掛けている歯痒さが募るばかり)

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



現実確認ウィーク
おはようございます。

まずは週末の市場の動きから見ると、
米株は商いが活況ながらも減少での大幅反落、英欧株・新興国株も同様、
中国株先物、アジア新興国株先物、そして日経平均先物も下落しており、
VIX指数は依然として高水準(65.54)、
原油と銅も下落(安値圏)、安全資産の金も下落、
他の資源・穀物は反発ながらパラジウム、銀、小麦、大豆以外は安値圏と、
リスク資産の面々は依然として危うい状況です。

ただし債券市場と為替市場は世界的な債券高(金利低下)ドル安なので、
それを金融緩和効果(イールドカーブも立っている)、財政リスク後退、
ドル不足懸念後退とポジティブに解釈するのであれば、
リスク資産の面々は、週末・期末要因も含む一服の範疇とも言えますが、
定番のリスク回避な債券高(金利低下)、ドル安ながらも新興国通貨安、
というネガティブ解釈でのリスク資産売りとも言えます・・・

っつうか、もはや週末だけでなく足元の市場の動きを見ると、
以上の様な解釈でもなく、ベタなリスクオン・オフとかの動きでもなく、
チグハグな動きが続いていることからも、売らざるを得ない、
買い戻さざるを得ないという状況が続いていると言えます。

従って、債券が過度な債券高・債券安にもならず安定し、
ドル不足懸念再燃のドル高ではなくドル安が続くとしても、
(ドルの紙屑化という見方は置いといて)
新興国通貨安とかリスク回避な円最強高とはならず、
原油・資源は下げ止まって上昇、金は過度な上昇・下落でなく安定、
株式市場はバンジージャンプからの揺れが落ち着き(VIX低下)、
上昇が継続するまでは(商いはむしろ低下した方がいいかも)、
詳細は後述しますけど、2番底は避けられない目線を維持して、
自粛・・・何もせず待っておくのが無難ではありますけど、
そうではなく数年単位で腰を据えて参戦するのであれば、
リーマンショック級の下げに見舞われている銘柄、
アベノミクス以前の水準まで売られている銘柄、コロナが追い風の銘柄、
これらの打診参戦程度に留め(直近安値を割れば即時撤退姿勢で)、
短期勝負の方については、バンジー相場が続いている限り、
その日限りだけでも十分な値幅がありますので、
不要不急のスイングとか日跨ぎは控え、
長居は無用モードで立ち回りましょう。

以上はあくまでシンプルな市場の動き目線での判断であり、
今はあえて気分が滅入りそうなコロナウィルス動向、
それによる実体経済の惨状に目を背けて動くのもアリと言えますが・・・
コロナと実体経済の状況と政治の動きは日替わり定食状態であり、
バリュー目線や需給目線(投機面)が通じない状況ではありますので、
(時間軸・資金力・投資対象が人それぞれなテクニカルは御自由に)
いつハシゴが外れたり、バンジーのゴムが切れたりすることは、
くれぐれも承知の上で動きましょう(新興市場も同様です)。

そして気が滅入るコロナ動向を始めとする市場を取り巻く環境ですが、
連日の様に書いている通り、以下の流れ(構図)は継続・拡大中です。

 ①感染拡大→②実体経済の悪化→③金融市場の悪化

これを食い止めるべく、FRBの利下げや400兆円の資金供給を始め、
各国中銀が同様に金融緩和、協調してのドル資金供給に動いており、
(日銀はETFの爆買い以外は手詰まり感が否めない)
各国政府の財政出動も米政府の220兆円を始め、
リーマンショック時を超える大きな(巨額な)動きに出ており、
(日本政府の渋チン&横チン(小出し)感が否めない)
コロナウィルスのワクチンや治療薬開発にも一斉に動いております。

しかしながら・・・ワクチンや治療薬は待つしかないものの、
感染拡大を抑制するために各国が都市封鎖や渡航規制に動いていることが、
世界的な人・物・カネの停滞(停止)状況を加速させ、、
②の実体経済の悪化に歯止めが掛かるどころか、むしろ拡大しており、
先行していた消費低迷によるサービス業や小売業の打撃だけではなく、
製造業にも及びつつあり、先週発表された米新規失業保険を見ると、
リーマンショック直後の5倍に相当する大惨事な数字からも、
さらに失業者が増加することになれば、米国に限らず他の国も同様ですが、
消費の低迷がさらに加速し、負のスパイラルも加速することになりますし、
現状だけでもとんでもない事態に陥っていると言えます。

そして我が国は、今のところ感染拡大は米欧諸国のような惨状ではなく、
(死者や重篤者が溢れると隠しきれないでしょうから、事実なのかなと)
都市封鎖等にも至っておらず、自粛要請レベルなので、
コロナ対策に限って言えば、手詰まり金融政策と渋チン財政政策でも、
まだ何とか大丈夫という見方も一部にはありますが、
御存知の通り、消費税増税という国内独自の重石によって、
10-12月期時点のGDPは海の向こうよりもドイヒーであり、
我が国だけ感染拡大が軽度だったとしても、
そもそも海の向こうの影響が大きい国ですから、国内景気の落ち込みは、
海の向こうと同様かそれ以上の可能性はあります
しつこいようですが政府の財政政策は、
昨日の安倍ちゃんマン会見を見ても変わらず渋チン&小出しであり、
肝心の減税に踏み切る気は全く感じられません・・・。

以上の通り、今週はコロナウィルス状況や各国政府の対策動向、
欧州・中国・各国の経済指標や企業決算だけでなく、
米国は月初恒例の経済指標特盛ウィーク(週を通して連日続く)、
我が国は日銀短観(1日発表)、企業決算、小売企業の3月月次、
これらのコロナウィルスによる影響がどれほどのものなのか、
まさか新規失業保険のような惨状オンパレードとなるのか注目です。

ということで、経済的な損失規模の試算値でも出て来ないことには、
現状の各国の金融&財政政策が大規模であろうとも、追加投入しようとも、
十分なのかどうかもわからない状況が続くと言えますし、
(いずれは功を奏して、バブルにさえなると思いますけど現状は・・)
かといって経済的な損失拡大と感染拡大の阻止を並行させるべく、
各国政府が止む無く経済活動の再開を決めたとしても、
人々のコロナウィルスに対する「感染したくない」「感染させたくない」
という警戒心が消えるわけでもなく、
消費どころか職場への復帰も躊躇するような事態が続くようだと、
需要側の停滞は続き、負のスパイラルを断ち切るまでには至らないので、
(強権発動が可能な独裁国家は別ですけど・・・)
結局のところコロナウィルスの収束こそが最優先なのですが、
少なくとも底打ちとか織り込み済みと言える状況ではなく、
当然ながら本腰を入れて市場に参加する状況でもないので
記事の前半で書いたスタンス通り、割り切って立ち回るしかないです。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



来週のスケジュール
こんにちはです。

本日は来週のスケジュールを貼っておきます。
良い週末をお過ごしください。


国内 海外
30日 日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) 人民元基準値発表(10:15)
(月) 2月自動車大手8社の生産・販売・輸出実績 英2月マネーサプライM4(17:30)
ユーロ圏3月経済信頼感(18:00)
東京五輪が21年の何月頃の開催なのか ユーロ圏3月消費者信頼感・確定値(18:00)
 詳細が決まる予定とも 独3月消費者物価・速報値(21:00)
米2月中古住宅販売保留指数(23:00)
三菱UFJがコロナの資金繰り専用窓口設置 米3月ダラス連銀製造業活動指数(23:30)
トヨタの中国の全工場が通常稼働
 ※中国以外の工場は稼働停止中 ロシアが非労働期間入り(30-5日)
欧州議会本会議(30-2日)
3月期 権利落ち日 英・EU合同委員会第1回会合
 ※離脱協定の施行を協議
(IPO)NexTone、ニッソウ 米政府が追加コロナウイルス対策公表とも
 ※30日か31日予定とも
(決算)
しまむら、オークワ、銚子丸、大光 シンガポール中銀金融政策発表
ストライク、フィード、ERIHD、スターマイカ  ※前倒し開催
マルマエ、NaITO、岡山製紙
英国、欧州各国が夏時間入り ※29日から
31日 2月失業率(8:30) 英3月GFK消費者信頼感調査(8:01)
(火) 2月有効求人倍率(8:30) 中国3月製造業PMI(10:00)
2月商業販売統計(8:50) 中国3月非製造業PMI(10:00)
2月鉱工業生産・速報値(8:50) 人民元基準値発表(10:15)
日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) 人民銀の公開市場操作(10:15)
2月新設住宅着工戸数(14:00) 仏3月消費者物価・速報値(15:45)
2月建設許可件数(14:00) 仏2月生産者物価(15:45)
2市場信用取引残高(16:00) 仏2月消費支出(15:45)
外国為替平衡操作の実施状況(19:00) 独3月失業率(16:55)
スペイン10-12月期GDP・改定値(17:00)
閣議、閣議後会見 英10-12月期GDP・改定値(17:30)
経団連と大学の産学協議会(8:00) 英10-12月期経常収支(17:30)
ユーロ圏3月消費者物価・速報値(18:00)
経済対策について与党の提言取り纏め 米レッドブック週間小売売上高(20:55)
八ツ場ダム完成 米1月ケースシラー住宅価格指数(22:00)
米3月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
2年債入札(12:35) 米3月消費者信頼感指数(23:00)
API米週間原油在庫統計(27:30)
(IPO)Macbee Planet
アフガン政府とタリバンが双方の捕虜釈放
(決算) 欧州議会本会議(30-2日)
岡谷鋼、宝&CO、アルテック、Tアルファ 米政府が追加ウイルス対策公表とも
日エンター、YEデジタル、日本プロセス  ※30日か31日予定とも
ヤマシタHD、KTK
ヘンリー英王子夫妻が王室離脱
(決算)ゲームストップ、マコーミック
1日 3月調査日銀短観(8:50) 人民元基準値発表(10:15)
(水) 3月日経製造業PMI・改定値(9:30) 中国3月財新製造業PMI(10:45)
日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) 独2月小売売上高(15:00)
3月新車販売台数(14:00) スペイン3月製造業PMI・改定値(16:15)
プログラム売買状況(15:30) 伊3月製造業PMI・改定値(16:45)
2月末税収実績(15:30) 仏3月製造業PMI・改定値(16:50)
独3月製造業PMI・改定値(16:55)
参院決算委員会 ユーロ圏3月製造業PMI・改定値(17:00)
英3月製造業PMI・改定値(17:30)
国家安全保障局に経済班が発足 ユーロ圏2月失業率(18:00)
同一労働同一賃金制度が順次適用開始 米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
改正健康増進法により屋内原則禁煙 米3月ADP雇用統計(21:15)
東京都受動喫煙防止条例が全面施行 ロシア10-12月期GDP・改定値(22:00)
大手電力会社の発送電分離 米3月製造業PMI・改定値(22:45)
米2月建設支出(23:00)
百貨店各社の3月月次売上高 米3月ISM製造業景況指数(23:00)
小売各社の3月月次売上高発表開始 EIA米週間原油在庫(23:30)
 ※コロナウィルスの影響が注目 米3月新車販売台数(28:30)
(決算) 欧州議会本会議(30-2日)
西松屋チェ、キユソ流通、地域新聞 ECB定例理事会(金融政策発表なし)
象印、フイルコン トルコ中銀金融政策発表(20:00)
OPECプラス国の減産義務が失効
(決算)PVHコープ
2日 3月調査日銀短観・全文(8:50) 人民元基準値発表(10:15)
(木) 3月調査日銀短観・企業物価見通し(8:50) 人民銀の公開市場操作(10:15)
3月マネタリーベース(8:50) スイス3月消費者物価(15:30)
対外対内証券売買契約等の状況(8:50) ユーロ圏2月生産者物価(18:00)
日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) 米3月チャレンジャー人員削減数(20:30)
投資主体別売買動向(15:00) 米前週分新規失業保険申請件数(21:30)
米2月貿易収支(21:30)
衆院本会議 米2月製造業新規受注(23:00)
 ※安倍首相が五輪延期、 EIA週間天然ガス在庫(23:30)
  改正新型インフルエンザ対策特別措置法、
  それに基づく政府対策本部設置について、 欧州議会本会議(30-2日)
  安倍首相が報告・質疑
(決算)
10年債入札(12:35) ウォルグリーンブーツアライアンス、カーマックス
(IPO)コパ・コーポレーション (休場)台湾、インド、ベトナム、アルゼンチン
(決算)
不二越、ナガイレーベ、三協立山、北恵
キユーピー、アヲハタ、カネコ種
平和堂、毎コムネット
3日 日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) 豪2月小売売上高(9:30)
(金) 中国3月財新サービス業PMI(10:45)
閣議、閣議後会見 仏2月財政収支(15:45)
トルコ3月消費者物価(16:00)
金曜ロードショウ「思い出のマーニー」放映 スペイン3月サービス業PMI・改定値(16:15)
伊3月サービス業PMI・改定値(16:45)
(決算) 仏3月サービス業PMI・改定値(16:50)
アダストリア、クラウディア、ハイデ日高 独3月サービス業PMI・改定値(16:55)
ネクステージ、あさひ、バイク王 ユーロ圏3月サービス業PMI・改定値(17:00)
エスプール、トライSTG、イーサポ、エクスM 英3月サービス業PMI・改定値(17:30)
ダイセキ、ダイセキS、霞ヶ関C、暁飯島工業 ユーロ圏2月小売売上高(18:00)
サカタタネ、瑞光、岡野バ、マルカ、大有機 米3月雇用統計(21:30)
米3月サービス業PMI・改定値(22:45)
米3月総合PMI・改定値(22:45)
米3月ISM非製造業景況指数(23:00)
米石油掘削リグ稼働数(25:00)
シカゴIMM通貨先物ポジション(3/31時点分)
インド中銀金融政策発表(15:15)
CIS外相会議
中国3連休前の週末 ※4-6日清明節
(休場)台湾
4日 中国:清明節(4-6日)
(土)
英労働党が党首選出
G20教育相会合
5日 高砂、徳島各市長選投開票 中国:清明節(4-6日)
(日)


お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





憂いが募るばかりの週末
こんばんはです。

昨夜発表された米国の15-21日の新規失業保険申請件数は、
衝撃の328.3万件・・・リーマンショック直後の約5倍・・・

今回のコロナウィルスショックはリーマンショックと比較されがちですが、
株価はリーマンショックほどには下げておりまへん。

世界一斉のノーパンジャブジャブ(金融緩和)でのカネ余りだからとか、
感染拡大さえ収まれば、経済活動も即座に再開して大復活やから、
一時的な混乱に過ぎないとの意見も多いですが、
米新規失業保険だけでなく、各国のPMIやマクロ指標を見ると、
実体経済が負っているダメージは尋常ではないですから(企業業績も)、
大企業は政府等が手を差し伸べたとしても、
特にサービス・小売業や中小企業、個人商店は復活する前に倒れたり、
それによって金融機関にも影響が及んで金融危機に発展したり、
過度な財政出動によって重債務国の財政破綻すらも有り得るので、
ほんまに一時的なダメージからの大復活になるのかは怪しい限りです。

そしていくらカネ余りでも株価の根幹は業績というのを始め、
債券も為替も原油も資源もファンダメンタルズという裏付けありきなので、
それを無視してカネ余りで上昇したところでそれはバブルであり、
もしこのまま底打ち風に上昇が続いたとしたら、
バブルすらも起きずに弾けてもおかしくないです。

いつも書いている通り、コロナウィルスショックは、
感染拡大→実体経済の悪化(人・物・カネの停滞)→金融市場の悪化
という流れに対して、リーマンショックでは、
腐ったミカン(サブプライムローン)の撒き散らし(ドルウィルスとも)
→金融危機→実体経済の悪化ですから、
金融政策で金融危機に歯止めを掛けてからの財政出動で救われましたけど、
今回は逆の流れな上に、未だ感染拡大と実体経済の悪化は拡大中であり、
実体経済のダメージは比較にならないほど甚大ですから、
現在の金融&財政政策だけで十分なのかも不明なままです。

従ってバリュー目線を含めた底打ちとか織り込み済みとか、
なんやったら今はコロナウィルスと政治決断次第とも言えますので、
切り札の需給が全てという目線も横に置いておいた方がいいくらいです。

そう言えば、昨夜の新規失業保険を始め、
悪いマクロ指標が出ることは承知の上だとの意見も多いですが、
じゃあこの先は?来月(来期)以降は?という話ですから、
百歩譲って現時点のマクロ指標は織り込まれていたとしても、
さらに株高を含めた市場全体のリスクオンが続くとは思えず、
コロナの収束と政策効果が見えてくるか、実体経済の回復が見えるまでは、
せいぜいバンジージャンプの揺れのようなBOX相場が続く程度であり、
私としては揺れている途中でゴムが切れてしまい、
それこそリーマンショックと同様の下落率かそれ以上の水準まで、
という2番底に向かうとしか思えないですけどね。

そして来週は月初恒例の雇用統計を始めとする米経済指標特盛ウィーク、
我が国では業績見通しも見えてくる日銀短観が発表され、
リーマンショック以上の衝撃の結果オンパレードとなっても、
底打ち、織り込み済み、金融政策効果(カネ余り)、財政政策効果、
需給効果、というポジティブ解釈が通じるのかどうか注目です。

以上の様な見方は、脳みそ筋肉ゴリラの私の意見ですから、
外れる可能性も大いに有り得ますけど、
少なくとも今から底打ちしてバブルになること自体は、
長い目で見てもロクなことにならないのは間違いないでしょう。

ただし日本を含む他国に比べて投資人口の多い米国に限っては、
実体経済を置き去りにして金融市場だけが回復したとしても、
資産効果の恩恵はありますけど、
投資する資金の元手は所得やそれによる貯蓄でもあるわけですから、
冒頭で書いたような衝撃の雇用悪化が続くようだと、
投資どころやなくて換金や貯蓄の切り崩になりますからね・・・。

しかもトランプマンの公約の一丁目一番地が「雇用増」であり、
その為に貿易戦争も仕掛けたわけですから、
労働市場の激震が自らの失策ではなくコロナが原因だったとしても、
長引けば長引くほど大統領選にも影響してくるでしょう。
だからこそ必死のパッチで超ド級な政策対応に動いているんや!
という見方もありますけど、それに引き換え我が国は、
牛や魚を配給しようとしている官邸市場は、
コロナ以前に消費税増税の悪影響もあることを自覚してないのか、
目を背けているのか、依然として世界でも際立つ渋チン財政出動です。

百歩譲って、他国に比べて最上流域の感染拡大自体が、
抑え込めてコントロール出来ているならばいいのですが、
今になって東京が感染爆発手前とか、ロックダウンがカウントダウンとか
言い出しているので、気が付いたら世界で最も周回遅れの後手後手な国、
最も実体経済と金融市場のダメージが深刻(金融政策の手詰まり感も)、
という結果にならないことを願うばかりです。

以上の通り、コロナウィルスと実体経済を中心に憂いは募るばかりなので、
とてもやないけど金融市場だけを楽観視する状況ではなく、
昨夜の米株の上昇、本日の日本株についても、
引けに掛けての配当再投資の最後っ屁を含め上昇して終えておりますが、
その日限りでやり逃げするくらいの長居は無用、
というスタンスで立ち回るに越したことはないです。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.