FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
チグハグな週末
こんばんはです。

昨夜はパウエルおじさんが、前回のFOMCで予防利下げやで、
と言った舌の根の乾かぬ内に、
「過去最長の景気拡大局面やけど、米経済に過熱感はありまへん。
 急激な景気後退に陥るリスクは極めて低いですわ」と言っており、
じゃあ予防利下げって必要やったのか?
そもそも今年に入って何で利上げしたんや・・・
と迷走ぶりにツッコミたくもなるばかりですが、
とにかく米中貿易戦争が収束していなくとも、
足元の米マクロ指標がまだら模様であろうとも、
7-9月期の米企業業績が減益で着地していようとも、
米経済は堅調やしバブルでもなく、景気の先行きも大丈夫、
とのお墨付きを頂くことに・・・(笑)

さらに今朝方にはクドローおじさん(NEC委員長)が、
「米中協議は合意に近づいとるんやけど、
 ボス(トランプマン)の署名準備は整ってないねん」
と言うどっちやねんみたいなことをクドクド言ってましたが、
少なくとも進展している風には捉えられたようなので、
パウエルおじさんのお墨付きの裏付けにはなったと言えなくもないです。

今夜は米GDPの7割を占める消費の指標である米小売売上高が発表され、
パウエルおじさんのお墨付きをさらに裏付ける堅調な結果となれば、
再来週のブラックマンデーを皮切りに始まるクリスマス商戦に向けて、
期待が膨らむことにはなりますけど、
もし低調な結果になると共に米中協議に新たな進展も無ければ、
パウエルおじさんが赤っ恥をかくだけでなく、
市場と米景気に対する見方のハシゴが外れ兼ねないのですが、
パウエルおじさんもアホやないでしょうから、
今夜の小売売上高の結果を知った上での証言でしょうし、
昨夜のトランプマンの鼻息ツイートから察すると、
恐らく米小売売上高は堅調なんだろうとは思いますけどね。

まぁとにかく日中英欧・新興国の足元の景気は鈍化中だけに、
親亀(米景気)こけたら子亀(日本等)までとなってしまうので、
せめて親亀の景気だけでも堅調じゃないと、
市場においても急騰ではなく緩やかな金利上昇(債券安)、
ドル安であろうとドル高であろうと円安、株高、緩やかな資源高、
というリスクオン基調が崩れることになってしまいます。

ちなみに改めて足元の市場の動きを見ると、
パウエルおじさんのお墨付きを嘲笑うような債券買い(金利低下)、
ドル安・円高、薄商いでの米株横ばい、英欧株続落、中国株安(昨日)、
商いやや増での日本株安(昨日)という緊張感はなくとも、
動きとしてはリスクオフの動きが昨夜まで続いてましたが・・・
本日の日本時間はドル安ながら円安で推移すると共に、
週末の割には昨日とほぼ同水準の商いで日本株は反発となり、
米株先物も堅調に推移していたので、
昨日までのリスクオフの動きは一服・押し目だったとも言えますが、
パウエルおじさんを嘲笑う債券買い(金利低下)は続いており、
米中協議の当事者である中国の上海株は続落(香港も小幅続落)なので、
チグハグで心許ない動きと本気感に乏しい商いで終えております。

ということで、市場の動きとしては、
パウエルおじさんのお墨付きや米中協議の進展観測に対して、
本気で信じているような動きは見られないので、
今後の米中協議動向や香港等の地政学リスク動向はもちろんのこと、
米欧SQでもあり45日前ルールの該当日である今夜の
米小売売上高(米NY連銀製造業指数、米鉱工業生産も)を経て、
市場がどう反応して週末を終えるのかを見極めた上で、
改めて来週の見通しを週末の記事で書きます。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト



緊張感は無いものの、動きだけはリスクオフ
こんばんはです。

一昨日と昨日は弾丸でド田舎へ行ってきましたが、
クマと遭遇して死闘を演じることもなく、無事に帰還しました。

そんなこともあり、やや浦島太郎状態ではありますが、
市場の動きを見る限りでは、本日の我が国を含め国内外共に、
動きだけは債券買い(金利低下)、株売りのベタなリスクオフです。

ただし昨日の日本株は薄商いでの株売り、
昨夜の米国株は商い微増でマチマチ、VIXは上昇、
(原油は踏ん張っているものの銅・資源は軟調、金は反発)
本日の日本株は商い微増で続落しているものの(米株先物は小幅安)、
為替市場ではトランプマン(米国)が喜ぶドル安ではありますし、
米株が踏ん張れば(原油。資源も)ドル安・円高ではなく、
ドル安ながら円安になるでしょうし、
香港情勢が激化している香港株も足元で崩れている割には薄商い、
上海株は貿易戦争再燃と言いつつも踏ん張っている上に薄商い(元高も)、
英欧株も薄商いでの小幅安程度なので、
本日時点の市場全体の「動き」がリスクオフとは言っても、
大きなクマが現れた緊張感は無く、子熊が走り回っている程度であり、
ほんの一服・押し目と言える範疇の動きではあります。

従って明日以降、商い増での株売りと債券買い(金利低下)が主導し、
VIXの巻き戻しも相まってゴリゴリリスクオフとなるかが注目ですが、
商い増での株売り、債券売り(金利上昇)という最悪の動きではなく、
ベタなリスクオフの動きならばわかりやすいとも言えますし、
個人的には少しくらいガス抜きしてもいいのではとも思いますけどね。

いくら米中貿易戦争の収束期待が景気の先行き回復期待へと繋がり、
足元の景気鈍化に対しては底打ちと解釈するにしても、
日中英欧・新興国はマクロ・ミクロ(業績)共に足元は鈍化しており、
米国も足元のマクロはまだら模様、ミクロ(業績)についても、
7-9月期は微増益と言われていたのに、終わってみれば減益ですから、
来期目線のこの時期に割高どうこう言うつもりはないですが、
さすがに史上最高値圏の米株、年初来高値圏の日欧株と言うのは、
足元の景気との温度差が大きく、先走り過ぎ感も否めないですからね。

しかも香港情勢、ウクライナ疑惑、中東情勢等の地政学リスクについても、
基本的には地合い次第でどうにでも解釈される現実はあれど、
何も収束しないどころか、中東情勢以外はリスクが拡大しているのに、
株価は足元の景気とは温度差のある高値圏で踏ん張ったままでは、
地政学リスクがブラックスワンとなる可能性も高まることになります

以上の通り、主役材料である米中貿易戦争の進展・収束期待によって、
景気の先行きも回復するというロジックが維持されると共に、
商いを伴うリスクオン基調が崩れずに継続しているのであれば、
足元の景気鈍化や地政学リスクへの過度な心配も御無用!
薄商いでのリスクオフの動きや一服や!押し目や!
と割り切って波に乗ればいいのですが・・・

現在は観測報道に過ぎないながらも米中協議が難航しているとか、
どう見ても天安門事件のような事態になりそうな香港情勢、
弾劾懸念が高まりそうなウクライナ疑惑リスクもあり、
市場は薄商いながらも「動きだけ」はリスクオフとなっているので、
今夜以降、商いを伴ったリスクオフの動きとなれば(VIX上昇も)、
撤退も含めた迅速なリスク回避姿勢で動きましょう。

新興市場については、そもそも出遅れ感だけでなく、
長きに渡る薄商いが続いているので、本日で一巡した新興企業決算を機に、
せめてアク抜けという解釈で商いが膨らむといいのですが・・・
とにかく新興市場は国内外の情勢云々の前に、
シンプルに商いを伴う上昇となるまでは、慎重に構えておきましょう。

ちなみに今夜から週末までの国内外のきっかけイベントとしては、
継続中のものとしては日替わり定食な米中貿易戦争動向、
各国の景気対策動向(特に日本)と金融政策動向、
香港情勢、ウクライナ疑惑、ブレグジット等の地政学リスクですが、
今夜はパウエルFRB議長議会証言、米国の自動車関税発動期限、
エヌビディア、Wマート等の米企業決算、IS掃討の有志連合外相会合、
米SQ&45日前ルールの該当日の明日は、国内企業決算一巡明け、
海の向こうは米小売売上高、米NY連銀製造業指数、米鉱工業生産、
ウクライナ疑惑公聴会といったところであり、
何気に動くきっかけになりそうなイベントは多いので、
特にド短期勝負の方は、中途半端な持ち越しはお気を付けください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



本日と明日はお休み
おはようございます。

昨日も書きましたが、本日と明日は毎年恒例のド田舎へ・・・
というか単に墓参りの為にド田舎へ行っているだけですけどね。

いかんせんド田舎に墓があり、今年はクマが頻発しているそうなので、
クマと対峙して死闘にならないことを願うばかりです。

それでは休み中に相場でクマ(ベア)が現れないことも祈りつつ、
本日はこれにて失礼ぶっこきます。





疑えばキリがない相場は継続中
こんばんはです。

明日と明後日は毎年恒例のド田舎へ行かなければならないので、
お休みさせて頂きますが、現在のリスクオン基調が継続するのか・・・
それともリスクオフへと転じるのか・・・
できれば帰って来る14日までは平和でいて欲しいのですが・・・

とりあえず毎日のように書いているので聞き飽きたでしょうけど、
関税撤廃を含む米中貿易戦争の進展・収束期待が維持され、
景気の先行き(下期と来期)回復期待も維持されているならば、
一応、各国の景気対策期待と金融緩和政策の下支えもあるので、
足元の低調な業績を含む景気は底打ちと解釈され(無視されるともw)、
地合いさえ良ければ地政学リスクも御都合解釈されることになり、
金利の急騰ではなく緩やかな上昇(ドル高)にも悲鳴を上げず、
株やリスク資産が買われると言うロジックは継続することになります。
足元の投機的な需給環境も過去最高のVIXショートの特盛り以外は、
ロジックを後押しする余地が大きい状況ではあります。

そして本日時点においても、中国株・香港株が崩れようと、
人民元安になろうと、香港デモが天安門事件の様になりそうであろうとも、
アジア株、米株先物が軟調であろうとも・・・
さらに我が国では景気ウォッチャー調査がドイヒーであろうとも、
機械受注が低調であろうとも、国内企業決算が低調であろうとも、
それによって今期EPSが急低下しようとも、
先に述べたロジックが崩れてないので、
本日の日本株は売買代金が2.18兆円というイマイチな商いと共に、
マチマチで終えており、商いを伴うゴリラリスクオフではなく、
ほんの一服と言った様相です。

いやはや、ホンマに米中貿易戦争(合意)は大丈夫かいな・・・
中国が香港デモに対して強硬な鎮圧に向かえば、
米国も態度を硬化させるんじゃないのか・・・
そもそも米国側は合意してないとも言ってるし・・・
そうなると景気の先行き回復期待も・・・
そんな中で金利が急騰もしくは米長期金利が節目の2%を超えると、
グロース株を中心とした株やリスク資産が悲鳴を上げると共に、
VIXが一気に巻き戻しとなってVIXショックに・・・などなど、
疑えばキリがない状況ではありますが、
米中協議がどうなるのかは、当事者にしかわからないので、
市場の動きで判断するしかないという状況にも変わりなく、
せいぜい動くきっかけとなりそうなイベント等を横睨みするくらいです。

ちなみに今週の重要な国内外のきっかけイベントとしては、
昨日も書いた通りですが、日替わり定食な米中貿易戦争動向、
各国の景気対策動向(特に日本)、国内外の企業決算、
ブレグジット、香港等の地政学リスクは継続中ですが、
今夜は米債券市場と為替市場がベテランズデーで休場、
満月の明日は工作機械受注、独&欧のZEW調査、トランプ講演、
13日は米CPI、パウエルFRB議長議会証言、ウクライナ疑惑公聴会、
14日は日本の7-9月期GDP、国内企業決算一巡、中国経済統計、
パウエルFRB議長議会証言、米国の自動車関税発動期限、
エヌビディア、Wマート等の米企業決算、IS掃討の有志連合外相会合、
米SQ&45日前ルールの該当日の15日はウクライナ疑惑公聴会
米小売売上高、米NY連銀製造業指数、米鉱工業生産といった所なので、
明日以降は満遍なく騒がしいイベントが続くと言えます。

ということで先にも述べた通り現時点では、債券安(金利上昇)、
ドル高・円安(人民元高も)、商い増加傾向の株高(VIX低下)、
原油高、資源高(金売り)というリスクオン基調は崩れてないので、
金利上昇(特にドル高とセットでの金利急騰)とイベント等に注意しつつ、
先に述べたロジックと共に基調(動き)が継続している限りは、
商いを伴わない株安を含むリスクオフの動きは、一服・押し目と見て、
キリがないリスク(疑い)は覚悟の上で、割り切って乗ればいいでしょう。
当然ながら商いを伴ってこれらが反転するリスクオフへと転じれば、
直近で新たに参戦した分はさっさと撤退するくらいの潔さで動きましょう。

新興市場のスタンスとしても同様ではありますが、
そもそも出遅れ感だけでなく、商いすらも伴ってないので、
シンプルに商いを伴う上昇となるまでは、慎重に構えておきましょう。
新興企業決算が一巡するのは14日なので、
それ以降の動きを見てからでも遅くはないでしょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



基調は継続する中、騒がしい今週
おはようございます。

ホンマに米中間の発動済の関税と追加関税が撤廃に向かうのであれば、
景気は底打ちと言えますし、金利上昇に対しても(ドル高も)、
市場と景気は悲鳴を上げずに耐え得ると言えたのですが、
週末にまたしても米中合意が不透明に・・・

今週にはウクライナ疑惑を認めた元高官達の公開生中継での公聴会を控え、
足元ではトランプマンの支持率も低迷していたので、
大統領選に向けて株価まで下げるわけにはいかないだろうと、
今度こそは信憑性の高い米中合意だと見ていたのですが、
株価のピークを大統領選に合わせるためのガス抜きなのか、
単にウクライナ疑惑から目を逸らせるためなのか・・・

まぁとにかく米中協議は進展はしているのだとしても、
表向きは不透明に逆戻りとなり、日替わり定食な貿易戦争に対する発言、
景気の見方に振り回される状況も続くでしょうから、
景気に対するポジティブ解釈はほどほどにして、
市場に対する手放しでの前のめり姿勢も控え、
リスク覚悟というか市場の動きに合わせて動くしかないと言えます。

ちなみに週末の市場の動きを見ると、
米債券が売られて金利はイールドカーブの拡大と共に上昇し、
米長期金利は1.9%を超えて8月以来の水準に達しており、
(日英も債券安(金利上昇)、欧州は債券高(金利低下))
為替市場ではドル高ながら円高・欧州通貨安となりましたが、
米株は商い減少ながら3指数共に史上最高値更新となる続伸、
VIXは12.07と、7月24日以来の低水準、
日経平均先物も小幅上昇、原油高、金安で終えておりますので、
動きとしては米中合意の不透明感よりも楽観色の方が強いのですが・・・

気掛かりな動きとしては、米中合意の当事者である中国株の反落(商い減)
人民元の反落、中国と密接な英欧株の反落(商いは減)、
中国と世界の景気の鏡でもある銅の大幅続落、
そして米金利上昇とドル高のセットな動き、
最高水準まで積み上がったショートと共に低下したVIX、
といったところが気掛かりな動きなので、
なんだか米金利の上昇とドル高が加速するのをきっかけに米株が崩れ、
VIXの巻き戻し(ショック)が混乱に拍車を掛け、
一気にゴリゴリのリスクオフに転じるのでは・・・
というかつての嫌な記憶も甦りそうではありますけどね(笑)

以上の通り、米中貿易戦争の不透明化リターンズ、
それと共に景気の底打ち観測の不透明化リターンズとなってしまったので、
金利上昇とドル高への耐久力も落ちていると言わざるを得ず、
(VIXショックリターンズの可能性が高まっているとも)
それを各国の景気対策と金融政策でどこまでカバーできるのか・・・
という危うさを含む不透明な環境に舞い戻っておりますが、
現在の市場の動きとしては、週末の動き自体はチグハグながらも、
足元の金利上昇(債券安)、ドル高・円安ながら人民元高、
商い増加傾向の株高(VIX低下)、原油高、資源高、金安、
という米国にとって都合の良いドル安版リスクオフではなく、
米国(トランプマン)にとっては気に入らないながらも、
本来あるべき(ドル高版の)リスクオンの基調は崩れておりません。

ということなので、明日以降のスタンスとしては、
危うさも含む不透明な状況であろうとも、
遅かれ早かれ金利上昇とドル高に悲鳴を上げそうであろうとも、
米国(トランプマン)にとっては気に入らないながらも動きであろうとも、
現在の商いを伴うリスクオン基調が継続している限り、
もしくはゴリラ商い&ゴリラ高という明らかなバイクラになるまでは、
商いを伴わない株安やリスクオフの動きは一服や押し目と判断し、
リスク覚悟で乗るというのは大いにアリです。
しつこいようですが、トランプマンの言動を含む貿易戦争動向は、
もはや負うべきリスクと割り切るしかないものの、
急ピッチな金利上昇だけは要注意です(ドル高とのセットで)。

そして当然ながら、商いを伴うリスクオフへ転じるようであれば、
即座に撤退するくらいの迅速で潔い姿勢で動きましょう。

新興市場のスタンスとしても同様なのですが、
そもそも出遅れ感だけでなく、商いすらも伴ってないので、
シンプルに商いを伴う上昇となるまでは、慎重に構えておきましょう。
新興企業決算も一巡する14日以降への期待もありますけどね。

ちなみに今週の重要な国内外のイベントとしては、
日替わり定食な米中貿易戦争動向、各国の景気対策動向(特に日本)、
国内外の企業決算、ブレグジット、香港等の地政学リスクは継続中ですが、
11日は機械受注と景気ウォッチャー、スペイン総選挙明け、英GDP、
満月の12日は工作機械受注、独&欧のZEW調査、トランプ講演、
13日は米CPI、パウエルFRB議長議会証言、ウクライナ疑惑公聴会、
14日は日本の7-9月期GDP、国内企業決算一巡、中国経済統計、
パウエルFRB議長議会証言、米国の自動車関税発動期限、
エヌビディア、Wマート等の米企業決算、IS掃討の有志連合外相会合、
米SQ&45日前ルールの該当日の15日はウクライナ疑惑公聴会
米小売売上高、米NY連銀製造業指数、米鉱工業生産
といったところなので、12-15日は満遍なくヤマ場とも言えます。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



Copyright © 2019 不沈艦日記. all rights reserved.