FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
多くの疑問はあれど
こんばんはです。

昨夜の米株はバリュー株買いと共にダウが6月高値を超え、
SP500、SOX、輸送株、ラッセルも上昇する一方、
グロース株の象徴であるGAFAMを中心にナスダックは下落、
本日の日本株もグロース株、新興市場が売られる一方、
バリュー株が大きく買われ、日経、トピ共に上昇し、
売買代金も2.74兆円と商いも増加しております(米欧株は商い減)。

株式市場以外も米英欧日債券安(金利上昇)、ドル高(円安)、
堅調だった金、銀、プラチナ、パラジウムは売られたものの、
原油は上昇、銅や他の資源も踏ん張っております。

以上の通り、市場の動きだけを見れば、
グロース株、金、銀、プラチナ等が売られているので、
素直に債券安(金利上昇)ドル高が重石になっていると言えますが、
バリュー株、原油が買われ、他の資源は踏ん張っているので、
最悪の厄介な債券安、ドル高、株安、資源安ではなく、
不十分ながらもリスクオン、循環グルグルの動きではあります。

果たして、バリュー株買いが続くのか?
さらなる債券安(金利上昇)ドル高が続くとしても、
バリュー株買いの継続と共にグロース株が再び買われるのか?
原油・資源の買いは続くのか?という疑問は消えないです。

実体経済やコロナ動向といった市場を取り巻く環境が良好ならば、
債券安(金利上昇)ドル高にも屈せず、
株や原油、資源といったリスク資産が買われるでしょうど、
いかんせんコロナ禍によって足元の実体経済は過去最悪に落ち込んでおり、
企業業績もK字と言う名の二極化が進んでおり(特にバリュー株は低調)
全体としては国内外共に40-60%減益での着地ですから、
現時点での大規模な金融&財政政策によって実体経済がV字回復とか、
コロナ禍前水準に戻る期待も剥げ落ちつつあり、
回復には年単位での時間も要するでしょうから、
協議中の米財政政策を始め新たな政策が余程の大規模なものにならないと、
債券安(金利上昇)ドル高の継続には耐えられないでしょうし、
結果的にバリュー株買いの賞味期限も短いと言わざるを得ないです。

せめてドル安になるか、先週までのバブリーモードの債券高(金利低下)
ドル安、株高、原油高、資源高(金も)にでもなるか、
悪いなりにも債券高、ドル安、油安、資源安、株安、
というリスクオフにでもなればわかりやすいのですが・・・

ちなみに本日発表された我が国の7月景気ウォッチャーは、
現状判断DIは41.1と上昇したものの、
肝心の先行き判断DIは36.0と前月から大きく鈍化しており、
好不況の境目である50以下であることはもちろんのこと、
PMIの数値も含め、米欧諸国と比べて低調ぶりが際立っているので、
バブルモードならば目を瞑って割り切ることもアリですが、
株高を含むリスクオンモードでも目を瞑ってしまってええのか?
バリュー株買いを含め長続きするのか?と言う疑問は消えないです。

かと言って、難航中の米国の財政協議が合意に至ったとしても、
合意に至らず大統領令での発動になったとしても(違法とならずに)、
米株を始め世界の株式市場が、さらなる一段高となるのか?
それと共に日本株も買われるのか?という疑問も消えないです。

そもそも実体経済の落ち込み要因であるコロナ禍自体が、
ワクチン、治療薬は完成しておらず、感染拡大も収束しておらず、
経済活動も元通りには程遠い状況ですから、
昨夜から続く不十分なリスクオン相場に乗るにしても、
コロナや実体経済は目を瞑って・・・アホになって・・・
いつハシゴが外れてもおかしくない・・・
という相当な割り切りが必要と言えます。

ちなみに今週のハシゴ外れリスクのあるイベントとしては、
継続中の米財政協議と米中対立動向、日々のコロナと経済活動動向、
週半ばにも発表される米民主党副大統領候補を含む米大統領選動向、
週末まで続く国内企業決算ラッシュ、マクロ指標は12日の米CPI、
13日の新規失業保険、14日の中国経済統計、米小売売上高、
他にも大規模な米債入札3連発、週末の45日前ルール該当日、
15日の米中閣僚級協議といったところです。

ということで明日のスタンスとしては、改めて書きますと、
現在の不十分なリスクオンながらも商い増での株高が続くならば、
先に述べたリスク、債券安・ドル高による原油安・資源安、株安のリスク、
これらは覚悟の上で、短期も長期も割り切って乗るのはアリですが、
腰を据えて新たに参戦するのは、コロナが追い風の銘柄、
決算を終えた銘柄、もしくはバリュー株を拾う程度に留めましょう。
バブリーモードならば債券安、ドル高の加速リスクはありませんが、
それ以外は同様のスタンスでいいでしょう。
当然ながらリスクオフ、商い増での株安となれば、
シンプルに商い増での株高に転じるまでは、
短期も長期も慎重に構えておきましょう。
新興市場も同様でおます。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト



厄介さもチラつきながら
こんばんはです。

この三連休は近所回りと街中のパトロール(散歩)をした程度ですが、
街中や電車には人が少ない一方、近所の公園や川原、商業施設には、
いつも以上に人が溢れており(盆自体は13日からですけど)、
帰省や盆ボヤージュ(旅行)を控えているのが如実に現れております。

相変わらずコロナに対する政府と自治体・企業の姿勢がバラバラ、
専門家や医者の意見までがバラバラなので、
国民としては何を信じて(選んで)いいのかもわからないですし、
かと言ってコロナに対して楽観的な見方をしている人達も、
(私は楽観視してませんけどね)
大手を振って旅行や帰省をするわけにもいかず、
街やレジャー施設、飲食店で弾けられる空気ではないですから、
結果的に大半の人が行動を委縮せざるを得ないというのが現実です。

結局、コロナは未だ誰にもわからないからこそ世論も二分するし、
政府や自治体、企業も責任を取れないので、
明確な姿勢を示すことが出来ないのでしょうから、
仕方ないと言ってしまっていいのか・・・
いい加減、政府が責任も姿勢も明確にすべきなのでは・・・
と言いたくもなりますが、
コロナ前の状態まで元通りになるのはいつになるのやらという状況です。

さて、週末に発表された米7月雇用統計は、平均時給が伸びたものの、
非農業部門雇用者数が180万人増と前月から鈍化、
失業率は前月からやや改善したものの10%超え継続(10.2%)、
労働参加率は61.4%と前月からほぼ横ばいとなり、
トランプマンがドヤるほどのことでもなく、素直に低調なのですが、
「市場予想」を上回ったせいなのか、財政協議に目が向いているのか、
市場は悪材料視することなく、かといって好材料視することもなく、
週末を終えており、週明けの本日も債券安(金利上昇)、
ドル高(円安)、やや株高ではあるものの(仮想通貨は上昇)、
原油、銅、資源、金も同様、戻しておりまへん。

つまり債券高、ドル高ながら円最強高、金高、原油安、資源安、株安、
というベタなリスクオフではないものの、
かと言って、債券高、金高、ドル安(円安)
原油高、資源高、株高というバブルモードでもないので、
じゃあ債券安、ドル高(円安)、金安、原油高、資源高、株高
という健全なリスクオンモードなのか?と言えば、
ドル高が重石なのか金、原油、資源は戻してないので、
さらにドル高が加速して金、原油、資源が崩れると、
同じリスク資産である株安へ波及することになるでしょうから、
先週までの動き(バブルモード)の巻き戻しと言えばそれまでですが、
債券安(金利上昇)までが加速することになると、
財政悪化懸念、債券バブル崩壊という口実もトッピングされ兼ねず、
悪い意味での新たなステージに入るとも言えるので、
健全なリスクオンとなるか、バブブルモード継続となるか、
それともわかりやすいリスクオフにならないと厄介ではあります。

ということなので、雇用統計に対する反応が薄かったということは、
単なる時期的な夏枯れも含むお休みモードなのかも知れませんが、
現状のコロナ動向と経済活動動向、米中対立、
これらを含む実体経済(マクロ、業績共に)、
発動済である各国の大規模な金融&財政政策では、
株高、リスク資産高を持続出来ないとも言える動きであり、
新たな財政政策か金融政策が必要とも言えるので、
現在も協議中の米追加財政政策へ目が向いているとも言えます。

ただし何やらトランプマンが難航する議会での協議を諦め、
禁じ手とも言える大統領令での財政出動に踏み切るようですが、
法的には微妙らしく、差止を喰らう可能性もあるせいか、
民主党との協議も継続しているようなので、
双方が譲歩して合意するのか・・・

ちなみに大統領令の中身を見ると、
上乗せの失業保険給付は400ドルに減額されており、
給与税(社会保険料に相当)の支払いを年末まで免除ではなく猶予、
学生ローンの支払いも猶予、家賃滞納者の立ち退き猶予なので、
この政策でワクチンを含むコロナ状況にも進展がなければ、
せいぜい年末までしか持たないのでは?その先は?ってことになり、
ただでさえ随分と先の景気回復を見込んで上昇していた株式市場としては、
さらなる株高となるほどの政策なのか?という疑問があります。

まぁでも私がどんな疑問を抱いたところで、
市場の答えが正解とまではいいませんが、動きに合わせるしかないので、
現在の市場の動きとしては、先にも述べた通り、
リスクオン、バブルモード、もしくはベタなリスクオフだといいのですが、
厄介モードに入りそうな空気も漂っております。

ということで明日のスタンスとしては、
リスクオフ&厄介モードならば慎重に構え、
その日限りの勝負だけに留めるべきですが、
バブルモード、まさかのリスクオンならば(出来れば商い増での株高)、
日跨ぎを含めてリスク覚悟で割り切って乗ればいいでしょうし、
腰を据えての新たな参戦についても、
コロナが追い風の銘柄、決算を終えた銘柄は、
ダメならば即座に撤退する姿勢だけは徹底しての参戦ならばアリです。
新興市場も同様です。

ちなみに今週は継続中の米財政協議はもちろんのこと、
激化する一方の米中対立動向、日々のコロナと経済活動動向、
週末まで続く国内企業決算ラッシュ(11日ハゲバンコG決算)、
マクロ指標も12日の米CPI、13日の新規失業保険、
14日の中国経済統計、米小売売上高、
他にも大規模な米債入札3連発、週末の45日前ルール該当日、
15日の米中閣僚級協議といったイベントもあります。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



屁こいて待ちながらの三連休入り
こんばんはです。

今夜はトランプマンが「サプライズがありまっせ」
と匂わせていた雇用統計を控えておりますが、
直近の失業保険受給者数を見ると、
失業率に関しては10%くらいだとは思いますが、大きく低下するのか?
それとも雇用者数が大きく伸びるのか?賃金が上昇しているのか?

まぁトランプマンの公約の一丁目一番地は「雇用増」であり、
大統領選まで3カ月を切り、足元では上乗せ失業保険も期限切れとなり、
それを継続ずるのか、減額するのかを含む追加の財政政策協議が、
未だ難航中なので、上乗せ失業保険が打ち切りや減額となった上に、
雇用統計までが低調となれば、トランプマンの再選は危うくなるので、
まさかイジくってでも堅調な雇用統計にするのかと疑いたくもなります。

足元では中国への強硬姿勢のギアが上がっていたりするので、
再選に向けて、かなりの焦りも窺えますけど、
来週には民主党候補のバイデンじいさんが、
ポックリ逝った際の後釜となる副大統領候補(実質的な大統領候補w)を、
発表する予定とも言われているので、
さらにトランプマンの支持率が低下することになるようだと、
雇用統計イジリー、フルスロットルな中国への強硬姿勢では飽き足らず、
どこぞにドンパチ攻撃でもやらないかと心配になりますし、
まさかまさかの起死回生で、コロナに対する姿勢(方針)を急転換し、
ロックダウンを含めた経済活動の再規制に踏み切る・・・
さすがにこれはないでしょうけど、
コロナ対応も支持率低下要因の一つではあるだけに、
1%くらいは可能性があるかもしれないです(笑)

そして現在の金融市場ですが、安全資産でもある債券と金が、
ゴリゴリに堅調であり、銀やプラチナ、パラジウムも堅調なので、
リスク回避姿勢を現しているとも言いたいのですが、
原油や銅、他の資源も高値圏に留まっており(仮想通貨も)、
株式市場も日本株の弱さが際立ちつつあるものの、
米株を中心に高値圏ですから、リスク回避の債券買い、金買いではなく、
世界的な大規模金融緩和によるカネ余りが、
ドイヒーな実体経済を無視・・・いずれ回復すると御都合解釈をして・・
リスク資産に向かっていると言うべきなのかも知れませんが、
いつ逆回転が起きてもおかしくない危ういバブルではあります。

だけに今夜の雇用統計、米財政協議、米中動向、大統領選動向あたりが、
市場の逆回転のきっかけになる可能性が高いと見ているので、
今夜の雇用統計がトランプマンの匂わせ通りに堅調だとすると、
逆回転のドル高、債券安(金利上昇)になる可能性もあり、
さらに財政協議が合意しても財政悪化懸念とケチを付けられると、
債券安(金利上昇)が加速してさらにドル高も加速する可能性があり、
それが重石となる金、原油、資源も逆回転で一気に崩れ、
株式市場にも逆回転の崩れが波及・・・という皮肉な展開も有り得ます。
(ドル高ながら円最強高で、日本株は大きく売られる)

もしくは雇用統計が低調、財政協議も物別れに終わることで、
実体経済を含む市場を取り巻く環境の悪さに目が向くきっかけとなり、
安全資産の債券高(金利低下)と金高は継続するものの、
ドル不足のドル高ながら円最強高、原油安、資源安、株安、
という皮肉ではない素直(ベタ)なリスクオフとなれば、
わかりやすい展開とは言えますけどね。

以上の通り、2パターンのいずれかのネガティブシナリオと見てますが、
そうではなく現在の債券高、ドル安、金高、資源高、株高のバブルモード、
まさかの債券安、ドル安(ドル高の可能性も)、資源高、株高、
という健全というかベタなリスクオンとなれば、
御縁が無かったと割り切り、連休明けに改めて考えるしかないです(笑)

ということで、我が国は月曜日が休場となる三連休に入りますので、
もはや屁こいて待つのみであり、つべこべ言っても仕方ないのですが、
今夜の動きだけでなく、休場となる週明けの日本時間の動きを見た上で、
改めて月曜日の夜にでも記事を更新します。

せっかくの三連休、来週は盆休み、しかも天気が良さそうだと言うのに、
国内のコロナ感染者の拡大によって、政府は自粛不要と言いながら、
自治体単位では帰省の自粛、県境跨ぎの自粛、不要不急の外出自粛等、
どれに従えばええねん・・・という困った状況ではありますので、
もはや各自が自由に判断するしかないのでしょうけど、
私としては遠出しようという気はすっかり失せてしまったので、
近所界隈で過ごすか、巣籠りの休みとなりそうです。

良い三連休をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





日本が際立つ中で三連休へ
こんばんはです。

昨夜のADP雇用とISM非製造業・・・
その前に昨日は各国のサービス業PMI改定値も発表され、
米国は50.0、ユーロ圏は54.7.独は55.6、仏は57.3
中国は54.1と各国共に50を超えており、
米欧は下方修正されにも関わらずこの数字ですから、
日本だけが50割れの45.4って・・・

しつこいようですが、消費税は下げなくて大丈夫なのでしょうか(笑)
他の経済指標も先進国の中で弱さが際立っており、
発表が本格化している企業業績も我が国と欧州は、
50-60%減益での着地となっており(米国も40-50%減)、
今期の見通しもコロナ前の業績には程遠い大幅な2桁減益予想であり、
来期すらも元通りになるのは怪しいと言われているのですから、
米欧の心配は置いといて、我が国は大丈夫なのでしょうか・・・

今のところ株式市場では、日本株「だけ」売りにはなってないので、
世界的な金融緩和によるカネ余り効果、大規模な財政政策効果、
コロナはいずれ収束するだろう期待(ワクチンと薬期待も)、
それらによる実体経済の回復期待ということで、
日本の低調ぶりが際立つマクロ指標と低調な企業業績は、
シカトというか織り込み済みという御都合解釈にもなっておりますが、
もし海の向こうの市場とこれらの期待や効果が崩れることになれば、
日本株が際立って売られることも覚悟しておいた方がいいでしょうし、
まさかまさかの先進国の中で唯一の感染拡大のオーナーシュート、
経済活動の再規制(緊急事態宣言)なんてことにとなれば、
日本「だけ」が売られることも十分に有り得ます。

それにしても安倍政権は、自粛要請はしまへんと言っているのに、
自治体レベルでは自粛要請が増えつつあり、どっちが正しいというか、
どっちに従えばいいのでしょうか・・・ほんまに困ったもんです。
コロナに対する医者や専門家の意見も相変わらずバラバラですから、
専門家ではない私を含む国民の意見までが二分するのは止む無しです。

さて冒頭の話に戻しますが、昨夜の米ISM非製造業は堅調だったものの、
7月ADP雇用は16.7万人増と前月(267万人増)から激減し、
足元で頭打ちや鈍化が散見される経済指標と同様なのか・・・

先週までの新規失業保険申請件数も鈍化していたので、驚きはないものの、
雇用はトランプマンの公約の一丁目一番地ですから、
今夜の新規失業保険と明日の雇用統計までが鈍化するだけでなく、
米議会で難航中の追加財政政策協議までが物別れとか渋チンとなり、
上乗せ分の失業保険給付がゼロや大幅減額となれば、
GDPの7割が消費である米国の景気の先行き懸念が高まり、
大統領選を前に公約の「雇用増」への説得力も失われることになり、
米国市場から金融市場が崩れ、先に述べた通り日本は必要以上に崩れる、
という展開も十分に有り得ます。

ただし・・・

トランプマンは事前の匂わせに対してかつて警告を受けた事も忘れ、
雇用統計か何かにサプライズがあるとも匂わせているので、
もしかしたら雇用統計が堅調な結果になったり、
財政協議が大盤振る舞いでの合意に至る可能性もありますが、
どっちに転ぶのかはわからないですし、言っても米株は高値圏、
日本株も本日は薄商いでの小幅安ながら高値圏で踏ん張っているので、
三連休前の週末&雇用統計前となる明日のスタンスとしては、
大盤振る舞いの米財政合意と商いを伴うリスクオンにでもならない限り、
短期勝負での三連休跨ぎは控え、腰を据えての新たな参戦についても、
コロナが追い風の銘柄や決算を終えた銘柄も新たな参戦は控え、
要注意というか慎重姿勢で構えておいた方がいいでしょう。
新興市場も同様です。

何やら本日の日本時間では緊張感が無かった金融市場が、
欧州時間に入ってから相変わらずの債券高、金高は継続しているものの、
ドル高(まだ円最強高ではない)、原油安、他の資源安、
というリスクオフの先陣組が動いており、ややキナ臭さくなっております。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


政治リスクはチラつくものの、特にお変わりなく
こんばんはです。

米大統領選(11月3日)まで3カ月を切り、
トランプマンの支持率が落ちているようですが、
かと言って民主党候補のバイデンじいさんの支持率は、
高齢で任期途中で居なくなる可能性もあるせいか、伸び悩んでいるので、
来週中に発表される後釜になる副大統領候補次第では、
一気にバイデンというか民主党の支持率が伸びる可能性もあり、
もしそうなるようだと金融市場においても、
マーケットフレンドリーなトランプマンの敗退懸念が、
ジワジワと拡大する可能性はあります。

しかも株式市場が崩れたわけでもなく高値圏であるにも関わらず、
トランプマンの支持率が低下しているのは、なかなかの深刻な事態であり、
支持率低下の要因が、公約の一丁目一番地の雇用増が達成されず、
それを含む実体経済の落ち込みを招いたコロナ対応のマズさであるならば、
素直に札束で頬を引っ叩くように(カネで票を得る)、
大盤振る舞いな追加財政策を打ち出し、株高も演出すればいいのですが、
現在も議会での財政協議は難航しているようですし、
上乗せの失業保険給付に至っては、
民主党よりもトランプマンの方が渋チンという状況ですから、
もしかすると札束ビンタや実体経済が追い付かない株高では、
支持率が上がらないと諦め、コロナを含めて全ては中国のせいだとして、
これまで以上に米中対立を激化させたり、
レバノンの爆発事故を根拠を示さずテロだとも言ってたりするので、
コロナを含む国内問題から目を逸らせるようにドンパチをやらかすことで、
強い大統領&世界の警察官アピールに舵を切る可能性も無きにしも非ず。
(隠れトランプを増やすため、敢えて国内対立を煽る可能性も・・・)

いやはや、米国株高の起点の一つはトランプマンの大統領就任であり、
日本株高の起点も安倍ちゃんマンの政権奪取だったわけですから、
日本も含め政治リスクがジワジワと台頭しそうであり、
しかもコロナの第二波到来と経済活動の再規制という事態となれば、
さらに政治リスクが台頭することになりそうです。

以上の通り、そろそろ政治リスクが顔を出して来てもおかしくない、
ということを頭の片隅に置いておくべきですが、
現在の金融市場というか、株式市場と商品というチームリスク資産は、
コロナ禍も実体経済も政治リスクもへったくれもない堅調ぶりであり、
為替市場もドル不足のようなドル高(円最強高)ではなく、
ドル安(円最弱安)基調が継続しております。
特に債券はゴリラ高(金利低下)、金ゴリラも継続しているので、
セオリー通りな安全資産買いの債券高、金高なのか、
大規模金融緩和でのカネ余りによる債券バブル、金バブル、
株バブル、商品バブルなのか、それともハイパー・・・な序章なのか、
いずれなのか判断が難しいところですが、
少なくともチームリスク資産が崩れずに堅調なのは事実であり、
これらが崩れる鍵を握っている(きっかけになる)のは、
ドル高(円最強高)になることなのかという気がするばかりです。
(債券バブル崩壊もセットになると最悪ですけどね)

ひとまず本日の日本株は小幅反落ながら商いは減少と売りゴリ感はなく、
新興市場は商い減ながら続伸、原油、金等の商品も堅調、
やや円高ながらドル安、債券高も継続しており、
市場全体としては、不穏な動きまでは感じられず、
相変わらず実体経済等の市場を取り巻く環境との温度差(乖離)は、
縮小することもなく拡大したままという状況なので、
先に述べたリスク等をきっかけに、いつ市場が崩れてもおかしくはなく、
本格化している国内外の企業決算、週末の雇用統計まで続く米経済指標、
そして難航中の米財政協議は特に要注意と言えます。
(当然ながらコロナ動向&経済活動動向、米中動向、大統領選動向も)

ということなので、明日のスタンスとしては特に変わらず、
リスクオフとなっていれば、短期も長期も慎重に構えるべきですが、
判断の難しい債券は置いといて、ドル高であろうとドル安であろうと円安、
原油と資源は崩れず(金も)、商い増での株高が続くのであれば、
もしくはシンプルに商い増での株安、資源安に転じるまでは、
あくまで週末の雇用統計までという短期目線で、
先に述べたリスクは覚悟の上で参戦すればいいでしょう。
腰を据えての新たな参戦については、決算発表を終えた銘柄、
コロナが追い風の銘柄以外は、リスクオン・オフは関係なく、
現状の市場を取り巻く環境と株価水準からも新たな参戦は控えましょう。
新興市場も同様でおます。
(新興市場の決算が本格化するのは明日以降です)

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.